プロが教えるわが家の防犯対策術!

私のお寺では、護時会費(運営費)が戒名の位によって差がついています。
私の先祖の位は高いほうなので会費も高いです。
位が高ければお布施も高いですが、それはしかたないことだと思いますが、お寺を管理運営するための会費が高いというのはどうなのかって思います。
生きている人はみんな平等だし、お寺にかかる費用が位によって違うこともありません。
会費はいくらであってもいいですが、会費は全員同じであるべきだ思います。
町内会費、PTA会費などいろいろな会費はだれも同じです。
今回、会費の値上げに伴い、そのことのアンケートも実施されましたが、位の高い家は少ないので、会費を同じにするということにはなりませんでした。
私の考えはおかしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>町内会費、PTA会費などいろいろな会費はだれも同じです。



町会費やPTA会費と護持会費を同列に見ることが質問者さんの誤解と言うものです。
町会費、PTA会費は法律で義務付けされたものではありませんが、慣習として該当者は
全ての人が会員となり、会費を払うものです。該当者が「俺は会員にはならない、会費も払わない」
と言った場合、法の規制はありませんので、処罰の対象になることはあり得ませんが、
「変な人だ」陰で言われることは避け得ません。この様な事実上すべての人が入会義務を負うような
会においては、通常会員の上下関係はなく、会費の区別もありません。

一方、護持会費は宗教上の会費です。法律はもちろん、慣習でも入会義務はありません。
まぁ、クレジットカードの会員のようなものです。クレジットカードの場合
プラチナカードやゴールドカード会員は、一般カード会員より会費の高いのが普通です。
位が高いということは、カードで言うとゴールドとかプラチナのようなものなのです。
カードのプラチナやゴールドが自己満足にすぎないのと同様、お寺の位も自己満足です。
自己満足できないなら、はっきり言って辞めることもできます。遺骨も引き上げて散骨すれば
以後、一切お金もかかりません。もちろん他の宗派やキリスト教、イスラム教などに
改宗する道も開けています。

ご先祖様から引き継いだ墓だから、守らねばならないなどと、固執する必要は全くありませんけどね。
肩の力を抜いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
”墓じまい”は考えていません。

お礼日時:2016/01/03 19:36

そこの昔からの名士の家なら檀家の位は高く 護持会費も高くなります 戒名も 大姉 居士が付きます


護持費 値上げに疑義を持たれるのなら 寺役に言われたら まぁ 変人と思われないのなら よいが 今後は檀家衆から 白い目で
見られますな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私のウチはまだ新しく、私が3代目で名士でも何でもありません。
位が高いからといって、その分、寺の管理運営にかかる費用が高くなることはないはずです。
値上げに反対しているわけではなく、会費が平等でないことに不満を持っているだけです。
必要であればいくら値上げになってもいいと思っていますが、位によって差があることがどうか、ということです。

お礼日時:2016/01/02 18:02

>>お寺を管理運営するための会費が高いというのはどうなのかって思います。



お寺の運営なんて、住職、副住職(いれば)、代表総代、総代、世話人でほとんどの事を決めます。
その中に質問主様の家も含まれているかと思います。もし、一般檀家で戒名だけ良いのをもらっているなら、世話人相当の立場かな。
高度成長期以来、一般檀家でも院号がほしいとか、始まって、寺に何の貢献もないのに、院号の話がでたので、寺の方でも、それならお金で貢献してもらいましょうとなったようです。
なので、院号が25万とか、30万とかいわれ、葬式のお布施、戒名代、同物料で100万越え等になっちゃっています。
さらには世話人になりたい、担当一般檀家無しで世話人なら最高、という家も数軒見ています。
護持費も同様で、役付きの人たちで寺を運営していて、一般檀家はおまけです。
事業の決議も役員で決まれば、一般檀家へは通知だけです。
役員の一員としてこれからもやっていけるなら、役員で居ることです。
今更根無し草のような一般檀家になる必要はありません。
そのためにも一段高いと思える席で、一段高い金を払ってください。

それらを無視して、我が道を行く人も大勢居ますので、心配なく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今、私は役員でも何でもありません。
私のお寺は、回り番で役が回ってくるというしくみで、だれもが役員になります。

お礼日時:2016/01/02 17:53

僧侶の免許である得度を受戒していますので回答をします。



 戒名でも院号はその寺院に御布施、協力金等を納めている金額が高い方しか付けられない名前であり、私の持つ僧侶の免許を無い者を金銭で対等にする事で霊位が上がっている訳です。僧侶の場合は小僧都、中僧都、大僧都と呼び方が異なり、その宗派での死亡された時の職務等によって戒名は変わります。

 戒名は院号が付かない場合は他の皆さんと同じ条件ですし、永代経、総回向(彼岸回向、盂蘭盆会回向)等は別扱いですし、条件は異なります。他には本山への帰山等は許可されても信徒の代表としての発言権はありませんし、特権は一切ありません。

 貴方の御先祖は土地の名士で寺院に多額の金額をされていた氏子や総代ではありませんか?この場合には最低でも5代以上は氏子や総代は先祖から継続されますし、其れなりの恩恵を受けています。これは仏門講で御釈迦様が「他人の幸福を願う者は徳を得て、自分の幸福しか望まぬ者は毒を得る」から氏子や総代は優遇され、特権として本山帰山等の纏め役、信徒の代表としての発言権等がある訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の家はまだ新しくが私で3代目なので、土地の名士でもありません。
分家なので、本家は古いですが…。
別に恩恵も受けていません。
お布施が高いのと会費が高いだけです。

お礼日時:2016/01/02 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺に納める年会費を断わるとどうなりますか?

お世話になります。

先日、実父が急逝しました。

父の所に来る郵便物を整理していると、とあるお寺からの年会費の振込用紙がありました。

このお寺にあるのは、父の実母の実母と実母の実姉のお墓と聞いています。
誰もお祭りする人がいなかったので、20年ほど前から父が引き受けたようです。

今回、父が亡くなったので、私が父に代わってとも思ったのですが、私自身は既に結婚して、夫は夫の家の跡を継いでいます。
それなのに、私の実家に誰も跡を継ぐものがなく(兄がいたのですが跡が継げる状態ではありません)、仕方なく夫が施主としてお祭りしてくれています。
これ以上、夫に負担はかけられません。

父は8人兄弟で、血の続いた実の兄弟もまだ多数健在です。今度の父の納骨の時に、出来ればどなたかにお願いしようと思うのですが(ご自分達の祖母と伯母のお墓ですから)、今までのいきさつから引き受けてくださる方がいないような気がします。

この場合、年会費を納めるのをお断りするとどのような不都合が起こってくるのでしょうか?

お墓自体は父が新しく建てたものですが、仏様自体は亡くなって既に100年は経っていると思います。

何かご存知の方が居られましたら、よろしくお願いします。

お世話になります。

先日、実父が急逝しました。

父の所に来る郵便物を整理していると、とあるお寺からの年会費の振込用紙がありました。

このお寺にあるのは、父の実母の実母と実母の実姉のお墓と聞いています。
誰もお祭りする人がいなかったので、20年ほど前から父が引き受けたようです。

今回、父が亡くなったので、私が父に代わってとも思ったのですが、私自身は既に結婚して、夫は夫の家の跡を継いでいます。
それなのに、私の実家に誰も跡を継ぐものがなく(兄がいたのですが跡が継げる状...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.3の者です。
 墓石も墓地使用権も相続の対象になる”財産”ではありません。どちらも売買、譲渡、貸与といった経済交換ができないからです。たとえnatu77さんがお父様の財産相続を放棄したとしても、祭祀継承の責任を免ぜられることにはなりません。祭祀の継承は法律で誰がすると決められているわけではなく、「常識の範囲」で故人の遺志を継ぐ人が継承することになります。常識的には祭祀は父祖から血縁の子孫へ継承されるものですから、natu77さんが継承者となることは特に不合理ではありません。

 こうした問題は結局、当事者同士が譲歩しあうことでしか解決しないので、natu77さんと叔父叔母の方たちとで、よく話合って、おたがいに応分の負担をするしかありません。
 お墓を無くすにしても墓地を更地にする費用のほかに、場合によってはお墓の魂抜きの法要やお寺から離檀する(檀家をやめる)時に費用がかかることが予想されます。お金の話ばかりでウンザリしてしまいますが、これはどうしようもないことです。子孫のつとめと思って、根気よく話し合われるしかありません。

 これは私の個人的な意見ですが、「父の実母の実母と実母の実姉のお墓」とご実家のお墓という祭祀者がいないお墓を二つも抱えていらっしゃるのであれば、ご主人と相談されて、今のお家のお墓に合墓(お墓をひとつにまとめる)されてはいかがでしょうか。どのみち、いくばくかの費用負担は避けられないのであれば、これを機会にお墓もお寺もひとつにまめてしまった方が良いように感じます。
 natu77さんの実感としては「父の実母の実母」や「父の実母の実姉」といわれても他人同然にしか感じないかもしれませんが、少し前までは「ひいおばあさん」「大伯母さん」はかなり近い親族という捉え方をされていたものです。実際、ひいおばさんがもし居なかったらnatu77さんもこの世に存在しなかったわけですし、トラブルがありながらもお父様がわざわざお墓を新しく建てられた気持ちも、もう一度よく考えられてはいかがでしょうか。
 とにかく壊れた冷蔵庫を粗大ゴミの回収に出すような感覚で、お墓をあつかわれることは非常に悲しいことだと思います。老婆心ながら‥‥

ANo.3の者です。
 墓石も墓地使用権も相続の対象になる”財産”ではありません。どちらも売買、譲渡、貸与といった経済交換ができないからです。たとえnatu77さんがお父様の財産相続を放棄したとしても、祭祀継承の責任を免ぜられることにはなりません。祭祀の継承は法律で誰がすると決められているわけではなく、「常識の範囲」で故人の遺志を継ぐ人が継承することになります。常識的には祭祀は父祖から血縁の子孫へ継承されるものですから、natu77さんが継承者となることは特に不合理ではありません。

 こう...続きを読む

Q護寺会費の渡し方

今度お墓参りに行くときに、お寺さんに護寺会費をお渡ししてきます。
そのとき、のし袋に入れればよいのでしょうか。
だとすると、そののし袋の種類は (1)ご仏前 (2)白黒蝶結びに「護寺会費」と書く (3)その他

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

宗教に纏わる(関わる)事柄は、宗派や土地柄(同じ宗派でも)に依って違いますが、
>>今度お墓参りに行くときに、お寺さんに護寺会費をお渡ししてきます。

護寺会費と言うのは所謂(いわゆる)お寺の総ての運営費(本山への上納金も含む、寺のお坊様の家族が使う「光熱費やトイレの汲み取り料「お墓全体の掃き掃除(パートを雇って)」、檀家役員(飲み食いも)の集会費等も)、で、普通は、お寺さんが集めると言うよりは、檀家総代が(役員達が)運営し、決算期には、会計報告を全員(遠方の方々へは郵送で)に配ります。
------------

そう言う内容的意味を含むお金ですので、偶に墓参りに言った時上げ金的(お包み)に、お寺へ差し上げる性質の物では無いと思います。毎年、決算報告と共に、その年の護持会費(仏様=戒名の位)は檀家の位に依って差し出す金額は決められて請求されますので、一般的な集金と同じ扱い(特定の集金袋が用意されて居なければ、ただの封筒=銀行や郵便局の封筒でもOK)
私の所は遠方に住んでいる為、振り替え為替で郵便局から納めています。
---------

宗教に纏わる(関わる)事柄は、宗派や土地柄(同じ宗派でも)に依って違いますが、
>>今度お墓参りに行くときに、お寺さんに護寺会費をお渡ししてきます。

護寺会費と言うのは所謂(いわゆる)お寺の総ての運営費(本山への上納金も含む、寺のお坊様の家族が使う「光熱費やトイレの汲み取り料「お墓全体の掃き掃除(パートを雇って)」、檀家役員(飲み食いも)の集会費等も)、で、普通は、お寺さんが集めると言うよりは、檀家総代が(役員達が)運営し、決算期には、会計報告を全員(遠方の方々へは郵送で)に配ります。
...続きを読む

Q檀家の年費用は?

東京は赤坂に先祖代々の菩提寺があります。お寺さんから「お寺の管理とお墓の掃除など等にお宅さまの場合は年間2万円を納めて下さい」と通知がありました。一般に言われている「護寺会費と墓地管理費」のことだと思います。大変に漠然とした話であり、そして甚だ不躾な質問になって恐縮ですが、皆さまの場合についてご開示頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 護持会費(墓地管理費を含む)は,寺によってまちまちです。
 うちの菩提寺は年額2万円です。母方の菩提寺は年額6千円です。
 母方の菩提寺は,修繕のたびに寄付が回って来ますが,うちの菩提寺は寄付が回ってきません。
 うちの菩提寺は,毎年,あちこち修繕や改修をしています。去年は本堂の屋根瓦の葺き替えをしました。近所の人から「teinenさんのところのお寺,屋根瓦の葺き替えをしてるけど,大層の寄付を言われたでしょ。」と言われましたが,全く寄付のお願いなどはなく,寺(宗教法人)の一般会計で賄われました。
 対して,母方の菩提寺では,修繕や改修のたびに「寄付のお願い」があるそうです。

Q菩提寺の護持会費

昨年夫の父を亡くし遠方の菩提寺の墓に納めました。
四十九日法要の接待を菩提寺の客殿で営み客殿使用料を払いました。この時護持会に入会した形になったのか最近になり17年分の護持会志納金振込みの用紙が送られてきました。法要をする前は一度も護持会費の要求はありませんでした。
1周忌もそろそろですが客殿を使用するつもりはなくどうしたものか考えてしまいます。経験者の皆様のアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

相当な誤解があります。
そもそも護持会というのは檀家組織で、檀家ということです。菩提寺は檀家全員でその維持費を負担し維持されています。その維持する檀家(護持会員)だけが、みんなで維持しているお墓を使用することが出来ます。
つまり、護持会の一人だから墓地が使用できるのです。
寺院によって、墓地管理費と護持会費など支出と収入の費目を分けている寺院と、一緒・一括な寺院とがありますが最終的には毎年決まった寺院の支出経費を負担し合う仕組みなので同じことです。
そもそも菩提寺というのは代々のもので、みんなでお金を出し合って造り、子孫が代々維持費を負担するという仕組みの寺ですので、その承継者としては当然のことなのです。
客殿がある場合の使用料も単に受益者負担で、使用に伴う費用を多少負担してもらうことが多いですが、運営費的な意味合いが強くとても建築費や維持修繕、建替え時の積み立てなどの費用を満たすような収入にはなっていないはずです(余剰金は修繕費に廻ることが多いです。その分各檀家の負担は減ります)。基本的に維持費は檀家みんなのものなのでみんなで負担します(護持会費等で)。
最悪、墓を撤去して、離壇し(当然護持会からも抜けます)、菩提寺と縁を切るということも現代では自由ですが、皆さんがそんなことをすれば先祖代々という先祖の思いも無になり、残りの方でその分も負担していきますが、それもできなくなると収入不足で維持不能となり、廃寺(寺が潰れる)となるだけのことです。近年田舎の寺院を中心に廃寺も多いです。

相当な誤解があります。
そもそも護持会というのは檀家組織で、檀家ということです。菩提寺は檀家全員でその維持費を負担し維持されています。その維持する檀家(護持会員)だけが、みんなで維持しているお墓を使用することが出来ます。
つまり、護持会の一人だから墓地が使用できるのです。
寺院によって、墓地管理費と護持会費など支出と収入の費目を分けている寺院と、一緒・一括な寺院とがありますが最終的には毎年決まった寺院の支出経費を負担し合う仕組みなので同じことです。
そもそも菩提寺というの...続きを読む

Q檀家&お寺に払う年間費「灯明料」etcについて

こんばんわ。

母が5年半前に亡くなってから、本家=母の実家に
これからはお寺さんに払っていくように、と言われる がままだったのですが。。。
収入がなくても払わなければならないのですか?
…というか 必ず檀家にならなければならないもの
&払うもの、ですか?

年間費納付の振込み用紙が来ているのですが、
『灯明料について:
涅槃会・開山忌・檀家先祖代々供養・施食会の各供養
の志、および献香料の意味において、全檀家にご志納
いただいております』
書いてあります。

母のお墓はお寺ではなく、地元の墓地にある本家の
お墓の敷地に建てて貰ったので「墓地管理費」は
ないのですが、「護寺会費」「灯明料」
「施食会塔婆代」で年間7500円です。

お寺の集まりには参加したことがなく、
葬儀やお墓の開眼式、一回忌にお世話になりましたが
お盆etcの時には来てません。

私は1年半前から働けなくなってしまい、
心療内科でカウンセリングを受けていて、母ひとり
子ひとりだった為 頼れる身内が居ないので
生活保護を受けている身です。
本家や親戚に理解されずに圧力をかけられていたので
今は疎遠状態です。

働けるようになっても7500円払い続ける事は
苦しいです。

年間費の他にも、「年始に"御年賀"持ってけよ」と
言われていたのですが、去年は払っていません。

私も母も、熱心な仏教徒ではないものの全く信じて
いない訳ではない程度で、私的には「お寺にお世話に
ならなくても、お墓には行っているし… きっと母も
それでいいと思ってくれてる筈」と思っているんです
が。。。

宜しくお願いします。

こんばんわ。

母が5年半前に亡くなってから、本家=母の実家に
これからはお寺さんに払っていくように、と言われる がままだったのですが。。。
収入がなくても払わなければならないのですか?
…というか 必ず檀家にならなければならないもの
&払うもの、ですか?

年間費納付の振込み用紙が来ているのですが、
『灯明料について:
涅槃会・開山忌・檀家先祖代々供養・施食会の各供養
の志、および献香料の意味において、全檀家にご志納
いただいております』
書いてあります。

母のお墓はお寺...続きを読む

Aベストアンサー

> 疑問に思ってしまうのが、母は お寺と関わって
> なかった=檀家ではなかった=年間費の請求は
> されなかったのに、

お母様のご葬儀はその寺院に依頼したのではありませんか?基本的に寺院は檀家によって維持され、住職は檀家に対してのみ法要儀式を行います。したがって、葬儀を依頼した時点で檀家に加わって、檀家として葬儀を行ったことになっているはずです。
厳密には、檀家に加わるのは分家した時点からなので、今までも払っていてもおかしくないのですが、分家さんから申告があって入壇手続きを行わない限り寺院側もわからない場合もありますし、特別法要儀式が無いので加わる必要も無かったということでしょう。葬儀の依頼時に檀家と判明することも多いですし、また寺院側では分家さんは葬儀時からとしている所も多いです。


人気Q&Aランキング