先週、国際交流系のイベントに参加しました。
外国の子どもたちとの交流であり、折角だから和服でお出迎えしようということになり、皆が1着は持っているであろう浴衣を着ることになりました。

イベント会場には着替える場所がないとのことで、流石にトイレを占領して着替えるわけにもいかず、家から浴衣を着ていくことになりました。


その、家からイベント会場の道中であったことなのですが・・・。


私は、母から譲り受けた手縫い手染めで白地に藍の朝顔の柄の浴衣+半幅帯という出で立ちの格好で会場に向かいました。
道中、電車で30分・・・。
その時、たまたま鉢合わせた老婆に叱咤されました。

「浴衣なんかで外を出歩くもんじゃない。浴衣は風呂あがりに着るもんだ。安い生地の浴衣なんか着て外出歩いているのは風呂あがりの使い古したバスタオルだけを巻いて出歩いているようなもんだ。
半幅帯なんて正装でもないものを人様の前に出るときにつけるもんじゃない。みっともないものを人様に見せるんじゃない」

老婆に言われたことをまとめると、こんな感じです。
正直私は20代になったばかりですが、浴衣がバスローブ・・・という感覚は全くないのです。
勿論正装かと言われたら、そうでないのは解ります。
ですが、私の中では浴衣=Tシャツ+ジーパンくらいの感覚なのです。
家に着物もありますし、年に1回以上着物も着ますし、自分で着付けもできる程度に和服に触れてきましたが、しかしやはり、ひどく叱られてからもバスローブという感覚は全くピンときません。

私は京都に住んでいますが、京都三大祭りなんかが近くなると、私より年上の30~40代の方でも電車に浴衣姿で乗っておられますし、京都駅で立っていると100人単位で浴衣姿の方が電車から降りてくるのも見かけます。
そういった風景を見慣れているので、私の感覚がおかしくなった・・・ということなんでしょうか?

今でも多くの人は、公共の場で浴衣なんて非常識だ!浴衣はバスローブだ!半幅帯なんて外でつけるもんじゃない!という認識なのでしょうか?

知識的な部分ではなくて、感覚的な部分で皆さんどう感じられていらっしゃるか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんばんは。


まあこういう話(浴衣に関する物議)は毎年のように話題に上りますね。
結論から言うとそのお婆さんの言うのも間違いではない。
そしてあなたの感覚もおかしくはない。
シンプルに言えば年代による感覚の差だと思います。

京都にお住まいと言う事で和装の関する感覚は他のちがうところもあると思います。
もう10年も前の話ですが、全国の成人式の模様をテレビで流していました。
その時に、振袖の上に羽織る鳥の羽のようなひらひらしたショール、あれをほぼ全員が室内でも外さないのを見て大変違和感を持ちました。
羽織りものやコートは室内では脱ぐというマナーを知らないのか、もはや振袖の一部、アクセサリー扱いなのか?と。
そんな中、京都の成人式だけは一人もそのような人がいなかったのです。
ああ、さすがだな、和服の伝承が根付いた土地だな、と思いました。
ところが6月上旬に京都へ行った時に浴衣で街歩きする女性達を見ました。
たぶん観光客だったと思われますが、着物レンタルで借りたのかも知れません。
6月に浴衣はちょっとなあ、と思いました。京都の人はどういう思いで見てるのだろう?
お客さんだから何でもアリなんだろうか、と。
けど今や浴衣はイベント着。そういう時代なのねと納得させました。

その老婆の言うように浴衣は湯上り着、という感覚はさすがに古いと思います。
老婆と言うからには70代以上と思われますが、だったらそういう感覚を持っていて不思議はないです。
私は二十歳の頃から自分で和服を着始めておよそ30年が経ちますが、まあ時代時代で感覚は変遷しています。
私が二十代の頃には真っ昼間に浴衣を着て外を歩くのははばかられました。
30代でもそういう感覚は残ってましたが、それで若い人が和服に親しんでくれるなら問題ないと思いました。
40代にもなるともう何でもアリで良いんじゃない?と。着るものなんて好き好きで結構と。
ましてやイベントならコスチュームですから。

時代で感覚や習慣が変わるのは致し方ないことです。
でも若い方はその変遷を知らずに着ているわけですね。
お婆さんの若い頃にはNGだったものが今は堂々と認められている。なにもおかしい事ではありません。
それを教えてくれたのだと思う事ですよ。勉強させてもらってありがとうございます、と。
だからお婆さんの感覚に合わせろとか言うことを聞けという意味ではないですが、「知る」という事は何においても大切なことです。
無関心が当たり前の現代ですが、昔はそうして年寄りは若い者に小言を言うのが当たり前だったのです。
五月蠅い叱責とばかり思わずそういう感覚の人がいるという事実を受けとめる事だと思いますよ。
事実こうしてここで質問を立てて皆さんからご意見を頂けて、ずいぶんとお勉強できたのではないですか?

つい昨日です。うちの大学生の娘が「浴衣で大学来てる子もいるよ」って言ってました。
「あら、そう、良いじゃない?あなたも着て行けば?」って言いました。
「作業があるから無理だよ」と娘は笑ってましたが、二十歳くらいの子なら何したって許せます。
いっぱい失敗したり叱られたりして経験する事の方がずっと大事なので、怖がらないで何でもやってどんどん叱られたら良いと思います。
そして「ふーん、そういう意見もあるのね」と柔軟に受け入れて行けば良い。
私もそうして来たのです。最初から何でもわかってる人なんていませんからね。

この回答への補足

BA悩みましたが、京都のことまで織り込んで答えてくださったのでusubinogardenさんをBA選びました。

余談ですが、成人式の時のショール。私の場合は母親に何気なくサラッと「ショールは室内ではいらないのよ」と言われたので当たり前のように外していました。
成人式に参加した友達もそんな感じでさらっと教えてもらって身についたと言っていました。
教えてくれる人がいるというのは大切なことだと改めて感じます。

補足日時:2013/07/08 04:23
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます。

浴衣がもともとバスローブ的立ち位置であること、半幅帯も正装には含まれないこと。
そういった知識は有りましたが、それが実感として伴いませんでした。
正直、店で売ってる大量生産の浴衣なんかは「水で濡らしたら色落ちが・・・」とか書いてあるので、明らかにバスローブとしての役割はもう放棄してるだろう・・・むしろそういった役割に使おうという人が実際にいるのか・・・?
というのが私の感覚でした。
浴衣のための装飾品なんかも今沢山売られています。
浴衣も今や「お洒落の1つ」なんだと捉えています。


私の大学にも、いつも侍の格好をして髷までゆっている男性がいました。
真冬でも甚平+ゲタ+紐で縛った教科書というスタイルを貫いていて、甚だ関心しました。外では凄い鳥肌たっててかわいそうでしたが・・・。
あれもホームウェアという位置づけですが、やはり私は彼のスタイルを見て「おかしい、これは外で着るものではない」という感覚は湧いて来ませんでした。

知識としてはあるのに、実感が伴わない・・・変な感覚です。

お礼日時:2013/07/04 03:20

浴衣についてはイロイロと説があって、バスローブと思ってる人が多いのも事実ですが、だとすると矛盾が出てきます。



現在の着物に関することがらは江戸時代が元になっていますが、江戸時代の庶民は着物を2~3枚しか持っていなかったそうです。
普段着るものが2~3枚なのに、バスローブを持っていたというのは不自然です。そんなものを買うくらいなら普段着を買うハズです。

また、江戸時代は休日という考え方が無かったので、1日のうち午前中に仕事をして、3~5時くらいに風呂に入り、その後で遊びに行くというのが一般的だったそうです。ですので、風呂に入った後は遊びに行く恰好をするのが自然です。

江戸時代の銭湯は井原西鶴が 「死体が浮いていても分からない」 と書き残すほど汚かったそうです。(ちょっとオーバーな表現の気がしますが。(^^ゞ)
そんなところでバスローブなんて使うのでしょうか。

私は 「浴衣 = バスローブ」説は間違っていると思ってます。
なので、「浴衣 = 湯浴みの衣装」説が妥当だと考えています。

「湯浴み」とは「お風呂に入る」ことでは無くて「身を清める神事(儀式)」です。
修験者が白い着物で滝に打たれているイメージが一番近いかな。

有名な話では、浅野内匠頭が吉良上野介を殿中で切り付けた時、五代将軍綱吉は天皇の勅使に会うために「浴衣を着て湯浴みを行っていた」と記録に残されています。
(将軍が身を清めて出てきたら、浅野内匠頭が松の廊下を血の海にしていた。将軍が激怒 ⇒ 即、切腹!)
将軍が身を清めるときに使っていたのは史実ですし、それを庶民がバスローブに使うなんてありえません。

私も夏場は浴衣を着て外出しています。
そもそも浴衣はバスローブなんかじゃ無いと思ってるからです。
確かに正装や神事でも無いですが、現代では気軽な普段着と考えて良いと思いますよ。
そもそもTシャツやYシャツだって下着だったんだし、キャミソールとかだってあるんだし。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そういえば古文で何かの作品を読んでいた時に、老婆が元気よく浴衣でお宮参りをしているといった描写を見たこともあります。
流石にお宮参りをするのにバスローブはないですよね…。
それに夏場に女性が普段着である浴衣の紐をほどいて、板に貼り付けて乾かしていた…とか。
そもそも庶民が愛好していたという点からして、私は衣類として使用されていたのではないかと考えていました。

正直…私の目からすると、浴衣で外を出歩いている人より、上半身キャミ1枚か2枚つけただけで出歩いている人のほうが品性疑います。

お礼日時:2013/07/05 14:02

浴衣は絶対にそとにきていかないか、という点にかんしては、


特定の日にはきていく、といえます。お祭り、お盆の迎え、盆
祭り、花火大会などです。

半帯についていえば、お気の毒ですが、外出するときの帯で
はありません。

いずれにせよ、きちんときられていないと、(あわせかた、えり
のぬきかたなど)、だらしなくしかみえないのは、事実。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。

母親が着付けの資格を持っており、私も教えこまれておりますし、これまで着崩れたことはありませんのでおそらくきちんと着られていると思います。

ところで、なぜ半帯は外出用の帯ではないと思われるのでしょうか?
呉服店で浴衣に合わせて選んでもらった時には、外出用のもとしてお店の方に売って頂きました。

お礼日時:2013/07/05 13:49

40過ぎ、遊びで着物を着ているものです。



「着物での外出」は変と思いませんが、と言うより変と言われると私が変なわけですが、先週であれば6月ですよね。
6月に電車内で、白地に朝顔という完全な浴衣に半幅帯の女性を見れば、違和感を感じたと思います。
実際のお姿を拝見したわけではないので推測になりますが、お母さま譲りの白地の浴衣を、昼間に浴衣としてお召しになっていたのでは、透けていなかったか、着古した感がなかったか、と心配にはなりますね。透け感とか着古した感というのは、着ている本人は意外と気づけないものなので。

浴衣は湯上りや室内で着るホームウェアの位置づけです。
その延長で夏祭りや花火大会には着ているだけのこと、お祭りだから、その季節だから、という理由で変と感じないだけ、いわばグレーゾーンなだけで、やはり基本ルールからは外れています。
これが浴衣でも夏着物っぽい柄であったり、半襟や足袋を付けていたり、八寸を締めていたりすれば違和感は減ります。これもグレーゾーンでしかありませんが。
Tシャツ+ジーンズというのは、私でしたら木綿や麻の着物に上質の半幅帯か八寸のレベルです。
こういったグレーゾーンの感覚というのは人によって違うもので、何が正しいと言えるものではないと思います。

ただ、「違和感を感じる」とは言っても、それと見ず知らずの他人様に「注意」とか「助言」というレベルならともかく、「叱責」するのは変だと思いますけれどね。
まったく逆に、この季節に振袖だのパーティドレスだので電車に乗っている人を見かけても違和感は感じるでしょう。
でも、結婚式でもあるのかな、パーティでもあるのかな、で受け流すと思います。
同様に、季節外れの浴衣に違和感を感じても、何かあるのかな、で済ませるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
浴衣を着る際はきちんと着物用の下着をつけていたので、透けてはいなかったです。
母から譲り受けた際に、私と母の身長差が10cm以上あったこともあり、仕立て直してもらったので着古した感もなかったと思います・・・多分。
呉服屋さんで見ていただいたので大丈夫だったと信じたいところです。

半襟も足袋もあったのですが、流石に周りのみんなが使っていないものを使うと一人浮いて違和感が出るかなぁと思ったのでつけずにいました。

やはり着物が一番無難ですね。
今回は仕方なかったとはいえ、違和感を覚えられる人がいることは覚悟していました。
が、それでもバスタオルで外に出る、と痴女みたいな言われ方をしたのはやはり納得ができなかったので・・・。


私は知識上では、浴衣がもともと風呂あがりに着ていたもの、部屋着と同じだということは知っていました。
けれど、実際に私が着ている浴衣がそれと同じ位置づけかと言われたら、同じだとは到底思えないのです。
私と同年代の友達は、自分で浴衣が着られない、帯が結べないといった子が大多数ですし、一回り下の小学生や中学生は、浴衣・甚平すら触れたこと・着たことがないという子が増えました。
これからもどんどん着物や浴衣の価値観が変わっていくのかもしれないですね。

お礼日時:2013/07/04 03:09

私もおはしょりをとって着る、着物と仕立てが全く一緒のものはバスローブという感覚はないです


今の浴衣をつくる人も売る人も着る人も、バスローブではなく外出着、イベント着として着ることを想定していると思います。「浴衣=風呂上がりに着るもの」って現代の知識ではなく起源ですよね
半幅帯も夏に限らず普段着と合わせて外出するのは全く普通だと思います
そもそも着物と浴衣の違いも今は曖昧なようです(面白い動画があったのでURLをご参照ください)

でも実際に湯上がりに浴衣を着ていた、昔の文化はいいものだと思いますし、今でもさらっと着る方がいたら素敵だなあと思います
質問者様の浴衣は古典的な雰囲気だったんでしょうか、おばあさんの今までの人生で培われた「バスローブとしての浴衣」イメージとばちんとはまってしまったんでしょうね(さすがにバスタオルはひどいと思いますが)ちゃんとした目的があって着てるんですし、全く気にすることはないと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際呉服店に浴衣を仕立ててもらった時も、外で着て歩くことを前提として作って頂きました。
というより、呉服屋さん自身が外で着て歩くことを前提とした浴衣を販売していました。
ジーンズが作業着から変化していったように、浴衣もどんどんと変化しているのですね。
今はあまり着られなくなった和服がどんどん変化しているって、和服が活きているのを実感できて面白いです。

動画ありがとうございます。携帯からだと重いせいか見れなかったので、家で時間がとれる時に見てみます。

お礼日時:2013/07/04 02:52

知識的には浴衣は風呂上りに着るものだというのが正解な訳です。


「誰もが持っていそうな浴衣」という選択をしてしまうぐらい、この時期に着られる
和服などほとんどの人が持っていないですよね?
「そういう事をわかっていないババアの話は聞き流して無視をする」に限ります。
今、浴衣だってあまり着ないでしょうし、それ以上なんてもっと着ないわけですから
若い子が浴衣を着るという事自体を私は評価したいです。

それに、日本全国祭りだとかイベントだとかで浴衣で電車に乗るというのは
いくらでもある話です。そこは公共の場ではないのかという事になりませんか。
明治村というテーマパークでは夏に
「浴衣を着ていくとサービス」というイベントかあるくらいです。

ただ。実家の近くで毎年盛大な花火大会が催されますが
何千人?見に来る中に何人か「呼び止めて直してあげたい」と母が思うくらい
間違っていたり、着崩れていたりする人がいます。
わざとやっているものもあるようですが、露出は考えろと思います。
そういう輩と一緒にされてしまったのではないでしょうか。
きちんと正しくピシッと着ているのならば問題ないと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

時代の流れによって浴衣そのものも変わって来ましたし、浴衣の役割も変わってきたということでしょうか。

確かに大阪だったか神戸の大型ショッピングモールでも、「カップルで浴衣」だと特典がある。というようなこともありますね。

祇園祭には毎年着物でいきますが、お手洗いを利用すると中で着崩れた浴衣と格闘していたり、帯が潰れてどうしようもなくて泣いている女性、一度ほぼ全裸状態の女性に泣きつかれたりしたこともあります・・・。
キャバ嬢みたいな見た目の人はがっつり肩出して着ている人もいますが、そういうのは流石にハシタナイとは思います。

お礼日時:2013/07/03 13:44

着物好きな人は、「フォーマル伝統派」の人と、「カジュアルモダン派」の人がいると思います。



モダン派の人は、モダン派の意見を聞いていればいいですよ。
いろいろ自分なりに工夫もして、楽しいでしょう。

フォーマル伝統派で厳しい人の話をきいていれば、きりがないですよ。


着物がふだん着として着られていた時代は、自分なりに工夫していたはずですし、
洋服だって皆好きなように着こなしていますから、
和装にだけ細かいしきたりにこだわるというのもおかしな話ですよね。


>たまたま鉢合わせた老婆

なにかイヤなことがあって機嫌がわるかったか、よほどおかしな人なんでしょう。

道行く人の服装をとがめて説教する感覚の方が、普通じゃありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

成人式や卒業式、その他正式な場では私もやはり「フォーマル伝統派」です。
そういった場では老婆のご意見は最もだと思いますが、やはり日常移動程度で「浴衣はおかしい」と言われると「公共物を利用する際はスーツを着なさい」と言われている感覚しかなく、違和感にしかならないですね(汗

お礼日時:2013/07/03 13:36

うーん、いかにも世代間ギャップみたいな話だな。

伝統的な話をすれば、そりゃ老婆のいうことが尤もなのであって、当たり前のように浴衣で電車に乗るのはどうなの?という感覚は私もあるよ。祭りなら、それでもいいけど、国際交流系のイベントに浴衣ってどうなのかな?確かに友達と京都の祭りに出かけるという話なら、何も問題ないとは思うけどね。まあ、顰蹙買って当たり前とは思う。

質問者さんは自分では一人前のつもりで居るのかもしれないが、私から見れば20代なんて赤ん坊と同じ。何の違いもない。どう説明したところで話が理解できると思えないので、ここまでにしておくけど。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

顰蹙買って当たり前
その感覚が解らないので教えてほしいんです。

>20代なんて赤ん坊と同じ
あなたから私をそう見るのでしたら、、私は説明することを放棄される大人の方々を頭が硬い、古臭い柔軟性がないとみなしています。

頭ごなしに「当たり前だ」と言われても、それを伝える事を放棄されるのでしたら、私のような若者が増えてそれが当たり前になっていてもおかしくはないでしょうし、それで顰蹙を買うと言われてもやはりピンときません。

お礼日時:2013/07/03 13:32

まぁ、確かに昔はお風呂上りに着ていたかもしれませんが、それってもう戦後しばらくしてそれさえ見なくなった文化だと思いますよ。


感覚的にはホテルに備え付けの寝巻代わりのペラペラの浴衣を着て、出歩くのはその人が言っているのと近いとは思いますね。
質問者さんもそれで外を出歩こうとは思えないですよね?

けれどお祭りに行くとき・花火大会に行くとき何十万という人が(ホテルの備え付けのようではない)浴衣で出歩いているのは質問者さんの言う通りで、今はそれが当たり前ですし、気にすることないですよ。
京都だと昔の風習が残っている人もいるでしょうが、それは「個人の見解」ということで片付けてしまっていいのでは?

私も20代ですが、自分がお祭りなどで着る浴衣はバスローブ感覚では全くないです。
半帯も好みってかんじですよね、今は兵児帯を一緒に着けたりする人もいますし。
兵児帯は子どもがつけるものって私は思ってるのでつけないですが、それも個人の見解ですよね。

自分も楽しくて、外国人に喜んでもらえたら、それでバッチリですよ☆
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も寝巻代わりのペラペラの浴衣で外は出歩きたくないです。

私の感覚では
寝巻代わりのペラペラの浴衣≠現在お祭り等で使われている浴衣
なのです。
同じ名前がついているものの、全く別物・・・という感覚です。
老婆にとってはそれが同じ・・・ということなんでしょうか。

お礼日時:2013/07/03 13:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浴衣で出かけていい場所はどこだと思いますか

今年、浴衣を購入して
せっかくなので沢山浴衣を着たいと思っています
ですが、マナーを見てみると、5月はまだ早い、昼間に来てはだめ
などなど
色々と書いてあり、少々落ち込んでおります
例えば、古民家風のカフェにランチ
などに着ていくのは、やはりおかしいのでしょうか

花火大会やお祭り以外で
どんな場所でどんな時間帯で着るのはOKか
色々な意見を聞きたいです

また、ご存じの方に伺いたいのですが、6月か7月に伊勢のおかげ横丁に行きます
その時、浴衣をレンタルするか迷っています
あまり浴衣姿の人がいないと、ちょっと恥ずかしいので
どんな感じか、ご存知でしたら教えてください

Aベストアンサー

No.3の私の回答への質問への回答です。(書くとややこし~(笑))

「お昼間のお祭りなどは、だめ」って、、、
そうなんですか???!!!!
すみません。実は、海外在住なので、こういうルール、無法地帯です。。。^^;

でも、日本人として一応常識は知っておきたいので、
私も何かあるたび、初心者ですから、ネットや本でで調べたり、
一緒にでかける人に探りを入れたりします。

その結果、ドレスコードがあるような場じゃない
普段のおしゃれ着、カジュアル着は個人の自由という結論に辿り着きました。


着物の世界は格をとかくいいますけど、
それは第一礼装には留め袖、振り袖とか、そいういう着物の種類、
柄の種類(古典柄、吉祥文様は格が高いとか)によるもので、
色による区別っていうのは聞いたことがありません。

浴衣も旅館の寝間着みたいなのから、
いろいろグレードの違いがあるのは確かでしょうけど、
浴衣は浴衣というカテゴリで、色によって格が変わる(着ていける場が変わる)
という理屈はよくわかりません。
白いと下着っぽいから?でも、浴衣って大胆に柄入りなのが多いし、、、
色だけで決めれませんよね。


お読みになったマナー本にかなり翻弄されておられるように思うのですが、
冠婚葬祭とか茶道の世界のように確立したルールなんてものはなく、
人を立てるためのものでもないし、
浴衣はかなりカジュアルな場のためのものという位置づけの中での
おしゃれのTPOセンス、個々のファッションの趣味レベルの問題だと思うので、
現代の着物雑誌とか本も参考になさってはいかがでしょうか。

確かに昔はパジャマ扱いだったんでしょうけど、
昨今の傾向としては、浴衣オッケー範囲って広がってきてるように見受けます。

七緒(VOL3) 着物からはじまる暮らし プレジデントムック 特集:大人のゆかた・麻の着物 [ムック]、

大人のおでかけゆかたコーディネート帖/小学館・秋月洋子

とか、そもそも質問されていた、どこへ着ていくのかという点でも
すごく参考になりそうです。
両方とも、読んだことないんですが(笑)、他の号、他の本を持っていて
現代的、だけど品よくきちんと着たい人向けで
大好きな雑誌、著者なので、無責任にお薦めしておきます^^;

アマゾンのユーザーレビューによると
「ゆかた以上夏着物未満」の大人のお出かけゆかた&帯を解説 だそうですし、
今、お持ちの大好きな浴衣が、この夏大活躍できるヒント満載なのでは。


すごく好きな浴衣がおありとのこと、羨まし~い!
私はとにかく今年は子供時代以来初めてとにかく浴衣着よう、浴衣必要って感じで
まぁ、これでとりあえずいっかで無難なのを買ってしまいました。
で、下駄がまだありません、、、
夏までになんとかしなくっちゃです。

No.3の私の回答への質問への回答です。(書くとややこし~(笑))

「お昼間のお祭りなどは、だめ」って、、、
そうなんですか???!!!!
すみません。実は、海外在住なので、こういうルール、無法地帯です。。。^^;

でも、日本人として一応常識は知っておきたいので、
私も何かあるたび、初心者ですから、ネットや本でで調べたり、
一緒にでかける人に探りを入れたりします。

その結果、ドレスコードがあるような場じゃない
普段のおしゃれ着、カジュアル着は個人の自由という結論に辿り着きました。

...続きを読む

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q着物に半幅帯、夏場以外ではなかなか見ないのですが…

お世話になります。

最近、着物に興味が出てきたので母親から着物を譲ってもらったり、ネットなどで好みのデザインの洗える着物を買ってみたりしています。
少しだけ着付け教室(大手のではありません)に通って、着付けの基本くらいはできるようになりました。今は教室には通っていません。

今度、友人と気軽なランチの約束をしたので、せっかくなら着物でいきたいなぁと思っています。気に入った半幅帯があるのでそれをしていこうかなと考えているのですが、普段、街を歩く着物姿の方を見てみると、夏の浴衣の時期以外で半幅帯をされている方ってあんまり見ないような気がするんです。
半幅帯はおしゃれ帯だから普段使いにしても構わない、とよく耳にするので、半幅帯でお出かけもおかしくないんだろうとは思うのですが、それってもしかして建前なのですか?電車に乗って出かけるレベルの「おでかけ」では、半幅帯はおかしいですか?(ちなみにランチは自由が丘のカフェへ行く予定です)
普段使いっていうのは近所のスーパーへの買出しレベルの事を言うのでしょうか…。
羽織は持っていないので、これからの季節ならコートを着て出かけるようになると思います。すると室内ではコートを脱がなくてはなりませんね。半幅帯が露出されてしまいます。
皆さんの考える「半幅帯での行動範囲」を教えてください。

お世話になります。

最近、着物に興味が出てきたので母親から着物を譲ってもらったり、ネットなどで好みのデザインの洗える着物を買ってみたりしています。
少しだけ着付け教室(大手のではありません)に通って、着付けの基本くらいはできるようになりました。今は教室には通っていません。

今度、友人と気軽なランチの約束をしたので、せっかくなら着物でいきたいなぁと思っています。気に入った半幅帯があるのでそれをしていこうかなと考えているのですが、普段、街を歩く着物姿の方を見てみると、夏の浴...続きを読む

Aベストアンサー

結婚式以外なら、パーティだって、ソレ相応の「細帯=ハンハバ」なら
ゴージャスでokです。

ただし、どうして、結び方はいたって簡単にもかかわらずですが、ハンハバが浴衣以外にポピュラーにならないかというと、わかるでしょう?

オハショリの後ろの始末がちゃんとしてしてないと「見える」
さらに後姿を「お太鼓巾」でごまかせませんので
後姿に自信がないと、出かけるには不安があるからです。
お太鼓の多少のいびつは個性ですから、タレぐらいだけ
見ていればいいだけですが、ハンハバはちょっと、もとの後姿を目立たせるのです。


さらに、着物年代は中高年が主体です。
浴衣は若い女性。
そして、若い女性はお金もないのでハンハバどまり。

何本か名古屋を作り直して「細帯」にして、外出用として
作成しましたが、目立ちたいときはいいんですが、お太鼓、角だしより
チェックする回数がどうしても増える。
よく見せたいならなおのこと。
そして、貝の口以外だとどうしても立体になるので
椅子に座れない、込んだ電車はつぶれるとか。

でも、ギンザで以前、中年の細帯軍団を見かけました。
飾りヒモもしてあって、かなり気合が入ったグループでした。

結婚式以外なら、パーティだって、ソレ相応の「細帯=ハンハバ」なら
ゴージャスでokです。

ただし、どうして、結び方はいたって簡単にもかかわらずですが、ハンハバが浴衣以外にポピュラーにならないかというと、わかるでしょう?

オハショリの後ろの始末がちゃんとしてしてないと「見える」
さらに後姿を「お太鼓巾」でごまかせませんので
後姿に自信がないと、出かけるには不安があるからです。
お太鼓の多少のいびつは個性ですから、タレぐらいだけ
見ていればいいだけですが、ハンハバはちょっと...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む

Q夏の着物を一式そろえるとしたら、単?絽?

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、着物は単がいいか、絽がいいか、です。
6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

帯はどうでしょうか。

ちなみに、着るとしたら、ちょっとしたコンサートや
ショッピング、友だちとのランチなどですが、
もし6月~9月に結婚式があって着物で行くケースが
あった場合のために、付け下げなどにしたほうが
いいかもしれません、その場合のアドバイスなども
お願いいたします。

質問事項が多く、ご迷惑をおかけします。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単衣は基本的に透けない着物です。盛夏の薄ものは絽や紗で知られるように透け感の強い着物です。
この「透け」の程度が単衣と薄ものを分ける要素ですが、最近は中間的な微妙な透け感の生地が開発されているのです。
透けるような透けないような、まさに単衣と薄ものの中間ですね。
それが変わり織りの夏物です。
他にはごく普段着になりますが綿シルクというものもあります。
名のとおり綿と絹の混紡です。これは自宅で手洗いできるメリットがあります。

また、絽ちりめんや竪絽(たてろ)は昔は単衣の時期と言われましたが、昨今は単衣から盛夏まで通して着られています。
絽ちりめんは絽目のあるちりめんです。竪絽とは、通常の絽が横に絽目が入るのにたいし縦方向に絽目の入った生地です。

以上にあげたものが単衣から盛夏まで着られる着物となります。
まず一枚目としては適したものになると思います。
またごくラフな用途であれば上等の浴衣を着物のように着るという方法もあります。

<6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

これは温暖化の事情もあり判断は人それぞれといったところです。
単衣の時期が前倒しされ5月くらいから着始めるのが最近の事情です。
そして6月でも真夏のように暑い日であれば絽を着る方もいます。
9月も残暑の残るうちは絽を着てかまわないでしょう。ただし下旬にもなれば避けたいところ。
紗は、やはり暑い盛りの着物ですから7、8月の限定にされたほうが、と思います。
普段着であれば麻や夏紬もおすすめしたいですね。
盛夏に単衣を着て悪いとは申しませんが、本当に暑い時期に単衣は着てられませんよ。
しかしフォーマルとなると、昨今は夏の結婚式でも袷を着る方が増えています。
空調のきいた場所であればそれも可能ですね。

<長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

長襦袢は上に着る着物を考慮する必要があります。
正絹の絽や紗を着る場合にはやはり長襦袢も正絹の絽が良いでしょう。
とくに紗の着物は完全に長じゅばんが透けて見えますから気を抜けません。
麻や綿麻、夏紬などかたい着物を着る場合には何と言っても涼しさ一番の麻の襦袢がおすすめです。ほかに綿や綿麻の襦袢もあります。
これらは自分で洗えるのが魅力です。
麻にも絽麻と平織りの麻がありますが、平織りであれば夏以外の暑い日にも着られて重宝です。
下から薄くしてかまわないので単衣にも絽や麻の襦袢を着て差し支えありません。
半襟、帯揚げ、はやはり絽を用います。正絹、化繊、麻や綿麻などあります。着物にあわせて選びます。
帯締めは夏専用のものでなくてかまいません。
暑苦しさを感じない色や太さのものであれば袷と共用できます。
レースなど特別に夏用に組まれたものがありますが、それを使わなければいけないわけではありません。

帯は単衣には袷用の中から薄手のものを選んで締めますが、6月後半ごろからは夏帯に変えたほうが良いでしょう。
盛夏には夏帯です。夏帯とは絽や紗をはじめ素材が夏用に薄く織られたもので、袷同様にフォーマルとそれ以外があります。
ですから着物や場にあわせてどんな帯を締めるか考える必要がありますね。

また、附け下げにした方がよいか紬や小紋にしたほうが良いかは、やはり着る頻度で決めることだと思います。
フォーマルと普段着の共用ができないのは袷となんら変わりません。
普段には着ないからこそフォーマル、なのですから。
ランチやショッピングに着る着物と結婚式の着物は別にすることをおすすめします。

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単...続きを読む

Q浴衣や着物を普段着に

以前から浴衣や着物に興味があり、部屋着や普段着に浴衣を着てみたいと思っています。

ただ、高価なものや、かしこまったものではなく(私には残念ながら、そのようなものを身に付ける機会がありませんし、知識もないです)部屋着やちょっとご近所へ行く時に着てみたいのです。

よく、旅館なんかで寝巻きとして浴衣がありますよね。
あんな感じでリラックスして着たいのですが、着る時の決まりなどはあるのでしょうか?

昔の人はみんな着物を着ていましたよね?そんな感じで、あまり気負わないのが良いのですが、オススメはありますか?

部屋着感覚でも、合わせる髪型はこう、履き物や帯はこれ、と決まりがあり、間違えたりするとみっともないですか?
間違えた時のまわりの目が気になって、なかなか手を出す勇気が出ません。

夏は旅館で出てくる浴衣で良いかと思いますが、冬は何を着れば良いですか?

Aベストアンサー

>よく、旅館なんかで寝巻きとして浴衣がありますよね。あんな感じでリラックスして着たいのですが、着る時の決まりなどはあるのでしょうか?

1の人が仰ってくれてますように、ユカタ浴衣は読んで字のごとく、基本的に湯上り着。
ですので、夕刻から着るものです。
そして、旅館で用意されてる一般的な単色?2色?の浴衣と、花火大会などで見かける浴衣とはちがうでしょ?
旅館の浴衣は、スーパーなんかでも売ってるけど、「寝間着」です。(ドラマなんかで病人が入院中にねまきとして使用してるのを見たことないですか?)
あれを、近くのコンビニとはいえ、ワンマイルウェアにするのはちょっと恥ずかしい。
温泉街で、戸外を歩くときも、客がみんなアレを着てるなら恥ずかしくもないでしょうが・・・。
ですので、ちょっとそこの郵便局へとか、ちょっと5分ほど先の八百屋さんへとか行くときは、花火大会に来ていくような浴衣にしてください。

帯結びは、そんなにむずかしくないですよ。
それもいやなら、ヘコオビという、総絞りの帯(お子さんがよく結んでいる帯)をベルトみたいに巻いて、蝶々結びしたらいいんです。
または、太めの洋服のベルトを使って、少したくし上げて、下にジーンズはいてもいいです。
着物としての打ち合わせがはだけて、素肌が見えないように注意すればOKです。
ただ・・・・・・。現在の日本の気候では、真夏、けっこう熱いと思います。
昔とはずいぶんちがってますよ。
昔は、33度くらいで「強烈にあついなあ」って言ってたくらいですが、現在では「へ、33度か。まあまあだね。」で、摂氏36度、37度なんてざらですからね。
浴衣は物にもよりますが、けっこう暑いんじゃないかなあ。
綿もので絞りでないなら、アイロンかけたほうがいいし。
くそ暑い真夏にアイロンだなんて・・。面倒。


>部屋着感覚でも、合わせる髪型はこう、履き物や帯はこれ、と決まりがあり、間違えたりするとみっともないですか?>
>間違えた時のまわりの目が気になって、なかなか手を出す勇気が出ません。

それを言うなら、今の成人式用の振袖の髪飾りとか、めっちゃみっともなく思えますが・・・・・・。
着物の柄も、ずいぶん・・・・・・・・・・で。私は、見てられない。(あくまで個人的意見です。)
ああでもしないと、買ってもらえないからって、商売人の苦し紛れのアイデアですが・・・。

履物は、別にくつでもいいと思いますよ。
ほれ、男性用の大島なんかでも、靴はいてます(*)。
そういえば、あの竜馬さんだって、着物に靴でした。
ハンテンなんて、よい例でして、セーターの上に羽織って、コタツみかん。OKでしょ?

>夏は旅館で出てくる浴衣で良いかと思いますが、冬は何を着れば良いですか?
上述しましたが、夏の、旅館浴衣は、おうちの中の部屋着用と、病院と寝間着用以外では、どうかお願いだから遠慮してほしいです。
冬は寒いですから、きちんと着る着物でも寒いですので・・・・。
くずして気軽に着るのであれば、(*)の、男性用の大島みたいに・・・。昔、タートルネックセーター(とっくりセーターと呼ばれてた)の上に長着を着たりしてました。
ですが、長着ですので、腰で着物を結んで、おはしょりをとって、少し上でもう一度結ばないと丈を引きずることになります。
ここを隠す?ためにも、帯があるわけですが・・・。
半和、半洋に着るには、太めのベルトするか、マフラーを帯代わりにして蝶々結びでもするかです。
下半身は、タイツでも、ズボンでも、スパッツでも好きなものをはけばいいでしょう。

>決まりがあり、間違えたりするとみっともないですか?
とありますが、みっともないと思うなら、着付けをならって、古典的に着るしかないです。
ただし、ヘアスタイルだけは注意です。
なぜなら、ロングヘアを下ろしたら、首、襟周りが汚れるからという理由だけ。
ショートにするか、束ねるかして、襟がなるべく汚れないようにしたほうが、洗濯のことを考えるといいです。当たり前の話ですが。

あと、合繊のものは、家でも洗えて、すぐ乾くし便利ですが、着心地は、ひもが滑りやすかったりするので、イマイチだそうですよ。

お好きなのであれば、わざわざ購入しなくても、お母さんや、ご親戚の方のお下がりをいただいたらいいです。
きっと、誰か一人ぐらいは、「タンスの肥やしで困ってる」人がいるはずです。
私もその一人です。
着もしないのに、数年に一度は虫干ししなくてはならず、そのたびに、面倒なたたみ方をさせられ、狭い家の、かなりのスペースをとって・・・。
和ダンスに着物が・・・。
和ダンスに着物がなければ、そのスペースに洋服を入れられるのに・・・って。
けども、親がなけなしのお金を使って、すこしずつ大枚はたいて買いそろえてくれた気持ちを考えると、捨てることもできず・・・・・。迷惑そのものです。
ウールの着物を、はさみで、下半分を切って、上だけ、蕎麦屋の店員さんみたいに着たこともありましたが、うまくリメイクできなかったので裾がごろごろして、結局すてました。下部分は、マキスカートっぽくしたのですが、あんまり暖かくなくて、アクリルのひざ掛けの方がよほど暖かくて、これも捨てました。

>ちょっとご近所へ行く時に着てみたいのです
他人に見せるために着たいのか?(オシャレで)。それとも、自分が着物好きで着ていたいのか?
どちらなのかを、もう一度見つめてみて下さい。
自分のためなら、人からどう見えてるか?はそんなに気にならないはず。
(一冬前は、腰にひざ掛けも毛布をまくのが流行りましたが、あれだって勇気のいること。
ですが、実用的なので、私はもっと奨励していいと思います。
「おしゃれ談義」みたいな番組ありましたが、P子さんでしたっけ。真冬でもおしゃれのためならミニスカでも我慢してはきなさい!だって。私からしたら、芸術と生活は別やろ!って叫びたくなりますよ。健康のことを考えたらそんなことできないはずです。)

外人さんは、上手にアレンジして、黒留袖をガウンにして部屋着にしたりしてますよ。

>よく、旅館なんかで寝巻きとして浴衣がありますよね。あんな感じでリラックスして着たいのですが、着る時の決まりなどはあるのでしょうか?

1の人が仰ってくれてますように、ユカタ浴衣は読んで字のごとく、基本的に湯上り着。
ですので、夕刻から着るものです。
そして、旅館で用意されてる一般的な単色?2色?の浴衣と、花火大会などで見かける浴衣とはちがうでしょ?
旅館の浴衣は、スーパーなんかでも売ってるけど、「寝間着」です。(ドラマなんかで病人が入院中にねまきとして使用してるのを見たことな...続きを読む

Q小千谷縮の着物について教えて下さい

着物初心者です。夏の着物を持っていなかったので、頑張って小千谷縮の着物を買いました。
今お仕立て中です♪

いざ手に入れてみて疑問が渦巻いてまいりました。

(1)長襦袢について

この着物を買った時に着物に詳しそうなおば様がたまたま居合わせて、「小千谷縮を着る時はレースの長襦袢はやめてね。模様が透けるから。」と言われました。夏用の長襦袢としてポリエステルの紗の長襦袢と、木綿のレースの長襦袢を持っているのですが、どちらも小千谷縮の下に着るのはふさわしくないでしょうか?

買った着物はベージュで、生地は薄くてハンガーにかけると向こうが透けて見えます。お店では茄子紺っていうんでしょうか、渋い紺色の麻の長襦袢を勧められたのですが、経済的に着物だけで手一杯だったので買えませんでした↓
この長襦袢を手に入れるのは来年になりそうなんですが、なんとか今年着物を着たいんです・・・いかがなものでしょう?

(2)帯について

帯は手持ちの博多帯で大丈夫と教えてもらいました。
手持ちの博多帯は献上柄でカラシ色なんですが、ベージュの小千谷縮に合うと思われますか?
ちなみにお店では紺のざっくりした帯を勧められました。もちろん経済的に無理でした↓

(3)着ていける場所について

小千谷縮に博多帯を締めるとどの程度の場所まで出かけて大丈夫でしょうか?ホテルのレストランなどはいいんでしょうか?


たくさん質問してしまい、申し訳ありません。
本当は購入したお店で質問したかったのですが、長襦袢と帯の購入を断るのに必死だったもので・・・

どのような事でも結構ですので、是非アドバイスをよろしくお願いいたします。

着物初心者です。夏の着物を持っていなかったので、頑張って小千谷縮の着物を買いました。
今お仕立て中です♪

いざ手に入れてみて疑問が渦巻いてまいりました。

(1)長襦袢について

この着物を買った時に着物に詳しそうなおば様がたまたま居合わせて、「小千谷縮を着る時はレースの長襦袢はやめてね。模様が透けるから。」と言われました。夏用の長襦袢としてポリエステルの紗の長襦袢と、木綿のレースの長襦袢を持っているのですが、どちらも小千谷縮の下に着るのはふさわしくないでしょうか?

買った着物はベ...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

小千谷縮はいいですよね。
私も、最初の夏着物は小千谷でした。その後、他にも色々と買ってしまいましたが、涼しさと雰囲気の良さに、結局、最初の小千谷を一番着ています。

(1)長襦袢
透けるので、かえって遊ぶのもありなのですけれどね。
私は、無地の小千谷の下に、柄のある長襦袢を着たりしています。
襦袢が団扇で、帯が流水の雰囲気で、半襟にホタルがいたりして、ホタル狩り~とか。自己満足の世界ですけれど。
ただ、確かに良く透けますので、レースなどが見えると暑苦しく感じる人もいらっしゃるようです。あと、いかにも「下着」に思えたりとか。
ポリエステルの紗と、木綿のレースですと、とりあえずポリエステルの紗を合わせておかれては、どうでしょう?少し暑いかもしれませんが、木綿でも、あまり変わらないと思います。麻の涼しさは、麻同士を合わせてこそのものです。
質問者さまの思っておられる通り、麻の襦袢は来年以降の目標にして、まずは紗の襦袢で楽しまれたら良いと思います。

(2)帯
ベージュの小千谷に、辛子の博多、綺麗ですね。同系色ですから、夏場には涼しい雰囲気でいいと思います。
帯揚げとか、帯締めを、濃紺や深緑にするとか、朱赤を効かせるとかしても、素敵な感じがしますね。

(3)着ていける場所
柄にもよります。小千谷と言っても、訪問着になっているものもありますし、そういうものは、それなりの場所まで大丈夫です。
もともとは麻ですのでカジュアルの部類だそうです。紬と同レベルに考えれば良いと聞きました。
ただ、最近は「着物」というと本来の格より1ランク2ランク高く受け止められる場合が多いので、礼装を求められる場でなければ、小千谷に名古屋帯だと大丈夫なようです。
知人でホテルで働いている人によると、二枚歯の下駄だと、断りこそしないけれど良い気はしないけれど、草履をはいていて、お洒落に結んでいるなら半幅帯でも違和感はないよ、と言われましたね。


ご質問にはありませんが、お手入れについて、少しだけ。
夏の着物は、どうしても汗が付きます。
1シーズンが終われば、汗とりを呉服屋さんに頼まれた方がいいと思います。
小千谷は自宅でも十分洗えますが、やはり技術が違うのか、仕上がりの美しさが違います。
シーズン途中で汚したり、汗をかいたと感じる時には、自宅での水洗いで充分です。ただ、吊るしておくと、陰干しでも、あっと言う間に乾きます。私は、最初に洗った時に、30分ほどして見に行くと、ほとんど乾いてしまっており、あわてて霧吹きをして手のしをするという、わけのわからないことをしてしまいました。

ぜひ、楽しんでくださいね。

遊びで着物を着ている者です。

小千谷縮はいいですよね。
私も、最初の夏着物は小千谷でした。その後、他にも色々と買ってしまいましたが、涼しさと雰囲気の良さに、結局、最初の小千谷を一番着ています。

(1)長襦袢
透けるので、かえって遊ぶのもありなのですけれどね。
私は、無地の小千谷の下に、柄のある長襦袢を着たりしています。
襦袢が団扇で、帯が流水の雰囲気で、半襟にホタルがいたりして、ホタル狩り~とか。自己満足の世界ですけれど。
ただ、確かに良く透けますので、レースなどが見えると暑苦...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報