80年代、もしくはそれ以前の作品で、狂気に満ちあふれている作品、または強烈にインパクトのある作品を探しています。僕の観た一部は、
優作さんの「野獣死すべし」、横溝正史作品(監督:市川崑、野村芳太郎)、寺山修司さんの「田園に死す」などです。

注意:時代劇、戦争系、恋愛系(エロラブ含む)、コメディーは勘弁してください(自殺系、殺人系が大歓迎です)。ビデオ化されているものでお願いいたします。

また、夢野久作さんの作品をレンタルしているお店の情報がありましたら教えていただきたく思います。

何卒、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

調子に乗ってまた参りました。



(私の質問は色んな方を悩ませているようで、申し訳ないですm(__)m
そんなに難しいと思わなかった…)

かなり古いのですが、
「地獄門」(1953)
配給:大映
製作:永田雅一
監督:衣笠貞之助
原作者:菊池寛
音楽:芥川也寸志
出演者:長谷川一夫 、京マチ子 、山形勲 、黒川弥太郎 、坂東好太郎 、田崎潤 、千田是也

53年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作の「雨月物語」
監督:溝口健二
出演者:京マチ子 、森雅之 、水戸光子 、田中絹代 、小沢栄

時代物は時代ものなのですが、この頃の史劇は、
芥川龍之介の王朝もののように、
設定は昔でも、現代の感情で描いてあるので、お勧めします。

(黒澤明の「藪の中」などと同じように…)
中世や戦乱という、怪異や非日常が起きやすい設定で、
狂気や愛憎をより色濃く表現しているというか…

やはり戦争を経験した世代の時代のせいなのか、
映像やストーリーの「死」が、最近のよりずっと生々しくて、
私にはインパクト強かったです。

最近、自分が気になっている監督で、
「増村保造」がいます。
(レンタルでなかなか観たい作品ないんです このひとの)
なんとなく、ビアズレー風の、死の香りの濃い「黒」のイメージで。
ご興味がおありでしたら、下記をごらんください。

追伸:大映、松竹etcのHP、チェックされてますか?
意外に、これもビデオになってるんだなー、という発見ありますよね。

参考URL:http://www.daiei.tokuma.com/masumura/

この回答への補足

どうも~~~。

陰獣は、な、なんと10年以上前に1回観てました(若山さんがかき氷を食べてるシーンで思い出しました)。なかなかいい作品と思います(キャスティング等)。地獄門は、インパクトのあるシーンはありましたが・・・。雨月物語は展開がいいですね(ダブルドンデン返し→二段おち)。

増村さんってどこかで見た名前と思ったら、な、なんと、この子の七つのお祝いに、の監督ですね、岸田今日子さんも出てる(大好きな作品ではあるのですが、岩下さんは個人的に苦手、でも清張さんの疑惑は好き)。というわけで、他の作品も観てみたいとは思います。

いろいろと勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/19 18:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度参入ありがとうございます。

すんごぉ~~~い昔に、小さなビデオ屋でバイトしてたことがあるのですが、古物やマニアックなのがまったくといっていいほどなくて、最近10年以上も探していた作品をある店で発見し、そのお店の品揃えに圧倒され、はまってこのような質問に至ったわけであります。ですので、それまでは監督を意識して作品を観ることはあまりなかったのであります。HPをチェックするほどのレベルにはまだなっておらず、今はおすすめと、好き所(まずは岸田今日子さん、成田三樹夫さん辺り)を攻めてる最中であります。

いろいろと勉強になります。予習してから観たいと思います(レンタル屋にあることを祈る)。心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/06/14 13:23

「江戸川乱歩の陰獣」(松竹)監督:加藤泰 出演:あおい輝彦/香山美子/大友柳太郎/川津裕介 はいかがでしょう。

1977年。
乱歩ものは、比較的、ビデオでレンタルなどしていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

乱歩さんは結構好きで、「人間椅子」、「D坂~~」等観てるのですが、この作品はノーマークでした(汗)。予習(勉強)してから観たいと思います。他の皆様のおすすめ(一部レンタル中でまだ観ていないものもありますが)も勿論観ているのですが、監督もさることながら、やはり俳優又は女優の技量や好みやセンスになってしまうんですよねぇ~~。そんでもって、好き所を攻めているのですが、大好きなあおいさんをすっかり忘れてました(泣)。なんせ僕のHNはあおいさん(犬神家一族)からきているのですから・・・。

余談:僕も昔、ベストヒットUSA見てました。僕の小さなネットワークでいろいろ調べているのですが・・・(ハードロック系)。おやくにたてなくて残念に思います。見つかることを心より願う次第です。

心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/06/13 19:08

加山雄三の「狙撃」「弾痕」、黒沢年男の「白昼の襲撃」なんかはかなりインパクトのある作品でした。

この回答への補足

どうも~~~。

年男さんの方はレンタル屋に置いてなかったです(泣)。雄三さんの方は両方観させていただきました。う~~~ん、・・・。でも、大好きな岸田森さんが出ていたので、ある意味収穫ありました。

いろいろと勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/18 12:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

個人的に雄三さん、年男さんは苦手(好みですみません)なのですが、勉強(予習)してから、俳優としてではなく作品として観たいと思います(レンタル屋にあることを祈る)。

心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。


----------------------------------------------------------------------
回答してくださった皆様へ、お詫び。

早々に回答してくださった方から観るはずでしたが、レンタル中の作品が多々ありますので、コメントが順不同になってしまうことを寛大なお心で御理解していただきたく思います。御迷惑おかけします。すみません。

お礼日時:2001/06/04 20:25

角川作品だったと思うけど、高木彬光原作の『白昼の死角


はインパクトが強かったです。原作もおもしろかったです長編ですが、

この回答への補足

どうも~~~。

設定が苦手の部類ですが、展開は好きです。インパクト?のあるシーンも何箇所かありました。ビデオだけではちょいと理解に苦しむ所も多々ありましたので、原作を読んでみたい気もします。

いろいろと勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/07 13:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

勉強(予習)してから観たいと思います(レンタル屋にあることを祈る)。

心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/05/28 02:37

>事実存在する?存在していたのですね(驚)



「リップ・ヴァン・ウィンクル」は、ワシントン・アーヴィングという人が書いた、誤解を恐れずにいえば西洋版「浦島太郎」みたいなお話です。大藪さんの原作には出てこなかったと思うので、丸山さんと優作さんのアイディアじゃないですかね。検索してみたところ、現在ではこの本は絶版のようですね。代わりにこんなレポートを載せているサイトがあったので、ご紹介しておきます(参考URL)。"アメリカ科関連のレポート"という項で、「リップ・ヴァン・ウィンクル」に関する考察が載っています。ちなみに「野獣の青春」も、大藪さんが原作(「人狩り」)ですよ。

kaisoさんが挙げられていた「TATOO<刺青>あり」。関根恵子(この後、伴明さんと結婚して高橋に)が唾を吐くシーンの美しさったらないです。私もこれはお勧め。

あと工藤栄一監督の「その後の仁義なき戦い」。深作=笠原の本家「仁義~」ファンにはあまり受けがよくないようですが、私は大好きな作品です。オイオイといいたくなるような展開も後半ありますが、この暗い切なさ加減はたまらんです。特に終盤、静かに狂気の眼を宿す原田美枝子が絶品。

参考URL:http://www.ops.dti.ne.jp/~cactus/index.html

この回答への補足

どうも~~~。

個人的好みで申し訳ないのですが、やはり僕は○○ザものが苦手です。オイオイっていうのは、もちろん松○○○るさんの存在(展開)ですよね?(爆)。根津さんといえば僕は、「Gonin」が大好きです(90年代ですが・・・)。

いろいろと勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/06 11:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度参入ありがとうございます、大先生(今は正常です(笑))。

「リップ・ヴァン・ウィンクル」ってそういうことだったのですね。なんせ若輩者なので、とても勉強になります。大藪さんの小説の題名はそれだけでインパクトが強いですよね。実際、小説の内容も強烈らしいのですが、読んでないのでわかりかねますが・・・。あ~~、気になる、眠れなくなったらどうしよう(笑)。

「TATOO~~」は最近観ました。恵子さんがボコボコに蹴られているのもインパクトありましたね。竜童さん(明夫)が自殺したのか射殺されたのか謎ですが・・・(多分自殺?)。

仁義シリ-ズは多分まともにとうしで観たことがありません。そろそろまともに観る時期が来たと思います。

一ヶ月位は猶予をくださいね(泣)。心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/05/25 14:49

 こんにちは。

「狂気」「インパクト」などのキーワードなら鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」や「陽炎座」(おお、松田優作だ!)がお勧めであります。あと、「ときめきに死す」なんかも。どうぞお試しあれ。

この回答への補足

7/8現在で「ツィゴイネルワイゼン」だけ、レンタルできません(いつもレンタル中)。いずれ必ず観たいと思います。

この場をおかりして・・・。
参入していただいた皆様方、誠にありがとうございました。いろいろと勉強になりました。今回は公平を帰して、たいへん申し訳ないのですが、ポイント該当者は、なしとさせていただきます(ごめんなさい)。また何かとよろしくお願いいたします。閉じさせていただきます(7/8)。失礼いたしました。

補足日時:2001/07/08 21:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

な、なんと、ここでも清順さんや「ときめきに死す」。う~~む。気になる。勉強(予習)してから観たいと思います(レンタル屋にあることを祈る)。優作さんは多分制覇しているので、気がむいたら観なおしてみます。

心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/05/25 13:54

こんにちは。

映画に疎い私が回答するのでどうかと思いますが、「鬼畜」、「復讐するは我にあり」、「砂の器」、「太陽を盗んだ男」、「死の刺」、「さらば愛しき大地」、「火まつり」、「ときめきに死す」、「TATTOO<刺青>あり」などはいかがでしょうか。

この回答への補足

どうも~~~。

「死の刺」は、僕の調べ方が悪いのか、よくわかりません。よろしければ監督とか、どんな俳優がでてるとか教えていただけたら幸いです。

他の作品は、「火まつり」、「復讐~~~」以外は、すんごぉ~~~い昔に観てました。忘れかけていた(「太陽~~」、「砂の器」以外)ので、今観てけっこうインパクト?ありました。

いろいろ勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/06 08:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

「復讐するは我にあり」は題名だけ知っていました(観たことあるかも?)。「砂の器」って松本清張さんだったかな?他は「太陽~~」、「TATTO~~」以外多分知らないと思うので、勉強(予習)してから観たいと思います(もしかしたら観たものがあるかも?遠い記憶で思いだせない)。

心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/05/25 13:43

清順であれば「野獣の青春」の方がお気にめすかもしれませんね。

「東京流れ者」もイイんですけど、ビデオだと発色があまり良くないので、あの原色感覚というか、独特の色使いのインパクトが劇場で見たときほどないかも。あと岡本喜八監督の「殺人狂時代」は、ちょっとコメディっぽいんですけど、だんだんヘンになってきますよ。

有名な脚本家の橋本忍が監督した、「幻の湖」という狂気がやどったかのような怪作がありますが、これはビデオになってないのが残念・・・。

優作版「野獣死すべし」はやはり当時何度も見て、台詞を頭に叩き込みましたね~(今じゃ大分抜けちゃいましたけど)。「リップヴァンウィンクル」の絵本まで買っちゃいましたが、確か映画の中で出てきた「リップヴァンウィンクル」とちょっとストーリーが違ってたんですよね。どこが違ってたかも記憶が曖昧になってしまったけど。

この回答への補足

どうも~~~。

この場のおすすめ3つはちょいとインパクトに欠けました(好みですみません)。
清順さんものは、いかにも「にっかつ」って思いました。喜八さんものは、コメディータッチなのが残念に思いますが、設定は好きです。ある意味いいもの観させていただいたように思います(若き?仲代さんとか)。

いろいろと勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/04 20:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お世話になってます。大先生(あえて大先生と呼ぶことを御了承していただきたく思います。というか許可される前に既に使わしていただいてますが・・・(爆))。

さすがというか、脱帽というか・・・。昔ツレ(友達)とその絵本について大討論したことがあります(笑)。その絵本?があるだろうとは憶測していたのですが・・・(事実存在する?存在していたのですね(驚))。ということでどこがどう違うのかはわかりかねます。大藪さんの小説を読もう、読もうと思ってもう10年以上経ちます(笑)。なんせ若輩者ですから・・・(汗)。

「幻の湖」、気になるなぁ~~。眠れなくなったらどうしよう(笑)。

喜八さんの存在は知っていましたが、多分作品は観たことがないかもしれません。清順さんは勉強(予習)してからお奨めを観たいと思います(レンタル屋にあることを祈る)。

ということで今現在酔っぱらっている私をお許し願いたく思います。心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/05/25 02:01

ごめんなさい、URL間違えたみたいです。



参考URL:http://www.so-net.ne.jp/seijun/styletokill/index …
    • good
    • 0

再び投稿します。

邦画ということなので鈴木清順のものはどうでしょうか?
「殺しの烙印」などお薦めなんですが…
今、東京の劇場で特集もやっているので参考URLをどうぞ。

参考URL:http:/www.so-net.ne.jp/seijun/styletokill/index.html

この回答への補足

どうも~~~。

清順さんって人気あるんですねぇ~~~(驚)。やっと借りることができました(6/11)。「ツィゴイネルワイゼン」っていつになったら借りることができるのやら・・・(汗)。

あの時代にしては、よくできた作品と思います。設定も展開も好きです。

いろいろと勉強になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/11 21:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度参入ありがとうございます。

なんせ僕は若輩者なので鈴木清順さんの存在すら知りませんでした(泣)。
ということでいろいろ勉強(予習)してから、お奨めの「殺しの烙印」を観てみたいと思います(レンタル屋に置いてあることを祈る)。

心よりお礼申し上げます。失礼いたしました。

お礼日時:2001/05/25 01:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング