AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

に「狩り」という曲がありますが、題名だけでどのように区別されていますか?

A 回答 (3件)

 No.2です。

すみません、S.141のフランス語のタイトルが間違えていましたね。
 正しくは下記です。


超絶技巧練習曲 S.139
Études d'exécution transcendante, S.139
第8曲 ハ短調「荒野の狩」(Wilde Jagd)


パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 (1838-39年)
Etudes d'exécution transcendante d'après Paganini, S.140
第5曲 ホ長調「狩り」 (La chasse)

またはS.140を改訂した
パガニーニによる大練習曲 S.141 (1851年)
Grandes études de Paganini, S.141
第5曲 ホ長調「狩り」 (La chasse)


原題では、「超絶技巧練習曲」と「パガニーニ練習曲」とでタイトルが異なります。
いずれも「狩り」というタイトルだけで呼ばれることはないでしょう。
きちんと「リスト作曲 超絶技巧練習曲 S.139(サール番号139番)から 第8曲『荒野の狩』」とか「リスト作曲 パガニーニによる大練習曲 S.141(サール番号141番)から 第5曲『狩』」のように呼ばれると思います。
    • good
    • 0

超絶技巧練習曲 S.139


Études d'exécution transcendante, S.139
第8曲 ハ短調「荒野の狩」(Wilde Jagd)


パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 (1838-39年)
Etudes d'exécution transcendante d'après Paganini S.140
第5曲 ホ長調 「狩り」 (La chasse)

またはS.140を改訂した
パガニーニによる大練習曲 S.141 (1851年)
Études d'exécution transcendante d'après Paganini, S.140
第5曲 ホ長調 「狩り」 (La chasse)


原題では、「超絶技巧練習曲」と「パガニーニ練習曲」とでタイトルが異なります。
いずれも「狩り」というタイトルだけで呼ばれることはないでしょう。
きちんと「リスト作曲 超絶技巧練習曲 S.139(サール番号139番)から 第8曲 『荒野の狩』」のように呼ばれると思います。
 
    • good
    • 0

 八番ハ短調でしょうか。

(Transcendental Étude No. 8 in C minor "Wilde Jagd")
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショパン - エチュード10-4 は難易度の高い曲ですか?

ショパンの「エチュード10-4」をMP3プレーヤーでよく聞いています。
いつも聞きながら、「指の筋肉が鍛えられそうだな」とかピアノの上手い人が練習曲として弾くのに良さそうだな、なんて思っていました。

※私はピース楽譜でBレベルの曲しか弾けないので初心者です。

私の予想では、「エチュード10-4」はピースでCレベルくらいだと考えていたのですが、インターネットで調べてみるとFレベルで、かなりの上級者向けの曲だと分かりました。

耳で聞く分には、「速さが命の曲」という印象で、曲の旋律自体はそれほど複雑に感じませんでした。(前述したように指の筋肉がついていないと弾けない曲だと思いましたが)

実際、弾いた事のある方がいたら、曲の難しさの印象を教えて下さい。

自分が弾きたいわけではなく(私のレベルでは弾けません)、興味心の質問です。

http://www.youtube.com/watch?v=rXAbtsy_lgk&feature=related

Aベストアンサー

こんにちは。

ショパンエチュード10-4ですか(笑)←なぜ(笑)かと言うと、今さっき10-12を弾いてたのでタイムリーなご質問だなと思いまして(^^;)
全般的にショパンエチュードは 楽譜自体複雑ではないですよね。
なので聴いた感じ速さだけが際立ち さほど『大曲』というイメージを持たないというのは分かります。


難しさはその『速さ』なんですね。指定のテンポを考えずにゆっくり弾けば F難度がC~D難度くらいになるでしょうかね~。でもテンポを出して(速く)弾くのに難しい音型をショパンさんも考えている訳で…『そうは簡単にテンポ出して弾かせないぞ』みたいな?感じ

質問者さまもピアノを弾かれるのであれば テンポを速く弾く難しさってある程度お分かりになると思いますが F難度くらいになると指定のテンポで弾くのは 想像以上に難しいんです。
もちろん右手だけでなく 左手にも同じような音型がありますから 右手と全く同じテクニックを持って弾かなければならない。

それと 10度が頻発に出てきますので 手の小さい人には多少ハンディがあるかな…とか。

それに加え エチュードと言っても 非常に芸術性が高いものですので 深い表現力も必要になります。


ショパンエチュードに限らず ピアノ曲(だけではないと思いますが 私はピアノしか演奏しないので)は聴いた感じより 本当はかなり難しいものが多いと思います。
よく音楽関係のカテゴリで 『私は今~をやっています。~を(例えばカンパネラとか)弾きたいのですが弾けるでしょうか?』というご質問をみかけますが それも多分 聴いた感じが簡単そうに聴こえるからなんでしょうね。


私は『エリーゼのために』でさえ パーフェクトなタッチ・ペダリング・解釈・表現力 全て完璧に弾くのはなかなか難しいなぁ…と思ったりしますね。
ピアノは(いやいや 音楽は)奥が深いんです。

こんにちは。

ショパンエチュード10-4ですか(笑)←なぜ(笑)かと言うと、今さっき10-12を弾いてたのでタイムリーなご質問だなと思いまして(^^;)
全般的にショパンエチュードは 楽譜自体複雑ではないですよね。
なので聴いた感じ速さだけが際立ち さほど『大曲』というイメージを持たないというのは分かります。


難しさはその『速さ』なんですね。指定のテンポを考えずにゆっくり弾けば F難度がC~D難度くらいになるでしょうかね~。でもテンポを出して(速く)弾くのに難しい音型をショパンさんも考えている...続きを読む

Q「ピアノに向かない手」

「ピアノに向かない手」

私が子供の頃、ピアノを長い間習っていた先生と先日久しぶりに
お会いしました。

その際、先生から、
「今だから言えるけど○○ちゃん(私)は、ピアノに向かない手だなあ
って思ってたのよ」
と、笑いながら言われました。

ショックでしたが、もう私も大人なので、そこは笑って流しました。
そこで、質問なのですが

1、ピアノにむかない手というのはあると思いますか。あるとしたら
どんな手でしょうか。

2.ピアノがうまい人の最大の要因は何でしょうか。
(手の形?指が器用に動く事?それとも才能??)

3.ピアノを一生懸命練習しても上達できない人って、(手の形なども
含めて)才能がないのだと思いますか?

Aベストアンサー

1、ピアノに向かない手
・指が短い
・指が曲がっている
・指が細い
・手が小さい
・指が開かない
等があります。プロになっても手が小さいや指が曲がっているなど、身体的な特徴に不満を持っている方がいます。
女性の場合特に1オクターブぎりぎりもしくは届かないだとベートーヴェンなどのピアノソナタの一部に支障が生じるため、選曲の自由にやや不自由な箇所が生じてしまいます。

2、ピアノがうまい人
やはり初心者の方がピアノを聞いた時、難しい曲の方が弾ける方がすごい人だと思います。
よって複雑な曲を素早く弾ける人が初心者や一般人が考えるうまい人なんだとおもいます。
玄人の場合いかに表現するかが焦点になることが多く、深い悲しみや愛といった感情を上手に表現出来る方がうまいと思います。
よって1オクターブ以上届く手、1オクターブの間ならどの鍵盤でも押せる操作性は貴重だと思います。
そして指が早く動けばそれだけテンポを上げることが出来るので運動性を感じることができます。

そして才能というものは難しいところですが、子供のうちから音楽に触れることが許された人間にはそれだけ時間の猶予が与えられているので、育った環境というものは無視出来ません。
音楽を好きになった人間はそれだけ多くの脳細胞を音楽のために捧げるので、無理やりやった人間と楽しんでやった人間では上達に差が生まれます。

3、うまくなれない人
1オクターブ届かなければ、ベートーヴェンのピアノソナタなどを弾く際どうしても弾けない箇所が出てしまいます。これが嫌というのであれば手の形、大きさによって制約が生まれます。
小指や薬指が自由に動かせなければ、ベートーヴェンピアノソナタ32番2楽章の後半に出てくるトリルは出来ないでしょう。これも制約としか言えません。
しかし結局のところ上達というものは必ずしています。
ただあなたが目先の音符しか見ていないから上達を感じることが出来ないのでしょう。

あなたの技術がどの程度かは知りませんが、今バイエルを弾いたらどうでしょうか?ソナチネは?ソナタは?
気がつかないだけで、あなたは相当上達したはずです。今譜面を見ても余裕で弾けるとおもいます。昔初めてソナタやエチュードを見たときに感じた難しさを感じることはないと思います。

結論
手の形によって完璧に弾けない譜面は存在します。
指が早く動かなければ、ショパンのエチュードやリストなどの曲をピアニストのようには弾けません。
しかしハノンやチェルニー等で努力することは可能ですし、表現性については自分の人生経験、本などによる勉強、他者の演奏を聴く等の行為によりよりレベルが上がります。
時代の流行りも少なからずあります。あなたの感性が受け入れられないのかも知れません。
人によってとらえ方が変わるのであなたと先生の間では価値観が違い、受け入れられないのかも知れません。

音楽は未知数ですので、一言にうまい、下手とは言えません。
しかしあくまでも譜面に書かれているように演奏することは可能ですので、いかに正確に譜面を弾けるか、は簡単に評価することが出来ます。

1、ピアノに向かない手
・指が短い
・指が曲がっている
・指が細い
・手が小さい
・指が開かない
等があります。プロになっても手が小さいや指が曲がっているなど、身体的な特徴に不満を持っている方がいます。
女性の場合特に1オクターブぎりぎりもしくは届かないだとベートーヴェンなどのピアノソナタの一部に支障が生じるため、選曲の自由にやや不自由な箇所が生じてしまいます。

2、ピアノがうまい人
やはり初心者の方がピアノを聞いた時、難しい曲の方が弾ける方がすごい人だと思います。
よって複雑な曲...続きを読む

Qリスト『超絶技巧練習曲』

リスト『超絶技巧練習曲』を生きてるうちに全曲弾けるようになりたいと無謀な計画を実行中です。
とりあえず弾きやすそうだと思ったものから手を付け始め、1・2・3・9番は弾けるようになったつもりです。
でも次に手を付けやすいのはどれなのか、よくわかりません。
どの曲も難易度はあると思いますが、どのような順番で練習すればいいと思いますか?アドバイスをお願いします。
4番と10番が好きだけどイキナリ手を付けるのは無謀すぎるのかなと思ってしまいます。

Aベストアンサー

こんばんは。
難しい曲にチャレンジしてらっしゃるのですね。

あとはほとんどが手に付けにくい曲かと思いますが、
アマチュア演奏でも聴いたことがあるのは、11番の夕べの調べです。鬼火や10番も音大出身者などによく弾かれています。
私は8番と12番を弾いたことがあります。とても難しくて自分の手に負える曲ではありませんでしたが、自分がどうしても弾きたい曲だったのでチャレンジしました。
個人的には10番あたりが練習曲としては良いのではないかと思います。
どうぞ是非頑張って下さい!

Qショパンエチュードは何番から弾けばいいですか?

ショパンエチュードを弾きたいのですが
どの順番に弾くべきでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

自分の演奏技量と相談しながら弾きたい曲、苦手なテクニックの含まれている曲を弾いていけばいいのではないでしょうか。
ショパンのエチュードを弾けるレベルなら曲の難易度は楽譜をみたりちょっ弾いたりするだけで分かると思いますので自分でランクづけして順番にひくのもいいと思います。


私のお勧めですが良かったら参考にしてください。
ショパンのエチュード集を買ったらまずはop.10、op.25に挑戦する前に3つの新しい練習曲を練習するといいと思います。
3曲とも簡単なのでしっかり仕上げると後々の自信になりますし。
それが終わったらop.10-6,9、op.25-1,2,9あたりが割と簡単な部類なのでここら辺から挑戦します。
つぎは有名どころ「別れの曲」「革命」「黒鍵」は中間レベルなので10曲前後弾けるようになってから弾くといいと思います。
残り数曲になったら「木枯らし」が弾けると思います。
「木枯らし」はテクニック的にも表現的にも難曲ですので最後の目標にとっておくといいでしょう。


エチュードの難易度で参考になりそうなサイトを紹介しておきます。
http://wagamamamoru.ciao.jp/echo/diffi002.html
http://www10.plala.or.jp/frederic3/work/etude.html

自分の演奏技量と相談しながら弾きたい曲、苦手なテクニックの含まれている曲を弾いていけばいいのではないでしょうか。
ショパンのエチュードを弾けるレベルなら曲の難易度は楽譜をみたりちょっ弾いたりするだけで分かると思いますので自分でランクづけして順番にひくのもいいと思います。


私のお勧めですが良かったら参考にしてください。
ショパンのエチュード集を買ったらまずはop.10、op.25に挑戦する前に3つの新しい練習曲を練習するといいと思います。
3曲とも簡単なのでしっかり仕上げると後々の...続きを読む

Qショパン・エチュード 作品10の2の攻略法

この曲を練習中、あるいはかつて弾かれた方のアドバイスをいただければ幸いです。

もともと右手を酷使する曲としてすでに有名な10-2ですが、毎回中間部分を弾き終える頃に右腕の外側部分が痛くなり、345指がうまく動かせなくなります。テンポ110くらいなら問題ありませんが120を超えるテンポで弾くと最後まで弾けなくなります。以下諸点からアドバイスをいただければ幸いです。

1) 右手は立てる形で弾くのと寝かせる形で弾くのとどちらがよいか
2) 手(指)は鍵盤とおよそ平行になる形を維持するのがいいか、あるいは右側に少し開き気味に置きながら演奏するのがよいか
3) タッチ

他のエチュードも同時にやっていて、10-7, 25-8, 25-11等は難しいながらもまずは無難に弾けますので脱力はある程度できていると思います。10-2は指定の144位で弾くと弾き終えても数分間は右手が麻痺したくらいに痛くなります。。。アドバイスいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは。

お礼有難うございました。プリントして譜面台の上に置くのですか? 責任重大ですね。効果がなかったらどうしましょう(笑)。

ほかの3曲について、遅めのテンポで丁寧に弾いていらっしゃるとのこと、大変良い姿勢だと思います。その3曲の中では、Op.10-7が、10-2の予備練習として効果があります。その曲も、たとえもう指定速度に近い速さで弾けるとしても、先の回答でお話ししたような方法で、ごくゆっくり練習することを繰り返してください。指の上げ下げの持久力がつきます。

Op.10-2の中間部で疲れるのは、必ずしも間違った弾き方をしているからとは限りません。その可能性もないとはいえないのですが、そもそも中間部の音型そのものが過酷な力を要求しています。A-B-Aの三つの部分のうちのAは、半音階が長く上行し、また下行するので、指を使う順番がある程度一定しているので弾きやすいのです。ところが、Bの部分では、同じ音域で細かく行ったり来たりするため、それだけでも疲れやすくなります。Aの部分にはそういう小節はほとんどありませんね。さらに、Bの部分に入った途端、2拍目の和音の最高音が黒鍵なので、指をより高く上げなければなりません。しかも、その前に使った指の上を越えなければなりません。さらに、20、22小節の3拍目ではオクターブをつかまなければならないので、そのあとの4の指を上げるのに力を奪われます。手を広げる幅も、ひっきりなしに変わります。それが6小節反復されるのが、何とも過酷です。ここで要求されるのは、打鍵の力よりも、指を持ち上げる力と、持ち上がりやすいやわらかい指です。これが足りないと、上がりにくくなってきた指を持ち上げるためにより多く力を入れざるを得なくなり、その結果、無意識的に手首にまで力を入れてしまいやすくなるので、その結果、脱力した体勢を失い、間違った弾き方になってしまいます。ですから、No.1で、手首の力を抜いて指の付け根から動かす練習について書いたとき、打鍵のことだけしか言いませんでしたが、指を上げる運動も意識してください。一つの音を抑えている間、次に使う指を高めに上げてみます。16分音符=50以下だと、指を上げている時間、滞空時間が長くなるので、力が付きます。

私は、若いころ、この曲を何とかマスターしたくて、毎日かなりの時間練習しましたが、その時は結局、速いテンポで弾けるようにはなりませんでした。昔から行われている、リズムを付点に変えるなどのヴァリエーションや、すべての音をスタッカートで弾くというようなオーソドックスな練習も随分やりました。コルトー版に出ている練習方法も使いました。しかし決定的な効果はなく、結局、正しい座り方や姿勢を理解し、手首から肩にかけての腕全体の脱力がどういうことかを体得して初めて、先へ進むことができました。これを理解するには時間がかかりますので、無理せず、気長にやってください。もしその結果、弾くのが楽になってきたと感じられたら、下の動画のような練習をされるとよいでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=F8zaSaNqFMI

なお、今の私の奏法のヒントになったのは、リーバーマンの「現代ピアノ演奏テクニック」(現在古書のみ)と、ジョルジ・シャンドールの「シャンドール ピアノ教本」です。こういう書物に書かれていることも、結局言葉では理解できているつもりでも、いざ弾くとなると具体的にどういうことなのかわからなくなることがあるので、積極的にお勧めすることはできませんが、参考のため御紹介しておきます。

お役にたてたことを願いつつ。

こんばんは。

お礼有難うございました。プリントして譜面台の上に置くのですか? 責任重大ですね。効果がなかったらどうしましょう(笑)。

ほかの3曲について、遅めのテンポで丁寧に弾いていらっしゃるとのこと、大変良い姿勢だと思います。その3曲の中では、Op.10-7が、10-2の予備練習として効果があります。その曲も、たとえもう指定速度に近い速さで弾けるとしても、先の回答でお話ししたような方法で、ごくゆっくり練習することを繰り返してください。指の上げ下げの持久力がつきます。

Op.10-2の中間部...続きを読む

Qピアノ曲で一番演奏の難しい曲

お金を払っピアノをきいてくださる大勢のお客様がいたとします。
ピアノ曲で一番演奏の難しい曲はなんでしょう?
いろいろあるとおもいますが。
私は、
1)モーツアルトの「トルコ行進曲」
2)シューマンのトロイメライ
3)ショパンのソナタ「葬送」
かな、とおもっています。
りゆうは、「うで」すぐばれてしまうからです。

Aベストアンサー

こんにちは。
全音ピアノピースの一覧をのぞいてみたところ
A(初級)B(初級上)C(中級)D(中級上)E(上級)F(上級上)
で最高Fランクに属する曲は
ショパン 「黒鍵」「木枯らし」「革命」のエチュード
     「英雄」「幻想」ポロネーズ
ドビュッシー「水の反映」
リスト「タランテラ」「愛の夢第三番」「ハンガリー狂詩曲」

といったところです。
他にも圧倒的にこの三人の曲が多いです。
自分も優れたテクニックの持ち主だった作曲家ほど難しい曲を書くように思います。特にリストの曲は凄い指使いを要求し、相当なテクニックの持ち主でもため息が出るーと聞いています。

自分はこれでいうとDまで弾くのがやっとですね。(それもボロボロで・・・)
メンデルスゾーンの「ロンドカプリチオーソ」→Eランク が大好きでよく練習したのですが、結局うまく弾けず、とても悔しかったです。
有名なショパンの「小犬のワルツ」も難度はCですが、下手くそが引くとすぐに腕がばれると思います。

kouraさんのおっしゃる「トルコ行進曲」、自分の発表会時の録音ソノシートがありますが、(中学生の時のもの)今聞くと”穴があったら入りたい”状態になります(笑)

でもいったい、全音のピアノピースの難度は誰がどうやって決めているのか謎ですね。

こんにちは。
全音ピアノピースの一覧をのぞいてみたところ
A(初級)B(初級上)C(中級)D(中級上)E(上級)F(上級上)
で最高Fランクに属する曲は
ショパン 「黒鍵」「木枯らし」「革命」のエチュード
     「英雄」「幻想」ポロネーズ
ドビュッシー「水の反映」
リスト「タランテラ」「愛の夢第三番」「ハンガリー狂詩曲」

といったところです。
他にも圧倒的にこの三人の曲が多いです。
自分も優れたテクニックの持ち主だった作曲家ほど難しい曲を書くように思います。特にリス...続きを読む

Qシューマン

教育学部の音楽科に所属している学生です。
今度の試験でシューマンのノベレッテンの1番(op21-1)を弾くのですが、この曲の難易度はどの程度なのでしょうか…。難易度なんて一概に言えないのかもしれないのですが。また、弾く際のポイントなどあれば教えてください。

あと、シューマン作品を弾くおすすめのピアニストは誰ですか?
個人的にベートーベンならバックハウス、ショパンはダン・タイソンが素敵だと思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ノヴェレッテン1番は、シューマンの作品の中では難しくも易しくもない作品だと思います。
中級の上程度でしょうか。2番よりは易しいですよね。
ポイントは、Marcato e con forzaで尽きてしまうと思います。もちろん、Trioは主題と対比をつけて下さい。
Trioのメロディーラインが、右手による中声部の伴奏に消されないようにお願いします。
個人的な趣味としては、主題部のスラーの部分で、rubatoをかけています。が、邪道かもしれません。

Trioの2小節目で、3連符の3拍目と16分音符が重なっていますが、これはシューマン独自の表記法らしく、彼の作品では、このような表記がバラバラにある場合でもずらさず、3連符の3拍目と16分音符を同時に弾かなければならない、という学説があります。シューマン専攻の師匠が言っていたのだから、間違いない。
(例:「子供の情景」第1曲「異国から」の2・4小節目以降)

そういえば、ノヴェレッテン全曲収録のCDはなかなか見当たらない。
だから、ノヴェレッテン全体の難易度の比較は、プロでないとできないんですよね。
「シューマニアーナ VI」 伊藤恵 (ピアノ) FOCD3295/\2,913(税抜)
のほかには2枚以上あるかな? という感じですね。
http://kei-itoh.kir.jp/disc/schumann_06.html

評価は素人のサイトにいろいろあります。
「作曲家 演奏曲目 CD」などで検索すると、いくらでも出てきますから。
例えば、以下のURL。これでも、ほんの一部らしいです。

http://www.lcv.ne.jp/~pumpkin/classic5schu.htm
http://www3.alpha-net.ne.jp/users/sergiu/classic/Schumann/PFC02.html
http://member.nifty.ne.jp/nGuin/
http://homepage1.nifty.com/classicalcd/etcetera/200107.htm
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/rigaudon/sub4.htm

見た感じでは、アルヘリチ(アルゲリッチと表記されることが多いが、アルゼンチン出身なので、スペイン語表記のアルヘリチの方が私は好きです)の評価が高いですね。
ポリーニやグルダでも悪いということはないでしょう。要は、個人の好みの問題です。
もっとも、一流のピアニストの録音よりは、二流のピアニストの生演奏の方が私は好きですが。

ショパンの評価には異論あり。
ダン・タイ・ソンは80年のショパンコンクールの優勝者ですが、2位のシェヴァノーワの方が1位を受けるに値したという声もあります。私も賛同したい。
個人的には85年のコンクールでも、ブーニンよりも2位のラフォレの方が、よりショパンらしい演奏だったと感じます(あとでCDを聴いて思ったのですが)。
当時の日本の「ブーニン・フィーバー」がなぜ起きたのか、私には分からない。
いかにも古典派という演奏でロマン派を演奏することに、私は違和感を感じます。

80年のショパン・コンクールではポゴレリチの評価を巡って、1次予選で審査員の1人が帰国し、最終予選にポゴレリチが残らなかったことで審査員だったアルヘリチも抗議して審査員から抜けました。
だから、好みの問題なんですね。
ほかにアクの強い演奏家として、サンソン・フランソワがいます。好みが分かれるでしょうね。

ポリーニ(60年優勝)やアルヘリチ(65年優勝)は、異論が出ないところでしょうが。
個人的には、感情をむき出しにするアルヘリチの演奏が好きです。
2曲のピアノ協奏曲や、ピアノソナタ第2番のフィナーレに、それが表われます。
個人的好み、と言えばそれまでですが。
もっと時代を下ると、よりよい演奏家がいたんでしょうね。

なお、検索エンジンのディレクトリ(Yahoo! Japan、LYCOS)もご参考までに。
http://dir.yahoo.co.jp/entertainment/music/genres/classical/artists/composers/schumann_robert/
http://dir.lycos.co.jp/entertainment/music/classic/artist/composer/schumann/

もっとも、鈴木淳史『クラシック批評こてんぱん』(洋泉社新書)にかかれば、評価の胡散臭さがたちどころにばれます。

ノヴェレッテン1番は、シューマンの作品の中では難しくも易しくもない作品だと思います。
中級の上程度でしょうか。2番よりは易しいですよね。
ポイントは、Marcato e con forzaで尽きてしまうと思います。もちろん、Trioは主題と対比をつけて下さい。
Trioのメロディーラインが、右手による中声部の伴奏に消されないようにお願いします。
個人的な趣味としては、主題部のスラーの部分で、rubatoをかけています。が、邪道かもしれません。

Trioの2小節目で、3連符の3拍目と16分音符が重なっていますが、こ...続きを読む

Qピアノの独奏で華やかで情熱的な曲!(発表会用?)

今度、発表会に出ることになりました!
でも、今私は先生についていなくてここ一年くらい遊び程度でしか弾いていなくて、何をひいたら良いのかわかりません!!

前の発表会では「幻想即興曲」を弾きました。
(テンポを落として)

今度出る発表会というのは、友達の先生が主催する発表会で、私はその友達のレッスンに何回もついて行くうちに先生と仲良くなり、誘われたもので、「曲は自由にえらんでいいよ」といわれました。

私は力強い曲をきくのが好きで、
幻想即興曲や革命や英雄ポロネーズが好きです。
弾くのも亡き王女のためのパヴァ-ヌみたいに感情をたっぷり込めてゆったり弾くものより、弾いた後に脱力してしまうようなテンポの速めのインパクトのあるものが好きです。

(あと、最近フラメンコの曲やら、上原ひろみさんのジャズピアノやら、ラテンっぽい(?)情熱的な音楽にはまっているので、そんな要素が入っていたらとても嬉しいです!)

発表会で弾いてもそんなに変じゃなくて、華やかで情熱的なものや、皆さんがいいな、と思う曲を教えてください!!

よろしくお願いします!

今度、発表会に出ることになりました!
でも、今私は先生についていなくてここ一年くらい遊び程度でしか弾いていなくて、何をひいたら良いのかわかりません!!

前の発表会では「幻想即興曲」を弾きました。
(テンポを落として)

今度出る発表会というのは、友達の先生が主催する発表会で、私はその友達のレッスンに何回もついて行くうちに先生と仲良くなり、誘われたもので、「曲は自由にえらんでいいよ」といわれました。

私は力強い曲をきくのが好きで、
幻想即興曲や革命や英雄ポロネーズが好き...続きを読む

Aベストアンサー

カプースチンの「8つの演奏会用エチュード」の第1番「前奏曲」
などどうでしょうか?力強い曲だと思います。

参考URL:http://f14.aaacafe.ne.jp/~proko/midi/kapustin_prelude.mid

Qフランツ・リストの曲難しいのはどの順?

フランツ・リストの愛の夢3番、ため息、ラ・カンパネラに難易度として順位を付けるとどうなりますか?
愛の夢はマスターしたので、来年からラ・カンパネラとため息のどちらをやろうかと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

難しい順
1、カンパネラ
2、ため息
3、愛の夢
理由。カンパネラは右手5.4の指を1の指を弾きながらトリルを
弾かねばなりません。又後半は早いパッセージでオクターブを連続
右も左も飛ばしながら弾きます。しかもフォルテで。
かなり手が大きくないと、至難の業です。

ため息は一見難しそうですが、右左の分散和音を重ねていきます。
聞いているよりか、難しくないのです。
ただその分散和音に右左の指で、交互にメロディーを出さねば
ならないのが難しいですが。

愛の夢は別の意味で、音楽的に歌うのが結構大変ですね。
又左手で分散和音でパッセージを弾きますので、厳密にはため息と
どちらが難しいか、その人によります。

Qあなたが思うカッコいいピアノ曲を教えて下さい!

ピアノを習っています。
カッコいいといっても感性は人それぞれだと思うのですが、
最近似たような曲ばかり選んでしまうので、他に良い曲無いかなあと思ってここで質問させて頂きました。

私がカッコいいと思うピアノ曲は
メンデルスゾーン「無言歌集 Op.53 No.3 Presto Agitato」
ショパン「幻想即興曲」「エチュード 革命」「木枯し」(弾けませんが…)「ノクターン第19番ホ短調 遺作」とかです。
情熱的で自分を解放できる感じ、かつ哀愁漂ってる曲が好きです。

ちなみに自分のレベルは中級位です。シューベルトの即興曲やドビュッシーの月の光、など最近弾きました。このあたり考慮して教えてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

ベートーベンならばピアノソナタ第17番の「テンペスト」はいかがでしょう。「熱情」のデーモニッシュな迫力に劣らない内容にもかかわらず、テクニック的には「悲壮」のちょい上ぐらいで弾けますよ。第一楽章から第三楽章まで、一点の隙もない名曲だと思います。またショパンの「革命」がお好きならば、同じショパンの前奏曲Op.28の最終曲はいががでしょう。最後の和音をポリーニが拳骨で叩くように弾き終わるのを聞いた時には鳥肌が立ちました。ノクターンで19番がお好きならば(20番も良いですが)、その次に作曲された1番や、ショパン全盛期のノクターン13番~15番もおすすめ。14番はショパンが自身のコンサートでも弾くことの多かったお気に入りの曲です。ワルツの10番も情熱的で悲劇的な雰囲気がにていますね。最後に、私個人がピアニスティックな意味で一番かっこいいと思っているのは、ショパンのト短調バラード(第1番、Op.23)です。バラードの名に恥じない静かな語り出しと、中間部のヒロイックな旋律とその展開、情熱的で悲劇的なコーダ、どれもこれもがたまりませんね。このほか、フランスのラヴェル(高雅にして感傷的なワルツ、クープランの墓など)も、ショパンでは聞くことのできない不協和音のしゃれた処理がおもしろいですよ。

ベートーベンならばピアノソナタ第17番の「テンペスト」はいかがでしょう。「熱情」のデーモニッシュな迫力に劣らない内容にもかかわらず、テクニック的には「悲壮」のちょい上ぐらいで弾けますよ。第一楽章から第三楽章まで、一点の隙もない名曲だと思います。またショパンの「革命」がお好きならば、同じショパンの前奏曲Op.28の最終曲はいががでしょう。最後の和音をポリーニが拳骨で叩くように弾き終わるのを聞いた時には鳥肌が立ちました。ノクターンで19番がお好きならば(20番も良いですが)、その次...続きを読む


人気Q&Aランキング