ネットから人気爆発!邦楽アーティストの現代の形とは!?

 今春某企業に就職してから、メーラーとしてOutlookを使用しています。メールを確認する際はOutlookに接続で入り、サーバー上のメールボックスにに保存されているメールを見にいってます。これらのメールはあくまでサーバー上に保存されているもので、PC内にはダウンロードしていないという説明を受けました。
 でも目の前にメールの件名が表示されており、しかもそれらを選択すると内容が表示されているにもかかわらず「PCにはダウンロードされていない。サーバーに見に行っているだけ」という説明は不可思議でした。
 そこである人に質問したところ、その人は目の前でLANのケーブルをPCから抜いてくれました。そうすると、LANに接続されているときには普通に受信トレイを開くことができ、個々のメールの内容を表示させることができたのに、LANケーブルを抜いた途端、フォルダをクリックしても「開けません」のメッセージが表示されたのです。
 しかしLANケーブルを抜いたとしても、特にどこかのフォルダ(送信トレイや削除済みアイテムなど)を開かなければ、それまでサーバー上に見にっていたメールの件名や内容は相変わらず表示されているのです。ということは何らかの形でPC内にメールの情報が残存しているということであり、「PC内にはダウンロードされていない」という説明はいまいち納得できないと思いました。一体どういう仕組みになっているのでしょうか?

 長々と書いてしまいましたが、もしこれらの仕組みを知っている方がいらっしゃいましたらご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ネットワーク構成の方法によってはいろいろ方法があります。


例えば通常は個人で(1台)使用しているPCのHDに直接保存する設定になっています。
それは保存先が他にないから、指定することができないからです。
しかし、LAN経由でサーバと接続されている場合は、保存先をサーバへという指定を
することが可能ですので、Outlookを開くたびにサーバへ保存してあるデータを読みに行っているのだと思います。
もちろんサーバと接続されていることが前提になりますので、LANケーブルを抜いて
しまえば、見ることができません。
なので、Outlook(メールソフト)は自分のPC上で実行し、データの保存先はサーバへ読みに行っている、という解釈になります。
私は現在旧バージョンのOutlookを使っていませんが、ver5.5の場合
ツール→オプション→メンテナンス を開くと保存先フォルダがどこなのか確認することができますよ。5.0もできたはずです。それより前は・・・忘れてしまいました。(爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答どうもありがとうございました。この辺のことが最初はどうも理解できなかったんですよ。また何かあったらよろしくお願いします(^^)

お礼日時:2001/07/08 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMicrosoft OutlookとMicrosoft Exchangeとは?

簡単な質問ですいません。タイトルのとおりなんですが。特にMicrosoft OutlookってOEとどこが違うんですか?前者もメーラーのなのですか?あ、後それとこれは別の質問なんですが、OEでメールのインポートをするときにこの質問のタイトルに書いた2つのアプリケーションが出るのはどういうわけなんでしょう。僕は同じOEの別のユーザーにメールをインポートしたいのになぁ。お願いします。

Aベストアンサー

補足見ました。
まず、MicrosoftOutlookについてですが、
これを使う人は多いです。
スケジュール管理機能がついているので、ビジネス用として
使う人がほとんど。会社では一般的です。
Officeといっしょに入っているので結構使われます。
…個人的にはLotusの方が好きなんですが。

MicrosoftExchangeですが、
あまり使っている人はいないです。
FAX関連にしても、インターネット通話関連にしても、
もっと有名なソフトが無料で配られていますから。
(そのあたりは聞かないで(^^;)
まあ、Microsoftが勝手につけているだけです。

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む

QWorkBooksをオープンさせずにシートにコピーしたい【EXCEL VBA】

よろしくお願いします。
今あるブックにあるシートを別のブックにコピーしたいのですが、今考えているのは

ここから////////
'ブックを開く
Workbooks.Open コピー元のブックのパス
'シートをコピー
Worksheets.Item(コピーするシート名).Copy _
after:=Workbooks(コピー先のブック名).Sheets(1)

'ブックを閉じる
Application.DisplayAlerts = False
Workbooks.Item(コピー元のブック名)Close True
Application.DisplayAlerts = True
ここまで////

なのですが、コピーものとのブックが複数ある時、画面がチラチラしてしまいます。ブックをオープンさせずにシートを他ブックにコピーさせる方法ってないでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

画面のチラツキを押さえたいだけなら、画面の更新をやめればいいだけじゃないでしょうか?

ブックを開く前に
Application.ScreenUpdating = False
ブック閉じてから
Application.ScreenUpdating = True

Q別のパソコンでメールを見てもメールが残るようにしたい。

会社のパソコン宛に来たメールを自宅のパソコンて見た場合、会社用のパソコンにメールが残るようにしたいのですが何処をどう設定にすれば良いか教えて下さい。
会社のパソコンはWindowsXp 自宅のパソコンはVista 
outlookです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

Outlookということですが会社で利用しているメールはpop3サーバ形式か
Exchangeサーバ形式かで変わります。

Exchangeサーバの場合は基本はサーバで管理するので自宅で見ようが
会社で見ようが変わりません。
逆に言えばサーバに全てのデータがあるので各PCにはメールの内容は
ダウンロードされません。オフラインでは見れないということです。
オフラインで見るにはメニュー⇒ツール⇒電子メールアカウント⇒既存のメールアカウントの表示と変更⇒既に設定されているメール設定のリストから任意のものを選ぶ⇒「Exchangeキャッシュモードを使う」にチェックを入れてください。そうするとpcにメールがダウンロードされます。
(この場合キャッシュなのでサーバにもデータは残ります)

pop3の場合は一度受信するとサーバから削除される手順が普通ですが
受信した後もサーバにあったメールを消さないように設定すればいいわけです。
但し、設定方法が2つあります。

(1)自宅で受信した場合はサーバに残す、会社で受信した場合はサーバから削除するという形で設定
この場合先に会社でメールを受信してしまうと自宅では見れません。
ただ、両方ともサーバに残す設定にしてしまうとサーバからずっと
消えずに最終的にサーバが容量オーバーでパンクしてしまいます。

(2)最後にどちらかが受信をしてから●日を過ぎたらサーバから消すという設定
これが一番妥当な設定ではないかと思います。
例えば自宅・会社とも受信してから3日で消すという設定にしておけば
どちらかで最後に受信して3日が経つと自動でサーバから消えます。

ただし会社で受信後この設定した日数を過ぎてから自宅で受信しようとしてももう削除されているのでありません。

どちらがいいのかはご自分で選択下さい。

設定方法ですが、メニュー⇒ツール⇒電子メールアカウント⇒既存のメールアカウントの表示と変更⇒既に設定されているメール設定のリストから任意のものを選ぶ⇒詳細設定⇒詳細設定タブにある【サーバにメッセージのコピーを置く】にチェックをいれます。
そして日数制限をしたい場合は【サーバから削除する**日後】にチェックを入れ、任意の日数を入れます。会社のPC、自宅のPC同条件にしてください。

受信したら片方で残して、片方で消す場合は必ず受信させたい方はそのままで受信してもサーバに残す方のPCは【サーバにメッセージのコピーを置く】にチェックです。

Outlookということですが会社で利用しているメールはpop3サーバ形式か
Exchangeサーバ形式かで変わります。

Exchangeサーバの場合は基本はサーバで管理するので自宅で見ようが
会社で見ようが変わりません。
逆に言えばサーバに全てのデータがあるので各PCにはメールの内容は
ダウンロードされません。オフラインでは見れないということです。
オフラインで見るにはメニュー⇒ツール⇒電子メールアカウント⇒既存のメールアカウントの表示と変更⇒既に設定されているメール設定のリストから任意のものを選ぶ⇒...続きを読む

QExchangeを使用したメール送信について

いつも拝見させていただいております。
さっそくですが、質問したいことがあります。

現在、pop before smtpにてメールを送信したいと考えております。

色々、調べてみたのですが、Cを勉強し始めて間もないのもありなかなかメールの送信がうまくいきません。
CDOを使用してメール送信を行う手順については調査してみたもののpop before smtpは使用できない旨が
ネット検索を行った際に記載してあり使用できないことは判明しております。

一般的に使用する手順等があるのかわかりませんが、上記pop before smtpを実現する方法がありましたら
ご教授お願いします。
参考になるURLでも何でも結構ですのでよろしくお願い致します。

(外部DLLを使用しない形で対応したいと考えております。
basp21ではできるようなことは検索した際に発見しましたが、できれば避けたいと考えております。)

Aベストアンサー

>CDOを使用してメール送信を行う手順については調査してみたもののpop before smtpは使用できない旨がネット検索を行った際に記載してあり使用できないことは判明しております。

pop before smtpとは「smtpサーバーに接続する前に、popサーバーに接続してユーザー認証をしなさい」と言う仕掛けです。

pop before smtpでの送信手順は、以下のようになります。

1.POPサーバーに接続する(ポート110でtelnet接続する)
2.POPサーバーにUSERコマンドでログインアカウントを送る
3.POPサーバーにPASSコマンドでログインパスワードを送る
4.ログインメッセージが返って来たらQUITコマンドで接続を切る
5.SMTPサーバーに接続する(ポート25でtelnet接続する)
6.SMTPサーバーにHELOコマンドで、先ほどPOPしたホストと同一である事を明示する
7.SMTPサーバーにMAIL FROM:コマンドで自己アドレスを指示する
8.SMTPサーバーにRCPT TO:コマンドで宛先アドレスを指示する
9.SMTPサーバーにDATAコマンドでメールのヘッダと本文を送る
10.QUITコマンドでSMTPサーバーとの接続を切る

このうち、5~10は、CDOなどの既存の送信コンポーネントで実現できます。

また、1~4も、既存の受信コンポーネントで「メールの受信は行わず、サーバ上のリストを取得するだけ」などの処理で代替できます。

つまり「メール受信コンポーネントと、メール送信コンポーネントを用意すれば良いだけ」なのです。そして、受信と送信を連続して行えば良いだけなのです。

>CDOを使用してメール送信を行う手順については調査してみたもののpop before smtpは使用できない旨がネット検索を行った際に記載してあり使用できないことは判明しております。

pop before smtpとは「smtpサーバーに接続する前に、popサーバーに接続してユーザー認証をしなさい」と言う仕掛けです。

pop before smtpでの送信手順は、以下のようになります。

1.POPサーバーに接続する(ポート110でtelnet接続する)
2.POPサーバーにUSERコマンドでログインアカウントを送る
3.POPサーバーにPASS...続きを読む

QExcel 指定の文字列を含むとカウントするようにしたい場合は?

ただいまエクセルと格闘中の初心者です。
関数等はオートSUMくらいしか使ったことがなく、必要時にいちいち調べているような状態です。
今回は文字列を含むとカウントするところで躓いております。

表の中から特定の文字列を含むとカウントするようにしたい時COUNTIFを使うと思うのですが、この場合正確にその言葉じゃなければカウントされませんよね?

例えば「ボールペン」「サインペン」「シャープペン」のようなペン類をまとめてカウントしたい時、ペンだけで認識してくれるようにすることは可能なのでしょうか?
COUNTIF関連で探してみているのですが、中々思うような検索ができていません(もしくはわからずに見逃しているのかも?)

エクセルにお詳しい方、アドバイスを頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

検索条件に「*ペン*」としてみてはいかがですか。

ちなみに上記は「ペン」がどこかにあるものを対象とする。
「*ペン」は文字列がペンで終わるものを対象にする。
「ペン*」は文字列がペンで始まるものを対象とする。

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

Q管理者権限のあるユーザーアカウントなのに管理者として実行させられる。

windows7 home editionを使っています。
ユーザーアカウントは標準ではなく管理者にしていますが、
Spybotの免疫化しようとしたり、コマンドプロンプトをつかって
コマンドを実行しようとするとき、いちいち右クリックで管理者として
プログラムを実行しないとできません。

コントロールパネルでアカウントを見てもAdministoratorとアカウント名の下にかいてあるのに。。。

これが標準なのでしょうか?
それとも設定がなにかまちがっているのでしようか?
ご教授いただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

一言で言うと標準です。
Vistaから入ったセキュリティ機能の関係でなってます。
Vistaに比べるとかなり減ったのですが、XPになれているとうっとおしいですよね…

変更方法は…
スタート→コントロールパネル→ユーザーアカウントと家族の為の安全設定(緑文字の所です)→ユーザーアカウント(これも緑文字の所です)→ユーザーアカウント制御の設定

ここで左の通知しない(一番下)に変更することで、少しは改善されると思います。
セキュリティ的には甘くなるのでご注意下さい。

因みにWindows7に対応しきってないソフトの時は駄目な事がありました。

Q受信メールをIMAPにする際の問題点とは?

メール設定において受信サーバをPOPにしている場合、
「サーバにメールのコピーを置く」の設定をしていないと、会社で受信したメールを自宅で受信しようにもサーバのメールはすでに会社で受信されてないので、自宅での受信はできません。

コピーを置く設定をしておき、しかもサーバに残す日にちを7日とか設定しておけば、自宅で毎日受信しなくとも、7日以内に受信さえすれば、会社でも自宅でも同じメールを受信することはできます。

これに対して、受信サーバをIMAPにした場合、
上記のPOPにおける「サーバにメールのコピーを置く」設定などしなくとも、そもそもサーバに全てのメールデータが置かれて、かつサーバにフォルダ構成等も記録されているので、複数のPC、スマフォでの同期管理が可能となるそうですね。

一見、IMAPはいいことずくめに思えるのですが、ひとつだけとっても問題と感じたのですが、この認識は間違っているでしょうか?
その認識とは・・・
メールデータをサーバに残すということは、5MB、10MB、20MBと、ちょっと大きめのデータの添付メールを頻繁にやりとりするようなビジネスユースにおいては(当然相手のメール受付容量が10MBならば20MBの添付付メールは送れない)、各メールアカウントのメールボックスの容量がどんどん増えていき、全てのメールデータ管理をサーバに依存していると、あっという間にレンタルサーバのメール容量上限まで到達してしまうので、到底利用することができないのではないか、という認識です。

IMAP受信サーバにして、添付メールを頻繁に利用している実際のご利用者の声をぜひとも伺えれば助かります。
宜しくお願い致します。

メール設定において受信サーバをPOPにしている場合、
「サーバにメールのコピーを置く」の設定をしていないと、会社で受信したメールを自宅で受信しようにもサーバのメールはすでに会社で受信されてないので、自宅での受信はできません。

コピーを置く設定をしておき、しかもサーバに残す日にちを7日とか設定しておけば、自宅で毎日受信しなくとも、7日以内に受信さえすれば、会社でも自宅でも同じメールを受信することはできます。

これに対して、受信サーバをIMAPにした場合、
上記のPOPにおける「サーバに...続きを読む

Aベストアンサー

一般的には、ご認識どおりです。

サーバーの容量がどの程度か解りませんが、IMAPサーバーやメールソフトによっては、IMAPアカウントでも、送信メールなども含めて、PCにメールデータをフォルダを指定選択してダウンロードできます。

これは、オフラインでも閲覧できるようにするのが主目的ですが、データがダウンロードできますから、IMAPアカウントのフォルダでダウンロード対象にしたフォルダのメールデータは、ローカルにバックアップできます。
バックアップしたデータはサーバーから削除してもよいことになり、同期をとるとサーバーから消えます。
また、バックアップしたデータは、IMAPアカウントとは関係ないローカルフォルダ配下に別途復元しておけば、すぐに閲覧や検索の対象にもできます。

また、IMAPアカウントの共通設定や個々のフォルダ単位で、次の保管についてのポリシーで同期をとるように設定が可能なものがあります。
○ユーザーが指定した通数を超えた場合、古いものを自動削除
○ユーザーが指定した一定の日数を超えた送信日時のものを自動削除
これにより、一定容量でサーバーの空きを確保することが可能になります。

ちなみに、これらがすべて可能なメールソフトはThunderbirdがあり、容量の大きいGmailのサーバーとも相性が良いですから、便利に使えます。

参考までに。

一般的には、ご認識どおりです。

サーバーの容量がどの程度か解りませんが、IMAPサーバーやメールソフトによっては、IMAPアカウントでも、送信メールなども含めて、PCにメールデータをフォルダを指定選択してダウンロードできます。

これは、オフラインでも閲覧できるようにするのが主目的ですが、データがダウンロードできますから、IMAPアカウントのフォルダでダウンロード対象にしたフォルダのメールデータは、ローカルにバックアップできます。
バックアップしたデータはサーバーから削除してもよいことにな...続きを読む


人気Q&Aランキング