最近、歳(76歳)を取ったせいか、老人が主演の映画や老人の目線で描かれた映画に共感を覚えます。

そこで、例えば、洋画では「明日は来たらず」「人生に乾杯!」「画家と庭師とカンパーニュ」「アバウト・シュミット」「パピヨンの贈りもの」、邦画では「生きる」「破れ太鼓」「春との旅」「人生のお荷物」などのような、年配の男性が登場し、どちらかと言うと、その年配の男性の目線で描かれた映画を探しています。

出来れば、実話に基づく作品なら、一層、嬉しいです。

年配の男の、様々な喜怒哀楽、栄光と挫折、それらをくぐり抜けてきた過去の厳しい人生、そして現在の心境、さらに、残された時間の短い中で感じる、未来や最後の死期への思い、等々、生身の人間としての喜怒哀楽が上手に描かれていて、そこから感銘なり教訓を受けられる作品がいいです。

何かお勧めの映画がありましたら、お教え頂けるとありがたいです。
洋画、邦画は問いませんが、洋画の場合は、なるべくアメリカ映画でない方が好きです。
アメリカ映画は、私には、価値観が単純すぎて子供っぽく見え、あまり共感が持てませんので、・・・。

どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


まだあがっていないものをいくつか挙げてみたいと思います。


スェーデン映画「野いちご」
老境の医者がその功績を称えられ、名誉博士号授与に赴く様子を描いた映画史に残る傑作のひとつです。
迫る死、老い、若き日の想い出などが、90分に凝縮された作品です。
ずっとDVDは廃盤だったのでオークションなんかで数万円になっていることもありましたが、今年再DVD&ブルーレイ化され、ツタヤなどのレンタルでも扱うようになりました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

アメリカ映画ですが「ハリーとトント」
公開時にはキネマ旬報ベスト10で1位になった作品です。NYに暮らすハリー老人が区画整理で立ち退きを迫られ、愛猫トントと共に旅に出るロードムービー。
これも近年DVDがレンタル出来るようになってますし、久米明さんがハリー役の声優を務めた日曜洋画劇場の日本語吹き替え収録盤も最近発売されました。
解説なんかを見ると、ほのぼのとかやさしい目線、といったことが書かれていますが、けっこうシリアスです。エンディングはとらえ方によっては、かなり暗いかもしれません。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …


これもアメリカ映画ですがイギリスを舞台にした実話です。
「カレンダー・ガールズ」
主人公は婆さんたち。病院の資金集めのために自分たちがモデルになったカレンダーを作る・・・で、その内容は? というコメディタッチの作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …

アイルランドの小さな村を舞台にしたイギリス映画「ウェイクアップ!ネッド」
ひとり暮らしの老人が宝くじで大当たりをしてしまい、村に騒動が巻き起こるコメディタッチの作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=8 …

好き嫌いがかなり別れると思いますが、2013年のアメリカ映画「恋するリベラーチェ」
世界一ギャラの高いピアニストとして知られたリベラーチェの晩年を描いた作品です。マイケルダクラスが自身の年齢相応に60~70才少し前のリベラーチェを演じています。死ぬまで同性愛者であることを隠し続けた人気ピアニストの苦悩や恋愛、それに迫り来る老いが描かれています。
カンヌ映画祭受賞作品ですが、内容が内容だけにアメリカでは劇場公開が見送られたそうです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


80才にしてこの作品でアカデミー賞を獲得したクリストファー・プラマー(サウンドオブミュージックのトラップ大佐です)主演作「終着駅 トルストイ最後の旅」
タイトル通りにロシアの文豪トルストイの最晩年を描いた作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


アカデミー賞俳優ダスティンホフマンが初監督した作品で「カルテット!人生のオペラハウス」
元音楽の演奏家だった方たちが暮らす老人ホームを舞台にした人生賛歌です。
イギリス映画で、実人生でも老境に差し掛かった英国の名優たちがこぞって出演しています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


イーストウッドがあがっていたので
「グラントリノ」
イーストウッドが監督・主演し、軍人あがりの頑固老人を演じています。
中国の少数民族モン族の少年との交流を描いた作品です。
男気を教えるというのか、日本人にはイーストウッド演じる老人が高倉健ぽくも見えるんじゃないかと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


と、いうことで最後は健さんで。
「単騎、千里を走る。」
2005年の中国映画です。
長年にわたって確執の絶えなかった息子が重病と知り、息子の果たせぬ思いを解決するために単身中国へ渡る父親を健さんが演じています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …

挙げた作品はどれもツタヤなどでレンタル出来る作品です。
気になったのがありましたら、ぜひご覧下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

沢山ご紹介頂き、ありがとうございます。

「ハリーとトント」はDVDも持っていて、時々、繰り返して見るほど好きな作品です。
「野いちご」は、昔見たのですが、なんだか難解だった記憶があります。
「ウェイクアップ!ネッド」はとても面白かったですね。

他の作品も、面白そうなのを見ていこうと思います。

お礼日時:2015/11/29 10:23

もう既に、ご覧になったかも知れませんが。

。。

・「人生の特等席」: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F …
  出演:クリントン・イーストウッド

・「黄昏」: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%98%8F_(1981%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)
  出演:ヘンリー・ホンダ / キャサリーン・ヘップバーン / ジェーン・ホンダ

・「マディソン郡の橋」: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%87 …
  監督 / 出演:クリントン・イーストウッド

この3本は間違いないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヘンリー・ホンダの「黄昏」は見ましたが、あまり感激するところはなかったように覚えています。
他は見てませんので、見てみたいと思います。特に、クリント・イーストウッドは好きですし、・・・。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/28 17:38

海を飛ぶ夢(2004)スペイン125分実話に基づく作品 DVD


事故で四肢麻痺となった主人公が、法律では認められていない尊厳死を求めて闘いを繰り広げる姿を通して、生とは何かを問いかけていくヒューマン・ドラマ。尊厳死を望んだ実在の人物ラモン・サンペドロの手記を基に「アザーズ」のアレハンドロ・アメナーバル監督が映画化。主演は「夜になるまえに」のハビエル・バルデム。アカデミー賞外国語映画賞をはじめ数々の映画賞を受賞。


最高の人生の見つけ方97 分 初公開版みてから完全版
勤勉実直な自動車整備工と、大金持ちの豪腕実業家。
出会うはずのない二人が、人生の最後に病院の一室で出会った。
家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきたカーター、そして、お金だけは腐るほどあるものの見舞い客は秘書だけというエドワード。
お互いに人生の期限を言い渡されたという以外、共通点は何もない。残された時間は6か月。でも、まだ決して遅くない。。。

無法松の一生 1943年版と1958年版と1963年版 104分
1943年版 阪東妻三郎 園井恵子 1958年版 三船敏郎 高峰秀子 1963年版 三國連太郎 淡島千景

余談
2016年2月より日本公開される『不屈の男 アンブロークン』の邦題 アンジェリーナ・ジョリー監督
本作は、第二次世界大戦で日本軍の捕虜となったオリンピック・アスリート、ルイ・ザンペリーニの半生を描いた実話ベースの物語。全米では2014年のクリスマスに公開され、大ヒットを記録した。

 映画の舞台が日本であるにも関わらず、日本では公開されずにいた本作だが、戦争を描くいろいろな形の映画があるべきというスタンスと、戦争を背景に1人の男に降りかかる苦難を不屈の精神で生き抜く様を力強く描いた素晴らしいドラマであるという点から、製作のユニバーサルと配給のビターズ・エンドが合意し、シアター・イメージフォーラムの賛同も得て、日本での公開決定の運びとなった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「余談」以外は全部見ました。
特に、「無法松の一生」は、阪妻、三船、三国と、3版全て見ました。
阪妻版は当時の進駐軍の命令で、途中をカットしてあったそうですが、私的には、阪妻版が一番良かったです。
「余談」はまだ見ていませんので、見てみようかと思います。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/28 17:33

こんにちは。


洋画ばかりですが、
・フランス映画の「ヘッドライト」(ジャン・ギャバンが悲哀を・・)
・ポーランド・フランス映画の「トリコロール 赤の愛」(ジャン・ルイ・トランティ二ャンがいい感じです)
・アメリカ映画ですが「きみに読む物語」(試しにあらすじをちょっと調べてみてください。若き日を振り返る映画です)
などはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、「ヘッドライト」がありました!
大好きな映画の一つです。
フランス語の原題は”DES GENS SANS IMPORTANCE”、「取るに足りぬ人々」という程の意味で、その原題のとおり、しがないトラック運転手のギャバンが初老男の哀感をしみじみと演じた素晴らしい映画でした。

フランス映画は大好きです。いい映画が多いですね。
そのほか、イタリア映画やスウェーデン映画、その他のヨーロッパ映画も深みがあって好きです。
ポーランド映画では「夜行列車」を見たことがあります。
「トリコロール 赤の愛」、是非、見てみたいです。

「きみに読む物語」は以前他の方にも紹介されたのですが、アメリカ映画、特に最近のは、どうも、わざとらしいと言うか、嘘っぽいと言うか、きれいごとと言うか、単一の価値感を押し付けて来ると言うか、人間の多面的複雑性や深みが感じられないと言うか、好きになれず、いまだに見ないままになっています。
ご紹介戴いて、あらためて映画評を見てみたら、高評価を与えておられる方がいらっしゃる一方、「内容はイマイチ」「チープな内容」という低い評価をしている方もおられて、どうしようか、迷っていますが、あまり食わず嫌いもいけないので、この際、見てみようかなとも思います。

アメリカ映画でも、年老いたハリーが、旅の途中で、昔の恋人を老人ホームに訪ねるが、彼女が既にぼけてしまっていてハリーの事を別の恋人と勘違いする場面がある「ハリーとトント」などは、実際にもそういう悲しい現実があり得るので、胸にジンと来たことがありましたし、「ドライビング・ミス・デイジー」なども良い作品だと思いますが、・・・。

最後はなんだかアメリカ映画の批判みたいになってしまって、失礼いたしました。
お赦しください。

「トリコロール 赤の愛」、ご紹介下さいまして、ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/28 17:27

「世界最速のインディアン」


アンソニー・ホプキンスによるロードムービーです。
アメリカ映画ですが、いわゆるハリウッド的な作品とはだいぶ趣が違っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実話だそうですね。
面白そうですね。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/28 16:23

映画が趣味ってすてきですね!



「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」はいかがでしょうか?
http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%99%E3%83% …

徐々に若返っていく老人の主人公と、
あたりまえのように老けていくヒロインの運命が入り混じる映画です。

ご参考までにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白そうですね。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/28 16:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曽野綾子先生、敬虔なカトリックです。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の清掃に、足腰の立つ生活保護受給者には働いてもらった方がいいだろう。

放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない

以上が曽野綾子先生の主張です
私と同じアパートの独居老人、寂しい、寂しいというので、わたしが毎週日曜日に行く、カトリック教会に行こうと、おすすめしたところ
「カトリック、ああー、あの曽野綾子さんのねー。いやだね。あんた、彼女の言動を調べなさい」と
また「キリスト信者が、広島、長崎に原爆落とした、あれはキリストの裁きだと、人種差別はするし、またイラクで劣化ウラン弾をばらまいて」
「東京のキリスト教会は、金持ちで社会的地位の高い人の行くところ、麻生さん、与謝野さん、山谷えり子さんなどあんたが行ったら白い目でみられるよ」
こんなことを。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の...続きを読む

Aベストアンサー

まず一般論として、敬虔なカトリックだから「優しく美しい人道主義者」であるはずがないということを。

十字軍の遠征で異教徒を大量虐殺し悪行の限りを尽くしたのも、宗教裁判で「異端者」を火炙りにしたのも、魔女狩りで無実の人間を大量に殺したのも、すべてキリスト教徒です。
でもこれは、どんな宗教でも自分たちの教えを広めるために、多かれ少なかれやったことです。

さて曽野綾子さんのことですが、彼女が何と言ったか私は知りませんが、質問者さんが書いたようなことを言ったとしたのなら、それは曽野綾子さんが自分自身も老人の側の人間の一人として、逆説的に主張したのではないでしょうか。

老人だから何でも許されるとか、老人だから何もしなくて良いのではなく、老人にしか出来ないことを一生懸命やろうという、曽野さんも含めた老人に対する「応援歌」のようにも感じます。

あと余分なことですが、寂しさを紛らわすために教会に行くのが良いのなら、キリスト教でなくてもイスラム教でも、創価学会でも、幸福の科学でも何でも良いという理屈になります。

Q映画館には一人で行きますか?私は最近は映画館にはいけませんが、映画館に映画を観に行きたいと思っていま

映画館には一人で行きますか?私は最近は映画館にはいけませんが、映画館に映画を観に行きたいと思っています。友人はよく一人で観に行くらしいのですが、私は勇気がありません!どうした、良いでしょうか?家族は違う映画だったりするので、困っています。

Aベストアンサー

周りの人と都合が合わなければ、一人で行きますね。

遊園地などと違って一人客も結構いますから、一人で行くハードルは低いと思いますよ。土日や夏休みなどの昼間の回は作品によっては一人客が少数派でしょうけど、混んでない回であれば大丈夫です。混み具合も映画館のサイトから分かったりしますし。心配なら平日に行かれてはどうでしょうか。

Q曽野綾子さんの本の題名が分かりません

曽野綾子さんが書かれた本で「~の窓」というのがあるらしいのですが、
~の部分が分かりません。ご存知の方がいらっしゃったら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問の本の題名はわかりませんが、下記参考URLに曽野綾子さんの著作データベースがありますので、こちらをご覧になってはいかがでしょうか・・・

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/5153/db_cover.html

Q監督が主演の映画

監督や脚本家が監督(脚本)兼主演している映画を教えてください。



北野武とか、クドカンとか、
バッファロー'66とか見てると


演技もできる監督や脚本家ってすごいなと思って。



バッファロー'66
菊次郎の夏
アメリカ、家族のいる風景

は見ました。



ちなみにバッファロー'66はお気に入りです。

Aベストアンサー

クリント・イーストウッドは1971年の初監督作品以来、監督した映画のほぼ全作で主演していて、しかも有名な賞をたくさん受賞しています。『ミリオンダラー・ベイビー』では監督/製作/音楽/主演の4役を務め、オスカー監督賞と作品賞を初め13の賞を世界で総なめし、主演・音楽についてもノミネートされています。

そのほかには、シルヴェスター・スタローンやエディ・マーフィが思いつきました。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=219&ct=

Q曽野綾子さんのコラムについて

産経新聞を取っていたのですが、最近辞めてしまいました。金曜日に曽野綾子さんのコラムが載っていたのを楽しみにしていたのですが、11/5はどういう内容でしたかしってる方いますか?今回のイラクの事件にふれていますか?

Aベストアンサー

下記ページのものでしょうか。
「透明な歳月の光 133」というコラム名で「対イラク まずアラブ社会に通暁を」というタイトルになっています。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004598/20045981.html

参考URL:http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004598/20045981.html

Aベストアンサー

 実話も何もクレヨンしんちゃんの劇場公開アニメ、「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」をリメイク・実写化した映画です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93_%E5%B5%90%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B6_%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%AC!%E6%88%A6%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%90%88%E6%88%A6

Q曽野綾子さんの小説の題名を教えてください

昔読んだ、曽野綾子さんの小説だと思うのですが、あれこれ検索してもわかりませんので、教えてください。

主人公が年頃の若い女性。父親が亡くなり、母とふたり暮らし、お見合いの話が舞い込んでくるような内容だったと思います。かすかに覚えているのは、良い人だとばかり思っていた相手の男性が、意外に人の話を聞かない人だったり、どっさりと新鮮な卵をくれたけれど、量が多いので近くの施設にお分けしたことを言うと、少し気分を害したりする態度を見せたりした・・・という場面です。

結末がどうなったかも全然覚えていません。このエピソードの記憶も少し曖昧です。もう一度是非読みたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「幸福という名の不幸」というタイトルの小説に内容が似ている気がします。
質問にある言葉から検索しただけなので勘違いかもしれませんが…
参考にこちらをご覧ください。
http://www.geocities.jp/akatombo123/dokusyo-kansou.htm#c
http://www.amazon.co.jp/dp/4061313142/

Q最近のヒット映画はほとんど全部SF映画でしょうか

最近にヒットする映画は、ほとんど全部SF映画なのでしょうか。
SFでない映画は全然ヒットしないのでしょうか。

Aベストアンサー

ワンシーズンを通して、その年はどんなジャンルがはやるのか。
きちんと調べたうえで、映画を製作する。
当然、収入を第一に考え、その年にはやりそうなジャンルを作るのは自然の流れだと思います。
今年は、SF的な映画がはやってますからね。
過去に、ホラー系。や、アドベンチャー系。さまざまな形ではやり、そして、あきられてしまいます。
大衆とは、熱しやすく、また、冷めやすい。

来年は、どんなジャンルが張るんでしょうかね。

ちなみに、SFじゃないけど、ホラー系で「遊星から物体X・ファーストシーズン」。
「プロメテウス」 などに期待しています。

その他に、「エクスペンダブル2」あたりも豪華俳優が勢ぞろいというフレーズで楽しみにしています。

Q今日、読売新聞読んでいたら時代の証言?のコーナー今は作家の曽野綾子さん

今日、読売新聞読んでいたら時代の証言?のコーナー今は作家の曽野綾子さんなのですが
自分の歴史を語るのですが夫と結婚して子供が産まれてもし自分ひとりになったらどうやって生きようと考えて大型免許もっているが運動神経鈍いから当時、収入が良かったからバキュームカーの運転手になろうと思ったそうです。私は連載がはじまって毎日、読んでいましたが女優さんかと思うくらい美しい若かりし頃の写真、しかし今日の文章には非常に違和感を
覚えました。新婚そうそう可愛い子供が生まれてすぐ一人になったらと深刻に悩むだろうか?
心からバキュームカーの運転手になろうと思っていたのか?もし現実に生活に困ったら本当に
なったのだろうか?あの当時で聖心でたお嬢様に身内がそんなことさせるだろうか?
私はユーモア含めて軽く言っているようにしか感じません。だとしたら職業に貴賎をもち
こんなことが平気で言えてしまう著名な作家がこの程度かと非常にこの国のレベルにまでというと大げさですが落胆を覚えます。意見聞かせてください。

Aベストアンサー

別に「この国のレベルにまで落胆を覚える」必要はありません。この国にももっと誠実で有能な作家はいっぱいいます。
要するに「曾野綾子」ってのは、その程度の作家なのです。落胆するなら「曾野綾子」にだけ落胆して下さい。
私に言わせれば、もともとこの作家が「著名」というほどもてはやされるのが不思議です。書いていることはかなり支離滅裂。
この作家がもてはやされる(もたはやされた)のは、結局、思想が「ガチガチ保守(ていうか右翼)」で自民党などの権力者と波長が合ったというだけのことと思います。

Qこんな映画、今まで見たことない!っていうくらい面白かった映画は?

世の中、面白い映画はたくさんあると思いますが、
「こんな映画今まで見たことがない!」
っていうくらいのインパクトで面白かった、あるいは感動した映画って、どんなものがありますでしょうか。

今までないって言っても、映画史に完全に忠実じゃなくてもいいのですが、とにかく、各人が見た時に、こんなの初めて見た!っていうようなインパクトを受けたという意味で。

私は例えば、やはり、マトリックス。マシンガン撮影の映像がインパクトありました。
あと、T2も当時、映像という意味では、液体ターミネータは衝撃ありました。
あとは、ダイ・ハードも、それまでシュワちゃん、スタローンといった肉体派全盛だった時に、こんな普通のおっさんがめちゃめちゃ頑張ってるやんけ! って感じですごい面白かったです。

アクションばっかりになってしまいましたが、感動系や、サスペンスなんかでもお願いします(というか、実は感動系の方が知りたい。自分で思いつかないので)。ということでお願いします。

Aベストアンサー

サスペンス系?なのですが・・・

『CUBE』
97年カナダ作品

私にとってはまさに「こんな映画、今まで観たことない!」です。あらすじは参考URLにもありますが、突然男女6人が密室に閉じ込めれるところから話は始まる。出口を求め罠だらけの部屋を移動していくうちに次々命を落としていく。密室に閉じ込められ、協力し合う人、誰かを蹴落とそうとする人など人間の心理状態が見事に描かれてます。最後は意外な結末が待ってます!!

見終わった後も謎が残るんです。3回ぐらい繰り返し観ました。何回観ても面白かった映画は初めてでした。
密かに人気があったみたいなので、もう鑑賞済みでしたらごめんなさいm(__)m

参考URL:http://www.sankei.co.jp/mov/review/98/cube/


人気Q&Aランキング