昨日、初めて知った事なんですが、フルートやサックスって、木管楽器の部類なのですか?これは、一体どういう訳なんでしょうか?楽器の成り立ちとかに関係してくるんですか?どなたかお教え下さい。実に、不思議です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大まかに言えば、唇の振動を発音体とするのが「金管」、


それ以外が「木管」となります。

木管はさらに「リード」と「エア・リード」に分類され
ます。サックスは前者、フルートは後者に属しますが、
後者グループも以前は木製のものが存在したようです。
一方、前者は“植物の茎”で作った発音体を使用するの
で、その意味で間違い無く「木管」と言えるでしょう。
逆に、金管楽器には木製のものは見当たらないですね。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/edu/student/seminal/genr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

crimsonさん、ありがとうございます。

なるほど!こういう事だったんですねえ。うーん、面白いですよね。確かに、木製のトランペットなどは見た事はありませんし。

お礼日時:2001/06/30 19:12

こんにちは。

もう答えは出てるようなので、面白いお話を一つだけ・・・

昔はいろんな楽器があったそうで、最近はそういう、バッハの頃の楽器とかのリバイバルが盛んで、古楽器などと言われています。

もちろん、フルートは木で出来たもので、キー(指で押すところ)は右小指の一個だけのワンキートラベルソというものです。

そういう楽器の中で、音の出し方はトランペットと同じ(金管:唇を振動させる)なのに、木で出来ているツィンクという楽器があります。これはホルンのご先祖様なので、ホルンは木管楽器にも出て来ます。(木管五重奏にあったりする)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myeyesonlyさん、こちらでも参上いただき、ありがとうございました。

「古楽器」ですか。こういうリバイバルもあるんですか。全く知りませんでしたが、へえ、面白いですよね。そういう楽器を製造しているんでしょうか?また奏法も昔とは変わっているんでしょうか?

楽器の世界は奥が深いどころか、底なしですね。

お礼日時:2001/06/30 19:23

No.1の方がおっしゃるとおり、管楽器は、材質ではなく、音を発生する部分によって分けられます。


ちなみに、アルプスの谷間にこだまする「アルペンホルン」なんかは木をくりぬいて張り合わせていたと思います。でも、唇を震わせて音を出しますので、金管楽器になります。

参考URL:http://www.onyx.dti.ne.jp/~y-im/Room2/Page/P08.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、tubistさん。

へえ、アルペンホルンが金管楽器とは意外でした。理屈を聞いてみれば、そうなんですね。

お礼日時:2001/06/30 19:18

おはようございます。



フルートは、バッハの時代は縦笛が主流で
モーツアルトの時代は横笛が主流になったそうですよ。
でも音程が一定では無いのでモーツアルトはフルートが大嫌いだったとか。

1847年ベームさんと言う人が、現在のフルートの機構を完成させて
正確な音程が出せるようになったと言うことです。

「Music Park」
http://www.e-digitalpark.com/music/index.html

面白いですから見に行ってください。
サックスは、1840年ごろ、ベルギー人のサックスさんが
コントラバス・クラリネットの新しいシステムを研究していて
出来たもののようですよ。
最初は「金属で出来たコントラバス・クラリネット」と紹介されたそうです。

面白いですね。金属でできていても構造が木管楽器なら
木管楽器として扱われるそうですよ。

ではでは。

参考URL:http://www.e-digitalpark.com/music/instrument/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっと、tenten7さん。ありがとうございます。

お教えいただいたURLに飛んでみました。なるほど、面白いですね。フルートの歴史にも、色んな変遷があるんですね。いやあ、知らない事ばかりです。

お礼日時:2001/06/30 19:17

金管をやっていたものです。



前の方もおっしゃる通り、フルートは昔木でできていました。
今有名なウィーン・フィルの前身になっている団体で、はじめて金属のフルートが用いられたのが1900年ごろ(指揮者としてマーラーがついていた頃)といいますから、金属のフルートが定着するのはそれほど昔のことではないのです。
つまり、それまではずっと木でできていた、ということでしょう?

金管が木でできたという話は知りませんが、金管の原点って角笛ですから、動物の角で作られた、というのはあるでしょうね。で、そうすると、木製のものもあってもおかしくないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます、nabayoshさん。

木製の時代が長かったんですねえ。フルートは。勉強になりました。「金管の原点って角笛です」という話も知りませんでした。そうだったんですねえ。

お礼日時:2001/06/30 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金管楽器と木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?

金管楽器と木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?

合っているのか分かりませんが、私が知っているのは…

金管楽器はマウスピースから息を吹き込む。
         ↓(バルブで音程を変える)
     ベルから音を出す。 ということです。

この金管楽器の音の出る仕組みと木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?
調べたところ、説明を見てもよくわかりませんでした。

できるだけ分かりやすく詳しく説明してもらえればいいなと思います。
よかったら答えてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8

と、いうわけで、金管楽器は演奏者の唇の振動が音の元ですが、木管楽器はリードの振動か、空気の流れが音の元になります。

Q木管楽器から金管楽器に移るとき、大変なことは何ですか?

木管楽器から金管楽器に移るとき、大変なことは何ですか?

こんにちは。中1です。
私は、吹奏楽部でファゴットを吹いています。
ファゴットの暖かい素朴な音色が大好きなので、高校に入ってもファゴットを続けたいと思っているのですが、最近ユーフォニアムにも興味があります。
高校でファゴットを担当できなかったらユーフォニアムを担当したいと考えているのですが、木管楽器から金管楽器に移るのは、やはり色々大変ですか?
大変な点を、具体的に教えてください。

Aベストアンサー

高校時代、吹奏楽部でホルンを吹いていました。
木管楽器はリコーダーしか経験がないので(汗)、移る大変さというのは推測でしか言えませんが・・・

一番の違いはやはり、音の出し方、ではないでしょうか。
金管楽器は、マウスピースに息を吹き込む際、唇を振動させることで音が出ます。
木管楽器は、おそらく息を吹き込んだ時にリードが振動することで音が出ているのだと思いますが、
その辺りの感覚的な違い(唇の使い方等)に慣れるまでは少し大変かもしれません。

また、音程の変え方も違います。
金管楽器は、3つか4つぐらいしかないバルブを指で押さえる組み合わせによって音を変えますが、
同じ押さえ方でも、唇の使い方や息の吹き込み方によって音の高さを変えることも必要になってきます。
こちらも木管楽器とはまた違った苦労があるかもしれませんね。

ただ、それまでの楽器経験があれば音感もついているでしょうし、習得は早いと思いますよ。
高校に入ったらということですので、今からそう身構えず、今はファゴットを頑張れば良いと思います。
機会があれば、練習の合間にでも金管の友達の楽器を借りて、少し感覚を試してみるくらいは良いかもしれません。
でもまずはファゴットですね。

部活頑張ってください^-^

高校時代、吹奏楽部でホルンを吹いていました。
木管楽器はリコーダーしか経験がないので(汗)、移る大変さというのは推測でしか言えませんが・・・

一番の違いはやはり、音の出し方、ではないでしょうか。
金管楽器は、マウスピースに息を吹き込む際、唇を振動させることで音が出ます。
木管楽器は、おそらく息を吹き込んだ時にリードが振動することで音が出ているのだと思いますが、
その辺りの感覚的な違い(唇の使い方等)に慣れるまでは少し大変かもしれません。

また、音程の変え方も違います。
金管楽器...続きを読む

Q金管楽器・木管楽器の買取の相場を教えてください!

春から一人暮らしをするため持っていた楽器を売ろうと思います。
相場がどのくらいかわからないのですが、誰か教えてください。

●ユーフォニウム(2本)
 ・YAMAHA YEP-321S(中古で2年前に購入)
  へこみ・傷なし。小さい擦り傷のみ。
  コルクやピストンの状態はかなりいいです。
 ・YEP-201 ニッカンYAMAHA
  大分昔のもの。30年くらい前だと思います。
  へこみはや大きな傷はありませんが使い込んでいるので1と3番菅のめっきがはげています。コルクやピストンの状態はよし。

●サックス
 ・YAMAHA YAS-275
  傷・へこみまったくなし。5年前にかったものですうがほとんど使う機会がなく、ほぼ新品の状態です。

●トランペット
 ・YAMAHA YTR-2335S
  中古楽器屋で3年前に3万円で購入。
  これも傷へこみともになく、しばらく使ってはましたがほぼ新品の状態です。

一人暮らしをはじめると吹く機会もなくなるので…。
あとは資金調達のため。
どのくらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

春から一人暮らしをするため持っていた楽器を売ろうと思います。
相場がどのくらいかわからないのですが、誰か教えてください。

●ユーフォニウム(2本)
 ・YAMAHA YEP-321S(中古で2年前に購入)
  へこみ・傷なし。小さい擦り傷のみ。
  コルクやピストンの状態はかなりいいです。
 ・YEP-201 ニッカンYAMAHA
  大分昔のもの。30年くらい前だと思います。
  へこみはや大きな傷はありませんが使い込んでいるので1と3番菅のめっきがはげています。コルクやピストンの状態はよし。

●サ...続きを読む

Aベストアンサー

楽器屋に買い取ってもらう場合、ほぼ新品でも新品価格の1/3~1/5程度だと思います。

ネットオークションの方が高く売れると思います。

まずはここに書かれた内容で楽器屋に問い合わせて、おおよその見積もりを出してもらっては?

Q木管楽器の難しいパッセージ練習法でよく言われるようなこと

木管楽器の細かい動きのところで、指の動きが難しく、なかなかできないところの練習法がいろいろ言われていて、その中で、多分よさそうなんだけど、背景の思想が理解できない、どういう理由でそれが効果的なのか原理を説明されていないで、おのずからよいのだという記述に会ったことがあります。

それは、
(1)12のキーで移調して練習することと。
(2)例えばその難しいパッセージが「ド#ミソシ」なんていうものだったとすると、それを並べ替えて練習せよ。すなわち4つの構成音を順列組み合わせのすべてに並べ替えて(この場合だったら4の階乗ですから24通りEX.ド#ミソシ、ド#ミシソ、ド#ソミシ、ド#ソシミ、・・・シド#ソミ)練習せよ。

効果あることは感覚的に解るのですがなにせ理屈がわかりません。

Aベストアンサー

私が考える練習法は、ご質問者が挙げられたのとは違いますが
理屈は似ている点があるかなと思います。

(1)12のキーで移調して練習すること
私は曲の譜面を移調して練習するより、普段から半音階のパッセージを
練習しておき、どの指も苦手でないようにしておくことです。
これを十分こなすことでいろいろな組み合わせの細かい動きが出ても
結構早く対応できます。
これを提唱しているのは、ミラノ・スカラ座の首席クラリネット奏者です。(当時)
12のキーで移調して練習するのも、それができること自体が
調や指使いへのフレキシビリティが要求されるのでよいことと思います。

(2)音符を並べ替えて練習する
これも上の原理と似ています。つまりそこで使われる指使いをどういう配列になってもできるようこなれさせる目的があります。
私の場合は、音符の配列はそのままに、リズムを変型させます。
だいたいにおいて、難しいパッセージは同じ長さの音符がいくつも並んでいる場合が多いです。それが演奏できないというのは(譜面が読めているとして)自分の頭の中での音符の連続した動きに指への命令が追いついていけないからです。
しかしその中の二つの音符だけならたいていはできるはずです。同じ時間で連続していているからできない要因が大きいと考えます。
たとえば、16分音符が4つ連続している場合は、
「付点16分+32分+付点16分+32分」
または
「付点8分+16分+付点8分+16分」で練習してみます。
基本のテンポは変えないで練習します。
それと平行して
「32分+付点16分+32分+付点16分」
または
「16分+付点8分+16分+付点8分」で練習します。

ただしこの練習の前に、できない部分をロングトーン+レガートで
しっかり音を出して、自分の中に音をインプットすることがよいと思います。

全体練習でやっても、個人練習でやってもよいでしょう。

始めにゆっくりやってあとで段々テンポを上げる練習に比べて
効果が高い場合が多いと思います。

私が考える練習法は、ご質問者が挙げられたのとは違いますが
理屈は似ている点があるかなと思います。

(1)12のキーで移調して練習すること
私は曲の譜面を移調して練習するより、普段から半音階のパッセージを
練習しておき、どの指も苦手でないようにしておくことです。
これを十分こなすことでいろいろな組み合わせの細かい動きが出ても
結構早く対応できます。
これを提唱しているのは、ミラノ・スカラ座の首席クラリネット奏者です。(当時)
12のキーで移調して練習するのも、それができること自...続きを読む

Q木管楽器の音の出る構造はどうなっているんですか?

木管楽器の音の出る構造はどうなっているんですか?

木管楽器は…
リードの振動が音の元になる楽器と
空気の流れが音の元になる楽器の2種類があるということが分かったのですが
どこから音が出るのか調べても分かりませんでした。

この2種類の木管楽器それぞれどこから音が出るのか教えてください。

Aベストアンサー

>リードの振動が音の元になる楽器
これはシングルリードとダブルリードの2種類あります。
シングルリードはサックスやクラリネット、ダブルリードはオーボエやファゴットが代表的なものとして挙げられます。シングルの方はマウスピースにつけられたリードが息の流れによって振動し、それがマウスピースに当たって音が出ます。ダブルの方は合わさった2枚のリードが息の流れによって同じように振動し、ぶつかり合うことで音が出ます。

>空気の流れが音の元になる楽器
フルートや尺八などが主ですが、ビール瓶などの口に横から息を吹きかけて出す音と原理は同じです。フルートを例に挙げると、先端部分の頭部管と呼ばれる管に吹きこみ口があって、そこから入った空気が気流の渦(エッジトーン)を作り音になります。この類はエアリードと呼ばれ、目に見えないものなのでどこから音が出ているのかわかりにくいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報