内田春菊さんの「あたしが海に還るまで」という本の続編ってあるんでしょうか?続きがありそうな終わり方なので気になっています。それと内田春菊さんの本で他に面白いのがあったら教えてください。

A 回答 (3件)

「あたしが海に…」は、漫画「HOME」に収録されている「りりかる」が近いような気がします。


喫茶店アルバイト、1回目の結婚&家出、漫画の持ち込み、について描かれています。
2回目の相手Oさん(大久保氏)もちらっと登場します。
「HOME」文庫には現夫が解説を書いてますよ。

合わせて「私たちは繁殖している」(文庫あり)を読まれるといいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。「HOME」という漫画ですね。早速読んでみたいと思います。「私たちは繁殖している」という本もよく見かけますね。「HOME」のあとに読んでみようかなぁ。

お礼日時:2004/08/19 14:34

「あたしが海に還るまで」自体、「ファザーファッカー」の続編なのですが、「あたしが海に還るまで」の続編は、まだ出ていません。


おそらく書く気はあるとは思うのですが・・・

他のオススメを、とのことですが、小説限定ですか?
小説だと、まずは、「ファザーファッカー」は読んでみるべきかと。
マンガだと、一杯ありますが、「私たちは繁殖しているシリーズ」「南くんの恋人(現在ドラマ放映中)」「春菊」「ファンダメンタル」あたりが好きです。初期の作品の方が割とエグくないので、初心者にはいいかも。
「春菊」の短編に出てくる、遠い目をした女の子の原型が、「ファザーファッカー」にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ファザーファッカー」はもちろん「あたしが海に還るまで」の前に読みました。この本の続編はでていないのですね。有難うございました。

お礼日時:2004/08/17 21:30

ファンダメンタル


短編漫画を何本も読めます。
文庫本でも出てますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ファンダメンタル」ですね。今まではずっと小説でしたが今度は漫画も読んで見たいと思います。有難うございました。

お礼日時:2004/08/17 21:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内田康夫さんの小説の全タイトル。

内田さんっていっぱい本出してますよね。
もーてきとーにわさわさ読んでたらどれを読んだかわかんなくなってきちゃってます。
でも前読んだ内田さんのある小説の最後に内田さんの本の全タイトルが載ってたんです。出版社の違いも無視して全部。あと浅見光彦物とか警視庁の。。。何警部物でしたか、まぁ、全部主人公も分かるように印がついているなんとも便利な全タイトルリストを見たことがあります。

自分の家には無いんです。。本が。ほとんど全部図書館で借りました。

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。↓は如何でしょうか…。

http://www.shirakami.or.jp/~kappei/uchida/uchida-list.html

http://www.ai.wakwak.com/~cute/guide/guide.html

Qみなさん読んでいる本の続編ってどうやって見つけていますか?

シリーズ物で現在進行中の作品を読んでいる場合、刊行間隔が半年とか1年単位だと、いつ続編がでるのか追いかけていくのが難しいと思うのですが、みなさんはどのように探されていますでしょうか?

最近、年を取ったせいか、翻訳物の小説なんかで気付いたら2冊以上新しい刊が出版されていたということが続いています。

どうやったらタイムリに見つけられるものなのでしょうか。なにかいい方法がありましたらアドバイスをお願いします。

こういった情報源があるよとか、こういったサービスがあるよとか、あるいはこういう方法で管理しているよなど、何でも結構です。

Aベストアンサー

私は新刊.netというサービスを使っています。
http://sinkan.net/
新刊.net は、登録したキーワード(著者名、書籍名、文庫など)にマッチする書籍の新作の発売日をチェックできます。
メールなどで通知したり、iGoogleに表示するなどしてチェックしています。

書籍だけでなく、CD、DVD、ゲームなど通知してくれます。

Q京極夏彦さんの京極堂シリーズについてなのですが、続編はでないのですか?

京極夏彦さんの京極堂シリーズについてなのですが、続編はでないのですか?
どなたか知っている方お教え下さい。

Aベストアンサー

そのうち出るでしょう。このシリーズはだんだん出版の間隔が開いてきていますからね。

ただし次作『鵺の碑』からは、講談社ではなく別の出版社に移行します。この事は2年前に公式サイトで発表されています。

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/weekly_bn/364.html

Q終わりがスッキリとするオススメの本

お世話になってます。
本を読み終えた後でスッキリとする本を探しています。
スッキリとはどういうことかというと

ホラー・・原因が取り除かれ、ホラー現象が解決される。
ファンタジー・・最後の敵を倒すまで描かれている。

などなど。

主人公が最後に死ぬ、物語はまだ続く・・というような
内容で終わるものはご勘弁ください。あと、ハッピーエンドがいいです。

ジャンルは
推理小説以外でしたらなんでもいいです。
(推理ものは苦手で^^;)

わかりにくい表現で申し訳ないです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スティーブン・キングの作品って、怖いってだけじゃなくて、
読後になんか、もやもやする作品が多いのですが、
ピーター ストラウブと共同発表した『タリスマン』は、
そんなことはありませんでした。^^
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102193081/sr=1-1/qid=1158307440/ref=sr_1_1/503-8191740-4074368?ie=UTF8&s=books

それから、アニメにもなった斎藤 惇夫の『冒険者たち』も大好きです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4001140446/sr=1-1/qid=1158307781/ref=sr_1_1/503-8191740-4074368?ie=UTF8&s=books

あ。。でも、両方とも一応、完結した作品ですが、続編はあります。すみません。(u_u;;;

Q世界(人類)の終わりを描いた本

世界(人類)の終わりを描いた本で面白いものがあればご紹介ください。
私はあまり本を読むほうではないのですが、ネビルシュートの「渚にて」が好きで何度も読んではしみじみとした終末気分に浸っています(^^)
あと新井素子の「ひとめあなたに」も好きです。
ですので同じテーマを扱った小説等がありましたら読んでみたいと思います。
よろしくいお願いします。

Aベストアンサー

光瀬龍さんの「百億の昼と千億の夜」なんかどうでしょう。
SFですが、壮大なスケールと何とも言えない荒涼感がいいです。
その中で「阿修羅」がとても魅力的に描かれています。

それを元にして萩尾望都さんが同名の漫画を描いておられますが
それも素晴らしい作品に仕上がっています。


おすすめ情報