人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

スキューバダイビングについて質問させてください。愚痴に近いかもしれませんので、不愉快であれば読み飛ばして下さい・・。

去年秋にハワイで日本人インストラクターのダイビングショップで、初めてスキューバダイビング体験をしたのですが・・。
後述しますが、散々な思い出となってしまい、スキューバダイビングが少し怖い印象を持ってしまう結果となりました。
実は今年の夏に石垣島へ旅行に行くのですが、綺麗な海ということで一緒に行く者(石垣島で1回、ハワイで一緒に1回した程度)からダイビングを誘われているのですが悩んでます。

私たち4人に対し1人のインストラクターが付き、他のインストラクターはいませんでした。ショップは1人でやっているようで、日本人向けでない現地のショップの船に便乗するかたちでした。

1人が石垣島で経験した程度、他3人は初体験だったのですが、水中での説明(初心者にはよく理解できず・・)のあと、船を下りてバタ足の練習を10分程度してすぐに潜りました。
酸素が少なく、息をゆっくりと強く吸い込まないと呼吸できず、軽くパニックになりました。同行した1人は酸素が出すぎて過呼吸ぎみになったそうです。
また装備はボロボロで、それを同行したものが指摘したところ、インストラクター曰く「日本じゃないんだから。これがアメリカ流」とのこと。

また、左の耳抜きがうまくいかず、途中で痛くなってしまい潜れなくなってしまい訴えましたが、「途中まで潜れてるんだから全然大丈夫、潜るよ!」と言われました・・・。無理そうだったので船にあがりましたが。数ヶ月間は左耳の調子が少しおかしかったです。

他3人も少し潜った程度で、殆どを船上で船酔いと戦って終了しました。

日本のダイビングショップは丁寧だとは思うのですが・・・また同じような結果になりはしないかと不安です。

上記のような体験は、割と普通なのでしょうか?
よく雑誌には、初心者でも簡単に楽しめる!なんてうたってますが、実際はどうなのでしょう?
怖いと思っている以上、今後ダイビングはやめておいた方が良いですかね・・。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

大昔ですが強引に勧誘されてPADIのレスキュー免許を取得しました。


普通です。
インストラクターがやや荒い部分はありますが、ハワイのダイビングショップの案内は極めて丁寧な方です。
日本のインストラクターは確かに丁寧ですが、中には、説明や案内はやり過ぎなくらい丁寧にし、後で高額な機材の勧誘をされたり、提携先のショップで資格取得のためのコース申込み案内もされます。
むしろ少し雑なガイドでダイビングをしたというだけ、ラッキーなくらいです。
セブで免許を取りましたが、店によって死ぬ思いをしたことがあります。
プーケットでは、タンクのエアが閉まったまま海に飛び込んだ初心者の老人がいたのですが、
インストラクターに、なぜ確認しなかったのだ!!!
エアの確認が大事だと最初に説明した!!!など言われているのを見たことがあります。
こんなのはインストラクターの確認ミスです。
ケアンズでは、魚がいっぱいいると言う理由で、基本的には入っては行けないとされている海底に沈んだ漁船??みたいな中に入らされ、頭をぶつけている初心者もいました。
日本で潜るなら勧誘さえされなければ大丈夫だと思います。
あまりインストラクターは当てにせず、事前にガイドブックなどで予備知識を蓄えるのはいかがでしょう。
是非楽しんで下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

回答文を見て、なんだか前向きになれました。

体験なら初心者でも問題なしという謳い文句を鵜呑みにして、何も予備知識をつけないまま潜ったのも原因のひとつですね・・。絶対に安全が保障されているレジャーでは無いのに、愚かだったと思います。
これから調べてみます。

海外では決してダイビングをすまい・・と思ってしまうほど怖い体験談ありがとうございます(笑)本当にあるんですね、こんなことが。

勧誘には気をつけたいと思います。やはり私は丁寧な日本でやる方が良さそうです・・。

お礼日時:2014/04/23 12:20

 普通です。



あまりにも悲惨なショップに出会ったということで。

そんなショップ、インストラクターにNoと言えない日本人が居ます。


 ちゃんとしたショップなら、楽しいダイビング生活が始まっています。
片耳が痛いと言えばちゃんとケアしてくれます

そんなショップを選んだのが間違いだったということですね、ご愁傷様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ダイビング未経験だったので、「これが普通」と言われてしまえばそれを訝しみながらも信用するしかありません・・・。

耳が痛い件は「もっと耳抜きを」と言われたくらいであまり気に留めてくれなかったのですが、ケアは通常して頂けるんですね。安心しました。

次回があれば、その際はショップ選びを更に慎重に行いたいと思います。
特に海外でダイビングをする際には、強くノーと言えるようではなくては駄目ですね・・・。

お礼日時:2014/04/23 07:23

全体的な感想ですがそんなものですよ。



個別には、
>私たち4人に対し1人のインストラクターが付き、、、
普通ですね

>酸素が少なく、息をゆっくりと強く吸い込まないと呼吸できず、
そんなものです

>同行した1人は酸素が出すぎて過呼吸ぎみになったそうです。
酸素が出すぎではなく、緊張等で息が荒くなっただけです。

>また装備はボロボロで、それを同行したものが指摘したところ、
安い店なら日本でもそんなものです

>また、左の耳抜きがうまくいかず、途中で痛くなってしまい潜れなくなってしまい訴えましたが
やや強引ですね

>記のような体験は、割と普通なのでしょうか?
店によりけりなので、予約する前に以前の体験を話してゆっくり決めてください。

ちなみに私も来月には石垣に1週間行ってきます
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

強引な場面も多く感じ、インストラクターに不信感を抱いてしまいましたが、普通なことだったんですね。
少し安心しました。
やはり安かろう、悪かろう・・ですよね。反省です。

石垣島で経験した者は、「石垣島では丁寧な指導で、感動しかなかった」と言っていたので、前向きに考えてみようと思います。
まだ夏までには時間があるので、仰る通りゆっくり店を探し、安心して楽しめそうなお店を見つけたいです。

1週間の滞在、素敵ですね。楽しんできて下さい!

お礼日時:2014/04/23 00:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキューバダイビングのパニック

最近沖縄で、ずっと体験してみたかったスキューバダイビングをしました。
最初はプールで練習をしたときにはパニックにならなかったのですが、いざ本番、海で潜ってみてたらなんとも言えない恐怖心で息ができなくなり(過呼吸のような)パニックになってしまいました。
インストラクターさんに身ぶり手振りで「苦しくてヤバイ!!」と伝えても「大丈夫大丈夫」と浮上させてくれず本当に死ぬかと思いました…。
結果本当にうまく呼吸が出来ず絶対しちゃダメ!と言われていた、勝手に浮上してしまいめちゃめちゃ怒られました(泣)
質問から脱線してしまいましたが、この症状は閉所恐怖症なのでしょうか?
今まで自分が閉所恐怖症だと思った事は一度もなくて、これは単にスキューバダイビングが初めてだからなのでしょうか?

Aベストアンサー

プールで練習なさった時にもマスクはかぶっていらっしゃいましたよね? ですから、閉所恐怖症ではないですよ。大丈夫。
最後におっしゃっているよう、はじめてのスキューバ、足の絶たない場所(海)、プールとは違う潮の流れ、ダイビングポイントに行くまでの緊張etc、etcなど複数の原因から来る極度のストレスが原因のパニックだったのではと推察いたします。パニックになって呼吸ができないような錯覚に陥ってしまったのでしょう。また、インストラクターさんの対応が逆に自分の恐怖を理解してくれないことへの焦りになってしまったので、更に輪をかけてしまったのではと思います。

一度こういう事を経験して、ゆっくり落ち着いて呼吸することの大切さがおわかりになったと思いますから、次回はきっと大丈夫ですよ。もし不安があるのならば、浅めの深度(10m~15m)でのダイビングを何回かやって自分なりのペースをつかみ、それからちょっとずつ深いところでのダイビングにトライなさればいいかと思います。

Qトラウマのある初心者のダイビング

トラウマのある初心者のダイビング

数年前、海外で初めて体験ダイビングをしました。片言の日本語の説明がほんの少しあっただけですぐに潜水し大変怖い思いをしました。多分ほんの5分ももぐってなかったかも。
 
その時大袈裟ではなく命の危険を感じたので、もうダイビングはやらなくていい、私には無理と思い、その後はもっぱらシュノーケリングばかり楽しんでいました。

でも実は今沖縄に住んでいて、せっかくこんないい所にいるのだから、日本だしチャンレンジしてみようとオープンウオーターライセンス取得のコース(特に初心者のためのとうたっている)に参加しました。

学科は受かりいざ海での実習になりました。と言っても合格させるための教習でしたが。機材の使い方や耳抜きやマスクに水が入った場合の抜き方などやっぱりさらっと1回説明しただけですぐに海へ。しかもたまたま一緒に受けた人が体験ダイビングを数回くらいしている人で、その人に合わせて足の着く場所での練習なんてほとんどないまま、もう深いところに行く状況でした。学科を受け怖さを知った分余計怖さが増してしまって、レギュレータを取り再度くわえなおすことすら全然できていない状態で、すぐに海面に上がり呼吸できないことへの恐怖で思わずもう無理とリタイヤしてしまいました。

私は何でもそうなのですが、習得するのが遅いほうで、基本を繰り返しみっちりやってやっとマスターできるタイプです。
ダイビングも命の危険と隣り合わせなので、車の教習のようにゆっくりと確実に進んでいく講習をしてくれるようなところはないのでしょうか。
たとえばまず器具の説明を30分、耳抜きの練習を30分、レギュレーターを取って再度付け直して正常に呼吸できるようになる練習も30分、という風に段階をへてみっちりマスターして不安な気持ちがかなり解消されたあとちょっと深いところにもぐるけど、どうしてもダメなときはすぐに海面に上がってもよいような。

そんな非効率なことはニーズがないので、どこでもやってないのでしょうか。
体験ダイビングを何回かやることを勧められましたが、それだって私の不安が解消されるような仕組みになっているのでしょうか?
そもそも私のようなタイプは諦めたほうがよいのでしょうか?

長文になって申し訳ありませんが、参考にさせていただきたいのでよろしくお願いいたします。

トラウマのある初心者のダイビング

数年前、海外で初めて体験ダイビングをしました。片言の日本語の説明がほんの少しあっただけですぐに潜水し大変怖い思いをしました。多分ほんの5分ももぐってなかったかも。
 
その時大袈裟ではなく命の危険を感じたので、もうダイビングはやらなくていい、私には無理と思い、その後はもっぱらシュノーケリングばかり楽しんでいました。

でも実は今沖縄に住んでいて、せっかくこんないい所にいるのだから、日本だしチャンレンジしてみようとオープンウオーターライセンス取...続きを読む

Aベストアンサー

わたしもダイビングを何度か体験したことがあります。
わたしの場合は、知り合いのインストラクターライセンスを持っているダイバーの方とマンツーマンで潜ったので、すごく安心して楽しく潜れました。

一般的なショップで開催している体験ダイビングなどではなく、知り合いなどでインストラクターライセンスを持っている人を探してマンツーマンで教えてもらったらどうでしょうか?
ショップなどでも相談すればもしかしたらマンツーマンでやってくれるかも知れません。(料金は高くなると思いますが^^;

ご参考まで。

Qシュノーケルとダイビングどっちが楽しい??(初心者です。)

こんにちは。この夏に沖縄に行くので、マリンスポーツに挑戦したいのですが、シュノーケルとダイビングで迷ってます。ダイビングはずっと興味があってライセンスを取りたいと思ってるのですが、まだそこまで踏み込めてないので今回は「体験ダイビング」をしようと思ってます。
シュノーケルは子供の頃やったことがあるのですが、グアムでプカプカとビーチに浮かびながらナマコや岩陰の魚を見てたくらいなので本格的なものはやったことがありません。

色々調べたら、体験だとダイビングというより「海に這いつくばる」感じだそうで水深もそんなに深くないし多くの魚に出会えるかは微妙・・・という体験談がありました。
今回潜るポイントは、沖縄の離島の慶良間諸島か、水納島などで考えてます。どちらもシュノーケルで有名な海らしくて、だったらシュノーケルが良いかなぁ??と迷ってきました・・・。
一緒に行く友人が、サイパンで体験で潜った時は沢山の魚に出会えたそうで、その感動が忘れられずシュノーケルって泳いでるだけで何が楽しいのかイマイチピンとこないと言うのですが、一度やったことがあって結構楽しかった記憶があるものの、だいぶ前の話だし、力説する自信がありません(^_^;)

ズバリ、どっちの方が楽しいのでしょうか??
あまりダイビングを楽しめないなら、シュノーケルを楽しんで、次回本格的にライセンスをとった方が良いでしょうか??

こんにちは。この夏に沖縄に行くので、マリンスポーツに挑戦したいのですが、シュノーケルとダイビングで迷ってます。ダイビングはずっと興味があってライセンスを取りたいと思ってるのですが、まだそこまで踏み込めてないので今回は「体験ダイビング」をしようと思ってます。
シュノーケルは子供の頃やったことがあるのですが、グアムでプカプカとビーチに浮かびながらナマコや岩陰の魚を見てたくらいなので本格的なものはやったことがありません。

色々調べたら、体験だとダイビングというより「海に這いつ...続きを読む

Aベストアンサー

ライセンス取りたての者です。

>慶良間諸島か水納島
どちらも素晴らしい海です。是非、体験ダイビングしてください。
シュノーケルで有名→ダイビングではもっと有名
ダイビングで有名→必ずしもシュノーケリングで有名ではない
という事です。
シュノーケリングで楽しむためには、浅いリーフがないと駄目なわけですが
浅いリーフがあるという事は、沖にそのままいけばドロップオフが有って
ダイビングポイントになるわけです。
沈船や洞窟などはもうシュノーケルでは無理ですよね。
シュノーケルよりも体験ダイビングの方が10倍楽しいです。

非常に可哀想な体験談を見たようですが、私はライセンス取るまえに
3回、体験ダイビングしています。(バリ、モルディブ)
体験ダイビングと言っても、水深、7~8mまで潜りました。
初めは浅場で、耳抜き、エアの吸い方、マスクに水が入った時の抜き方など
簡単な所から習って、後半はもう自分で泳ぐと思います。

決して「海に這いつくばる」なんてショボイ物では無いです。

ましてや日本での体験ダイビングですから、ガイドさんにダイブ前にいろいろ
話せますし(重要)、陸上でも水中でも親切にやってくれると思います。
("体験"ダイビングなんですから楽しい体験にしてくれるでしょう。)

体質的に「耳抜きが絶対出来ない」とか「足が立たないところは怖すぎる」というので
あればオススメしませんが、迷っているということはそんなことは無いですよね。

海外の体験ダイビングだと、ダメな場合もあるようです。
背中を猫のようにずっとつかまれたまま、ガイドのコバンザメのように泳いでいただけ
(まぁこれでも魚は沢山見れますが)
日本で潜るならば、ガイドさんに始まる前に思いっきり
「たくさん魚を見せてください!写真も撮りたいです!できれば大物を!」とか言えば
可能な限り実現しようとしてくれます。
大物に関しては運ですが。ということで是非、体験ダイビング。だと思います。

ライセンス取りたての者です。

>慶良間諸島か水納島
どちらも素晴らしい海です。是非、体験ダイビングしてください。
シュノーケルで有名→ダイビングではもっと有名
ダイビングで有名→必ずしもシュノーケリングで有名ではない
という事です。
シュノーケリングで楽しむためには、浅いリーフがないと駄目なわけですが
浅いリーフがあるという事は、沖にそのままいけばドロップオフが有って
ダイビングポイントになるわけです。
沈船や洞窟などはもうシュノーケルでは無理ですよね。
シュノーケルよりも...続きを読む

Qダイビング・・月(年)いくらくらい掛かってますか?

こんにちわ。週末を無為に過ごすことにそろそろウンザリしてきた男、28歳です。

以前、とあるダイビングショップにてCカードを取りました。ですがカードを取っただけの、いわゆるペーパーで終わってます。

ショップがやたらと機材の購入や次のステップに早く進むことを勧めたり、対応もなんかガサツに感じて嫌気がさして疎遠になってしまいました。要は客としてでなく、同好会のノリで接しようとするんで、なにか違和を感じたのです。

ですがダイビングそのものが嫌いになったわけではないし、お金もなんとかなるようにはまあ、なってきた…ような気がするので、最近また始めてみようかなぞと考えております。

普通にダイビングを趣味としていらっしゃる方にお聞きしたいのですが、ダイビングに月額(もしくは年額で)いくらぐらいお使いですか?どの位のペースで潜ってますか?その出費は、ダイバーとして平均額くらいだと思われますか?

最後に、ダイビング最高!!みたいな意見もお待ちしております。

よろしく願います。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は年間2~3回程度です。
だいたい1回が、3日間×3ボート(計9ボート)ですので、年間にすると18~27本程です。
ショップによって違いますが、3ボートが15000円とすると
1回(3日間)が45000円となります。
器材を持っていないとレンタルになるので、
これにレンタル料金を加算しなければいけませんが、
探せば器材無料レンタル店もありますよ。
平均額くらいか?と言われますと、
すくない方だと思います。
よく行かれる方は月1回行く人もいますし。
私もたくさん行きたいのですが、お金も休みも必要になるので、なかなか行けません。

私の場合は特に知り合いもなく、Cカードを取得した
ショップのツアーにはほとんど参加せずに、
リゾート地にあるショップですませます。
その方が安いですし、現地のインストラクターの方が
やはり詳しいと思います。
なぜリゾート地かというと、リゾートの方が綺麗という
至って単純な考えです。近くでもいい場所はあると思いますが。

器材ですが急いで買う必要はありません。
軽器材くらいなら買ってもいいと思いますが、
重器材となると高いですし、もっとダイビングを経験して
これからも続けたいって思われた時でOKだと思います☆
ショップで買うよりも、器材専門店の方が安いです。
参考までにURLを載せておきます。私も使っているお店です。

スキルアップも、自分がしたいって思われた時が
一番ベストだと思いますよ!
だいたいショップの人が勧めるのは、OWで20本程潜ったころ
がAOWに切り替えるのに一番いい時期だそうです。
確かに私も20本程潜って慣れてきた頃に、
もっと中性浮力とかうまくとれるようになりたいと思い
AOWへのスキルアップを考えました。

最後に海は本当にすばらしいです!
是非続けて頂きたいな~と思います☆

参考URL:http://www.openair.co.jp/

こんにちは。
私は年間2~3回程度です。
だいたい1回が、3日間×3ボート(計9ボート)ですので、年間にすると18~27本程です。
ショップによって違いますが、3ボートが15000円とすると
1回(3日間)が45000円となります。
器材を持っていないとレンタルになるので、
これにレンタル料金を加算しなければいけませんが、
探せば器材無料レンタル店もありますよ。
平均額くらいか?と言われますと、
すくない方だと思います。
よく行かれる方は月1回行く人もいますし。
私もたくさん行きたいのですが、お...続きを読む

Q恐怖心を克服するには?

はじめまして 今度Cカードを取るために海洋実習に行く予定です
でも、去年沖縄で体験ダイビングをした時水中で怖い思いをしてからトラウマになっています
プール実習でしたようなことを、海底ですると思うと怖くてたまりません。今から足がすくんでしまっています
何かあったらと思ってしまって、深いところに潜る事が怖いです
自分もここでやめたら、後悔してしまうと思うんですが、それよりもとても恐怖心があって決心がつきません
このような恐怖心を克服する方法はありますでしょうか?
長々と申し訳ございませんが、よろしくお願いします

Aベストアンサー

No.6です。

> 私は日常でも、焦ってしまう性格なので水中ということもあって余計に
> 焦って慌ててしまうのが原因で、息苦しくなってしまうんだと思います
焦らなくても大丈夫!プールで一度出来ていることですから。
「ありゃ、失敗しちゃった。もう一度やってみよ!」ぐらいの気持ちでぜんぜん問題ありません。
それに、やってみるとプールも海も大差ありませんよ。(しょっぱいぐらいか?)

人によっては、海のほうがマスククリアで目が痛くなかったという
人もいたりします。(塩素や浸透圧の関係でしょうね)

> 海に潜って、きちんと浮上できる自信がないので水に対する恐怖心があるんだと思います
> 深くなるにつれて、自分が水面にたどり着けないのではないかという不安があります
浮上する=水面にたどり着くのって簡単なんですよ!
「1分間に18mの浮上速度を超えないこと」という浮上時のルールを習いましたよね?
(むしろこっちのほうが難しい)
これは、逆に言うと「すごく気をつけて浮上しないと、この浮上速度を超えてしまう」ということなんです。つまり水深18mから水面までは、1分も全然かからないんです。(何も考えないで水面に向かってフィンキックしていけば20秒前後でしょうか?)

課題をやるのはせいぜい5~8mぐらいでしょうから、ものの6~7秒で水面まで到達します。(水深が浅くなると浮力が増しますから、水面が近づけば近づくほど浮いていくスピードは上がっていきますし)

まぁ本来、浮上というのは極力ゆっくり行わなければならないのですが、緊急スイミングアセントであればそうも言ってられないので、息が続く範囲でゆっくりとなりますね。(先ほども述べましたが浮上速度が速いことのリスクは既に学習済みだと思います。「その気になれば水面は遠くない」ということの説明として聞いてくださいね)

> 事前に色々なことを知っているということは、安心にもつながりますね
「課題はたいしたことではない。」(1回であっても既にクリアしていること。)
「仮に何か起こっても、すぐに水面に戻れる」
と知っていれば大きく構えられると思います。

今週末がんばってくださいね!

No.6です。

> 私は日常でも、焦ってしまう性格なので水中ということもあって余計に
> 焦って慌ててしまうのが原因で、息苦しくなってしまうんだと思います
焦らなくても大丈夫!プールで一度出来ていることですから。
「ありゃ、失敗しちゃった。もう一度やってみよ!」ぐらいの気持ちでぜんぜん問題ありません。
それに、やってみるとプールも海も大差ありませんよ。(しょっぱいぐらいか?)

人によっては、海のほうがマスククリアで目が痛くなかったという
人もいたりします。(塩素や浸透圧の関係...続きを読む

Qスキューバダイビングの危険性について

スキューバダイビングをやりたいのですが、事故も多いと聞きます。危険性の高いレジャーなのですか。

Aベストアンサー

ダイビング人口は年々増えています。したがいまして事故の件数や事例も多く、残念な報道も実際あります。 また、空気の無い世界でのスポーツですので、それなりの自己管理の必要なスポーツです。それらを守れない人には危険性の高いレジャー?スポーツ?になってしまいます。

長年、スキューバダイビングを楽しんでいますが、ヤバイ!こんなはずでは!の経験を2つほど紹介します。ボートエントリー(ボートで移動してダイビングすること)の時、ウエイト(腰に巻くおもり)を普段より重いウエイトにしました。(訳は省略)わずか1kgの差でありましたがエントリー(水に入ること)したら思っていたより良く沈み、フィンをばたばたしすぎました。BCジャケット(空気の入るダイビング専用機材)には満タンに空気が入っているのに良く沈みました。結果、オーバーブレス(過呼吸)で溺れかけまして、なんとかボートに戻ることができ、その回のダイビングはあきらめました。 もう一つはタンクのエアーがゼロになることです。ゲージ(タンクのエアー残量計)は絶えず確認し「限界をすぎたな。」と自己判断しインストラクターまたはツアーガイドに「エアー無し。浮上する。」のサインを出して浮上すること多々ですが途中でエアーが吸えなくなり、ヤバイ。が数回、経験あります。海外でのツアーでは十分に楽しませてくれますので時間やタンク、ギリギリはあたりまえになっています。
ゆえに、自己判断や経験の必要が求められるスポーツです。初心者はルールを守ることは本より自己中や他人任せな行動をするべきではないので、出来ない方はしない方が良いです。
できる、守れる方は・・・楽しいですよダイビング!。素敵ですよ海の中。

あっ、もう一つ危険性が。ダイビング機材、高価です。最初から気合を入れすぎますと財布が寒くなる危険性があります。また、国内のチャージも比較的高価ですので良く働いてください。(笑)
貴殿も仲間になれますよう応援しています。

ダイビング人口は年々増えています。したがいまして事故の件数や事例も多く、残念な報道も実際あります。 また、空気の無い世界でのスポーツですので、それなりの自己管理の必要なスポーツです。それらを守れない人には危険性の高いレジャー?スポーツ?になってしまいます。

長年、スキューバダイビングを楽しんでいますが、ヤバイ!こんなはずでは!の経験を2つほど紹介します。ボートエントリー(ボートで移動してダイビングすること)の時、ウエイト(腰に巻くおもり)を普段より重いウエイトにしました...続きを読む

Q体験ダイビングの水着(男性の場合、女性の場合)

体験ダイビングをすることになりました。
ところで、その時に水着が必要とのことですが、何でもいいのでしょうか?
特に競泳用みたいのがいいとか、こういうのは適していないとかありますか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

プロとしてお答えいたします。
水着であれば何でもいいです。

適している、適していないということは、ほとんどありません。
なので、見た目重視、お気に入りの水着が一番です。

体験ダイビングの場合、ウエットスーツを着ることに時間がかかることなどは、ショップ側が織り込み済みなので、どうぞ、安心してください。

それから、万が一にも体験ダイビングで「ドライスーツ」を使うことはないと思いますが、ドライスーツには水着は必要ありません。

Qウエットスーツを着たことがある方に質問です。

私は過去に体験ダイビングをしたときに、初めてウエットスーツを着ました。
ウエットスーツの下にはこの日着ていたTシャツと下着のパンツを着ていました。
海からあがった後、ウエットスーツは中まで水が入ってしまうため、Tシャツとパンツはずぶ濡れになってしまい、濡れたものをしぼって帰りました。もちろん次回からは水着を着ようと思いますが・・
みなさんはウエットスーツの下に下着やTシャツなどを着て水に入ったことはありますか?

Aベストアンサー

関東でダイビングクラブを10年以上続けほぼ毎月潜っているイントラです。

通常、ウエットスーツダイビング時にはほぼ100%の男女の方が、水着を着ています。
ウエットスーツだけで寒い方は、ラッシュガードをインナーに着て、少々暖かくしたり
ベストやフードを着て、暖かくする人も多くいます。

関東のダイバーで通年潜る方は、ドライスーツが一般的です。
ドライスーツは、手首より先と首より先しか濡れないスーツです。

Qスキューバダイビングの機材購入は必須ですか?

スキューバダイビングの機材購入(合計70万越え)をする,しないで非常に悩んでいます。
文面長くなりますが、経験者の方のご意見をぜひお聞かせください。

先日、ネットでCカード取得コースが2万以下のショップを見つけました。
10月に海外で体験ダイブをやってみようと考えていたところだったので、その値段でCカードが取得できるなら今のうちにと思い、興味本位で話しを聞きにショップまで出かけ、申込み。
説明では、Cカード取得後は機材購入コースとレンタルコースとをどちらか選択してくださいと店員さんに言われました。

学科まで終わらせ、後は8月上旬の海洋実習だけとなったのですが、ショップの人から機材の購入を強く勧められました。
合計金額は70万超え!!(36回払い)
自分に合った機材を使った方が断然イイとか、女性はウェットスーツが合わないと不快でストレスを感じるとか、次のステップに進んでもらうためには機材を購入した方が意識も向きやすいなどなど、あーだこーだ言われ、でも決断が付かずに海洋実習まで回答を待ってもらうことにしました。
(まずは実際潜ってみないと分からないですし。。。)

自分としては、Cカードを取得後は機材はレンタルでチャレンジしようと思っていたのですが、その場合レンタル料に保険やボート代などを加算すると、1回のダイブで4~5万かかってしまうとショップの方に言われました。(この値段はホント!?)
Cカード取得しても、実際仕事が忙しくて頻繁には海には行けないですし、このご時勢、正社員といえど今後の給料にかなり不安があります。

お聞きしたいことは、本当に自分に合った機材を購入しなければいけないのか?
70万越えって値段は適切なのか?
機材購入したけど、クローゼットに眠らせている方いらっしゃいますか?

ちなみに、70万越えの内訳は以下のとおりです。
・オリジナルドライスーツセット :24万
・オリジナルウェットスーツ    :7万
・BC,レギュレータ(TUSAセット):33万
・マスク,フィンなど軽機材    :6万
・コンピュータ           :10万
・セット割引           :-7万

その他特典として、
・OWへのステップ講習費(およそ1万6千円)が無料。でも申請費6千円は別途必要
・他、5スペシャル講習費(およそ@1万6千円)が無料(ドライ,DC講習など)。でも各申請費@4千円は  別途必要。
・ツアー代18万円分は無料(@5千円分のチケット×36枚)。1回のツアー代は1万5千円~2万5千円程 度で、場所によっては更に高くなる)
★などなど他若干のサービスが付いて、およそ33万円分を特典として付けるとのこと★

スキューバダイビングの機材購入(合計70万越え)をする,しないで非常に悩んでいます。
文面長くなりますが、経験者の方のご意見をぜひお聞かせください。

先日、ネットでCカード取得コースが2万以下のショップを見つけました。
10月に海外で体験ダイブをやってみようと考えていたところだったので、その値段でCカードが取得できるなら今のうちにと思い、興味本位で話しを聞きにショップまで出かけ、申込み。
説明では、Cカード取得後は機材購入コースとレンタルコースとをどちらか選択してくださいと店員さんに言...続きを読む

Aベストアンサー

ダイバー歴は10年以上ですが、ブランクなどがあり本数は少ないダイバーです。

結論から申し上げます。残念なショップに引っかかってしまわれたのは確定です・・・。

ライセンス料金は、どう軽く見積もっても、正規価格は5~6万円かかります。それが2万円台・・・。どこかで埋め合わせしないといけないのは自明の理です。それが器材販売という「打ち出の小槌」なのです。
70万相当の内容を見てみましたが、まず、ドライはどう考えても要りません。なんとなれば、初心者の時点で「冬場も潜ろう」などという猛者はなかなかいません。
重器材もTUSA製であれば、20程度でかなりのレベルの商品が手に入ります。ネットで、ダイビング器材販売をしているところで見てみればわかります。

だいたい、質問者様がダイビングにはまろうが、いやになろうが、器材を「売りつけた」店は、その後の器材の運命など知ったことではありません。売り上げれば利益が、自分たちの給料が出るのですから、執拗に勧めるのは当然です。又、レンタルコースもかなりの暴利であることは、現地ショップのレンタル代などを勘案しても明白です。
サービスが付いているからという部分で逡巡されているかもしれませんが、店側が離さないでおこうとしている懐柔策でもあることに気付かないといけません。突き詰めたいと思っている人なら渡りに船かもしれませんが、そこまで「おまけ」できるのは、もともとの販売価格で十分に利益を生んでいるからです。

対処法としては、すでにカード所得に動いておられていて、若干の手付け等も打っておられるのであれば、レンタルコースでとりあえずのCカードをゲット。その後、連絡を断ち切り、誘いに乗らないことです。
もっと大胆に行くのならば、今の時点で、所得をあきらめたといってしまい、別のショップを探す、という手法です。深みにはまってしまうと、そういうショップは抜け出しにくくなりますので、どのタイミングでもいいので縁を切ることをお勧めします。

もし別のショップをお考えなら、現地サービスを選ばれるほうがいいです。というのは、そもそもこじんまりとした経営で、多額の利益を生む必要がない、つまり、客数がそこそこあれば成り立つので、器材販売に傾注しなくてもやっていけるのです。当然、押し売りまがいの器材売りはほぼされないでしょう。いわれたとしても軽器材+ウエット程度。体験から入っていって、カード所得後の向き不向きもわかるので、いろいろな意味でお得です。

ダイバー歴は10年以上ですが、ブランクなどがあり本数は少ないダイバーです。

結論から申し上げます。残念なショップに引っかかってしまわれたのは確定です・・・。

ライセンス料金は、どう軽く見積もっても、正規価格は5~6万円かかります。それが2万円台・・・。どこかで埋め合わせしないといけないのは自明の理です。それが器材販売という「打ち出の小槌」なのです。
70万相当の内容を見てみましたが、まず、ドライはどう考えても要りません。なんとなれば、初心者の時点で「冬場も潜ろう」などという...続きを読む

Qダイビングの呼吸法について

体験ダイビングを2本体験しただけの超ド初心者です。
まだ海底の景色を楽しむ余裕はまったくありません。呼吸がとにかく苦しいです。
まったく潜れないわけではないのですが、リズムに乗るまで時間がかかりすぎて…。

例の呼吸法「大きく吸って、大きく吐く」を実践すると、肺がパンパンに張っているのが分かります。
これが吸いすぎなのか、吐きすぎなのか、吐き足らずなのか全然わかりません???
インストラクターさんに聞ければいいのですが、初心者向けのコースでは色々忙しそうで、
話しかける暇がありません…。

そこでダイビング経験者の方にお聞きしたいのですが、
初心者の頃はどのような呼吸法を意識されていたのでしょうか?
また、経験を積んでいく上で分かったコツなどありましたらご享受願います。

Aベストアンサー

当方、80本越えのダイバーです。

>肺がパンパンに張っているのが分かります。
というような呼吸状況に陥った事はありません。それは「吐けていない」ということの裏返しでもあります。
ちなみに当方は、プールでの水泳の際には、息継ぎができない(水面から顔を上げられない)という致命的な欠点を持っているため、ダイビングを始めるときにはいろいろ不安でしたが、「なあんだ、普通に呼吸しているだけでいいんだ」とすぐに気付きました。

それと、呼吸のサイクルには注意をしておくといいかもしれません。大きく、というよりは、「ゆっくり吸って、ゆっくり吐く」という方が正しいと思います。おそらくですが、大きく~~を実践するととんでもなくエアの消費量が上がってしまうと考えます。

所詮は体験であり、しっかりとしたレクチャーを受けて行ったわけではないので、今の自分を責めたりする必要はありません。ただ、文面から察するに、「ダイビングを趣味として取り組んでみたい」ということが伺えます。体験そのものをどこで行ったのかは知りませんが、しっかりとした講習を経て、ダイバーとしてデビューし、経験をつんでいけば、いいだけの話です。
一桁時代はさすがに忘れましたが、なんとなく「潜れてるな」を実感できたのは20本を過ぎたあたりです。個人差はあるにせよ、今の段階で何のトラブルもない、順風満帆な人など、ほとんどいないと思います。
そういう意味では「克服すべき課題がある」質問者様は、今後もしこの道を行こうとするならば、いいテーマがあるという風にも解釈できます。臆せず、トライしてみてください。

当方、80本越えのダイバーです。

>肺がパンパンに張っているのが分かります。
というような呼吸状況に陥った事はありません。それは「吐けていない」ということの裏返しでもあります。
ちなみに当方は、プールでの水泳の際には、息継ぎができない(水面から顔を上げられない)という致命的な欠点を持っているため、ダイビングを始めるときにはいろいろ不安でしたが、「なあんだ、普通に呼吸しているだけでいいんだ」とすぐに気付きました。

それと、呼吸のサイクルには注意をしておくといいかもしれません。大き...続きを読む


人気Q&Aランキング