都内で10前に治療院を開設しました。

以前、関西地方で鍼灸接骨院を14年間経営しておりましたが、健康保険を使った治療はいろいろと問題があり、患者さんにも多大なご迷惑をおかけすることになりました。
保健を使っているというだけで、まるで犯罪者扱いされることもあり、そのほかにもさまざまな事情が絡んで、結局、閉院し、店舗は他人に譲渡いたしました。

そして、この度、なじみのあった東京で、保健を使わない治療院(リラクゼーション、はりきゅう、ストレッチ、リハビリなど)を開設した次第です。

駅から1分以内で1階のテナントにこだわり、比較的良好な立地で開業しました。
立地環境は、高級住宅街があるかと思えば、道の反対側には学生や労働者、生活保護の方がたくさん住んでいるという、いわば玉石混交のような街です。
人通り、車の通りも多く、目の前にはみずほ銀行とセブンイレブンがあります。交通の便も良いです。

ところが、開業して数日は、様子見の方でしょうか、数人は来院してくださいましたが、それ以降、まったく誰からも相手にされていません。

当院は、保健を使わないため、施術料は最低でも3000円、いろいろな治療を組み合わせれば、10000円近くになることもあります。
しかし、ごく相場に近いものであって、とくに暴利をむさぼるつもりもありません。

保健を使わず、公明正大に、自分のやれることを力一杯やりたい。
そういう理想に燃えて始めた事業でしたが、
あまりにも誰からも相手にされないため、かなり自信を失っています。

開業10日で何がわかるのか、とのご指摘もあるでしょう。
しかし今後、ひと月ふた月とするうちに患者の足がこちらに向いてくるというような気配・手ごたえが、まったく感じられないのです。

私の治療技術は、特別にどうこう言えるほどのものではありませんが、14年間鍼灸接骨院をしてきた感覚としては、決して悪くはないものと自負しています。
多くの支持者(まるで信者のような)も獲得いたしました。地域医療にもそれなりに貢献できたのではないかと思っています。

今は、近所へのチラシのポスティングはもちろん、毎日、毎朝、毎晩、街頭に立ってチラシを配布しております。
日曜日も休まず、夜も10時、11時まで粘って店を開けております。
それでも、一向に客足は伸びません。

私には、1年以内にある女性と結婚しようという約束があります。その女性には5歳の連れ子があるのですが、その子ともども引き取り、3人で(可能ならば私との間にも子供をもうけて)幸せに暮らそうという夢があります。
そしてそれを必ず実現したいという決心と覚悟で、東京に帰ってきました。
それがこのていたらくです。

開業して、当初は誰からも相手にされないということは、もちろん想定していましたし、そういうものだと思います。
ただ、患者さんが来ない間に、自分が何をすればいいのか、皆目見当がつかないのです。
チラシをくばる? 治療の勉強をする? それとも街頭に立って当院の宣伝を声高に叫ぶ?

この先、見通しが立たないことの不安と、孤独、そして無為な時間を延々と過ごしていることが、精神的に耐えられないのです。

いったい私は、何をどうすればよいのでしょう。
店の外観、自分自身の外見、掃除、サービス、考えられることは、可能な限り手を尽くしているつもりです。

回答者の皆様の中には、マッサージ店や鍼灸院などを経営されている方もいらっしゃると思います。また、それ以外の業種につきましても、開業当初は、並々ならぬご苦労をされていると思います。

この、不安と孤独に悩む私に、何をどうすればよいのか、私にできることは何なのか、皆様はどうやってこの苦境を乗り越えてこられたのか、教えていただければ、幸甚に存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

No,5です。


他の方へのお礼も全て読ませて頂きました。

一つお聞きしたいのですが「90分首だけして欲しい」OLさんには、どのように対応されたのですか?

あなたが具体的回答を求めてるのは重々分かってます。
そんなの分かれば、神様ですよ・・・。
私もあなたと同じく、日々その具体的回答を追及しています。


私は敢えて皆さんと逆の事を言います、その治療家のプライドは捨てないで下さい。
客が来ないのは、あなたの人間性に問題がある訳ではありません。
ただ、初期の戦略を知らない素人だったからだと思います。

街頭で叫びたくなるほど精神的に滅入る気持ちも分かります。
それも原因は、あなたの人間性に関係ありません。
ただ客が10日間こないだけだからでしょう。
あなたには整骨院を長年やってこられたのですから・・・。

そのプライドを持った上で他の戦略を考えるべきだと思います。
ですから、無料提供は辞めて下さい。(せめて割引です)
無料で来るような客は相手にしないこと。
辛い今こそ、プライドを持って取り組んでください。
そんな事しなくとも、他に開ける道はあるはずです。

他のマッサージ店へ行けば、まゆつばうんぬん科学的根拠無し・・治療家として同調出来ない。
そんなこと言ってられないかもしれないが・・。
ここにヒントはありませんか?
「医療人による、科学的根拠にのっとった、リラクゼーション屋」って書いて貼り出せば?

整骨院で取れなかった肩こり、腰痛なら改善しないならお金いただきませんとか・・・
(これは単に無料とは異なると思います。)

ターゲットが働き盛りのOL、サラリーマンと決まったようですね。
そうなれば戦略も練りやすいと思います。
具体的なことは分かりません。
私が言いたかったのはターゲットを絞れということ。
何をするかをハッキリさせることですかね。
    • good
    • 7

一体、開業にいくら使ったの、、、借金が増える前に、、、撤退、、、を考えるべきかもね、、、と思います。



何処かで、雇われていればよかったのに、、、才能、才覚が無い人は、開業には向かないのでは、、、。
    • good
    • 6

あれ????


こない皆はんから有意義な書き込みあるのに、黙りでっか…
後これは言っとかんとあかんと思ったんで…

あんさんの店舗、あんさん以外のスタッフ居るんでっか?
仮に居たとして…
なんで「地域住民の為のボランチ」せんのでっか?

判りましたわ!余り突っ込むん…許したるわ!
せやけど…
あんさんの師匠、この状況を何んも言わんのでっか?
普通、師匠が「黙っとられん!」と、五月蝿いチャチャ入れて来るはず何でっけど…
師匠は何と言ってるんでっか?

この回答への補足

いやいや、だんまりを決め込んでいたわけではありませんよ。
皆さんのご意見をうかがって、いろいろと考えていただけです。

三度ものご回答ありがとうございます。

あなた様のご指摘の通り、また、他にも何名か同じことをおっしゃってましたが、
無料キャンペーンというのを試してみようかと思っています。

タダより安いものはないので、キャンペーン期間中だけでも、いろんな層の人が来てくれることは想像できます。
確かにそれが一番の宣伝になると思います。

立地条件が悪いわけではないので、大きく「無料お試し」とか貼りだせば、目立つことは間違いないです。
医療系であっても、プレオープンとかしますから。

自分の治療に特別な自信があるわけではありませんが、少なくとも悪くはないはずだと自負していますので、
何割かの方には、気に入っていただけるものと期待しています。

他の方の回答にも補足しましたが、当初は、私は、高級住宅街の中高年女性をターゲットにして、そちら向きの内装やサービス(高級感のあるソファー、テーブル、雑誌、音楽、月並みですがハーブティを進呈するなど)を設定していました。

ところが、いざ蓋を開けてみると、来院するのは、仕事帰りのサラリーマンばかり。
しかも、藁をもつかむ思いで、疲れ切った体をかかえて来院するといった感じ。

首だけを90分マッサージしてほしい、他は触らなくていい、という方もいらっしゃいました。
保険診療の接骨院では到底追いつかないのだとか。

そういったわけで、私も、疲れきったサラリーマンにシフトをチェンジして、彼らの健康増進に一役買おうではないか、という気持ちになっているところです。

やってみなければ分からない、というか、
必ずしも自分の狙ったターゲットどおりには行かない、ということを痛感しています。

まあ、これは希望的な考えですが、
当初はサラリーマンからスタートして、やがて口コミその他で高級住宅街の中高年女性にも評判が伝わればよいかな? と、勝手な期待をよせています。

まだ開院10日と少しです。いろいろと試行錯誤していきます。

熱い!ご回答、本当にありがとうございました。

それに恥じぬよう、がんばります。

補足日時:2014/07/03 19:10
    • good
    • 2

 買い手にとって、新しい銘柄のビールが新発売になったのと、新作の映画が封切りになったのと、どう違うと思いますか?



 新銘柄のビールは試しに飲んでみて、自分で味やのど越しが確かめられます。気に入れば、愛飲すればいいわけです。ですが、新作映画はその善し悪しが事前に分からず、観に行ったらそれでお仕舞いです。お金を払って結果が出てから、良かったかどうか分かるんです。ダメだったと思っても、お金は戻りません。

 治療院を新しく開いても、その善し悪しは誰にも分りません。大枚をはたいて治療を受け続け、かなり経った頃にしか結果が出ず、その時点で善し悪しが判明するわけで、あなたの治療院を選ぶときには善し悪しは分かりません。患者さんは、あなたの治療院は他の治療院と比べる判断材料が何もないので、選べないわけです。

 一部の回答にあったように、最初のうちは思い切って無料か超低料金で多くの患者さんに試してもらい、リピーターが増えて名声も定着するまでは知名度を上げるのに全力を注ぐべきです。

 テッシュペーパなどを配って無差別に宣伝しても反応があるのはよくても3%で、そのうち実際に患者として来院するのは数10分の1以下です。1千件のうち1件が当たっても上出来…そんなものですよ。

この回答への補足

そうですね。

一度試してみる価値はありそうですね。

治療技術に特別な自信があるわけではありませんが、すくなくとも悪くはないと自負しているので、
気に入ってくださる方も何割かはあるはず。

だから、、、
うん。そうですね。
試してみようかな。

やはり、タダより安いものはないですし、
いろんな層の人が訪れてくれるし、
宣伝としては、これ以上のものはないかもしれませんね。

一度試してみましょう。

ありがとうございます。ほんとうに。

あ、
他にも何かアドバイスがありましたらお願いいたします。厚かましいようですが。。。

補足日時:2014/07/03 18:25
    • good
    • 1

 金持ちは歩かないと思いますよ。


 だから、駅から遠くても、クルマが停められる所に行くのではないかと。
 あとはエステとかに行くと思いますし、そもそも、そんなに身体を使ってないと思いますし。。

 ショッピングモールの治療院とかだと人気ですね。

 六本木くらいの立地になれば、金持ちが歩いてるでしょうが(それでも、駅近に1時間3000円のマッサージや「てもみん」があります)、普通の駅だったら、学生かサラリーマンくらいでは。

 サラリーマンはどちらかといえば女性(おばちゃんでも)が好きですから、女性の施術師がいた方が入りやすいかと。

 -------
 あとは、工場街とか、肉体労働者が多い所だと、本格的な治療の需要があるかもです(1日で治して仕事しないといけないので)。そういう所にビラを配るとか。

この回答への補足

そうなんですよ。

自分としてはお金持ちの60~70代の女性をターゲットにしていたつもりなのですが、
あにはからんや、来院するのは、ほとんどが仕事帰りのサラリーマン。

パソコンに一日中向かっているOLさんは、90分間首だけ治療してほしい、他は触らなくてけっこう、とおっしゃいます。
眼精疲労、ストレス、老眼、さまざまな事情をかかえたホワイトカラーの労働者に需要があるようです。

そのため、開院時間(今は朝から深夜まで開けてます)の終了間際、すなわち夜8時以降10時くらいまでに来院される方が比較的多いように思います。

かならずしも、狙い通りのターゲットとはならないようですね。

ですから、今後は、そういった方々に合ったサービス、時間帯を考えていきたいと思っています。

ご指摘、ありがとうございました。

補足日時:2014/07/03 18:20
    • good
    • 0

私は「モノは売りよう」だと思っています。



実際、商品が悪くても、味だけで化学調味料だらけの店でも、売り方によってだけで稼げている部分はとても大きいと思います。
この際、広告代理店に頼るのが一番では無いですか?
業種によって、欲しい売り上げの何パーセントを広告宣伝にかけるか?、またその媒体は何であるべきか?そういう事をプロに頼るべきだと思います。

本当は開業当初にかける諸費はそこそこにして、営みながら完成させるべきだったと思います。

チラシの作成・配布、サイトの作成は恐らく、意味が無いと思います(現時点では)
勧められるのは、フリーペーパー、車内広告、看板、のぼりなどの「動かないもの」からのスタートだと思います。

看板、のぼりは新設なので変更の余地なしとして、
他(フリーペーパーなど)でどんなに安くても、200万位はかかると思います。
一回だけ載せてもだめです。最低半年。長い方が割安ですから・・・

まずは、駅で一番早く無くなっているフリーペーパーを探すこと。
Webでない媒体を得意とする広告代理店をさがすことではないでしょうか?

頑張って下さい!
    • good
    • 2

あきれているのですけど。



>店の外観、自分自身の外見、掃除、サービス、考えられることは、可能な限り手を尽くしているつもりです。

この程度が考えられること、可能な限り手を尽くすことなのですか。

一切顧客に目が向いていませんね。
だとしたら顧客からこちらに目が向かないのも当然です。

>チラシをくばる? 治療の勉強をする? それとも街頭に立って当院の宣伝を声高に叫ぶ?

一人ひとりにたいし呼びかける行動はないのですね。自分の自己満足行動だけですね。
だったら誰も立ち止まりません。

>駅から1分以内で1階のテナントにこだわり、比較的良好な立地で開業しました。
>立地環境は、高級住宅街があるかと思えば、道の反対側には学生や労働者、生活保護の方がたくさん住んでいるという、いわば玉石混交のような街です。
>人通り、車の通りも多く、目の前にはみずほ銀行とセブンイレブンがあります。交通の便も良いです。

自分の居場所、だけを言っていますね。
人が住んでいるところに玉石混交、という失礼な言い方はどういう発想から来ますか。
何が玉で何が石なんですか。
石だと思われてまで来院する人がいると思いますか。

ごく普通の商売の常識をスポンとどこかに忘れています。

商売というのは何よりもお客様と向き合うところから始まります。

駅の前にたって通行人を観察するだけでもいろいろなことがわかります。
この年代の人が何人、この年代の人が何人通った、とか。
足を引きずっている人に何人出会ったか、反り返って歩いている人が何人いたか、とか。
妊娠中が何人いたか、とか、松葉づえが何人いたか、とか。
車椅子が何台通ったとか。
これをメモするだけで、重要なことがわかってきます。
潜在需要がわかってきます。キャンペーンをしたらいい症状が見えてきます。

また、間違ってきたかどうかはともかく、一度こられた方は重要な方ですが、その人の住所もなにも取っていないのですか。
保持していたらおすすめのハガキなんか出せますけど。
そもそも診察券だとか会員カードの類は発行しているのでしょうか。
発行する以上はデータをキープし、活用できるようにしているのでしょうか。
カルテは作っていますか。
これは基本ですよ。
パソコンの時代より前から、お得意様、常連はいたのです。50年前の治療院は何をしていたと考えますか。

こういう、基本の中の基本の発想が浮かばないなら、どこかの雇われ治療師になったほうが生活は無事です。
    • good
    • 4

あんさん、何言っとるんでっか?


そのお店は誰が経営しとるんでっか?
あんさんは雇われ店主なんでっか?
どうしても「わての状況は予想外でんねん」を主張したい見たいでんな。
ちゃいまっせ!あんさんの決め事がその地域に合って無いだけでっせ!
背に腹は変えれん状況なんでっしゃろ。
何で「無料サービス」を考えて無いんでっか?
わての知り合い「プレオープン」っちゅうお題目で、3日間タダでしてましたで!
そのお方曰く「あんま•マッサージの類は、気に入って貰わんと儲からへんねん。その為に、騙してでも気に入って貰わんと、ママの食い上げですわ。」と、言ってましたで!
あんさんの指は「ゴールドフィンガ~」かも知れまへんけど…
使わんかったらタダの「指」
そろそろ鼻っ頭収めて「初心に戻る」が必要じゃ無いでっか!
人の意見聞けるだけ「経営者じゃ無い」を早よ判らんと!
    • good
    • 7

対象は金持ちなのか普通の人なのかどっちなのでしょう?


どっちかターゲットを絞らねばならんでしょう。
どっちもってのは無理だと思います。

価格を下げるとターゲットは普通の人となるでしょう。
しかし、単価は減るから当然数をこなす必要があります。
価格勝負ですね。
だけど治療院に通う人って大概はそれなりに余裕のある人じゃないでしょか?
食うのに困るような人がいくら安くても治療院にお金を落とすとは思えないです。
自分だって3000円は非常に貴重な金額です。

高所得者相手なら高い単価が取れますが、それ相応のサービスで差別化を図る必要があるでしょう。

とにかくターゲットを絞らんと手も打ちようが無いのでは?

中途半端が一番悪いですよ。
目立たないから…ターゲットを絞ってそのターゲットがどうすれば満足するかを考える事だと思います。

良くバラエティで歌を歌うとか妙な格好の店主が出てきますがあれは一種の差別化なのです。
単に遊んでるわけでもないのです。
個人店は店主の個性に惹かれて通うって客がいることが結構多いですから…強烈な個性は客を選ぶけどまた惹かれる人がいるのも事実です。

この回答への補足

ターゲットは高級住宅街に住む中高年の女性です。

そういう設定で、内装も、可能な限りではありますが、高級感を出すようにしました。
月並みかもしれませんが、ハーブティーのサービスなども添えました。

ところが、いざ蓋を開けてみると、
来院するのはほとんどが仕事帰りのサラリーマン。
一日中パソコンと向きあったり、出張で日本中を駆け回っている人など。

その疲労度は半端ではなく、接骨院などの保険診療ではとても間に合わないレベルのものです。
彼ら彼女らは、藁をもつかむ思いで治療に来るといった感じです。

狙ったターゲットどおりにはいかないものだと知りました。

だから今後は、疲れ切ったサラリーマンを対象に、診療時間とか、サービス内容、その他もろもろを考えていくべきなのではないか、と思っています。

ありがとうございました。

補足日時:2014/07/03 18:36
    • good
    • 1

最初は笑って見てました。


が、途中から胸が苦しくなりました・・・。
私には、それを乗り越える自身はありませんが、一応アドバイスをさせていただきます。

整骨院で客をつかんでいても、整骨院に来る客です。
あなたの腕が良いのはあったかも知れませんが、所詮安いから来るのだと思います。
それでも競争が激しい中それなりにやっていたのは素晴らしいとは思います。

あなたの戦略は何だったのでしょう?
何をしたかったのでしょう?
今の所と整骨院の違いは何ですか?
ハッキリしてるのは実費治療で整骨院と同じ事をしようとしてるなら勝ち目は無いと思います。

あなたの強みは何ですか?
整骨院では無くて、あなたのところへ行けばどんなメリットがあるのですか?

立地条件や結婚を控えてる状況は文章から分かります。
でも誰に何をしたかったのでしょう?
それが見えてきません。

家賃も相当高いと思います。
まだ10日です。
我慢してればポツポツ増える可能性もあると思います。
でも撤退する勇気も、必要かもしれません。

この回答への補足

う~ん、痛いところを突いてきますね。

そうなんですよ。接骨院時代の癖がどうしても抜けません。
まだ治療家やってるんです。
サービス業になってないんですよ。
わからないんです。サービス業が。

だから、いろんなマッサージ屋さんに行って研究したりしていますが、
彼らの言っていることは、治療家の私にすれば、
うそ、でたらめ、口から出まかせ、眉つば、流行追いすぎ、科学的根拠なし、
といった具合で、それと同調するのはなかなか苦しいものがあります。
そんなこと言ってられないのかもしれませんが。

ただ、彼らとの差別化を図る意味で、
医療人による、科学的根拠にのっとった、マッサージ屋さんがあってもいいのではないか、
とも考えています。

まだ試行錯誤です。

ありがとうございました。

補足日時:2014/07/03 18:40
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ただ、開業10日で撤退は考えられません。
そうならないためには、どうすればよいか、なにをするべきか、というのが質問の主旨です。

でも、いろいろと参考になりました。

本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/03 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業の接骨院は倒産することはありますか?

タイトル通りなのですが、
接骨院は倒産することはありますか?
現在オープンしたばかりの接骨院でパート勤務をしていますが、ほとんど患者さんも来ないので、経営的にも心配です。
また、パートスタッフ4名のほか、税理士さんも出入りしているようです。
これは普通の状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

開業当初およそ3ヶ月から6ヶ月間程度を運転資金などを用意していると思いますが、勝負は2年以内じゃないですか?はっきり言って簡単につぶれますよ。
つぶれない接骨院は最初の段階でおよその見当がつきます。
施術所の広さ、その広さに見合った患者さんの数。患者数に応じたスタッフの人数。
単純に(売り上げ-経費=マイナスなら閉店)です。
とにかく開業時の計画がしっかりしている事が大事。ただしイメージはほぼ間違いなくそのようになりません。
現在の患者数では何人のスタッフがいいのか等、常に経営者として考えていけばつぶれません。収入が上がらないのに税理士をなぜ雇うのでしょうか?なぜスタッフを減らさないのでしょうか?治療家としての理想と経営者としての手腕は別物なのです。
患者さんを一日平均40人診たら一応成功といわれる業界です。ですが手取りの売り上げが上がらなければ負け組みですよね。安い地代家賃で院長一人でやれば20人でもつぶれません。つぶれないほうが勝ち組なのです。ただし今後保険収入は減少に転じそうな業界です。保険のみに頼った従来のやり方ではいずれ接骨業界自体がつぶれそうです。

私の知り合いの税理士もなんだか経営コンサルタントみたいなことをしていて、他接骨院の経営状況などを分析してアドバイスをしているようですよ。
しかし開業後何ヶ月なのか、今の実質の患者人数が分からないのですが、きっと今後患者さんがわんさか来てくれますよ。「知り合いの保険を使いまくり」とありましたが架空請求でなければ問題ありません。家族は無理ですが怪我をした親戚も呼んで治療しましょう。(笑)

開業当初およそ3ヶ月から6ヶ月間程度を運転資金などを用意していると思いますが、勝負は2年以内じゃないですか?はっきり言って簡単につぶれますよ。
つぶれない接骨院は最初の段階でおよその見当がつきます。
施術所の広さ、その広さに見合った患者さんの数。患者数に応じたスタッフの人数。
単純に(売り上げ-経費=マイナスなら閉店)です。
とにかく開業時の計画がしっかりしている事が大事。ただしイメージはほぼ間違いなくそのようになりません。
現在の患者数では何人のスタッフがいいのか等、常...続きを読む

Q柔道整復師はなぜ逮捕されないの?

柔道整復師って、たいてい不正請求してますよね。私が通ってたとこも、私はまったくケガしてないんですが、勝手にケガしたことにされて保険適用されてしまいました。まあ、お金節約できるのは非常に助かるのですが。
疑問なのは、なんでこれだけおおっぴらに詐欺行為をしているのになかなか逮捕されないのでしょうか?
自分だけのこと考えるならお金節約できていいのですが、国民全体のことを考えると、やっぱり不正請求が横行するのはよくないと思います。どっかから圧力かかったりしてるんですかね。

Aベストアンサー

逮捕されていますよ。いつだったか忘れましたが、もう何年も前のことです。

5、6年くらい前までは柔道整復師が勝手にケガを「ねつ造」していました。保険の請求書に「犬の散歩をしていたら犬が急に走り出して腰を痛めた」とか勝手に書いていたのですよ。
そしたら、それをやっていたある柔道整復師が詐欺罪で逮捕されてしまいました。警察お得意の「一罰を持って十戒となす」ってやつですね。いってみれば誰もがやっていたので見せしめにされてしまったのですけれども。

業界は震撼しました。それは「もうこれからは保険の不正請求を黙認はしない」という国からのメッセージだったからです。
背後にあるのは、年々負担が増える健康保険の請求対策のためです。医療費の削減が国としても対策をとらなければならなくなったからです。医療費を削減するにあたって、なんで柔道整復師の不正請求を黙認し続けるんだって意見は医療業界では以前からあったのですよ。
業界団体は速やかに会合を開いて「もうこのようなことは再発させないため、云々・・・」という報告書を作成しました。それは厚生省の意向であったことは間違いありません。そういう報告書を出せといわれたんでしょうね。

だから今、接骨院や整骨院に行くと、いろいろ問診されながら、書類に「朝起きたら首を寝違えました」とか自分で書くようにいわれるはずです。向こうはもう書いてくれないんですね。なんとかかんとか誘導尋問されて「そういうことにしてください」みたいなニュアンスでいわれるはずです。
世事に疎い柔道整復師は未だに自分でちゃっちゃと書いている人もいるみたいですが、そんなのいつ逮捕されるかわかりゃしません。既に道はつけられてしまったのですから、もう黙認をしてくれないのに知らない人もいるんですね。あとはタレコミさえあればいつでも潰せるのですよ。

しかしながら、保険請求ができることは柔道整復師の存在意義に関わる大問題なので、柔道整復師業界も必死です。10年くらい前まではその不正請求し放題だったので莫大な利益を上げて、「開業すれば年収一千万は堅い」といわれていたのですが、例の小泉改革で柔道整復師を育成する学校の新設ができるようになり文字通りの「雨後の筍」で学校が猛烈に増えました。学校が増えれば柔道整復師の数がものすごく増え、柔道整復師は今や「供給過剰」状態です。「開業したけど儲からずに廃業した」という話はまったく珍しくなくなりましたね。「既存の整骨院を患者さん込みで継がないと成り立たない」ともいわれます。
実は柔道整復師の学校では不正入学も当たり前だったのですよ。五百万から三百万が相場といわれていました。有力な柔道整復師の知り合いがいれば裏金は少なくて済んだのですが、コネもないのに入学しようとすると非常にお金がかかるものだったのです。なにしろ卒業すりゃ年収一千万堅かったのですから。でも今は自由化により学校が増えたのと前述の事情によって裏金の話は聞かなくなりましたね。その代り、学生時代にやれ研修だ業界組合費だとか様々な名目でお金を要求されます。

整骨院(接骨院)の患者の90%以上は保険によるものでしょう。あとは交通事故なんかの保険請求が少々と、まれに整体などの自由診療をやっているところもあります。だけど、儲けのほとんどを保険に頼っているので保険からお金が出てこないと経営が成り立たないのです。
かといって、正直に商売をやると今は「ケガの治療」ならまず整形外科に行きますでしょ。でも腰痛や肩こりで整形外科なんてなんの役にも立たないんだけどさ。ちなみに、肩こりって病気はないので、本当は病院でも整骨院でも肩こりで保険を使うことはできないのです。みんな適当に「頸椎捻挫」とか名目をつけてくれるのですよ。ちなみに「肩こり」って日本人独特の症状で、英語はもちろんなんと韓国語にも「肩こり」に相当する言葉がないのです。英語で「ステューデントショルダー」とかいうときもあるんですが、一般のアメリカ人には通じない言葉です。

ではなぜ柔道整復師だけが堂々とやってられるのかってことですが、それは彼らの名前に秘密があります。「柔道整復師」でしょ。そう、「柔道」の文字がありますね。元々柔道整復師はケガをした柔道選手のための手技治療がルーツでした。そして柔道といえば先日終わったオリンピックでも花形競技のひとつであり、日本のお家芸というか国技ともいわれるような競技です。だいたい金メダルが取れないと大騒ぎするほどでしょ。それだけに、資金力も豊富で政治家へのパイプも太い。代議士をやっている元金メダル選手もいますよね。政治力がハンパないのです。これは日本最大の圧力団体のひとつともいわれる日本医師会もオイソレと手を出せないほどの実力なのです。
ゆえに、かつてはアンタッチャブルともいえる領域だったのですが、最近の医療費事情からもう今までのような商売はできなくなったのですね。
日本医師会は柔道整復師から保険を請求する権利を奪いたくて奪いたくて仕方がないのですが、そこは柔道整復師としても生死にかかわる問題なので決して認めないのです。

個人経営の整骨院なら小さいことをいいことにまだ不正請求をやっているところもありますが、儲かっているところとか、チェーン展開をしている整骨院なんかはいつどこで密告されるか分からないので大っぴらな不正請求はしてないはずですよ。

なお、柔道整復師の名誉のためにいうと、元々柔道のケガに対する手技治療がルーツですから、骨折の整復なんかは整形外科なんかに行くよりずっと早くかつ後遺症のリスクも少なくできるのですよ。ただ、最近は骨折して整骨院に行く人がほとんどいなくなったので若い柔道整復師の中には「骨折の整復なんて学校で習っただけでやったことはありません」なんて人も珍しくなくなりました。だけど、50代より上の世代のベテラン柔道整復師の先生方は骨折の治療なんて本当に上手ですよ。

逮捕されていますよ。いつだったか忘れましたが、もう何年も前のことです。

5、6年くらい前までは柔道整復師が勝手にケガを「ねつ造」していました。保険の請求書に「犬の散歩をしていたら犬が急に走り出して腰を痛めた」とか勝手に書いていたのですよ。
そしたら、それをやっていたある柔道整復師が詐欺罪で逮捕されてしまいました。警察お得意の「一罰を持って十戒となす」ってやつですね。いってみれば誰もがやっていたので見せしめにされてしまったのですけれども。

業界は震撼しました。それは「もうこれか...続きを読む

Q整骨院の料金の仕組がよく分かりません。

現在、整骨院に左の肩凝りが酷いので見てもらっているのですが、原因は右側が歪んでいるから、整えていくという診断?を受け、現在通っています。
保険証の提出をしているのですが「自費による施術料」で、決まった金額+「健康保険の個人負担金(保険の種類により異なる)」が発生しているらしいです。
大体、一度の施術で2000円ほど支払っています(時間的には20分強)
これは、妥当な料金なのでしょうか?
知り合いは、他の医院で1時間ほど診察してもらって、500円位だとっております。なぜ金額にこんなに差があるのでしょうか?
電気や機械は使わず、先生が手で施術して下さるんですが、この治療方法は「整体」と呼ばれるものですか?

Aベストアンサー

保険で行える治療には適応範囲があり、それに当てはまらないものは自費診療になります。

自費(自由)診療と言うのは、保険がきかないものです。
料金は「言い値」で決められ、砕けて言うと「いくらでもあり」ということになります。

料金はどちらかというと質問者さんの20分強で2000円のほうが常識的な値段かと思われます。

1時間ほどつきっきりの診察で500円が本当の話なら、そこの医院は相当無理をしていますね。
単純計算でその診察のみで日給を考えると、
稼働時間が8時間としたら一人の先生が1日中働いてやっと4000円ですよ。
見習いの人の日給になるかどうかも微妙な金額です。

この場合は金額もそうですが、その施術でその人が満足しているのかどうか、
も一つの大事な基準になってくるかと思います。

あと前に回答された方が言われていますが、整体とは資格になっていないので、
誰が何をやってもそれを整体と言えば整体になります。

Q接骨院のレセプトについて

今度、接骨院の受付のバイトをしてみようと思うのですが、
接骨院のレセプトとはどういった感じのものなのでしょうか?

病院のレセプトは見たこと、処理したことがあるのですが、自賠・労災請求など、
この二つは普通のレセプト請求より、手順も違いますし難しいですよね…

どういったレセプト請求の仕事になるのでしょうか?
難しさや病院のレセプトと違う点がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

接骨院(整骨院もおなじ)の保険請求とは外傷に限られているのご存知でしょうか?具体的には打撲、捻挫、挫傷のみしか保険の請求はできません。

しかし多くの接骨院は患者さんで溢れかえり、繁盛しているように見えますね。なぜでしょうか?なんか怪しいと思いませんか?慢性腰痛や肩こりの患者さんもいるような?そのような文句が看板やのぼりに書いてあるような?

実は多くの接骨院では日常的に健康保険の不正請求をしております。どういう手口かというと、症状は “ただの肩コリ” のお客さんが、請求上は “転倒により肩の捻挫、肘の打撲、腰の捻挫” という具合に、症状の偽装、負傷・施術部位の水増しを行っているわけです。その他には通院日数の水増し、スタッフやその家族、知人など架空治療などです。これは決して少数のある特定の事例ではなく、業界としての体質なんです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6218009.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6138050.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6210113.html

最近不正取締りを強化するという通達が関係各部署に出たようです(遅すぎですけど)。もし貴方が接骨院に努め、経営者から不正行為を強要され、色々な理由で断れず従ってしまったとしましょう。立ち入り調査などはいれば、貴方に火の粉が飛んでくる可能性も否定はできません。


接骨院はお止めになられた方がいいと思います。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

接骨院(整骨院もおなじ)の保険請求とは外傷に限られているのご存知でしょうか?具体的には打撲、捻挫、挫傷のみしか保険の請求はできません。

しかし多くの接骨院は患者さんで溢れかえり、繁盛しているように見えますね。なぜでしょうか?なんか怪しいと思いませんか?慢性腰痛や肩こりの患者さんもいるような?そのような文句が看板やのぼりに書いてあるような?

実は多くの接骨院では日常的に健康保険の不正請求をしております。どういう手口かというと、症状は “ただの肩コリ” のお客さんが、請求上は “...続きを読む

Q★整骨院での仕事内容★

整骨院で受付のアルバイトをしたいと考えているのですが、仕事のながれを知りたいです、医療関係なので難しい計算とかあるのでしょうか?詳しく教えて下さい~。

Aベストアンサー

院にもよりますが、私が勤めていた所は表があるので大体それを見てレジ入力をすれば大丈夫でした。
保険証によって多少値段が違うので本人・扶養・丸親・老人など。
でも以前勤めていた内科よりは治療内容が楽だったので慣れれば大丈夫だと思いますよ。
仕事の流れは朝掃除してお弁当の手配してパソコンを立ち上げてレジと現金を合わせて系列院からのFAXなど業務連絡をチェック、診療、昼休憩の間に洗濯(タオルや包帯使いますから)、銀行や買い物、診療でした。診療以外の流れは院によっては違いますけど、小さな所は買い物は昼休みに受付が行かされます。内科の時は銀行は院長が行きましたが、整骨院はチェーン系列だったので受付が行かされました。

あとは助手的なこともさせられて首・腰の牽引、電気やローラー、灸や包帯をまくなんて事もさせられました。
整骨院・接骨院はご年配の方が多いので話相手になるようになんて事も言われましたね~。

月初めには医療関係なのでレセプトあります。

でも慣れれば大丈夫ですよ~。

Q鍼灸師をやめてしまおうかと考えているのですが。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職しても、ほとんどマッサージにまわされてしまいます。そのため、技術向上のための機会にほとんど恵まれず、技術に対して自信がもてません。また、マッサージに関しても、本来、学校に行って資格を得たものではありませんし、職場で教わっただけのものですから、それに対しても、自信がないです。またたいていの整骨院は労務環境が悪い、(賞与・昇給・退職金・昇進なし、低賃金、拘束時間が法定労働時間を越えている)です。
 では鍼灸院については、自分が住む県に関して言えば、鍼灸院の雇用はほぼゼロです。 また病院は鍼灸師が働く環境が整っているところは極めて少なく、雇用する相手側の院長が鍼灸治療に対する理解がほとんどないというのが現状ですし、。ともすれば雑用係にまわされたこともしばしば、というのが実情です。
以上の現実を踏まえますと、もう鍼灸師としてのキャリアを捨て、別の職業に就いたほうがいいのではないか、という考えが浮かんできます。 もちろん、他の仕事も厳しいですし、現在の年齢から言えば、それほど恵まれた職業にありつけるとは考えていませんが…、 鍼灸師、及び、他のコメディカルの職業についておられる皆さん。こんな自分の考えについて意見をお聞かせください。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職して...続きを読む

Aベストアンサー

関係者として一言アドバイスを。
鍼灸師の中には、マッサージ師、柔道整復師の資格を持っているものも多いのですが、現実的には鍼灸よりもマッサージの需要が圧倒的です。
また、新規開業では鍼灸師に限らず5年から10年は客層の開拓に苦労するのが普通です。
好きでなった仕事なら、家や土地がおありなら、自宅を利用しての開業が長い目で見れば、一番有利かと思います。マッサージ師の仕事を続けながら、適応のあるお客さんには(十分信頼されてから)針治療をお勧めするというようなやり方が良いと思います。
病院で鍼灸師が働く環境が整っているところが、きわめて少ないとのことですが、鍼灸や整形外科、ペインクリニック、疼痛関係の学会に出席しますと、鍼灸師を雇用して集学的な治療を積極的に行っている施設も数多くあります。
そうした関連学会に出席したりして情報収集されたり、これはという施設がありましたら、自分の思いを話してアプライされたらいかがでしょうか?

Q整体院の名前を決めるのに悩んでます。

こんにちは、よろしくお願いします。

わたしは28歳の女性で、整体の学校を卒業して、今開業の準備中です。
名前を決める段階で、どうも決めかねています・・・。
名前を聞いただけでやさしい気持ちになれる、口に出して嬉しい言葉を付けたいと思っています。
そういったやさしい言葉を集めたサイトを参考にしたいと探しているのですが、長いフレーズを集めたようなところしか探せませんでした。
もっと短い単語で、例えば「まごころ」「すこやか」「やすらぎ」など、4文字くらいの優しい印象のある単語を集めて紹介してくれているようなサイト、もしご存知でしたら教えていただけないでしょうか。

どういう単語で検索をかけたら出てくるのかわかりませんでした。
それと、もしおすすめの単語があれば教えて頂けたらとても嬉しいです。

自分で調べられたらよかったのですが・・・。本当にこんな質問してしまい申し訳ありませんが、ご協力いただけたらとてもありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

角度の違うコメントで申し訳ないのですが・・・

10年ほど前、知人が「○○○プロジェクト」という名称で行政書士事務所を開きました。
「○○○」の部分には「最新の情報と正確かつ迅速な手続きで~」といった意味合いの
造語が入るのですが、すべての説明を聞くまでは「いったい何をやっている会社なのか?」
といった感じで、すぐには行政書士事務所とは分からないし、分かってもなんとなく
いかがわしい感じが漂い、営業的には失敗でした。
もちろん名称以外の要因もあったでしょうが、その後シンプルに「○○行政書士事務所」と
改名してからは比較的順調なので、やはり「行き過ぎ」があったのだと本人は反省しています。

で、本題(?)なのですが、ご自身のポリシーやコンセプト、あるいはお気に入りのキーワードはあっても、
それを直接的に店舗の名称とすることや、一般的ではない語呂を使用するのは慎重に検討したほうが
良いと思います。
お勧めは「○○整体院」などのシンプルな名称に、キャッチフレーズとして言葉を添えることです。
独特の名称は、繁盛して名前が売れてからでも遅くはありません。

余計なお世話かもしれませんが、「整体」「マッサージ」といった言葉は、
場所によっては風俗店と勘違いされることもありますのでご注意ください。

最後に「名前を聞いただけでやさしい気持ちになれる、口に出して嬉しい言葉」ですが、
高齢者向け、あるいは介護施設などの名称を参考にしてはいかがでしょうか?
「ひだまり」とか「ふるさと」などといった優しいものが多いですよ。

角度の違うコメントで申し訳ないのですが・・・

10年ほど前、知人が「○○○プロジェクト」という名称で行政書士事務所を開きました。
「○○○」の部分には「最新の情報と正確かつ迅速な手続きで~」といった意味合いの
造語が入るのですが、すべての説明を聞くまでは「いったい何をやっている会社なのか?」
といった感じで、すぐには行政書士事務所とは分からないし、分かってもなんとなく
いかがわしい感じが漂い、営業的には失敗でした。
もちろん名称以外の要因もあったでしょうが、その後シンプルに「○...続きを読む

Q開業医は儲からない?

最近、色々な医者に通って感じました。

開業医(先生は1人)は儲からないのでは?
歯医者、眼医者など受付に2~3人、、看護婦(看護師)が2人。
先生以外にスタッフが5人前後いる、医院がほとんど。

単純計算で。
患者数4人/時間。
32人/日。
640人/月。
平均単価2000円。

ゆえに、2000*640=128万が収入。

ここから、スタッフの給料、
設備の償却費、光熱費、消耗品、
などを引くと、手元にはあまり残らないのでは???

先生が複数いて、大量の患者をさばけば、
儲かる??

勤務医の方が実入りはいいような気がします。
よく、年収1500万とかで、ネットだ募集していますが。
話半分でも800万以上。


他人の懐を気にするのはよくないですが。

Aベストアンサー

やり方によりますが、それは一緒とした場合、
開業医
勤務医
病院経営
の順に割が悪いです。

医者の子供はほぼ医者を志し、開業医はあとを継ぎます。
患者が少なくてもつぶれた町医者はあまり見ません。
勤務医は開業したがります。勤務医は常に不足してます。
私立病院は経営が成り立たず、その分診療所が増えてます。
公立病院は赤字経営です。

>歯医者、眼医者など受付に2~3人、、看護婦(看護師)が2人。
>先生以外にスタッフが5人前後いる、医院がほとんど。
これに医薬分業で院外に薬局、そこにも数人。
医者一人でこれだけ養えるほど儲かるのが開業医です。

Q医師の夫との結婚に疲れています

主人とは8年の交際後、結婚し現在4年目になります。

研修医が終わったのち、しばらくして大学院に入ったのですが
いきなり無収入になった時より大変主人との生活に疲れています。
もともと一番忙しい、そして厳しい職場と言われているところにすすんだのですが
忙しさのあまり5日間帰ってこないこともあったり、その間お風呂なども入らずぼろぼろになって
帰宅するのでよっぽど忙しいのだと思っていますが…
そのストイックさと収入がなくてもやりたいことをやってる主人に対して私を踏み台にしているとしか思えない、家庭生活をおろそかにしすぎしてる、など不満が大きくなりました。
現在は外病院に出してもらえたので、生活していけるだけのお金は稼いできますがバイトは一度も出たことがなく、(科の方針でバイト禁止)学費を払い、出張費(海外含め)学会費、すべて自分もちで年間100万以上を捻出するのが厳しいです。
さらに大学院が終わったら留学する、と言っており、お金のことは一切考えていないようです。
無収入になった時親に仕送りをもらい、そのことでだいぶ義母に嫌味を言われました。
私も働いていますが、主人の学費などをねん出するようなことまでは考えておらず・・・
私にような薄給と結婚したから、など言われました。
子どもは不妊治療をしないと授からない(夫が原因)ため、年齢的にもあせりがあるのに
外野からは子どもはまだ?と言われ主人は自分のことしか考えておらず、義両親は理解がなく
自分の存在っていったい何なんだろうと思ってしまいます。

また主人は仕事外のことは何も出来ず、ゴミを出したり時々洗濯をたたんだりはしてくれますが
私がお願いしてやっと、という感じ。休みがないので一緒に出かけたりすることもほとんどありません。
定期券を買ったり、主人の仕事関係の振り込みや電話なども私がしたりします。
家は書物で散らかされていて、片づけて欲しいと言っても今度やる今度やる、と言ってやるのに1年くらいかかります。。。気分転換に友人と出かけるとものすごい勢いで嫉妬され、どこにいるのか何をしていたのかなどの追求がすさまじいです。。。

医師との結婚ってこんなものですか?
義母は自分の旦那(医師)の出世と自分の子どもたちが医師になることに、すがって生きてきたような人です。私には理解出来ません。
忙しいご主人をお持ちの方は、どのように割り切って過ごされていますか?

主人とは8年の交際後、結婚し現在4年目になります。

研修医が終わったのち、しばらくして大学院に入ったのですが
いきなり無収入になった時より大変主人との生活に疲れています。
もともと一番忙しい、そして厳しい職場と言われているところにすすんだのですが
忙しさのあまり5日間帰ってこないこともあったり、その間お風呂なども入らずぼろぼろになって
帰宅するのでよっぽど忙しいのだと思っていますが…
そのストイックさと収入がなくてもやりたいことをやってる主人に対して私を踏み台にしていると...続きを読む

Aベストアンサー

>医師との結婚ってこんなものですか?
ハイ。そんなものです。

大病院の医局で3年間秘書を勤めました。
旧制度の時代ですから入局者を得るために
あの手この手の勧誘合戦がスゴかったです。
入局説明会と称して医学科最終学年生をご招待しフランス料理のフルコースやすっぽん料理など
贅をつくした会食で何度ももてなすワケです。
入局の意志も関心も無いのに毎週食べ歩くだけの食い逃げも居ました。
20代前半で医学生は他学部学生とはすでに人生が違っているという感じでしたネ。

何ゆえ?と初めは思いましたがすぐに理解できましたよ。
科の所帯が大きいと業務をみんなで分担することができるため
バイトに出たり勉強をする機会が得やすいのです。
余裕は次の余裕を生み雰囲気が良くなります。
逆に世帯が小さいと何もかもを背負う。
薄給のまま病棟(の患者を診たり)や外来診療又は手術までこなす。
あれこれ受け持つからバイトで稼ぐヒマが無い。
外科とか産婦人科とか小児科は容体急変で夜中も安眠できない。
疲れや不満も出ます。あそこの科はヤバイぞとなったら余計に新入りが来ない。
科にアンバラが生じ始めたため、これではイカンと今の制度に移行したのでしょうが、
忙しいは今も同じのはずです。
5日間帰らない。有です。

若いうちは医師といっても贅沢は出来ません。
なのに医師だから出費は世間の3倍です。
40までは医師らしい華やかな生活を期待しないことです。
あと勉強は若いうちにですよ。
あとで取り返すには厳しい世界です。出世からは遠ざかりますからね。
今は借金してでも勉学(留学)の機会を優先させた方がいいと思いますよ。

3年間近くで医者を眺めた私。
医者の奥さんって世間が思うほどには幸せではないのでは
と思いましたが、でもまぁ魅力的な人がいっぱいだったな。
大体が良い環境で育ち、お勉強をこなし、部活を頑張り、素直にす~っと育った感じの好青年ばかりで
質の良いジョークを飛ばし普通に英語で会話を交わす。
医師ではなくとも十分に女性を惹きつける人種なのです。
ですから結婚相手としては文句のつけようが無いのは当たり前。
もちろんそうではない男性もいますが。。

でもねえ。家庭生活者、人生のパートナーとしてはどうかなあ。
なんせ忙しすぎ。
子育ては独りで行い、家事などアテにせず、ひたすら忍の生活が続くと思った方がいいですネ。
では、妻としては?私の人生は?ですよね。
どうした方がいいのかな。
ひたすら立役者になる?
亭主が忙しいのをいいことにテキトーに楽しみを持つとか。
でもねえ。質問者さまが30代初めなら
どんな場所にいても今は人生で最も忙しくて誰も独身時代のような楽しみを持てない年齢ですよ。
そのあたりは押さえておかなきゃね。

私がいた医局の医師は皆奥さんに感謝してて、いかに自分の奥さんが出来た嫁か自慢しあってましたよ。
分かってくれてますよ。ダンナ様。

がんばって。

>医師との結婚ってこんなものですか?
ハイ。そんなものです。

大病院の医局で3年間秘書を勤めました。
旧制度の時代ですから入局者を得るために
あの手この手の勧誘合戦がスゴかったです。
入局説明会と称して医学科最終学年生をご招待しフランス料理のフルコースやすっぽん料理など
贅をつくした会食で何度ももてなすワケです。
入局の意志も関心も無いのに毎週食べ歩くだけの食い逃げも居ました。
20代前半で医学生は他学部学生とはすでに人生が違っているという感じでしたネ。

何ゆえ?と初めは思いまし...続きを読む

Q病院はなぜ潰れないの

昔から思っていた疑問です。
病院、クリニック、みんな『経営は大変だ、大赤字だ」と
言いながらなぜ潰れないのですか。病院は公共性の
問題で役所が財政支援してるのですか。

でも個人のクリニックは、あんな暇な医院なのに
というところでさえ潰れません。おかしいとずっと
思っています。裏側を教えてください。

Aベストアンサー

病院だと潰れる前に経営母体が変わることがほとんどでしょう。乗っ取りの場合もあります。理事長や院長が交替するけど、病院の名前は変えないことが多いでしょう(○○会××病院が△△会××病院にかわったりします)。

クリニックだと廃業は結構あると思いますよ。潰れたんだか、医師が引退したのか解りにくいですが。地域の中核病院の場合を除けば、公的資金による支援はありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報