百人一首の中の「夜をこめて 鳥のそらねは・・・」という清少納言の歌について教えてほしいことがあります。この歌の文学史的解説なんかを教えてくれたらうれしいです。また、これについてのっているホームページとかもありましたら、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

昔は得意だったので、その杵柄をとってお答えします。


(今でも62番と言われただけで清少納言の歌とわかっていたりします)

大意はこんなだったと思います。
「夜が明けないうちに鳥の鳴き真似をしても、逢坂の関守さんは許してはくれませんよ」

逢坂は逢うにかかっています。
古語辞典によると、こんなことが書いてあります。

藤原行成が清少納言と宮中で話し込んでいたとき、「明日は宮中の物忌みだ」と急いで帰ったが、翌朝、「朝を告げるにわとりの声にせかされまして」などと言い訳をしてきた。「夜更けのにわとりの声なんて変ですね。函谷関のことかしら」と皮肉を言ったところ、すぐにまた、「これは逢坂の関のことでした。またお逢いしたいものです」と返事があったので、この歌を詠んで贈ったとされています。
で、「函谷関」とは中国の関所です。秦から逃げ帰った孟嘗君がここに来て、一行の中の物まね名人に鶏の鳴きまねをさせて、番人に開門の時刻と思い込ませて、そこを無事に通過したという故事から来ています。

だそうです。
    • good
    • 0

大意はnabayoshさんが書いてらっしゃるので避けるとして、解釈が少し。


函谷関の関守は鳥の嘘泣きで孟嘗君を通したが、私はだまされたりしませんよ。ということで、とっさの切り返しの歌なのですが、上の句では中国の故事(史記)を持ち出し、下の句では「逢坂の関」(地名)に逢ふを掛けて相手の誘いをそらしています。
当意即妙の機知と漢詩の教養の深さをうかがえる秀句だと思います。
文学史ということなので、史記を紹介します。
戦国時代、斉の国の孟嘗君が秦に使い(密使)して捕らえられますが、部下に鶏の鳴き真似をさせて、一番鳥が鳴かないと開かない函谷関を夜中に開かせて通り抜け、無事に逃げ帰ったというものです。
    • good
    • 0

文学的解説?かどうか分かりませんが、この歌は「夜が明ける前に、鶏の鳴きまねでだまして通ろうとしても、決して通しませんよ、逢坂の関は」という意味です。

    • good
    • 0

●清少納言:清原元輔の娘。

枕草子を書いた才女として有名。

●鳥のそら音=にせの鶏の鳴き声=函谷関(カンコクカン)の関守が孟嘗君(モウショウクン)の食客が真似した、鶏のの鳴き声にだまされてまだ夜が明けていないのに門を開けてしまった...。という中国の故事を踏まえた歌です。
...私はだまされませんよ、。

函谷関になぞらえて逢坂の関といって、それは自分との一線は越えさせませんよ。ということでしょうかね。

うがった見方をすると、清少納言は婦女子は字が書けても「仮名」の時代に「私漢字も読めます」という才女だったわけですが、そういった知識をひけらかしているとも取れます。


文学的な解釈...。
ちょっと意味が違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0

 文学史的解説と言えるかどうか分かりませんが、この歌にまつわる簡単な解説があるサイトを参考URLに挙げておきましたので、よろしければ御覧になってみて下さい。



参考URL:http://www.kokugo.aichi-edu.ac.jp/taguchi/gakuse …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q清少納言や紫式部の歯磨き方法

彼女達がどうやって歯を磨いていたとか歯痛に悩まされたというようなことがわかるものが残っているのでしょうか?

Aベストアンサー

「源氏物語」の「賢木」の巻に「御歯の少し朽ちて、口の中の黒みて笑み給へる、かをりうつくしきは、女にて見奉らまほしう清らなり」(与謝野晶子訳「お歯が少し朽ちて黒ばんで見えるお口に笑みをお見せになる美しさは、女の顔にしてみたいほどである」)と書いてあります。虫歯も美しいものと考えられていたようですね。
「枕草子」の中にも、歯の痛みのために18、9歳の女が顔を赤くして涙を流しながら口を押さえているようすを「をかし」と言っている章段を読んだことがあります。

Q清少納言の感性について教えてください!!

清少納言の感性について教えてください!!

Aベストアンサー

当時の女性は、
どんなに学があっても、
権力者の娘でも、
美人でも、
天皇の室にならない限り、
後世に個人名を残してもらえない存在でした。
誰々の「女(むすめ)」とか「母」とか、役職名「少納言」などで、
表されるだけでしたので、
何か人と違うことをして、注目を集めたいという気持ちはあったと思います。
自分が仕える定子の箔もつくでしょうし。
感情をストレートに表すことを、はしたないと批判されることもあったようですが、(紫式部などに)
でも、きれいなものをきれい。
あわれ。
興ざめだわ!
なんて、素直に言葉にするのって、現代の私たちが読んでいても、気分がいいですよね。
「感性について」というのが、広すぎて曖昧ですが、
思ったことを、そのまま書ける、豊かな感性と度胸はあったんでしょうね。

Q文学史的意義とは?

大学のレポートで『古典文学作品を読んでその作品の文学史的意義について述べよ』というもがあります。
文学史的意義とはどういったことでしょうか?教えてください。

あと、読み易い古典文学作品があれば教えてください。
古典は苦手なので何を読めばいいか分からず困ってます。

Aベストアンサー

とにかく、短いものがお薦めです。

『竹取物語』→ 「かぐや姫」の話として粗筋が御馴染みなのと、読み易さ抜群、かつ短いので、これに勝るものなし。イチオシです。文学史的意義は「日本最古の物語文学」の類だということ。文庫本で安く買え、注釈、解説も分かり易いです。

日記もの。『土佐日記』(平安時代日記文学のはじめ。紀貫之が女手で記した。有名過ぎて、逆に書きにくいかも...)あるいは『更級日記』(一生を記録した印象描写の日記。過去を思慕するノスタルジー手記のはじめ?)

Q清少納言の枕草子

清少納言の枕草子の第86章?めでたきもの・・・・の文章が知りたいのです誰かご存じの方教えてください

Aベストアンサー

めでたきもの

唐錦。錺太刀。作佛のもく。色あひよく花房長くさきたる藤の、松にかかりたる。六位の藏人こそなほめでたけれ。いみじき公達なれども、えしも著給はぬ綾織物を、心にまかせて著たる青色すがたなど、いとめでたきなり。所衆雜色、ただの人の子どもなどにて、殿原の四位五位六位も、官位あるが下にうち居て、何と見えざりしも、藏人になりぬれば、えもいはずぞあさましくめでたきや。宣旨などもてまゐり、大饗の甘栗使など に參りたるを、もてなし饗應し給ふさまは、いづこなりし天降人ならんとこそ覺ゆれ。御むすめの女御后におはします。まだ姫君など聞ゆるも、御使にてまゐりたるに、御文とり入るるよりうちはじめ、しとねさし出づる袖口など、明暮見しものともおぼえず。下襲の裾ひきちらして、衞府なるは今すこしをかしう見ゆ。みづから盃さしなどしたまふを、わが心にも覺ゆらん。いみじうかしこまり、べちに居し家の公達をも、けしきばかりこそかしこまりたれ、同じやうにうちつれありく。うへの近くつかはせ給ふ樣など見るは、ねたくさへこそ覺ゆれ。御文かかせ給へば、御硯の墨すり、御團扇などまゐり給へば、われつかふまつるに、三年四年ばかりのほどを、なりあしく物の色よろしうてまじろはんは、いふかひなきものなり。かうぶり得て、おりんこと近くならんだに、命よりはまさりて惜しかるべき事を、その御たまはりなど申して惑ひけるこそ、いと口をしけれ。昔の藏人は、今年の春よりこそ泣きたちけれ。今の世には、はしりくらべをなんする。博士のざえあるは、いとめでたしといふも愚なり。顏もいとにくげに、下臈なれども、世にやん ごとなき者に思はれ、かしこき御前に近づきまゐり、さるべき事など問はせ給ふ御文の師にて侍ふは、めでたくこそおぼゆれ。願文も、さるべきものの序作り出して譽めらるる、いとめでたし。法師のざえある、すべていふべきにあらず持經者の一人して讀むよりも、數多が中にて、時など定りたる御讀經などぞ、なほいとめでたきや。くらうなりて「いづら御讀經あぶらおそし」などいひて、讀みやみたる程、忍びやかにつづけ居たるよ。后の晝の行啓。御うぶや。みやはじめの作法。獅子、狛犬、大床子などもてまゐりて、御帳の前にしつらひすゑ、内膳、御竃わたしたてまつりなどしたる。姫君など聞えしただ人とこそつゆ見えさせ給はね。一の人の御ありき。春日まうで。葡萄染の織物。すべて紫なるは、なにもめでたくこそあれ、花も、糸も、紙も。紫の花の中には杜若ぞ少しにくき。色はめでたし。六位の宿直すがたのをかしきにも、紫のゆゑなめり。ひろき庭に雪のふりしきたる。今上一の宮、まだ童にておはしますが、御叔父の上達部などの、わかやかに清げなるに抱かれさせ給ひて、殿上人など召しつかひ、御馬引かせて 御覽じ遊ばせ給へる、思ふ事おはせじとおぼゆる。

コピペしただけです。
お礼は下の方々へ・・・

参考URL:http://etext.lib.virginia.edu/japanese/sei/makura/SeiMaku.html

めでたきもの

唐錦。錺太刀。作佛のもく。色あひよく花房長くさきたる藤の、松にかかりたる。六位の藏人こそなほめでたけれ。いみじき公達なれども、えしも著給はぬ綾織物を、心にまかせて著たる青色すがたなど、いとめでたきなり。所衆雜色、ただの人の子どもなどにて、殿原の四位五位六位も、官位あるが下にうち居て、何と見えざりしも、藏人になりぬれば、えもいはずぞあさましくめでたきや。宣旨などもてまゐり、大饗の甘栗使など に參りたるを、もてなし饗應し給ふさまは、いづこなりし天降人ならんとこそ...続きを読む

Q紫式部と清少納言

紫式部と清少納言の名前の由来について知っている方、教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは

>紫式部
「紫」は『源氏物語』で「紫上」を書いたことに関連して、また「式部」は父が式部の丞であったことから付けられたものだと考えられています。
http://www.iz2.or.jp/what/life.htm

>清少納言
「清」は実家の「清原」から、「少納言」は宮中に仕える立場として男子貴族の官名から付けられたものと考えられています。
http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm

もちろん両方とも本名ではありませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報