[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

アメリカから来ていた友人が帰国することになり、せっかくだから漢字の詩か何かを、扇子に書いてあげようと思ったんですが…なににしたらよいものやら。
前になにかの漫画で見た、”花花…”とかで始まる詩がよかったような。人生は花のようになんたらかんたらとかいう意味だったと思うんですが…。
あとは昔昔に台湾人の子が教えてくれた、あなたの笑顔は花のように美しい…とかいう詩もステキだったけど、全然覚えてないっ!
どなたか、そんな風なポジティブな、かつ別れを惜しんでいるようないい詩があったら教えていただけませんでしょうか!
…英訳するのでできれば短めでお願いしまっす!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

> 前になにかの漫画で見た、”花花…”とかで始まる詩がよかったような。


> 人生は花のようになんたらかんたらとかいう意味だったと思うんですが…。

おそらくこれは唐の詩人劉希夷の代悲白頭翁(白頭を悲しむ翁に代わりて)という詩の一節ではないでしょうか。

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
 年年歳歳 花 相似たり 歳歳年年 人 同じからず

 毎年毎年、花は同じように咲いているが、
 それを見る人は年々変わっていく。

別れの詩ではありませんが、分かりやすいという点ではいいかもしれませんね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

これです!まさにこれです!
マスターキートンか何かでしたっけ…??

一番好きな花を聞き出したところなので、これならちょうどいいかも!ありがとうございましたっ!

お礼日時:2004/07/27 23:28

#6です。



先程の和歌の意味ですが、

一度別れてしまうと、しばらくは距離も離れ、次に会うまでの時間も長いかと思うと、こうして目の前に見ながら、もう姿が見えなくなってしまったかのように寂しい気がする、という歌。
    • good
    • 2

漢詩ではないですが、いい和歌があります。


異性の方であればいいと思いますよ。

在原滋春 (ありはらしげはる)

[わかれては ほどを隔つと 思えばや かつ見ながらに かねて恋しき]


別れると、あなたと私との間を遠くへだてる(ことになる)と思うから、一方では(こうしたあなたに確かに
)会っていながら、前もって(こんなに)恋しいのかしら。

参考にして下さい。
    • good
    • 1

唐代の詩人,劉商{王永を送る}詩。

が最もふさわしいでしょう。

君去春山誰共遊。  君去らば春山誰と共にか遊ばん
鳥啼花落水空流。  鳥啼き花落ちて水空しく流れ
如今送別臨渓水。  如今別を送って渓水に臨む
他日相思来水頭。  他日相思わば水頭に来たれ  

あなが行っえしまえば,山野の春を誰と一緒に楽しめばよいの。
鳥は悲しげに啼き,花は散り落ち,見る者もなく川は流れるばかり。
今,別れを送って渓水に臨みます。
何時のの日にか想いだしたなら,水頭に来てください。
    • good
    • 4

唐代の詩人,劉商{王永を送る}詩。

が最もふさわしいでしょう。

君去春山誰共遊。  君去らば春山誰と共にか遊ばん
鳥啼花落水空流。  鳥啼き花落ちて水空しく流れ
如今送別臨渓水。  如今別を送って渓水に臨む
他日相思来水頭。  他日相思わば水頭に来たれ  

あなが行っえしまえば,山野の春を誰と一緒に楽しめばよいの。
土地は悲しげに啼き,花は散り落ち,見る者もなく川はながれるばかり。
今,別れを送って渓水に臨みます。
何時のの日にか想いだしたなら,水頭に来てください。
    • good
    • 3

おはようございます。



そうですねぇ・・・送別の漢詩で私のオススメでしたら、

于武陵

勸君金屈巵 君にすすむ金屈巵
満酌不須辞 満酌辞するをもちいず
花發多風雨 花ひらけば風雨多し
人生足別離 人生別離足る

(私訳)
さあ、金杯になみなみとついだお酒を飲み干してくれ。
花は開けば、きっと雨や風が蹴散らすもの。
人生だって別ればかりじゃないか。
『だからこそ、今、この瞬間を君と共に楽しみたいんだよ。今が私の人生の最高の刻だ』

私の意訳よりも、有名な井伏鱒二師の訳ならば、

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガセテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

この訳でしたら、若しかしたらご友人も聞いたことがあるかもしれませんね。


送友人 李白

青山横北郭 青山ほっかくに横たわり
白水遶東城 白水 東城をめぐる
此地一為別 此の地 ひとたび別れを為し
孤蓬萬里征 孤蓬 万里にゆく
浮雲遊子意 ふうん 遊子の意
落日故人情 落日 故人の情
揮手自茲去 手をふるって ここより去れば
蕭蕭班馬鳴 しょうしょうとして 班馬鳴く

緑の山並みが町の北に連なり、清らかな川が町の東をめぐり流れている。今、君はこの地に別れを告げ、風に舞い飛ぶよもぎのように、万里のかなたへと去って行く。浮かんでいる雲は旅人の心を、赤い夕日は私の情をあらわしているようだ。互いに手を振ってここから去ろうとすると、別れて行く馬も悲しげに鳴くよ。

李白送別詩です。
私は大好きな詩なのですが・・・

送別  王維

下馬飲君酒 馬より下りて君に酒を飲ましむ
問君何所之 君に問う いずくにか之(行)く所ぞと
君言不得意 君は言う 意を得ずして
帰臥南山睡 南山のほとりに帰臥せんと
但去莫復問 但だ去れ 復た問うことなからん
白雲無尽時 白雲尽くる時無し

(私訳)
馬からおりて、君に酒を酌んでやった。
ところでたずねるが、君はいったいどこへ行くのか。
君は「思いが定まらないから、南山の帰ろうかと思っている」と言う。
そうか・・・では行くがいい。もうこれ以上何も聞かな事にするよ。君の行く南山にはきっと、白雲が永遠に尽きることなく浮かんでいることだろう。

志半ばにして、蟄居しなくてはならなくなった友人に送る詩です。ネガティブに感じるかもしれないけど、最後の白雲・・・の件は、その友の行く末に大空が広がり、思いは尽きることなく続いている事を祈る思いが感じられて、私は好きですね。
「さらば我が友」で英訳されているようなので、ご友人もご存知かもしれませんね。

有名どころで三選挙げてみました。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 5

井伏鱒二の訳詩で有名な唐(618-907)の


于武陵[うぶりょう] が作った「勧酒」
と題する五言絶句はどうでしょう。

勧君金屈卮 この杯を受けてくれ
満酌不須辞 どうぞなみなみ注がしておくれ
花発多風雨 花に嵐のたとえもあるぞ
人生足別離 さよならだけが人生だ
    • good
    • 2

これは和歌ですけども、


「君や来(こ)し我や行きけむ思ほへず夢か
うつつか寝てか覚めてか」(意味…あなたがいらっしゃったのか、私が行ったのか。お逢いしたのは夢だったのだろうか、現実だったのか)

君のことを、いつも感じている…忘れはしないよ!って感じがして、私は好きです。

相手の方が同性か異性か、アナタが男性か女性かで
送る詩は変わってくるのだと思いますよ。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「友情」や「友人」を詠んだ和歌や詩。

上代、中古の文学作品で、「友情」や「友人」を詠んだ和歌や詩があれば教えてください。
恋や愛の歌は、目にしたことはありますが、友情や友人を詠んだ歌、詩は、ちょっと探したのですが見つかりません。
日本人は、いつ頃「友情」という感情を持ち始めたのか、興味があって質問しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。    間違えました。
西行の歌は万葉集ではありませんでした。

万葉集の歌は高丘河内の
吾が背子と 二人し居れば 山高み 里には月は 照らずともよし
でした。   背子は異性ではないとのこと。

取り敢えず二首見つかったわけです。
下記 URL をご覧下さい。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/friend1.html

Q仲間・友に関する漢詩または和歌

はじめまして。ただ今、参加しているバレーボール・チームのHPを作ることになりました。そこで、チームのモットーになるような漢詩か和歌をHPに載せようと言うことになりました。仲間と楽しむ、仲間を大事にしたい、とか、そう言った内容のものがないものかとサーチしましたがなかなかしっくり来るのが見つかりません。どなたか、何かご存知でしたら、教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チームのモットーというには切なすぎるかもしれませんが井伏鱒二の「勧酒」はどうでしょうか。
いつかは別れがくるのだから今を大切にしたいという思いが伝わってくるようで私は好きなのですが。
ご参考までに。
http://www.thewordvillage.net/ew0073.htm

参考URL:http://www.thewordvillage.net/ew0073.htm

Q「別れても、また会いましょう」という趣旨の詩・和歌・俳諧

恐れ入ります。
俳諧・和歌のことについて調べても分からなかったので、お尋ねしてもよろしいでしょうか?

「別れても、また会いましょう」という趣旨の和歌・俳諧があればお教えください。
日本の洗練された伝統文化である俳諧・和歌・詩には、
素晴らしい恋の詩や切なくなる様な歌があると思うのですが・・・。

ちなみに「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あわんとぞおもう」(崇徳天皇)

Aベストアンサー

百人一首なら、中納言行平の
「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」
も「瀬をはやみ~」に近い心情の歌ですね。行平が因幡の国に任官して旅立つ時に、京都に置きざりにした恋人に宛てて歌った歌だそうです。

Q桜を詠んだ短歌・俳句を教えて下さい。

いい季節ですね。
桜を詠んだ短歌・俳句はたくさんありますが
古典として有名なもの、また皆さんのお気に入りなどを教えてください。
超有名な歌でも 結構うろ覚えだったりしますので、ぜひこの機会にちゃんと覚えたいのです。よろしく。。。

Aベストアンサー

情景の美しさでは次の2つが気に入っています。

  ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ (紀友則)
  山里の春の夕暮れ来てみれば入相の鐘に花ぞ散りける (能因法師)

西行には花の歌が山ほどありますが,このちょっと皮肉な歌が好きです。

  花見にと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜のとがにぞありける

参考URL:http://www.wombat.or.jp/arumukos/unnk/unncssry/prl.html

Q定年退職者に贈る言葉(四字熟語)

みなさん、こんにちは。
 定年退職者へ贈る言葉として、どのような言葉が
ふさわしいか教えてください。
在職者一同から色紙に記入するので、
出来れば『四字熟語』で簡潔に表したいのです。
勝手いってすみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職後 社会に関わるのであれば
「率先垂範」
第二の人生が未定であれば
「深謀遠慮」
などいかがでしょう

Q「杯」が出てくる漢詩

高校時代に、
「友よ、杯を交わそう」
という内容の漢詩を習った記憶がありますが、正確に思い出せません。
作者が誰なのかも記憶にない状態です。
確か、久しぶりに会った友人と杯を酌み交わしながら語り合う、そんな内容だった気がします。

記憶が穴だらけで申し訳ありませんが、もしかしたらこれ?という感じで結構ですので、もしご存知な方がいましたら、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

思いついた私の好きな詩は皆様が出しましたので
漢詩、酒と言えば李白と杜甫ということで、一首ずつ
李白
兩人對酌山花開 両人対酌して山花開く
一盃一盃復一盃 一盃、一盃また一盃
我醉欲眠卿且去 我れ酔いて眠らんと欲す、きみしばらく去れ
明朝有意抱琴來 明朝意あらば琴を抱いて来たれ

杜甫
白也詩無敵 白や詩敵無く
飄然思不群 飄然として思い群ならず
淸新ゆ開府 清新、ゆ開府
俊逸鮑參軍 俊逸、鮑参軍
渭北春天樹 渭北、春天の樹
江東日暮雲 江東、日暮の雲
何時一尊酒 何れの時か一尊の酒
重與細論文 重ねてともに細やかに文を論ぜん

一部出せない文字(「群」と「ゆ」)がありました。ご容赦願います。

Q素敵な漢詩を教えてください!!!

 こんにちは。
 私は高校生なのですが、授業で習った漢詩の孟浩然の『春暁』が大好きになりました!白文でも字の並びがきれいで、読んだときのリズムが好きです。それで素敵な漢詩をもっと読みたいです!!私は漢詩とか漢文とかは初心者なので、文法とかも高校レベルなのですが、これからどんどん知っていきたいと思ってます!!こんな私に素敵な漢詩やおすすめの漢詩を教えてください!!!お願いしますっ!

Aベストアンサー

おおお、いいですねえ。高校生で漢詩を愛するとは。
わたしがその年齢だった当時は、どーも漢文が苦手で、漢詩もあまり面白いとは思えませんでした。今から思うと教科書に載っているのがあまり好きじゃない系統のものだったから、ということもあるようです。
授業でお気に入りの詩に出会えた質問者さまは幸せですね(^o^)。

よーやく最近漢詩にも食指が動くようになってきて、ちょこちょこ読んでます。とはいっても初心者(^o^)なので、質問者さまに決定版をおすすめ!というわけにはいかないのですが、わたしが気に入っている本は

講談社学術文庫「唐詩歳時記」「唐詩の風景」(どちらも植木久行)

です。
これは詩がメインというより、詩に出てくる地名や語句、行事を説明した本なのですが、関連する詩も豊富に載っています。わたしにとってはこういうスタイルが面白く読めるようです。口語訳もうるさくなくさらっと書いてありますし。

華やかな詩が好きですね。字面を眺めているだけで唐の都のにぎわいが目に浮かぶようで。ぱっと思い浮かぶのは李白の「少年行」でしょうか。
ああ、あと詩ではないのですが、同じく講談社学術文庫の「長安の春」(石田幹之助)の表題作にもお目通し下さい。(ちょこっと詩も載っています)
都のきらぎらしさが描かれていて、憧れます~(*^。^*)。

授業で習って好きだったのは「涼州詞」ですねえ。
特に一行目の「葡萄の美酒 夜光の杯」は、呟くだけできらきらした魔法がかかるような気がしました。(全体の内容はカナシイものですが(^_^;)。)
あとは誰でも知っていますが、白楽天の「長恨歌」……途中まで暗記したほど好きでした。これもきらきらなんですよね。特に前半は。

漢詩も数多くあると思いますので、手当り次第に読んでみましょう。時代や詩人で「これが好き!」というのがわかってくると思います。
図書館に行くと、漢詩のコーナーは充実していることが多いので、気が合いそうな本に出会えると思いますよ。

では失礼します~(^^)/~~~。

おおお、いいですねえ。高校生で漢詩を愛するとは。
わたしがその年齢だった当時は、どーも漢文が苦手で、漢詩もあまり面白いとは思えませんでした。今から思うと教科書に載っているのがあまり好きじゃない系統のものだったから、ということもあるようです。
授業でお気に入りの詩に出会えた質問者さまは幸せですね(^o^)。

よーやく最近漢詩にも食指が動くようになってきて、ちょこちょこ読んでます。とはいっても初心者(^o^)なので、質問者さまに決定版をおすすめ!というわけにはいかないのですが、わたし...続きを読む

Q励ます四字熟語、フレーズありませんか?

励ます四字熟語、フレーズありませんか?


「前向きになれ」や「ポジティブになれ」、という意味のもの

もしくは、1人で寂しい思いをしている人に送るような

四字熟語なり、短いフレーズ(名言や名ゼリフ)はありませんか?

色紙に書いて、友人にあげようと思ってます。

Aベストアンサー

#3です、丁寧なお礼を有り難うございました。

私の好きな四字熟語(友を励ます)を補足しますね^^

★万事如意

ほら、孫悟空が持ってる棒、あれ如意棒って言いますよね。「我が意の如く伸びる棒」という意味だったと思います。

直訳すると「万事(我が)意の如く」で、意訳すれば「いろいろあるだろうけど、きっとうまくいく」という意味です(中国で売ってるお土産なんかにもよく書かれていますよ)。

★行雲流水

ありきたりだけど、漂う雲と流れる水のことで、流れに逆らわないで、滞りなく動く自然の悠々とした姿。

ひいては、そのように生きたいと言うことですね。

★高志有勇

高い志と勇気が有る。(毛沢東の語です)。

★百折不撓

いくら失敗してもへこたれない。

★鉄杵成針
(てっかんせいしん)

努力を重ねれば鉄の杵も針と成る。

ご参考までに♪

Qお気に入りの俳句、短歌を教えてください。

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 

             (若山牧水)


この句を最初に読んだ時、(もちろんその言葉の意味はわかったのですが)あまりピンと来なかった記憶があります。でも最近この句をふと目にしたとき、とても心に響くものを感じました。多分自分の身に起こったいろいろな出来事や経験がそうさせたのではないか・・と思います。

皆さんにも、日々の生活の中で思わず口ずさんでしまうようなお気に入りの俳句や短歌はありますか?。もしあればひとつふたつ教えていただければと思います。

そして、なぜその句が好きなのか、また背景などもおありになればお書き添えいただければと思います。

よろしくお願いします。

※お礼は遅れぎみになると思いますが、必ず書きますのでご了承頂ければと思います。

Aベストアンサー

前に「人に逢いたい気持ち」と「夢で人に逢いたい気持ち」
を詠った回答をした者です。
なぜ、そのような歌に惹かれるのか、その事についても回答したくなりまして。

普段、友人達に心配されて、
「さみしくはないの?」と聞かれても、「さみしくなんかない(>_<)!」
「大丈夫なの?」と聞かれても、「大丈夫(>_<)!」
と強がってしまいます。
なので、あまり「さみしい」とか「逢いたい」とかは、滅多に表に出す事はありません。
その言葉を口にする事で、リミッターが外れてしまうのが怖いのかもしれませんね(^_^;)★
親しい友からも「甘えるの、下手くそだよね~(^_^;)」と心配されてますけど。
暴走しがちな気持ちが、好きな相手に向かいすぎて嫌われるのが怖いんです。
好き過ぎて、気持ちに余裕がなくなりそうなのも、また怖くて(^_^;)。
本だの写真だの、趣味などで集中力を使い果たすぐらいでちょうどいいようです。
自分でなかなか言わない気持ちを代弁してくれているようで惹かれるのだと思います。


あと他にも気になった歌があったので、再度回答に参りました。
今回は「花」に関する歌と、
「現代の歌の歌詞」に似た雰囲気の歌についてです。


●「花」

昨年は、「花」に関する質問に回答したり、
普段の休日に「花」を写真に撮ったりと、「花」も好きです。
万葉集の中には、花に関する歌もかなりあります。見返していて、いいな♪と
改めて思ったものを下記に挙げますね。

1、わが屋前(やど)の 毛桃の下に 月夜(つくよ)さし 下心良し うたてこの頃 (1889)

(訳)家の庭先の桃に月明かりがさして、とても心地いいね~♪

ちなみに「毛桃」というのは、桃の花も差しますが、女性を意識している事を暗に示している言葉だそうです(*^.^*)♪
恋をして、ふんわかした気持ちで、桃の花をながめているんですかね~。


2、久方(ひさかた)の 月夜(つくよ)を清(きよ)み 梅の花 心開(ひら)けて 我(あ)が思へる君(1661)

(訳)空の月もきれいだし♪ほころんだ梅の花みたいに、私も心を開いて、あなたの事を想っているよ♪



3、何すとか 君をいとはむ 秋萩の その初花(はつはな)の 嬉しきものを(2273)

(訳)嫌いになれるわけねえだろ。秋萩の初花を見るように、逢えば嬉しいんだからさ。


4、あしひきの 山桜花(やまさくらばな) 一目(ひとめ)だに 君とし見てば 我(あ)れ恋ひめやも(3970)

(訳)山に咲く桜を、病気にならずに、約束どおり一緒に見る事ができたなら・・・。「こんなに桜を楽しみにしていたんだ・・・」って、気がつかなかったのかもしれないね・・・。

これは、訳にも説明をほうりこんであります(ぉぃ)が、病に臥せった大伴家持が詠んだ歌です。「いつでもできる」と思っている事でも、できなくなってやっと気がつく・・・大事な事って、結構ありますね~(^_^;)。



5、橘は 花にも実にも 見つれども いや時じくに なほし見が欲し(4112)

(訳)橘は花も実も見るのが楽しい♪いつもいつも見ていたいな♪


●「現代の歌の歌詞」

あと、「現代の歌の歌詞」と似た雰囲気の歌を見つけては、
悩んだり、喜んだり、考えたりする事って似ているのかもしれないな♪
と思いまして。下記に、その中のいくつかを挙げますね。
まるっきり同じというわけではないので、微妙にニュアンスが違うものもありますが、
そのズレも含めて、楽しんでいただけたら幸いです(^_^;)。


1、人もなき 国もあらぬか 我妹子(わぎもこ)と 携(たづさ)ひ行きて たぐひて居(を)らむ(728)

~時のない世界へ二人で行きたい 愛だけをただずっと見つめて~
相川七瀬「Lovin’ You」


2、我が背子(せこ)は 物な思ひそ 事しあらば 火にも水にも 我がなけなくに(0506)

~ああ風よ吹け ああ雨よ降れ その気になれば 何もつらくない
ああ情熱が火をふいて どうにもとまらない~
山本リンダ「どうにもとまらない~ノン・ストップ・バージョン~」


3、我妹子(わぎもこ)に 恋ひつつあらずは 秋萩の 咲きて散りぬる 花にあらましを(0120)

~いつでも君の笑顔に揺れて 太陽のように強く咲いていたい
胸が痛くて、痛くて、壊れそうだから
叶わぬ想いなら せめて 枯れたい~
L’arc en Ciel「FLOWER」



4、我が背子と ふたり見ませば いくばくか この降る雪の 嬉しくあらまし(1658)

~雪原の大地に 二人きりの吐息が舞う
つないだ指先に 大切な気持ちを覚えたよ~
L’arc en Ciel「Winter,fall」



5、真木の上に 降り置ける雪の しくしくも 思ほゆるかも さ夜(よ)問へ我が背(1659)

~降り積もる思い出より貴方を愛してる 
立ち止まり うずくまった私を見つけて~
GLAY「つづれ織り」


6、相見ては 恋慰むと 人は言へど 見て後にぞも 恋まさりける

~いつもの改札で「またね」と手を振って
見えなくなる 僅かな時の中でさえ
もう逢いたくなるよな 激しさ~
GLAY「LAYLA」


7、我(あ)が心 焼くも我なり はしきやし 君に恋(こ)ふるも 我が心から(3271)

~JEALOUS BEAST!I’m in the mirror!!~
GLAY「嫉妬」



8、今さらに 何をか思はむ うちなびき 心は君に 寄りにしものを(0505)

~あなただけ見つめてる 
出会った日から 今でもずっと
あなたさえそばにいれば 他になにもいらない~
大黒摩季「あなただけ見つめてる」



9、笹の葉に はだれ降り覆ひ 消(け)なばかも 忘れむと言へば まして思ほゆ(2337)

~君がつぶやいた「もうダメかな・・・」
その時 二人の中を 風が吹き抜けた~
オフコース「夏から夏まで」

蛇足だとは思いますが、前に他の回答者様が回答された歌について、です。
「瀬を早み 岩にせかるる滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」」
これはアニメ化もされている漫画「シティ・ハンター」で、題材に使われた事もありました。
離れ離れになった恋人どうしが、この歌が刻まれた鏡をお互い、大事に持ち続けている話です。再会を望んでやまない恋人の気持ちがあらわれている、いい歌ですね。切ないですけど・・・。


長々と失礼しました。
それでは失礼します。

前に「人に逢いたい気持ち」と「夢で人に逢いたい気持ち」
を詠った回答をした者です。
なぜ、そのような歌に惹かれるのか、その事についても回答したくなりまして。

普段、友人達に心配されて、
「さみしくはないの?」と聞かれても、「さみしくなんかない(>_<)!」
「大丈夫なの?」と聞かれても、「大丈夫(>_<)!」
と強がってしまいます。
なので、あまり「さみしい」とか「逢いたい」とかは、滅多に表に出す事はありません。
その言葉を口にする事で、リミッターが外れてしまうのが怖いのかもしれ...続きを読む

Q小説・古典等の有名な一節を教えてください

小説や古典の中で、有名な、知っていると教養になると言えるような一節を教えてください。
あえて名言と書かなかったのは、名言ですと個人の主観も入ってしまうので、あくまで歴史的に評価の定着した有名なものだけを教えていただきたいです。有名な一節であれば小説等でなくとも、個人の言葉でも何でもかまいません。また時代も国も問いません。
また多くの人が知らなくても、研究者やその作品の愛好家の中ではこの一節は有名ですというものも是非教えてください。

例として

奥の細道 「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」 
方丈記 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」
平家物語 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」

などの古典の有名な一節から、
シェイクスピアの
ハムレット 「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」
リチャード3世 「馬をよこせ、かわりに王国をくれてやる」
リア王 「人は泣きながら生まれてくる」
オセロ 「きらめく剣を鞘におさめよ。夜露で錆びる」
マクベス 「きれいは汚い、汚いはきれい」

他にも
ゲーテ・ファウスト 「時よ止まれ、汝はいかにも美しい」
カミュ・異邦人 「太陽がまぶしかったから」
毛沢東語録 「青年は午前八時の太陽である」、「東風が西風を圧倒する」
森鴎外訳・ハムレット 「弱き者よ。汝の名は女なり」
梶井基次郎 「桜の木の下には死体が埋まっている」
森鴎外 「水が来た」(非常に簡潔な表現として、これは特に有名だと思います)
夏目漱石・こころ 「記憶してください」
太宰治・人間失格 「恥の多い生涯を送ってきました」
雪国 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
風立ちぬ 「風立ちぬ。いざ生きめやも」
平塚らいてう 「元始、 女性は太陽であった」

小説だけでなく歴史学者ピエンヌの「マホメットなくしてシャルルマーニュなし」、クローチェの「すべての歴史は現代史である」、マルクス「歴史は二度繰り返す。最初は悲劇として、二度目は喜劇として」、
アクトン「権力は腐敗する。絶対権力は絶対腐敗する」、アンティゴノス2世「王権とは名誉ある苦役である」、オルテガ「私は私と私の環境である」、秋瑾「「秋風秋雨、人を愁殺す」、
1831年にアメリカで発刊された新聞の奴隷制反対の有名な標語「私は1インチたりとも後へは退かない」

など、ジャンル・時代を問いません。知っていると教養になるような有名な一節をお願い致します。

小説や古典の中で、有名な、知っていると教養になると言えるような一節を教えてください。
あえて名言と書かなかったのは、名言ですと個人の主観も入ってしまうので、あくまで歴史的に評価の定着した有名なものだけを教えていただきたいです。有名な一節であれば小説等でなくとも、個人の言葉でも何でもかまいません。また時代も国も問いません。
また多くの人が知らなくても、研究者やその作品の愛好家の中ではこの一節は有名ですというものも是非教えてください。

例として

奥の細道 「月日は百代の過客にし...続きを読む

Aベストアンサー

lugalさん、こんにちは。

兵を養うこと千日 用いるは一朝にあり (水滸伝)

I want to still be me when I wake up one fine morning and have breakfast at Tiffany’s.
私は私自身でいたいの。たとえ、あるよく晴れた朝に目覚めて、ティファニーで朝食をとることになったとしてもね。 (カポーティ「ティファニーで朝食を」)

人生は計画するためではなく、行動するために作られた (ルソー)

自由とは 二足す二が四だと言える自由のことだ。 (オーウェル「1984年」)

自分の時間で生きたいと思うあまり、人はその時代とともに死ぬ (スタンダール)

幸福とは、幸福を探すことだ (ルナアル)

ここではめいっぱい走ってなくちゃいけないの。同じとこに居続けるためには。 (キャロル「鏡の国のアリス)

勇気のかけらも無くちゃ、人生はただただ耐え難いものだから (ボーム「オズの魔法使い」)

悪魔の手先は、血も肉も通っているかもしれないじゃないか。 (ドイル「バスカヴィル家の犬」)

あんまり誰かを崇拝するということは、自分の自由を失うことなんだ (ヤンソン「ムーミン谷の仲間たち」だった思う スナフキンのセリフ)

歌は終わった。しかしメロディーはまだ鳴り響いている (村上春樹「風の歌を聴け」)

涙は人間の作る一番小さな海です(寺山修二「人魚姫」)

昼は夢 夜ぞうつつ (江戸川乱歩)

火を消すには火を持って為せ (シェイクスピア「ロミオとジュリエット」)

Life’s but a walking shadow. 人生はしょせん歩くまぼろし。 (シェイクスピア「マクベス」)

とりあえずこのへんで。リクエストあれば続編もありますよ。

lugalさん、こんにちは。

兵を養うこと千日 用いるは一朝にあり (水滸伝)

I want to still be me when I wake up one fine morning and have breakfast at Tiffany’s.
私は私自身でいたいの。たとえ、あるよく晴れた朝に目覚めて、ティファニーで朝食をとることになったとしてもね。 (カポーティ「ティファニーで朝食を」)

人生は計画するためではなく、行動するために作られた (ルソー)

自由とは 二足す二が四だと言える自由のことだ。 (オーウェル「1984年」)

自分の時間で生きたいと思...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング