最新閲覧日:

都内で10前に治療院を開設しました。

以前、関西地方で鍼灸接骨院を14年間経営しておりましたが、健康保険を使った治療はいろいろと問題があり、患者さんにも多大なご迷惑をおかけすることになりました。
保健を使っているというだけで、まるで犯罪者扱いされることもあり、そのほかにもさまざまな事情が絡んで、結局、閉院し、店舗は他人に譲渡いたしました。

そして、この度、なじみのあった東京で、保健を使わない治療院(リラクゼーション、はりきゅう、ストレッチ、リハビリなど)を開設した次第です。

駅から1分以内で1階のテナントにこだわり、比較的良好な立地で開業しました。
立地環境は、高級住宅街があるかと思えば、道の反対側には学生や労働者、生活保護の方がたくさん住んでいるという、いわば玉石混交のような街です。
人通り、車の通りも多く、目の前にはみずほ銀行とセブンイレブンがあります。交通の便も良いです。

ところが、開業して数日は、様子見の方でしょうか、数人は来院してくださいましたが、それ以降、まったく誰からも相手にされていません。

当院は、保健を使わないため、施術料は最低でも3000円、いろいろな治療を組み合わせれば、10000円近くになることもあります。
しかし、ごく相場に近いものであって、とくに暴利をむさぼるつもりもありません。

保健を使わず、公明正大に、自分のやれることを力一杯やりたい。
そういう理想に燃えて始めた事業でしたが、
あまりにも誰からも相手にされないため、かなり自信を失っています。

開業10日で何がわかるのか、とのご指摘もあるでしょう。
しかし今後、ひと月ふた月とするうちに患者の足がこちらに向いてくるというような気配・手ごたえが、まったく感じられないのです。

私の治療技術は、特別にどうこう言えるほどのものではありませんが、14年間鍼灸接骨院をしてきた感覚としては、決して悪くはないものと自負しています。
多くの支持者(まるで信者のような)も獲得いたしました。地域医療にもそれなりに貢献できたのではないかと思っています。

今は、近所へのチラシのポスティングはもちろん、毎日、毎朝、毎晩、街頭に立ってチラシを配布しております。
日曜日も休まず、夜も10時、11時まで粘って店を開けております。
それでも、一向に客足は伸びません。

私には、1年以内にある女性と結婚しようという約束があります。その女性には5歳の連れ子があるのですが、その子ともども引き取り、3人で(可能ならば私との間にも子供をもうけて)幸せに暮らそうという夢があります。
そしてそれを必ず実現したいという決心と覚悟で、東京に帰ってきました。
それがこのていたらくです。

開業して、当初は誰からも相手にされないということは、もちろん想定していましたし、そういうものだと思います。
ただ、患者さんが来ない間に、自分が何をすればいいのか、皆目見当がつかないのです。
チラシをくばる? 治療の勉強をする? それとも街頭に立って当院の宣伝を声高に叫ぶ?

この先、見通しが立たないことの不安と、孤独、そして無為な時間を延々と過ごしていることが、精神的に耐えられないのです。

いったい私は、何をどうすればよいのでしょう。
店の外観、自分自身の外見、掃除、サービス、考えられることは、可能な限り手を尽くしているつもりです。

回答者の皆様の中には、マッサージ店や鍼灸院などを経営されている方もいらっしゃると思います。また、それ以外の業種につきましても、開業当初は、並々ならぬご苦労をされていると思います。

この、不安と孤独に悩む私に、何をどうすればよいのか、私にできることは何なのか、皆様はどうやってこの苦境を乗り越えてこられたのか、教えていただければ、幸甚に存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

No,5です。


他の方へのお礼も全て読ませて頂きました。

一つお聞きしたいのですが「90分首だけして欲しい」OLさんには、どのように対応されたのですか?

あなたが具体的回答を求めてるのは重々分かってます。
そんなの分かれば、神様ですよ・・・。
私もあなたと同じく、日々その具体的回答を追及しています。


私は敢えて皆さんと逆の事を言います、その治療家のプライドは捨てないで下さい。
客が来ないのは、あなたの人間性に問題がある訳ではありません。
ただ、初期の戦略を知らない素人だったからだと思います。

街頭で叫びたくなるほど精神的に滅入る気持ちも分かります。
それも原因は、あなたの人間性に関係ありません。
ただ客が10日間こないだけだからでしょう。
あなたには整骨院を長年やってこられたのですから・・・。

そのプライドを持った上で他の戦略を考えるべきだと思います。
ですから、無料提供は辞めて下さい。(せめて割引です)
無料で来るような客は相手にしないこと。
辛い今こそ、プライドを持って取り組んでください。
そんな事しなくとも、他に開ける道はあるはずです。

他のマッサージ店へ行けば、まゆつばうんぬん科学的根拠無し・・治療家として同調出来ない。
そんなこと言ってられないかもしれないが・・。
ここにヒントはありませんか?
「医療人による、科学的根拠にのっとった、リラクゼーション屋」って書いて貼り出せば?

整骨院で取れなかった肩こり、腰痛なら改善しないならお金いただきませんとか・・・
(これは単に無料とは異なると思います。)

ターゲットが働き盛りのOL、サラリーマンと決まったようですね。
そうなれば戦略も練りやすいと思います。
具体的なことは分かりません。
私が言いたかったのはターゲットを絞れということ。
何をするかをハッキリさせることですかね。
    • good
    • 5

一体、開業にいくら使ったの、、、借金が増える前に、、、撤退、、、を考えるべきかもね、、、と思います。



何処かで、雇われていればよかったのに、、、才能、才覚が無い人は、開業には向かないのでは、、、。
    • good
    • 4

あれ????


こない皆はんから有意義な書き込みあるのに、黙りでっか…
後これは言っとかんとあかんと思ったんで…

あんさんの店舗、あんさん以外のスタッフ居るんでっか?
仮に居たとして…
なんで「地域住民の為のボランチ」せんのでっか?

判りましたわ!余り突っ込むん…許したるわ!
せやけど…
あんさんの師匠、この状況を何んも言わんのでっか?
普通、師匠が「黙っとられん!」と、五月蝿いチャチャ入れて来るはず何でっけど…
師匠は何と言ってるんでっか?

この回答への補足

いやいや、だんまりを決め込んでいたわけではありませんよ。
皆さんのご意見をうかがって、いろいろと考えていただけです。

三度ものご回答ありがとうございます。

あなた様のご指摘の通り、また、他にも何名か同じことをおっしゃってましたが、
無料キャンペーンというのを試してみようかと思っています。

タダより安いものはないので、キャンペーン期間中だけでも、いろんな層の人が来てくれることは想像できます。
確かにそれが一番の宣伝になると思います。

立地条件が悪いわけではないので、大きく「無料お試し」とか貼りだせば、目立つことは間違いないです。
医療系であっても、プレオープンとかしますから。

自分の治療に特別な自信があるわけではありませんが、少なくとも悪くはないはずだと自負していますので、
何割かの方には、気に入っていただけるものと期待しています。

他の方の回答にも補足しましたが、当初は、私は、高級住宅街の中高年女性をターゲットにして、そちら向きの内装やサービス(高級感のあるソファー、テーブル、雑誌、音楽、月並みですがハーブティを進呈するなど)を設定していました。

ところが、いざ蓋を開けてみると、来院するのは、仕事帰りのサラリーマンばかり。
しかも、藁をもつかむ思いで、疲れ切った体をかかえて来院するといった感じ。

首だけを90分マッサージしてほしい、他は触らなくていい、という方もいらっしゃいました。
保険診療の接骨院では到底追いつかないのだとか。

そういったわけで、私も、疲れきったサラリーマンにシフトをチェンジして、彼らの健康増進に一役買おうではないか、という気持ちになっているところです。

やってみなければ分からない、というか、
必ずしも自分の狙ったターゲットどおりには行かない、ということを痛感しています。

まあ、これは希望的な考えですが、
当初はサラリーマンからスタートして、やがて口コミその他で高級住宅街の中高年女性にも評判が伝わればよいかな? と、勝手な期待をよせています。

まだ開院10日と少しです。いろいろと試行錯誤していきます。

熱い!ご回答、本当にありがとうございました。

それに恥じぬよう、がんばります。

補足日時:2014/07/03 19:10
    • good
    • 1

 買い手にとって、新しい銘柄のビールが新発売になったのと、新作の映画が封切りになったのと、どう違うと思いますか?



 新銘柄のビールは試しに飲んでみて、自分で味やのど越しが確かめられます。気に入れば、愛飲すればいいわけです。ですが、新作映画はその善し悪しが事前に分からず、観に行ったらそれでお仕舞いです。お金を払って結果が出てから、良かったかどうか分かるんです。ダメだったと思っても、お金は戻りません。

 治療院を新しく開いても、その善し悪しは誰にも分りません。大枚をはたいて治療を受け続け、かなり経った頃にしか結果が出ず、その時点で善し悪しが判明するわけで、あなたの治療院を選ぶときには善し悪しは分かりません。患者さんは、あなたの治療院は他の治療院と比べる判断材料が何もないので、選べないわけです。

 一部の回答にあったように、最初のうちは思い切って無料か超低料金で多くの患者さんに試してもらい、リピーターが増えて名声も定着するまでは知名度を上げるのに全力を注ぐべきです。

 テッシュペーパなどを配って無差別に宣伝しても反応があるのはよくても3%で、そのうち実際に患者として来院するのは数10分の1以下です。1千件のうち1件が当たっても上出来…そんなものですよ。

この回答への補足

そうですね。

一度試してみる価値はありそうですね。

治療技術に特別な自信があるわけではありませんが、すくなくとも悪くはないと自負しているので、
気に入ってくださる方も何割かはあるはず。

だから、、、
うん。そうですね。
試してみようかな。

やはり、タダより安いものはないですし、
いろんな層の人が訪れてくれるし、
宣伝としては、これ以上のものはないかもしれませんね。

一度試してみましょう。

ありがとうございます。ほんとうに。

あ、
他にも何かアドバイスがありましたらお願いいたします。厚かましいようですが。。。

補足日時:2014/07/03 18:25
    • good
    • 1

 金持ちは歩かないと思いますよ。


 だから、駅から遠くても、クルマが停められる所に行くのではないかと。
 あとはエステとかに行くと思いますし、そもそも、そんなに身体を使ってないと思いますし。。

 ショッピングモールの治療院とかだと人気ですね。

 六本木くらいの立地になれば、金持ちが歩いてるでしょうが(それでも、駅近に1時間3000円のマッサージや「てもみん」があります)、普通の駅だったら、学生かサラリーマンくらいでは。

 サラリーマンはどちらかといえば女性(おばちゃんでも)が好きですから、女性の施術師がいた方が入りやすいかと。

 -------
 あとは、工場街とか、肉体労働者が多い所だと、本格的な治療の需要があるかもです(1日で治して仕事しないといけないので)。そういう所にビラを配るとか。

この回答への補足

そうなんですよ。

自分としてはお金持ちの60~70代の女性をターゲットにしていたつもりなのですが、
あにはからんや、来院するのは、ほとんどが仕事帰りのサラリーマン。

パソコンに一日中向かっているOLさんは、90分間首だけ治療してほしい、他は触らなくてけっこう、とおっしゃいます。
眼精疲労、ストレス、老眼、さまざまな事情をかかえたホワイトカラーの労働者に需要があるようです。

そのため、開院時間(今は朝から深夜まで開けてます)の終了間際、すなわち夜8時以降10時くらいまでに来院される方が比較的多いように思います。

かならずしも、狙い通りのターゲットとはならないようですね。

ですから、今後は、そういった方々に合ったサービス、時間帯を考えていきたいと思っています。

ご指摘、ありがとうございました。

補足日時:2014/07/03 18:20
    • good
    • 0

私は「モノは売りよう」だと思っています。



実際、商品が悪くても、味だけで化学調味料だらけの店でも、売り方によってだけで稼げている部分はとても大きいと思います。
この際、広告代理店に頼るのが一番では無いですか?
業種によって、欲しい売り上げの何パーセントを広告宣伝にかけるか?、またその媒体は何であるべきか?そういう事をプロに頼るべきだと思います。

本当は開業当初にかける諸費はそこそこにして、営みながら完成させるべきだったと思います。

チラシの作成・配布、サイトの作成は恐らく、意味が無いと思います(現時点では)
勧められるのは、フリーペーパー、車内広告、看板、のぼりなどの「動かないもの」からのスタートだと思います。

看板、のぼりは新設なので変更の余地なしとして、
他(フリーペーパーなど)でどんなに安くても、200万位はかかると思います。
一回だけ載せてもだめです。最低半年。長い方が割安ですから・・・

まずは、駅で一番早く無くなっているフリーペーパーを探すこと。
Webでない媒体を得意とする広告代理店をさがすことではないでしょうか?

頑張って下さい!
    • good
    • 1

あきれているのですけど。



>店の外観、自分自身の外見、掃除、サービス、考えられることは、可能な限り手を尽くしているつもりです。

この程度が考えられること、可能な限り手を尽くすことなのですか。

一切顧客に目が向いていませんね。
だとしたら顧客からこちらに目が向かないのも当然です。

>チラシをくばる? 治療の勉強をする? それとも街頭に立って当院の宣伝を声高に叫ぶ?

一人ひとりにたいし呼びかける行動はないのですね。自分の自己満足行動だけですね。
だったら誰も立ち止まりません。

>駅から1分以内で1階のテナントにこだわり、比較的良好な立地で開業しました。
>立地環境は、高級住宅街があるかと思えば、道の反対側には学生や労働者、生活保護の方がたくさん住んでいるという、いわば玉石混交のような街です。
>人通り、車の通りも多く、目の前にはみずほ銀行とセブンイレブンがあります。交通の便も良いです。

自分の居場所、だけを言っていますね。
人が住んでいるところに玉石混交、という失礼な言い方はどういう発想から来ますか。
何が玉で何が石なんですか。
石だと思われてまで来院する人がいると思いますか。

ごく普通の商売の常識をスポンとどこかに忘れています。

商売というのは何よりもお客様と向き合うところから始まります。

駅の前にたって通行人を観察するだけでもいろいろなことがわかります。
この年代の人が何人、この年代の人が何人通った、とか。
足を引きずっている人に何人出会ったか、反り返って歩いている人が何人いたか、とか。
妊娠中が何人いたか、とか、松葉づえが何人いたか、とか。
車椅子が何台通ったとか。
これをメモするだけで、重要なことがわかってきます。
潜在需要がわかってきます。キャンペーンをしたらいい症状が見えてきます。

また、間違ってきたかどうかはともかく、一度こられた方は重要な方ですが、その人の住所もなにも取っていないのですか。
保持していたらおすすめのハガキなんか出せますけど。
そもそも診察券だとか会員カードの類は発行しているのでしょうか。
発行する以上はデータをキープし、活用できるようにしているのでしょうか。
カルテは作っていますか。
これは基本ですよ。
パソコンの時代より前から、お得意様、常連はいたのです。50年前の治療院は何をしていたと考えますか。

こういう、基本の中の基本の発想が浮かばないなら、どこかの雇われ治療師になったほうが生活は無事です。
    • good
    • 4

あんさん、何言っとるんでっか?


そのお店は誰が経営しとるんでっか?
あんさんは雇われ店主なんでっか?
どうしても「わての状況は予想外でんねん」を主張したい見たいでんな。
ちゃいまっせ!あんさんの決め事がその地域に合って無いだけでっせ!
背に腹は変えれん状況なんでっしゃろ。
何で「無料サービス」を考えて無いんでっか?
わての知り合い「プレオープン」っちゅうお題目で、3日間タダでしてましたで!
そのお方曰く「あんま•マッサージの類は、気に入って貰わんと儲からへんねん。その為に、騙してでも気に入って貰わんと、ママの食い上げですわ。」と、言ってましたで!
あんさんの指は「ゴールドフィンガ~」かも知れまへんけど…
使わんかったらタダの「指」
そろそろ鼻っ頭収めて「初心に戻る」が必要じゃ無いでっか!
人の意見聞けるだけ「経営者じゃ無い」を早よ判らんと!
    • good
    • 7

対象は金持ちなのか普通の人なのかどっちなのでしょう?


どっちかターゲットを絞らねばならんでしょう。
どっちもってのは無理だと思います。

価格を下げるとターゲットは普通の人となるでしょう。
しかし、単価は減るから当然数をこなす必要があります。
価格勝負ですね。
だけど治療院に通う人って大概はそれなりに余裕のある人じゃないでしょか?
食うのに困るような人がいくら安くても治療院にお金を落とすとは思えないです。
自分だって3000円は非常に貴重な金額です。

高所得者相手なら高い単価が取れますが、それ相応のサービスで差別化を図る必要があるでしょう。

とにかくターゲットを絞らんと手も打ちようが無いのでは?

中途半端が一番悪いですよ。
目立たないから…ターゲットを絞ってそのターゲットがどうすれば満足するかを考える事だと思います。

良くバラエティで歌を歌うとか妙な格好の店主が出てきますがあれは一種の差別化なのです。
単に遊んでるわけでもないのです。
個人店は店主の個性に惹かれて通うって客がいることが結構多いですから…強烈な個性は客を選ぶけどまた惹かれる人がいるのも事実です。

この回答への補足

ターゲットは高級住宅街に住む中高年の女性です。

そういう設定で、内装も、可能な限りではありますが、高級感を出すようにしました。
月並みかもしれませんが、ハーブティーのサービスなども添えました。

ところが、いざ蓋を開けてみると、
来院するのはほとんどが仕事帰りのサラリーマン。
一日中パソコンと向きあったり、出張で日本中を駆け回っている人など。

その疲労度は半端ではなく、接骨院などの保険診療ではとても間に合わないレベルのものです。
彼ら彼女らは、藁をもつかむ思いで治療に来るといった感じです。

狙ったターゲットどおりにはいかないものだと知りました。

だから今後は、疲れ切ったサラリーマンを対象に、診療時間とか、サービス内容、その他もろもろを考えていくべきなのではないか、と思っています。

ありがとうございました。

補足日時:2014/07/03 18:36
    • good
    • 1

最初は笑って見てました。


が、途中から胸が苦しくなりました・・・。
私には、それを乗り越える自身はありませんが、一応アドバイスをさせていただきます。

整骨院で客をつかんでいても、整骨院に来る客です。
あなたの腕が良いのはあったかも知れませんが、所詮安いから来るのだと思います。
それでも競争が激しい中それなりにやっていたのは素晴らしいとは思います。

あなたの戦略は何だったのでしょう?
何をしたかったのでしょう?
今の所と整骨院の違いは何ですか?
ハッキリしてるのは実費治療で整骨院と同じ事をしようとしてるなら勝ち目は無いと思います。

あなたの強みは何ですか?
整骨院では無くて、あなたのところへ行けばどんなメリットがあるのですか?

立地条件や結婚を控えてる状況は文章から分かります。
でも誰に何をしたかったのでしょう?
それが見えてきません。

家賃も相当高いと思います。
まだ10日です。
我慢してればポツポツ増える可能性もあると思います。
でも撤退する勇気も、必要かもしれません。

この回答への補足

う~ん、痛いところを突いてきますね。

そうなんですよ。接骨院時代の癖がどうしても抜けません。
まだ治療家やってるんです。
サービス業になってないんですよ。
わからないんです。サービス業が。

だから、いろんなマッサージ屋さんに行って研究したりしていますが、
彼らの言っていることは、治療家の私にすれば、
うそ、でたらめ、口から出まかせ、眉つば、流行追いすぎ、科学的根拠なし、
といった具合で、それと同調するのはなかなか苦しいものがあります。
そんなこと言ってられないのかもしれませんが。

ただ、彼らとの差別化を図る意味で、
医療人による、科学的根拠にのっとった、マッサージ屋さんがあってもいいのではないか、
とも考えています。

まだ試行錯誤です。

ありがとうございました。

補足日時:2014/07/03 18:40
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ただ、開業10日で撤退は考えられません。
そうならないためには、どうすればよいか、なにをするべきか、というのが質問の主旨です。

でも、いろいろと参考になりました。

本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/03 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報