『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

田舎にあった掛軸。文字だけなんですが、何と書いてあるのか全く読めません。草書と思うのですが、読む方法ご存知の方、教えてください。どこかに写真持ち込んで読んでもらうことできるもんですか?

A 回答 (1件)

ここの質問コーナーに、写真を貼り付けて質問をされたら、


詳しい方の目にとまるかもしれません。
県立図書館に古文書センターなどは併設していませんか?
そういうところに、持って行ってみるとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。写真は検討してみたいと思います。

お礼日時:2016/05/20 13:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q掛け軸の字(変体仮名)が読めません。

こんにちは。

掛け軸に書いてある変体仮名が読めません。
画像を添付しましたので、
書かれている文字と意味を解説していただけますと、ありがたいです。

自分なりに推測したところ、
(1)恐らく短歌である
(2)1行目は「吹きよする」
3行目は「いろそえて」
5行目が「涙のまつや」 だと思っています。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.7の方の「長閑」「聞」で歌の骨格ができました。
 
 ふきよする 浪にみどりの いろそへて 長閑に聞こゆ 濱のまつ風
 (吹き寄する浪に緑の色添へて長閑に聞こゆ濱の松風)

 吹き寄せてくる浪に(松の)緑色を添えて美しい景色のなかにのんびりと聞こえている浜の松風の音であることよ
 このような歌趣でしょうか。それにしても「くずし字」「変体仮名」は難しいですね。
 重要なヒントを与えてくださったお二人に、質問者はお礼を申し上げてください。

Qお恥ずかしいのですが掛け軸の漢詩が読めないのでどなたか読んでいただけな

お恥ずかしいのですが掛け軸の漢詩が読めないのでどなたか読んでいただけないでしょうか。

http://jyuluck-do.com/SP70077.html

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分自作の詩なのではないでしょうか?「漢詩 百歳人生」で検索しても当てはまるようなページが出ませんでした。なので高年の書家の詩のような気がします。
『百歳人生一夢中』の所だけは読めました、現代人の40代以前の若手の書道家と呼ばれる人も草書はあんまり読めない人が多いです。
たぶんですけど意味は、「人生百歳になっても一つの事を夢中に出来る」とかなのではないのかな~と個人的には思ってます。
もっと草書の勉強もしないとなと思う若手の書道愛好家です(ペコ
お力になれなくすいません。

Q4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け

4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け軸でない御軸と思います。

文字は以下のとうり。 堅正不即 です。禅語から出典と思います。

くずし字で4文字目が即でなく却なら真宗の経典にありますが禅宗の僧侶の方の書ですので即と読みます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多少の文字の増減はよくあることだと思います。

禅宗の考え方と『華厳経』の思想は繋がる部分が多いので、『華厳経』の句ならば、全く違和感はないと思います。

ただ、禅宗の方は「これはどこどこ宗の経典だから」というようなことを言う方は少ないと思います。
そんな偏狭なことを言う坊さんは禅宗の坊主ではないでしょう。禅宗の坊さんなら、自身の心に響くよい言葉であれば、真宗の経典であろうと、キリスト教の聖書であろうと、どこからでも字を引っ張ってくるはずです。
実際、禅宗の高僧と言われる方で「南無阿弥陀仏」の軸を残していらっしゃる方は、少なからずいらっしゃいます。
ですから、「禅僧だから真宗のお経の文言を書いているのはおかしい、“却”ではなく“即”ではないか」という考えはいったん頭から外して、文字そのものを見てどのように読むか判断なさった方がいいと思います。

もしそのお軸の字が読めないのであれば、写真を貼付して皆さんに見ていただけば、きちんと読んでくださる方がいらっしゃると思います。

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多...続きを読む

Q掛け軸の文字を読んでいただきたいです。

 掛け軸を何幅か手に入れましたが、読み方がわからず困っています。読みと内容を知りたいところです。どなたか、お願いします。

Aベストアンサー

二三子や時雨るる心親しめり  高浜虚子


http://www5c.biglobe.ne.jp/n32e131/haiku/kyoshi416.html
http://www.kyoshi.or.jp/j-kuhi/kuhig/na.htm

Q掛軸の書(草書)の読み方を教えてください。

掛軸を頂き、ネットで色々と調べたのですが、どうしても読むことが出来ませんでした。
読める方がおられましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「守」「其」「中」でしょうか。

Q掛け軸に印が押してありますが何印と呼びますか。

掛け軸の最初の文字の右肩に印が押されていることがありますが
この印のことを何印と呼びますか?
教えてください。

Aベストアンサー

引首印(いんしゅいん)というものです。

参考URL:http://www.waseda.jp/aizu/hanko.html


人気Q&Aランキング