ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

大日本帝国海軍の軽巡洋艦と重巡洋艦について
砲などの兵装や排水量などの違いを教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1922年のワシントン海軍軍縮条約で主砲の口径が、5インチ以上8インチ以下で排水量1万t以下のものが巡洋艦に分類されました。



WW1でドイツの軽巡洋艦が通商破壊戦を実施して戦果を収めたものがあったので、
その軽巡洋艦を確実に撃破する為に軽巡洋艦の大型化、大口径化の流れは条約の前からありました。
日本の古鷹型はこの流れに沿った計画で建造されていて、当初は軽巡洋艦という分類ですね。

この軽巡洋艦というのは元々は軽装甲の巡洋艦という意味で防護巡洋艦(石炭庫を防御として利用)や装甲巡洋艦・巡洋戦艦(装甲を持った巡洋艦)に対する言葉として、
WW1前から各国で使われていました。

ワシントン条約で巡洋艦の砲と排水量の上限が決められてしまったので、
各国はその範囲内で強力な巡洋艦を建造しようとしました、これが条約型巡洋艦というものです。
妙高型が条約型巡洋艦ですが計画当初は軽巡洋艦と呼ばれています。

1930年のロンドン軍縮条約で、それまで無制限に建造できた巡洋艦に制限がかけられます。
6.1インチ~8インチ以下を重巡洋艦
5.1インチ~6.1インチ以下を軽巡洋艦としました。
それまで国際的に(軽)巡洋艦と言われていた船を強引に主砲口径で重巡洋艦と軽巡洋艦に分けたのです。
高雄型までは重巡洋艦として建造されていて命名基準では一等巡洋艦の山の名前を持っています。

で、海軍はもう6隻どうしても重巡洋艦に匹敵する戦力のフネが欲しくて、
最上型利根型を軽巡洋艦の枠で建造します。最上型が6.1インチ(15.5cm)で2等巡洋艦として建造されました。
利根型は条約からの脱退が念頭にあったので8インチで建造されていますが、公式(書類上)には2等巡洋艦で最上型同様に川の艦名になっています。
最上型の次重巡洋艦は、最上型を改良した伊吹型になるのですがこちらは一等巡洋艦として計画されています。

日本海軍の1等巡洋艦と2等巡洋艦という分類は条約の前からあったのと、
後から条約で重巡洋艦と軽巡洋艦を各国が強引に分けたこと、
日本海軍は重巡洋艦が欲しくて、戦力が高い最上型を軽巡洋艦として建造したこと、
その後、条約がなくなっても分類や艦名がそのまま用いられたりして混乱していること、
等等、詳しく調べてみると面白いですよ。

古鷹型の加古は予算が5500t軽巡の予算で建造された為、軽巡の名前ですね。
太平洋戦中、日露戦争時に活躍した装甲巡洋艦は海防艦から一等巡洋艦(いわゆる重巡)に変更されていますね。
    • good
    • 3

火砲による攻撃力を重視したのが重巡



雷撃力や速力を高めて駆逐艦と共同行動を取れる能力を持たせたのが軽巡

又はたワシントン軍縮条約で排水量1万トン以下で砲口8インチ以下?未満?と規定されたのが重巡とも言える
    • good
    • 1

軽巡洋艦か重巡洋艦かは、主砲の口径の違い。


最上型は15.5cm砲装備の軽巡→20.3cm砲装備の重巡になったわけですし。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E4%B8%8A …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駆逐艦と巡洋艦の違い

すいません、初歩的な質問で・・・。
旧日本海軍に関する本を読んでの疑問です。
ほかに軽巡洋艦と重巡洋艦の違いとか、戦艦との違いとか。構造、用途、実務など初心者にわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

旧日本海軍の駆逐艦は概ね2000トンクラスのものでした。戦争末期には防空駆逐艦なども作られましたが,通常は砲撃,雷撃(魚雷),爆雷により海上決戦時の補助や,敵潜水艦に対する攻撃,或いは,戦争後期には物資輸送などにも多用されました。旧海軍では駆逐艦は軍艦とは見なされず,艦首に菊の御紋がついていなかったと記憶しています。
巡洋艦は戦艦に次いで攻撃力と防御力を持つものです。重巡洋艦の場合は通常1万トンクラスで15.5~20センチ砲を持っていました。日本海軍では雷撃を重視し,戦争末期には魚雷発射管をたくさん装備したものや,また,改装後の最上のように後部を飛行甲板とした航空巡洋艦なども作られました。
軽巡洋艦は第二次大戦以前の巡洋艦の流れを引き継いだもので,砲も小さく,砲数も少ないものでした。水雷戦隊の旗艦を務めるというのが多いものです。しかし,矢矧のように後期に作られた軽巡洋艦は高速と装備でしたネ。
戦艦は大鑑巨砲主義の観点で作られたものですが,防御も攻撃力も群を抜いたものです。3万トン~7万トンと大きな艦でした。実際には初期の金剛型のような巡洋戦艦(後に改装されて戦艦となりました)という分類もあるのですが,砲は36センチ~46センチでした。10キロ離れたところの40センチの鋼鉄を紙のように打ち抜くような威力を持っていたのですヨ。初期は低速のものが多かったのですが,航空母艦についていくために,高速に改装されました。後期には伊勢や日向は後部の砲塔を撤去して,航空戦艦として改装されましたネ。
艦隊決戦を主眼として作られましたが,実際には艦砲射撃が最も多用された実務であったと言えるでしょうネ。
簡単に書いてみました。
以上kawakawaでした

旧日本海軍の駆逐艦は概ね2000トンクラスのものでした。戦争末期には防空駆逐艦なども作られましたが,通常は砲撃,雷撃(魚雷),爆雷により海上決戦時の補助や,敵潜水艦に対する攻撃,或いは,戦争後期には物資輸送などにも多用されました。旧海軍では駆逐艦は軍艦とは見なされず,艦首に菊の御紋がついていなかったと記憶しています。
巡洋艦は戦艦に次いで攻撃力と防御力を持つものです。重巡洋艦の場合は通常1万トンクラスで15.5~20センチ砲を持っていました。日本海軍では雷撃を重視し,戦争末期...続きを読む

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q日本海海戦でZ旗を掲げたのはどうして?

日露戦争の日本海海戦のときに日本がZ旗を掲げたそうですが、
どうしてZ旗を掲げたのでしょうか?
↓で見ると、Z旗に大した意味はないようです。
http://www.sarago.co.jp/nfhtm/0z.html
普通は日の丸を掲げるのではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

また来ました。m(__)m
No7 さんの回答に補足します。

この海戦の直前まで、実はウラジオストックを根城にしたロシア艦隊が、日本の輸送船を襲いまくって多大な被害が出ています。

上村司令官が巡洋艦という足の速い船の艦隊で追いかけまわしたのですが逃げまくられて被害が続出し、司令官の自宅には「ロ譚(ろたん:ロシアのスパイという意味)」と言われて石を投げられたそうです。

そしてこの海戦の直前にやっとウラジオ艦隊を捕まえてやっつけた所でした。

もしここで、バルチック艦隊の強力な戦艦などが一隻でもあるいは、戦艦といわず足の速い大砲を持った船なら輸送船攻撃には十分ですから、バルチック艦隊のごく一部数隻がウラジオに入るだけで、輸送船はまたビシバシ沈められて、陸軍は弾も食料も尽き果てて壊滅してしまいます。

この話は、後にバルチック艦隊司令官だった、ロジェストウェンスキーという人が本国で裁判にかけられた際、証言した記録が残っています。

従って東郷司令官は、正真正銘、バルチック艦隊を「全滅」でなければいけなかったのです。
そしてバルチック艦隊とは、未曾有の超大艦隊でした。

ここまで切羽詰った大会戦というのも珍しいのではないかと思います。

また来ました。m(__)m
No7 さんの回答に補足します。

この海戦の直前まで、実はウラジオストックを根城にしたロシア艦隊が、日本の輸送船を襲いまくって多大な被害が出ています。

上村司令官が巡洋艦という足の速い船の艦隊で追いかけまわしたのですが逃げまくられて被害が続出し、司令官の自宅には「ロ譚(ろたん:ロシアのスパイという意味)」と言われて石を投げられたそうです。

そしてこの海戦の直前にやっとウラジオ艦隊を捕まえてやっつけた所でした。

もしここで、バルチック艦隊の強力な戦...続きを読む

Q第二次世界大戦時で最も優秀な戦車は?

ドイツのタイガー戦車が強力で有名ですが、
ソ連軍のT-34という戦車がそれを打ち負かしたということを知りました。
さらにタイガー戦車より最新のパンター戦車というのもあるらしいです。
総合的に見て最優秀の戦車(一対一で勝てる)は何だったのでしょうか?

又日本は戦車の開発には関心が薄かったようですが、
それはどうしてでしょうか?
中国戦線では大活躍すると思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

兵器の優秀さというのは、1対1で強いかとかカタログデータで決まるものではないのですね。別に兵器に限った話ではないのですけれど。
1対1で単純に強いといったらドイツのタイガー2(キングタイガー)だったと思いますが、じゃあキングタイガーは無敵で前線の兵士から歓迎されたかというと、前線の兵士の評判はあまりよろしくないのですね。なぜかというと、これはまあドイツ軍重戦車の宿命でもあるのですが故障しやすくて部品ひとつひとつがやたらと重い。つまり整備が大変だったからです。

1対1で強い戦車があれば戦争に勝つかというとそうでもないのです。例えば1940年のフランス電撃戦のとき、ドイツ軍の持つ戦車は3号戦車と4号戦車(前期型)が中心で、武器としては機関銃しか持っていない2号戦車の数もまだまだありました。
一方のフランス軍にはシャールB1という重戦車があり、イギリス軍にもマチルダ2という戦車がありました。カタログスペックだけ見たら、B1戦車もマチルダ2も3号戦車や4号戦車より優れているのです。しかも、その数はドイツ軍に比べると英仏連合軍のほうが多くの戦車を持っていたのです。
しかし、戦争にはドイツ軍が勝ちました。その勝因は、戦車を集中して運用したからです。

プロ野球でも、ものすごい4番バッターがいたら優勝するかというとそうではないですよね。チームとしての全体のバランスが重要です。サッカーもそう。軍隊(戦争)もそうなんです。
第二次大戦のときのアメリカ軍の主力戦車はM4シャーマンです。カタログスペックだけ見ると、ドイツ軍の4号戦車よりちょっと優れている程度です。だからドイツ軍のタイガーやらパンターやらには直接対決では勝てなかった。でも、アメリカ軍はそれでよかったのです。アメリカ軍にとってM4戦車は歩兵支援用です。だから、それ用のための性能を重視しました。そして、ドイツ軍の強力な戦車には、航空機などの戦車の苦手な手段で当たればいいと考えていたのです。これぞアメリカ人の超合理主義。「戦車の相手は戦車がしなきゃいけないと誰が決めたのだ」というわけです。

戦車というのはですね、基本的に消耗品なのです。いくら優れた戦車でも1両だけじゃどうしようもない。それなら平凡な性能の戦車が10両あったほうがいいのです。
これが基本的に理解できなかったのが日本軍。理解できなかったというか、受け入れられなかったというべきでしょうかね。基本的に貧乏な日本軍では、お金のかかる戦車を大量に用意して消費しながら戦うなんて贅沢な戦い方はやりたくてもできなかったのです。

日本軍悲劇の戦車チハタンこと九七式中戦車は、カタログスペックだけを見ると同時代の戦車、例えばドイツの3号戦車初期型とほぼ同等の性能を持っています。3号戦車初期型が37ミリ砲を搭載していたのに対して、チハタンは57ミリ砲を搭載していたので、カタログ上は上です。
しかしこの、「カタログ上は」ってのがネックで、実はチハタンの57ミリ砲、初速が遅くて徹甲弾の性能が低かったので対戦車砲としては使い物にならなかったのです。これは日本工業力の限界。
そしてなによりエンジンの性能が低かった。3号戦車が300馬力のエンジンを持っていたのに対してたった170馬力しかなかった。だから、改良を加えたくても性能に余裕がなかったのです。

日本軍は戦車の開発に関心がなかったわけではないです。ただ中国軍にはほとんど戦車はなかったし、アメリカ軍も第二次大戦前にはほとんど戦車を持っていませんでした。しかしソ連軍は戦車を大量に持っていたので、ソ連軍への対抗上戦車への関心は持っていました。
しかし、ソ連軍が戦車を「大量に動員する」という戦い方をしてきたノモンハン事変を目の当たりにして、「あんな戦い方は(貧乏で戦車を揃えられない日本には)とてもムリ」となったのです。
戦車は戦車単独で存在しているわけじゃなくて、修理をする整備兵や、補給をするトラックなども必要ですよね。ところが当時の日本人にはそもそも車の運転ができる人がいなかった。自動車運転は「特殊技能」扱いです。ましてやそれの整備ができる人となるともっといない。だから運用にも限界があるのです。国に車が行き渡っていて、当然自動車修理工がいっぱいいたアメリカとの違いです。

兵器の優秀さというのは、1対1で強いかとかカタログデータで決まるものではないのですね。別に兵器に限った話ではないのですけれど。
1対1で単純に強いといったらドイツのタイガー2(キングタイガー)だったと思いますが、じゃあキングタイガーは無敵で前線の兵士から歓迎されたかというと、前線の兵士の評判はあまりよろしくないのですね。なぜかというと、これはまあドイツ軍重戦車の宿命でもあるのですが故障しやすくて部品ひとつひとつがやたらと重い。つまり整備が大変だったからです。

1対1で強い戦車があ...続きを読む

Q船は皆女性扱い?

戦艦とか、船、乗り物はよく女性扱いされますが、大和やビスマルクみたいな男の名前の船でも女性扱いされたのでしょうか?
少し調べてみたらビスマルクは彼女ではなく彼と呼ばれていたとある一方、ビスマルクはあくまで性なので女性扱いされていたとかいろいろあるので確信が持てません。
詳しい方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

気になって、調べてみました。戦艦ビスマルクのドイツWikiの書き出しは
Die Bismarck war ein Schlachtschiff ・・・ビスマルク(女性)は戦艦(中性)
だった・・・とあります。

なぜ船の名前が女性なのかについては、数え切れない数のQ&Aが有りました。
<なぜOtto(男性名) von Bismarckさえも船名なら女性なのか?>の類です。

結論は無いようですが、一応参考になりそうな意見です。
MDR1ラジオ テュービンゲンで紹介されたものの要旨です。
1.船を女性と見ていて海を支配していたイギリスの習慣を引き継いだ、
2.古代エジプトで船が幸福をもたらす女性的な存在とされていた、
3.男だけの船乗りが、女性の同伴者を渇望していた。
例外は、皇帝 Wilhelm II. が命名した"Der Imperator"やカソリック聖人に
ちなんだ船名等だそうです。
http://www.gutefrage.net/frage/schiffe-haben-meist-weibliche-namen-warum-und-was-ist-mit-u-booten

他の記事(Time)では、ローマ時代に既に船名は女性であった事が考証されていいます。
そこでは<フランスでは「変態的」に男性である>とも書かれています。

結論の無い議論を延々と繰り返しているようですので、一つ興味ある説を紹介します。
1.「彼女」はある一人の「男」に操舵されなければならない。
2.監視されていない瞬間に「彼女」は権力を握る。
3.「彼女」は積まれ過ぎるのを嫌う。
4.所有者が変わると「彼女」は新しい名前に変わる。
5.「彼女」はいつも服装(艤装)に金が掛かる。
6.「彼女」には所有者が考えた以上に維持費が掛かる。
7.「彼女」はある「男」を奈落の底に引込むかも知れない。
8.「彼女」は出かける(出港)前に、白粉し着付け(手入れ)をしなければならない。
9.年と共に「彼女」は費用効率が低下する。
ある女性船員の回答です。
http://blog.zeit.de/zeit-der-leser/2010/06/17/leser-fragen-warum-sind-schiffe-weiblich/

乗組員がビスマルクを「彼」と呼んでいたとの記事は見つかりませんでした。
様々な意見の中には<船は荒れる海から船員を保護してくれる「子宮」的な意味が
有った>と言うものもあります。水兵は当時としては教育レベルの高い方なので、
船は「女性」である事や呼称も統一されていたと推測します。もし「彼」と
言う記事が有ったら、「珍しいから記録された」可能性も有ります。

気になって、調べてみました。戦艦ビスマルクのドイツWikiの書き出しは
Die Bismarck war ein Schlachtschiff ・・・ビスマルク(女性)は戦艦(中性)
だった・・・とあります。

なぜ船の名前が女性なのかについては、数え切れない数のQ&Aが有りました。
<なぜOtto(男性名) von Bismarckさえも船名なら女性なのか?>の類です。

結論は無いようですが、一応参考になりそうな意見です。
MDR1ラジオ テュービンゲンで紹介されたものの要旨です。
1.船を女性と見ていて海を支配していたイギリスの習慣を引き...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q空母のカタパルトは、米国でしか造れない?

ここしかないのでお訊きします。だいぶ前なので、現在は状況が違うかもしれないですが何度か空母のカタパルトについて、イギリスやフランス・ロシア等が開発しようとしたけど無理で米国だけだと本で見たような。これ自体は軍事や戦略等から見ると大した話ではないでしょうが、事実ですか?単に、米国以外は大型のジェット戦闘機を空母から飛ばそうとしなかったり目的・戦略が違っただけとか。それに何年か前に、フランスの今までの原・水爆実験で得た情報と米国の情報を交換するとニュースで見たり、エシュロンという世界規模の盗聴網で米・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの白人クラブがあるとEUの議会で取り上げられたのを見るとカタパルトの技術くらい教えそうですが。
それに現在は、先進国間で留学等の知の交流があるし物質工学や工作機械や設計・加工技術等の差がそんなにあるのか疑問ですが。

Aベストアンサー

シャルル・ドゴールのカタパルトはアメリカ製のようですね。

というか、アメリカ以外の最近の空母でカタパルトで離艦するのってってシャルル・ドゴールだけじゃないでしょうか。
なお、フランスの旧艦ですが、クレマンソー級の蒸気カタパルトはイギリス製のようですから、アメリカでしか作れないと言うことではないようです。

ただ、現在、イギリスやロシアの空母はカタパルトではなく、スキージャンプを使った離艦です、おそらく、今後のアメリカ以外の空母はSTOL能力の高い機材で運用というのが世界的な流れでしょう。アメリカにしても、強襲揚陸艦などにはSTOL+スキージャンプというのが登場するかもしれません。

アメリカ以外で蒸気カタパルトを作らないのは、空母の思想が変わってアメリカ以外での需要がないからだと思いますよ。外国で作ったとしても売れなきゃどうしようもないですから。

Q旧日本軍はどうして潜水艦を強化しなかったのでしょうか?

第二次世界大戦もののDVDを観て思ったのですが、
潜水艦の役割は重要です。
攻撃にしろ、防御にしろ威力絶大と感じました。
とくに太平洋に飛び飛びにある島の防衛などは、潜水艦を配備していれば強化できたと思います。
日本の潜水艦のことはあまり聞きませんが、
海軍は、どうして潜水艦の開発に力を注がなかったのでしょうか?
海を制したかったら潜水艦が不可欠ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本海軍は、甲標的艦を完成。実戦に投入しました。
2人乗りの水中高速型の潜水艦の開発に成功していたのです。

この事実に米軍は驚愕しました。

時の水上機母艦は、甲標的艦母艦として即座に改装可能なように設計、建造されていました。

潜水艦に対し相当力を注ぎ込んでいたようです。

日本軍では潜水艦とは、
隠密行動を取り、単独で侵入し、敵艦船を攻撃する為の兵器でした。(特攻に近い思想)

艦隊戦では、艦隊の前で哨戒に当たらせ、
平時は、敵の基地付近の哨戒任務に付かせました。

一方、米軍の潜水艦は日本軍のそれよりはるかに劣ります。
酸素魚雷の開発もまだでした。

米軍は、
潜水艦を3隻一組とする狼狽戦法で弱い輸送船団を襲う事に専念します。
彼らは、日本軍の海防艦が、殆ど使い物にならない木造船である事を知っていました。

日本軍は
駆逐艦を重雷装する事により重巡洋艦と匹敵する戦力としようとします。
重巡洋艦は、重雷装させ、戦艦と互角で戦える事を目標としました。

その結果、被弾に対しては極めて脆く火災、誘爆が多かったのです。

米軍は、無理な雷装や、無理な作戦より、
より効果的な運用方法を目指しました。

追い詰められ、
潜水艦に戦艦が沈められるようになると、
日本海軍も、もう終わりだな。
こう言う空気が流れます。

潜水艦に対する防御、発見方法、攻撃方法などが確定していないと言う、根本的な問題でした。

>とくに太平洋に飛び飛びにある島の防衛などは、潜水艦を配備していれば強化できたと思います。

潜水艦は、常に最前線に投入され、後方は無視されました。

>日本の潜水艦のことはあまり聞きませんが、
海軍は、どうして潜水艦の開発に力を注がなかったのでしょうか?
海を制したかったら潜水艦が不可欠ではないでしょうか?

上層部は、敵艦隊を攻撃する事しか頭にありませんでした。後方、補給よりも、最前線でした。
援護の無い、単独攻撃は、犠牲も大きかったようです。

日本海軍は、甲標的艦を完成。実戦に投入しました。
2人乗りの水中高速型の潜水艦の開発に成功していたのです。

この事実に米軍は驚愕しました。

時の水上機母艦は、甲標的艦母艦として即座に改装可能なように設計、建造されていました。

潜水艦に対し相当力を注ぎ込んでいたようです。

日本軍では潜水艦とは、
隠密行動を取り、単独で侵入し、敵艦船を攻撃する為の兵器でした。(特攻に近い思想)

艦隊戦では、艦隊の前で哨戒に当たらせ、
平時は、敵の基地付近の哨戒任務に付かせました。

...続きを読む

Q護衛艦は駆逐艦?それとも・・・

 国防とか軍事のカテゴリーがありませんので、カテゴリー違いかもしれませんがお尋ねします。
 海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。
 昔の軍艦には「格」というものがあったと思います。大東亜戦争末期には、駆逐艦も大きいのが出てきて、戦力では軽巡より上というのもありましたが、菊の御紋もなく駆逐艦は駆逐艦でした。
 米海軍には現在でも戦艦、巡洋艦、駆逐艦などの呼称が使われているようです。(戦艦は太平洋戦争時代の骨董品を仕立て直して使っていたように思いますが、もう退役してるかもしれません。したがって戦艦はもう存在しないかもしれません。)
 旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。
 それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

Aベストアンサー

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問の駆逐艦にはDDとDDGという2種類があります。

DDは汎用駆逐艦という、主に対潜戦能力に長けた駆逐艦の事を指し、DDG(Gは誘導ミサイルの頭文字)は対空戦能力に長けた強力な対空レーダーシステム(イージスが有名ですね)を備え、最新の対空ミサイルを装備しています。

アメリカではDDとDDGを強力な対空戦能力を持つ駆逐艦をDDGと呼び、そのほかをDDと呼んでカテゴリー分けしています。とはいえDDであっても短距離対空ミサイルや対空対水上艦砲を持っていますし、逆にDDGも対潜兵器をちゃんと持っています。

では何が違うのかといえば、つまるところ中長射程の対空ミサイルを持っているかいないかの差であると考えてください。この対空ミサイルは現在北朝鮮の弾道ミサイルで脚光を浴びているスタンダードミサイルですね。

ただDDであれDDG,もしくはFF、FFGでも艦体はほとんど遜色のないほど似通っていますし、DD,FFであってもトマホーク巡航ミサイル、ハープーン対艦ミサイルそしてシースパーロー短SAMなどを標準装備しているので、年々その棲み分けがかなり怪しくなってきています。そしてその状況は他の国々の海軍でもそれほど変わりはなく、自国の艦船の艦種呼称をどうするかの判断はそれぞれの国が自由に決めています。つまり現在では艦種の呼称にきちんとした基準はなく、みんなそれまでの慣習や伝統にのっとって勝手に決めているということです。

そこでご質問ですが(前置きが長くなってすみません(-_-;))

>海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。

旧日本海軍の艦種に当てはめるならば現在の護衛艦は地方隊にある護衛艦が(これは従来のフリゲートクラスで、国際的にはDEとなっています)、当時の水雷艇や海防艦、駆潜艇クラス、護衛隊群に所属する護衛艦DD、DDGが当時の駆逐艦、巡洋艦クラスと考えて良いかと思います。
DD、DDGを駆逐艦、巡洋艦に区分けする根拠としては、排水量と装備する各種兵器の違いです。詳細は長くなりますので省きますが、現在の海自のなんでもかんでも護衛艦と呼んでしまう現状はいくらなんでもちょっと無理があるのではないかと思っています。
ちなみにDD,FFという呼び名ですが、DDはデストロイヤーなのでD、FFはフリゲートなのでFと頭文字は1個でいいのに2個もつけていますよね。これは書類上の混乱を避けるためと艦上での伝達をはっきりと伝えさせるためにこうなっています。つまり海軍では公式文書にD123とかいってドキュメントの頭文字と番号をつけますが、これだと駆逐艦123番艦と間違えられることもありますし、戦闘中の混乱の中で敵艦や味方艦を呼称するときに一文字だと聞きづらい、発音しづらいという理由からこうなったといわれています。

>旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。

ちょっと乱暴な例えですが上から言えば、「こんごう」型イージス艦が米海軍の「タオコンデロガ」級および「アーレイ・バーク」級。「あまつかぜ」型が「オリヴァー・ハザード・ペリー」級。「むらさめ」型および「はつゆき」型が「スプルーアンス」級と考えていいかと思います。残念ながらヘリコプター護衛艦の「はるな」型は日本特有の艦種で、強いて言えばヘリ空母と言えなくもないですが、それに近い艦種は米海軍にはありません。

>それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

これはいちがいにこのクラスの艦ならこの階級の艦長が収まる、なんてことはいえません。なぜなら現在海上自衛隊は陸空と同じく士官が多く、逆ピラミッド状態になっています。つまり将校が余っている状態ですので、数少ない護衛艦の艦長のポスト争いは熾烈です。また普通なら司令や幕僚クラスになれる士官でも頭がつっかえているため、ある意味不本意ながら現場に残るという場合もあります。
このため艦長の階級と聞かれれば、その艦その艦の艦長を個々に調べるしか手はありません。ただ護衛艦なら他の回答者さんが言われているように3佐以上の士官であると思っても間違いではないと思います。

長くなりましたがご参考になれば幸いです。

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問...続きを読む

Qゲーム以外で、グラフィックボードをつける良さは?

私は趣味で自作PCを沢山作っています。
後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

私の場合ゲームをやらないので、オンボードグラフィックで十分です。
(CPUをCore i7-2700Kにしています。)
自作指南的なページでよく言われているのが、同じ予算であれば、
CPUのグレードを下げて、グラフィックボードのグレードを上げたほうが良い
といわれています。

パーツショップで、グラボの値段も見ていますが、価格帯がCPUよりも高価です。
そこで質問ですが、

1.ゲーム以外でグラボをつける良さってありますか?

2.CPUやメモリ等の部品に比べてコストパフォーマンスが悪いと思うのですが、
  お金を出してもおすすめするネタってありますか?
  (当方ゲームは極まれにやりますが、面倒で気が進みません
   ゲームでもこれは大金叩いても面白いというのがあったら教えて欲しいです。
   また、当方男性ですので、カテゴリーに抵触しない程度でアダルトネタでも良いです。)

Aベストアンサー

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エンコードや画像処理ソフトなど、極一部の用途でしか使えないが、CPUよりも高速で処理が可能。


>2.

基本的には、高いスペックの必要な3Dゲームをやらないのなら、上位クラスのグラボを搭載する意味は有りません。
動画の再生支援が目的なら安価な下位クラスの製品で十分ですし、GPGPUで使う場合もミドルクラス程度のコストパフォーマンスが良い製品で問題ないはず。
上位クラスのグラボは、高解像度&画質設定最高で3Dゲームを快適にやりたいというヘビーゲーマーや、ベンチマークで高いスコアを出したいベンチマーカーくらいしか縁が無い製品です。


>後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

これは、グラボを搭載すると映像が綺麗になるって意味じゃありません。
3Dゲームというのは、大抵のタイトルで画質設定が変更でき、高画質な設定ほど快適に動かすために必要な3D性能が上がっていくんです。
で、オンボードグラフィックや内蔵グラフィックと呼ばれるものは3D性能が低いから画質設定を低くしないと快適にプレイできないから低画質、グラボを追加すれば3D性能が上がるので画質設定を上げられるから映像が綺麗になるってわけです。
そのため、グラボを搭載すると映像が綺麗になるというのは、3Dゲームに限定されるんですよ。
基本的に、3Dゲーム以外の画質に関しては、どれだけ高性能なグラボを搭載しても綺麗になることは有りません。

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング