kikakeでいいですか?
kikkake ですかね?

A 回答 (3件)

ローマ字で「っ」を書くときは、その次に来る子音を重ねて書けば良いので、


「きっかけ」と書きたい場合は、

kikkake

になります。
「やった!」なら、「yatta!」ですね。
    • good
    • 0

あ、下記の人と同じです。

(もう答えられてるとは気づかなかった…)
kikakeだと「きかけ」
kikkakeだと「きっかけ」
になります
    • good
    • 0

こんにちは



kikkake

ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家でも外でも行動が遅くてトロくて困ってるんですが、 早く行動するにはどうすればいいですかね??

家でも外でも行動が遅くてトロくて困ってるんですが、
早く行動するにはどうすればいいですかね??

Aベストアンサー

自分がモタつくことで迷惑被る人がいると常に意識していれば危機感が芽生え、改善のモチベーションが高くなるのではないでしょうか。
そうすればキビキビとした行動の知恵は自然と身につくと思います。
逆に、そういう危機感がないとどんな指導を受けても付け焼き刃、習慣にはならないし応用も効かないのでは。

私は以前、車に乗っていて尿意を催した時に渋滞に巻き込まれたことがあります。
どうにかコンビニまで持ったのですが、トイレには先客がいました。
恥を忍んで早く出てと訴え、ようやく出てきたと思ったら、その先客は私の前で丁寧に手を洗い念入りに乾燥機で手を乾かし上着を着直しリュックを背負っていました。
手洗い場とトイレへの通路は一体化しているため、そんなところに陣取られている限り私はトイレに入れない状況でした。

その先客は果たして何を考えていたのか?
自分は用を足し終えている。それに対し、目の前にいる人は早くと急かしたのだから…?
自分はどうするべきなのか?
少し考えれば分かりそうなものなのですが、人様の通せんぼをしてはいけないと意識する習慣がなかったらこんなものかもしれません。

急かされた腹いせにわざとゆっくりしていた可能性も濃厚ですが。

頭の片隅に「早く、漏れちゃう!」と叫びながら身を捩っている人を住まわせていたら、素早い行動を心がけるようになれるかも。

自分がモタつくことで迷惑被る人がいると常に意識していれば危機感が芽生え、改善のモチベーションが高くなるのではないでしょうか。
そうすればキビキビとした行動の知恵は自然と身につくと思います。
逆に、そういう危機感がないとどんな指導を受けても付け焼き刃、習慣にはならないし応用も効かないのでは。

私は以前、車に乗っていて尿意を催した時に渋滞に巻き込まれたことがあります。
どうにかコンビニまで持ったのですが、トイレには先客がいました。
恥を忍んで早く出てと訴え、ようやく出てきた...続きを読む

Qいじめ・・・なんですかね(すみません、かなりの長文です)

旦那の件でご相談させて下さい。
今の会社に入って約二年。以前大手にいたことがあってか普段の真面目な仕事の態度が良かったのか去年課長になりました。といっても従業員20人弱の小さな会社です。
それまで先輩だった人が格下げになり旦那が課長になり他の人に疎まれないか心配したのですが大丈夫そうだったので「きっといい人達に囲まれて仕事しているんだ」と安心していました。
旦那31歳、私が29歳でマイホームの話も出ていて私の両親と同居してくれるということでモデルルームを見たりルンルンに過ごしていた所旦那の元気がないと気が付いたのです。
夏には新しい家に引っ越したいと思っていたので「ローンのこともあるし、そろそろ話を煮詰めない?」と聞いたら「3月で会社を辞めさせられるかもしれない」と言うのです。
というのも部下の人達が「課長についていけない」と言っていて上司にも嫌がらせをされているらしいのです。
具体的には他の印刷業者に再就職できないように根回しされたり、わざと聞こえるように社長に「お前なんていなくても会社はやっていけんだよ」と言われたり、みんなでふざけていっていたことを本人に告げ口されたり(うちの旦那だけが言っていると)。
旦那が言うには「俺が来てから会社がおかしくなったとみんなが言う。みんなが俺を辞めさせようとしている」と。
私が言うのはなんですが旦那は人に恨まれるような性格では無く人の犠牲になってでも仕事をこなすようなお人好し。
一緒になって10年になるのですが人に不快な思いをさせるような人ではないと思います。
そんな会社辞めさせてあげたい気持ち、高卒で印刷会社に就職して一生懸命印刷だけ頑張ってきた旦那、再就職先は印刷とは関係ない仕事でもなんでも頑張るという旦那、今も会社でどんな気持ちで仕事しているんだろうと考えると胸が痛いです。
どうするのが一番なんでしょうか

旦那の件でご相談させて下さい。
今の会社に入って約二年。以前大手にいたことがあってか普段の真面目な仕事の態度が良かったのか去年課長になりました。といっても従業員20人弱の小さな会社です。
それまで先輩だった人が格下げになり旦那が課長になり他の人に疎まれないか心配したのですが大丈夫そうだったので「きっといい人達に囲まれて仕事しているんだ」と安心していました。
旦那31歳、私が29歳でマイホームの話も出ていて私の両親と同居してくれるということでモデルルームを見たりルンルンに過ごして...続きを読む

Aベストアンサー

また新しい就職先が見つかれば、気持ちも新たに再出発できます。
会社を辞めてもしばらくは就職うんぬんという話は避け、できるだけゆっくりさせてあげたらどうでしょうか?
内面的にやられると、立ち直りが遅くなるものですから。
仕事をする意欲が出るまでは、少しの間ボーっとさせてあげては?

良い旦那さんのようですし、会社を辞めても黙ってついていきましょう。
お二人はきっと幸せになれます。

Q内定取ったら、退学して入社ってありですかね?

許してくれるところとか、あったらいいのですが・・・。

絶対無理ですかね?

Aベストアンサー

卒業証明書や成績証明書の提出が必要な会社だと駄目ですね。ただ、小さな会社だとそんなものを要求されない可能性はありますが。

Q雇われ社長と社長の違いは何ですか?殆んど変わりはないのですか?やってることはかわらないのですか?

雇われ社長と社長の違いは何ですか?殆んど変わりはないのですか?やってることはかわらないのですか?

Aベストアンサー

雇われ社長とは いわゆるオーナー社長でない 社長のことを指します。
やっていることは変わります。
社長であっても オーナー(全部ないしは少なくても半数超の株を所有)の意向に反する行動はできません。そんなことをしたら すぐに社長をクビにされます。(臨時株主総会で取締役を解任)
代表権があってもなくても 同じです。

Q会社辞めるべきですかね。

1歳になる子供のいる会社員です。産後休暇を終えて、職業柄自宅の勤務を時々入れながら職場復帰して半年になります。会社は従業員30人ほどの規模で、特に決まったルールがあるわけでもなく、職場の雰囲気的に週休1日で残業たっぷりの労働環境の中、私は子育ての都合もあり、自宅での職務遂行を許してもらってきました。ここのところ業績が厳しいせいか、急に毎日会社に出てくるように言われ、詰め寄られています。他の社員から不満が上がったそうです。そう言われても、土日の出勤がどうしても無理なのです。みなさんならどうしますか?辞めますか?

Aベストアンサー

会社を共同経営しております。

まず、土日の出勤が難しい事を伝え、自宅勤務ではなく休みにしてもらう交渉をしてみてはいかがでしょうか。つまり週休2日に変更してもらうのです。
当然給料は下がる事となるでしょうし、認めて貰えない可能性もあります。
しかし他に働くあてがあるのなら別ですが、何もせずにすっぱり辞めてしまうよりはいいと思います。
理由が子育てですし、給料も下がるのですから認められれば、他の社員から不満が上がる事もないでしょう。
辞める決断を下すのは、その交渉が決裂してからでも遅くはありません。

会社の経営者としての意見ですが、当社でこのような事が発生した場合、自宅で仕事をされるくらいなら会社の方から上記の提案をします。
あなたの給与体制と会社の業務内容が解りませんので一概に決め付けられる事ではありませんが、与えられた仕事を自宅できっちりこなしてきたとしても、じゃあそれが何時間で出来たかわかりませんし、そのものだけのために対応出来るように就業規則や賃金規定を作りなおさなければならない内容が含まれる事案が発生する可能性があります。
ただ単に土日を休みにするだけなら、そのものとの雇用契約を見直すだけで済みますので、自宅勤務を認めるくらいなら休んで貰います。
その者の業務内容が顧客関係を含んだものだったらなおさらです。

会社を共同経営しております。

まず、土日の出勤が難しい事を伝え、自宅勤務ではなく休みにしてもらう交渉をしてみてはいかがでしょうか。つまり週休2日に変更してもらうのです。
当然給料は下がる事となるでしょうし、認めて貰えない可能性もあります。
しかし他に働くあてがあるのなら別ですが、何もせずにすっぱり辞めてしまうよりはいいと思います。
理由が子育てですし、給料も下がるのですから認められれば、他の社員から不満が上がる事もないでしょう。
辞める決断を下すのは、その交渉が決裂して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報