インターネット・サービス・プロバイダーの”あっとビービー”を利用しています。
NTT正規代理店の株式会社東名と契約しています。

今日、その東名さんから電話があり、「フレッツ光(?)の料金が月々5,200円から4,400円に、プロバイダーの料金が月々950円から800円にそれぞれなるので、NTTさんから転用承諾番号を取得して、それを教えてください。」と言われました。
最初は「詐欺か?」とも思いました。
けれど「”NTT 転用”で検索してもらえばWEBからでも取得できます。」との事だったので、検索してみたら、実際そのようなページがありました。
それなりに手間がかかる手続きです。
そこで質問です。
なぜこのような「転用」が必要な事態に、なぜなったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

事業者がNTT東西より光回線を借入し販売する光サービス卸(光コラボレーション)については、下記サイトが参考となるかと思います。



【NTT東日本|光コラボレーション事業者が提供する、光アクセスサービスへの移行(転用)のお手続き】
https://flets.com/app4/input/index/

A 回答 (4件)

Q,「転用」が必要な事態に、なぜなったのですか?



A,「NTTドコモを助けたかった」「ユーザ対応費用の圧縮をしたかった」からです

NTTドコモ曰く「KDDIのスマートバリュー」や「SBのスマート値引き」と同じことをしたかった。
だがNTT東西から「独占的」な協力を得ると風当たりが強く、実現まで相当時間が掛かり
致命的なチャンスロスが発生し取り返しのつかない状況になると考えた。
NTTドコモと同じ条件で多くの会社に回線供給(転用)をすれば「独占」とはならず、すぐに対応できた。

NTT東西は、家庭向けサービスを直接運営(フレッツシリーズ)することで
販売支援やコールセンター対応に多くの費用が掛かり非効率的な状況になっていた。
転用することで運営コストを圧縮できるので別事業に移行できる準備ができた。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとう

早速のご回答、ありがとうございます。

>「KDDIのスマートバリュー」や「SBのスマート値引き」と同じことをしたかった。

それらのサービスが、先にあったという事ですね。

>多くの会社に回線供給(転用)をすれば「独占」とはならず、すぐに対応できた。

一気に、転用を利用する会社が、増えたという事ですね。

>転用することで運営コストを圧縮できるので別事業に移行できる準備ができた。

別事業というのは、何か新しいサービスが始まるという事ですか?

お礼日時:2015/06/14 15:26

すいません。

現状から変更(プロバイダなど)なければモデムの変更はないようです。
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/i … 申し込み後の流れについて
説明があります。ご確認ください。申し訳ございませんでした。混乱しますね。モデム交換は私がフレッツ宇光のdocomo転用が始まる前にdocomoショップの方に聞いた話でした。確認せずに書いてしまって申し訳ございませんでした。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとう

こちらこそ、ありがとうございます。
安心しました。
たびたびご回答頂きまして、ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/13 14:41

転用は総務省が認可しましたので法的に問題はないです。

法的記載があるのは得NTT東日本と西日本です。この東西会社にセットさせるのではなくdocomoにセットさせるという方法を使いましたので法的規制はないことになっています。変更してくださいは法的に問題といったのは利用されてる方の意に反して行えばということです。ご本人が納得して安くなる方を選びたいというのなら何の問題もありません。(強制的や勝手にしたらということです)
フレッツをそのまま使ってもいいですし転用で携帯電話会社に転用(変更又は乗り換えのような物です)KDDIのようなスマフォを使っている人がスマフォ料金を割引しますよに対抗する策としてこうするしかNTT東西では無理だったからですね。KDDIのようにできれば簡単だったんですがね。法律上できないと法改正もできないとなればdocomoが主で光ファーバーは付加サービス扱いということで総務省もみとめたのでしょうね。NTTは常に手枷足枷状態でハンディばかり背負わされていますから。苦肉の策でしょうね。
私は、転用しても安くならなかったのでそのままフレッツに割引サービスを続けています。
安くなるのなら安い方を選んだ方がいいですよ。プロバイダーの変更も必要ないですし、モデムを取り換える程度と思います。後は、NTTの転用承諾番号を取得ですね116で簡単にできます。
法的には問題なしです。変な回答してしまし申し訳ございませんでした。誤解を与えるようなかいとうでした。ご自分がいいと思う方を選んでください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

どう思う?

再度の詳しいご回答、ありがとうございます。

>モデムを取り換える程度と思います。

モデムを取り換えなければならない可能性があるのでしょうか?
東名さんは、「工事などは、する必要はなく、契約について変えるだけです。」と言っていましたが。。

お礼日時:2015/06/12 20:22

代理店の利益のためですね。

自分で選べばいいと思います。変更してくださいはちょっと法律的に問題ありといえるのでいやなら断ったほうがいいですよ。
転用は、六法に電信電話法というのがあってADSL・光とプロバイダーのセット割禁止・携帯セット割禁止なのです。私は営業マンとして働いていましたが、10年前からすべてセットにして割引したらいいと支店で話し総務省に認めてもらえるようにと上層部に訴えていましたが、総務省は了承しなかったんです。いつも、NTTが開発した光電話や光ファイバーでも他社にやらせてからと何年もまってようやくNTTができるという状態です。NTTの行動が遅いと文句を言う人がいますが、この問題があるからです。お客さまには言えないのでいうと文章で警告されますから。お客様には黙ってるようにとよく朝礼で言われました。電話で文句を当局に言われると困った立場に立たされるので余計嫌がらせをされるだけですから・・・・・
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとう

>変更してくださいはちょっと法律的に問題ありといえるので・・・

て2くんさんが「日本国の政府が、NTTのセット割を認めたから。」とおっしゃっていますが、それでも法律的に問題ありなのでしょうか? 難しいですね。

単純に「料金が安くなる」のなら歓迎です。
ただ、「どういう背景があるのか、調べた方が良い」と思ったので、質問させていただきました。

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/12 10:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTTフレッツ光の通信回線+プロバイダーで5000円弱のキャンペーンについて

先日、我が家の固定電話に、現在当社では、NTTフレッツ光の通信回線+プロバイダーで5000円弱のキャンペーンをしている」との営業電話がありましたが、お断りしました。だた、現在。NTTフレッツ光代に7000円弱+プロバイダー代に600円弱がかかっていますので、格安の当該キャンペーンに興味を持ちました。どなたか、このキャンペーンに詳しい方がおりましたら、ご教示ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在では、NTT東日本本家の契約の戸建てで4600円+ブロバイダ料ですね。
30ヶ月超えると以後はずっと4900円+ブロバイダ料になります。
NTTコラボで平均5200円で、コチラはブロバイダ込みも有る様です。
なので、安いと言っても数百円ですね。
通常、第三者の代理店を経由するとその分高くなりますから、3年目からぐっと高くなる可能性も有るので、普通に契約した方が結果的には安くなったりします。

取り敢えず、7000円は高過ぎるので、光コラボを考えて下さい。
(ただし、電話契約が有るとそんなもんです。上記に電話契約は含まれてません)
契約中の携帯会社の光回線だと、携帯料金が割り引かれるので、良いと思います。
ドコモ→ドコモ光、au→au光、ソフトバンク→ソフトバンク光、とそれぞれで光回線が有ります。(内、ソフトバンクは結果的に支払額は変わらないのでコラボ光にしなくても良いです)
最近はMVNOでもコラボ光をしている所も有るので、携帯会社がMVNOの場合も調べてみると良いと思います。

Q最近ADSLの接続料金は、プロバイダー接続料金とNTT電話代の両方にかかるのでしょうか?

interQというプロバイダーに接続してインターネットをやるようになってから毎月の電話料金が急に3000円ぐらい高くなりました。プロバイダー接続料金が、3800円、レンタルのADSLモデムが300円位払っています。それ以外にやっはりADSLでも電話料金が別途にかかるのでしょうか?初歩的な質問ですいません。

Aベストアンサー

フレッツ・ADSLの料金はNTTの電話料金請求書に上乗せして請求されます。

明細には「フレッツ・ADSL利用料」(表示上多少違いがあるかもしれません)と書かれているかと思います。

また、その回線で電話を掛けたり、アナログモデムを使って接続するとADSLにする前と同様にNTTからは通話料として料金が請求されます。

料金から見て加入しているのはinterQの.comバリューパックプラン[F38] + フレッツ・ADSLオプションだと思われますが、この料金プランは.com、.net、.orgドメインを運用するためのものです。

ドメインを使わず、Web容量20MBで良ければフレッツ・ADSL
つなぎ放題プラン[FA]に変更するとプロバイダ料金は月額2,200円(税込2,310円)になります。

Qインターネットの転用転用手続きについて

先日、光サポートセンターというところより電話があり、インターネットが安くなるので転用番号を教えて下さいと連絡がありnttの関連会社ということで、転用手続きを電話で行ってしましました。
数日経ち不安になり、調べてみると会社名をはっきり覚えていないのですが、ハイビットいう会社で評判がよくありません。一週間前に電話で手続きし書面はまだ届いていないのですが、このまま契約しても大丈夫でしょうか?また、解約出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

NTT関連会社
NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTCom、NTTぷらら、NTTレゾナント、NTT-MEなどなど
基本的にNTTの関連会社なら、”NTT”ってつきますよ。ドコモ・サポート(株)などのように、孫会社だと、NTTって付かない場合がありますが・・・ 一方、孫会社でもNTTレゾナントのようにNTTが付く場合がありますが・・・

Hi-BitってNTTの関連会社ではありません
別会社です。
ちなみに、総務省から、指導が行われた会社です
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000164.html

まさに不適切な案内が改善していないってことみたいですね。
あなたが、把握していないで契約するのが問題ですから、即キャンセルを申し出て下さい。
相手が文句をいってきたなら、国民生活センターや総務省に相談している方がよいかもしれません

QNTTとNTTコミュニケーションズとNTT西日本の違いを教えてください.

NTTとNTTコミュニケーションズとNTT西日本の違いを教えてください.
採用面接に聞かれそうなのですが、普段何気なく使っているのですが、会社としてのそれぞれのはっきりした区別がわかりません。よろしくお願いします

Aベストアンサー

No.5がまとめているのが詳しいですが、今はずいぶんとサービスが増えているため、かなり微妙になってきています。重要なポイントは、

NTT:
持ち株会社であり、グループ全体の舵取り(経営方針の決定など)と研究部門のみの会社であること。
直接営業などを行なって利益を上げるのではないこと。

NTT東西:
日本電信電話株式会社法(いわゆるNTT法)によって規制がかけられる対象の会社であること。
基本的には県内通信のみを許可されている会社ですが、一部のサービス(フレッツ・グループアクセス、フレッツ・オフィス、ひかり電話など)では県間通信にも進出していること。

NTTコミュニケーションズ:
NTT法によって規制をうけない会社であること。
基本的には県間(長距離)通信、国際通信を対象とした会社ですが、マイラインサービスの導入時に県内通信にも進出しました。

大きな分類としてはNTTは持ち株会社としてコントロールをする会社、東西とコミュニケーションズは県内/県外および国際で分けられましたが、その後サービスが増えるにつれてその枠組みがあいまいになってきているということですね。
また、大きな違いとして日本電信電話株式会社法の規制を受けているかどうか、があります。

No.5がまとめているのが詳しいですが、今はずいぶんとサービスが増えているため、かなり微妙になってきています。重要なポイントは、

NTT:
持ち株会社であり、グループ全体の舵取り(経営方針の決定など)と研究部門のみの会社であること。
直接営業などを行なって利益を上げるのではないこと。

NTT東西:
日本電信電話株式会社法(いわゆるNTT法)によって規制がかけられる対象の会社であること。
基本的には県内通信のみを許可されている会社ですが、一部のサービス(フレッツ・グループアクセス、フ...続きを読む

Aベストアンサー

ZEROなんかどうでしょ

参考URL:http://www.zero.ad.jp


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報