自分のお店を開く時の心構えとは? >>

こんにちは。GWにはじめて立山に行くので、質問させてください。
昼過ぎに室堂集合のツアーなのですが、東京から車以外でいく場合はどのよう手段、ルートでいくのがよいでしょう。
場合によっては、前泊してもいいかなとも思っていますが、信濃大町からのルートか富山からのルートか。
また、電車か高速バスか迷っています。
どなたか、ご経験者の方がいらっしゃったらアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>信濃大町からのルートか富山からのルートか。


これは、どちらが先か、だけでしょう。往復だけではなく、ルート制覇をお勧めします。信濃大町から富山に抜けた経験がありますが、夏のことでしたから事情が少し違っているかもしれません。富山にいたときには、GWでの、富山川から室堂までのバスの両側の雪の絶壁が毎年ニュースになりました。
 信濃大町から室堂も開通しているようですが、案内書などで確認して下さい。

>電車か高速バス
これは、趣味と時間と費用の問題です。私は、鉄道大好き人間ですので、ほとんど迷いません。特に、ホクホク線は、新幹線を除くと最速のたしか時速160kmで運転しているはずなので、ぜひ乗ってみたい列車です。

電車または飛行機
http://www.hyperdia.com/hyperWeb/
東京駅 7:12
富山  10:23
富山から室堂までは、2時間余りなので、13時ころには室堂に着けけると想います。

バス 7340円 5:50分富山着の夜行便があるようです。
http://www.chitetsu.co.jp/bus_b/tokyo1.html
料金が安井のと、早朝に富山をでれば集合に遅れることはないでしょう。

富山—立山の室堂—信濃大町
http://www.alpen-route.com/fst-transport.html

富山には8年近く住んでいたので、富山から入る経路だけ書き込みます。それでも、黒四ダムを見ないのは、疑問出す。時間をやりくりしてでもご覧になることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
富山に住まれていたのですね。さすが地元情報、こころ強いです。東京からのダイアまでご提示いただき感謝!です。
帰りには、余裕があるので周辺をくまなく散策してくるようにします。

お礼日時:2004/04/13 11:45

GWは夏休み期間より混むので、午前中に確実に室堂に着くには、立山駅地域に前泊する必要があるかも知れません。



「能登」からの乗り継ぎの場合、立山発のケーブルカー整理券が13時台になりました。
結局は11時台の臨時直通バスの整理券が取れたのでこれにしましたが..。

富山に泊まるか、大阪からの「きたぐに」で富山にアプローチし、地鉄線の始発に乗るのが次善の策ですが、確実ではなさそう。

ということから分かりますように、「立山泊」とは、「AM5時台、もしくはその前に駅まで整理券を取りに行く」ということです..。

帰りも時間が読めないので、「列車の指定券を取ってはいけません。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
夏休みよりも込むんですね。。
アドバイス通り、前泊して帰りは日程的にも余裕があるので、その場の状況に任せてみます。

お礼日時:2004/04/13 11:50

ルートとしては、他の方が書かれているとおり、富山側から入る方が良いと思います。

出来れば富山側から信濃大町まで抜けるルートがいいでしょう。
GWに室堂まで行ったことはないのですが、人気の観光地なので、相当込むことが予想されます。
昼過ぎに確実に室堂に到着しているためには、立山ケーブル駅には始発時刻頃には到着しておいたほうが良いと思います。
以前、始発時刻前に到着したことがありましたが、ケーブルカーに乗れたのは、3本目でした。
そういうこともありますので、時間には余裕を見ておいた方が良いと思います。

それと、天気が良いと、室堂付近では雪焼けすることを覚悟しておいてください。日焼け止めは必需品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
そうですか、始発前到着で3本目ですか・・・
時間前倒しで計画を立てるようにします。

お礼日時:2004/04/13 11:48

こんばんわ(^_^)


信濃大町からのルートで行ったことがあります。前日扇沢に泊まりましたが室堂まではけっこう時間がかかったように記憶しています。(10数年前)
東京から新幹線で越後湯沢乗換え富山まで出る。地鉄で立山まで行きケーブル~バスで室堂(富山前泊が時間的にもゆったりしていいのでは?)
一応リンク貼っておきます

参考URL:http://www.alpen-route.com/#
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
そうですね、新幹線だと楽かもしれませんね。教えて頂いたサイトでも調べてみます。

お礼日時:2004/04/13 11:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当時の剣岳登山はあんなに困難を極めていたのでしょうか?行者も登っていたと映画で出てましたし。ただ単に天候に恵まれなかっただけなんじゃないでしょうか?

また、このルートは見た目は迫力あるのですが登りの長治郎と頂上までの最後の岩場も難なく上れました。不安を感じたのは頂上直下の岩場だけ位でした。

よく剣岳を登るのは大変だとか初心者にとっては危険だと山をよく知っている人から聞きます。剣岳登山は厳冬期の方が登りやすいのでしょうか?そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで
私だけが初心者でした。夏は登山をしたことがありません。

そのときに元気な若者たちは源治郎尾根とか赤谷とか何とか窓というグループに分かれていました。
私は年配者のグループでした。

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当...続きを読む

Aベストアンサー

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かったのではないかと思います。
携帯用コンロなんてものはありませんし、ゴアテックスの雨具もないです。
現代の登山は、用具もノウハウも当時とは比較にならないほど進化しています。
結果、体力にしても根性にしても、今と比較できないほど登山は危険に満ちていたはずです。

あなたが登った厳冬期ですが…あなたはゴアテックス&羽毛の最新ウェアを着ないで、フリーズドライの食品を利用せず、携帯用コンロを利用しないで、LEDの懐中電灯もなく、ナイロンのテントを布の重いテント(ナイロンテントの3~5倍近い体積と重さになるはずです)を背負って!というのを想像できますか?あ、シュラフもシュラフカバーも使わないでくださいね。

>そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで私だけが初心者でした。
経験豊富な先輩方がいたから、しかも初心者が一人だったから登れたのです。
その、経験豊富なメンバーも「経験を積み重ねて」「ノウハウを得ている」から登れたわけで、地図を作るための人は目的が違いますし、登山の専門家でもないです。当然、当時はアルピニズムのノウハウなんかも日本では殆ど無いに等しかったのです。

もっと低い山でも、遭難事件は起きています。
ツアーでは当然経験豊富なガイドが付いているにもかかわらずです。初心者が多ければ、経験豊富なガイドがいても…昨年は8人が北海道でなくなっているのじゃなかったでしたっけ?

あなたの場合、恵まれた環境で登山ができただけで、決して、それが当然だとは考えるべきではないです。

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かっ...続きを読む

Q登山の登りを強くするトレーニングを教えてください

35歳男性、身長190cm、体重85kg、体脂肪率18%くらい、基礎代謝2100kcal。

月3回、2000~2500m級の山に登ってます。
普段スポーツジムでできる、登りに強くなるトレーニング方法を教えてください。

スポーツジムへは週5通い、
月・水・金は、筋トレは、レッグプレス(250kg)、レッグカール(120kg)、レッグエクステンション(90kg)、ロングプル(60kg)、ジョグ(12km/hで40~50分)
火・木は、筋トレは、チェストプレス(50kg)、内転筋のマシン(外側&内側)(各50kg)、スタジオレッスン(60分)、ビルドアップ走(12~18km/hで40~50分)
土・日は雨天時は休養、晴天時は上記の通り、日帰りor前夜泊日帰りで山に登ります。

普段のコースタイムは登りは時間通り、下りは3割少な目の時間で下れますが、
重量20kg以上のザックを抱えると、登りは3割多目にかかってしまいます。
ただでさえ、登りが遅いので週末登山以外で鍛える方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

下りが早いということは筋力的な問題というより、
心肺能力のほうに問題があるのでは。

ジョグ、ビルドアップ走の時間を短時間にして、
何セットかに分けてペースをあげるとか、
ウェイトを積んで走るだけでも効果が違うと思いますが。

それと膝をあげる筋肉ですね。
それだけやっても鍛えられないということはないと思うので、
通勤時にウェイトを積んで階段を昇り降りするとか。

週末はトレイルランニングの手法を取り入れた
トレーニングをするとか。
http://kajiyan-nerima.at.webry.info/200911/article_13.html

Q幅広の足に合う登山靴

足のサイズ28~28.5
幅11cmくらい

普通のシューズじゃ小指がぶつかって厳しいです。
そして選択肢が非常に少ないのですが、そこで迷っています。

最初、モンベルのツオロミーブーツワイド(17000円弱)にしようかと思いました。
しかしsirioのブーツを履いてみたらこれもまたよかったのです。
日本人用といわれるだけありました。
そのsirioのブーツは、422の4E+の28センチでした。(21000円)

モンベルは多少小指に力がかかります。ぶつかるという意味です。
しかしsirioのほうは全く小指に力がかかりません。まるで足の指は裸足並?の開放感

登山の場合、後者のほうがいいのでしょうか?(足首はしっかりと固定されてるかと。)
あまりに指の部分に何もぶつからないので変な感覚っちゃ感覚です。

もしそのほうがいいのであればsirio一択なのですが、自分の中ではデザインが最悪でした。
ネットで探すと68-GTXというモデルもあるようです。そっちだったら許容できますが、ツオロミーブーツワイドの2倍…うーむ
しかも近くには売ってないからためすことはできなさそうだなぁと。

なにかアドバイスがあればください!

足のサイズ28~28.5
幅11cmくらい

普通のシューズじゃ小指がぶつかって厳しいです。
そして選択肢が非常に少ないのですが、そこで迷っています。

最初、モンベルのツオロミーブーツワイド(17000円弱)にしようかと思いました。
しかしsirioのブーツを履いてみたらこれもまたよかったのです。
日本人用といわれるだけありました。
そのsirioのブーツは、422の4E+の28センチでした。(21000円)

モンベルは多少小指に力がかかります。ぶつかるという意味です。
しかしsirioのほうは全く小指に...続きを読む

Aベストアンサー

私も幅広の足で、登山靴選びには苦労します。どうしても小指が圧迫されるのです。
ツオロミブーツワイドを試してみたことがありますが、まったく小指に圧迫感がないのですが、足先が靴の中で泳いでいるような感じで、あなたが言われる「変な感覚」なのでやめました。それよりワイドでない普通のモデルの方がしっくり来る感じがして。
登山靴は、最初から足のどこかに当たるものは避けるべきですが、ゆるすぎて足先が泳いでしまうものも考え物です。下り坂で踏ん張れないし、かえって足を痛めてしまう恐れもあります。
厚手のソックスをはいて、ある程度指先が動かせる程度で、なるべくしっかり足にフィットするものを選ぶべきです。
それから1万円台のものと3万円以上するものは使途が違う場合が多いです。高価なものは積雪期や重装備の縦走などに対応したものが多く、ツオロミのような安価なものは無雪期のハイキング、トレッキング用です。デザインだけ見て使途を間違われないように。高価でヘビーユースのものは、足底も硬く作ってあるし、重量も重いです。夏山ハイキングには向きません。
前回答者さんがおっしゃるとおり、登山靴は何と言っても履き心地優先、デザインは二の次です。

私も幅広の足で、登山靴選びには苦労します。どうしても小指が圧迫されるのです。
ツオロミブーツワイドを試してみたことがありますが、まったく小指に圧迫感がないのですが、足先が靴の中で泳いでいるような感じで、あなたが言われる「変な感覚」なのでやめました。それよりワイドでない普通のモデルの方がしっくり来る感じがして。
登山靴は、最初から足のどこかに当たるものは避けるべきですが、ゆるすぎて足先が泳いでしまうものも考え物です。下り坂で踏ん張れないし、かえって足を痛めてしまう恐れもありま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報