『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

先ほど沸騰ワードという番組を見ていたのですが、あまりにもCMが長いので測って見たところ、一回のCM数24本、時間は7分でした。
確認したのは一番最後のCM部分だったので、他の部分よりも長くしているということはあると思うのですが、その前のCMも異様に長かったように思います。
これはさすがに長すぎませんか?それとも深夜番組だとこんなものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

単発放送だから多いのではないですか。


単発放送として深夜に放送するので視聴者が少ないのでCMで稼ぐ。
レギュラー放送は決められた時間で放送。
    • good
    • 0

あなたが見ているのは民間放送の地上波テレビですよね。

ということは、視聴するために受信料は払っていません。

では、その経費は誰が負担しているのでしょう? 答えは、その CM を流しているスポンサーですよね。民間放送は、これらの CM を視てもらうためにその合間に視聴者が興味を引きそうな番組を流しているに過ぎないのです。つまり、あなたが長いと仰っている CM こそがメインで、ドラマやバラエティなどは客引きの為のおまけに過ぎないのです。

極端な話、BS/CS では CM だけを流しているに通販番組も存在します。

もし、CM を視たくないのであれば、NHK、BS/CS などの有料チャンネルか、BD/DVD のソフトを視て下さい。
    • good
    • 0

まず、あなたが見ているのはYTV(読売テレビ)の月曜深夜帯ですね。


放送時間が、明けた火曜の午前0:54~1:59ですから、制作本体のNTV(日本テレビ)のレギュラー時間帯(毎週金曜午後7:00~7:56)と比べると、番組自体が9分も長いことになります。その長い分が全てCMに費やされていると考えていいでしょう。深夜帯は流せるCMにも縛りがありませんし、時間の使い方も比較的許容されている面もあります。
つまり、最後のCMが7分と長いのも、そこにCMがどっさり投入されているからですね。
しかし、こればかりはスポンサー側の意向ですし、提供企業あっての番組ですから、入るのは致し方ありません。
それが嫌なら録画でもして、後から再生時にCMを全て飛ばして見ることしか出来ませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そもそも番組自体が再放送なのですね。

お礼日時:2017/10/31 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q再放送ドラマは何故CMが長いのでしょうか?

こんばんは。
以前から思っていたのですが、昼間~夕方に再放送されるドラマってどうしてあんなにCMが長いのでしょうか?
OAの時の倍以上CMが入り、その分ドラマのシーンが数多くカットされています。
私はよくフジテレビ系の再放送ドラマを見るのですが、試しに計ってみたらOA時が1分30秒で再放送時が3分15秒でした。
やはり再放送という事で見る人も少ないからテレビ局側もやりたい放題なのでしょうか?

Aベストアンサー

短縮バージョンはキー局との同時ネット放送ができないローカル編成している局用に編集しているものですね。編集はもちろんドラマの製作スタッフによって行われます。
CMを多く流したいからドラマの本編を編集でカットすることはできません。
地方局で取れる枠はどうしても昼間のいわゆる「再放送枠」で、この割安「再放送枠」のスポンサー料で出来るだけ多くの収益を上げるため、本数を増やしているため本編の時間が削られることになります。しかも、地方局ではミニ情報番組やローカル番組、テレショップ番組など空いている時間を有効的に利用するため、実質50分の放送枠がほとんどです。
プライムタイムの放送時間は通常1時間枠で53分(「54」分は次の番組の開始時間。ほとんどが「53」分に終了し、1分のCMが挟み込まれる)
その中から、CMを除くと約47分。再放送枠はCMなどを除くと約44分。その差3分を次回予告や提供バック、そして本編の中から約2分弱を落として調整しています。
このローカル局用に短縮編集されたバージョンのものが、再放送において便利に使われているのです。
キー局や地方局によっては54分の再放送枠が取れることもあるはずなんですけど、「短縮編集バージョン」を利用すれば多くCMが流せるとなれば、おのずと「短縮」を選んでしまうのでしょうねェ…。
15分・30分拡大バージョンの編集もやはりローカル放送枠では「拡大枠」の確保が難しいために、思い切った編集が行われます。
15分拡大版は台詞の無いシーンや絡みの少ないシーンなどを中心にバッサリ落としますので、結構重要な部分が欠落することがあります。
30分拡大版は、さすがに詰めるのは無理と判断し、逆に「前篇・後篇」という風に水増し編集が行われます。12回放送のはずが、13回になっています(笑)どうしても重複部分が出てきてしまうために、後篇の冒頭におことわりのテロップが挿入され、稀に「何か不祥事があって編集されたの?」と勘違いするかたが出てくるようです。


本放送と同じものを見たいのであれば、DVDを見るしか…と思ったら、著作権や肖像権の問題、権利関係でなかなか完全に同じとは行かないのが現状のようです。その分、ディレクターズカットなんて便利な言葉でごまかしているものも多いですね。
オリジナルは本放送でしか見られないからこそ貴重…でないものも多いけど…なんでしょうね。

日本民間放送連盟で定められている放送基準で番組中に流せるCMの時間というのが

5分以内の番組で1分間、
10分以内の番組に関しては2分間
15分以内であれば2分30秒
以降5分ごとに30秒ずつ増えていき
30分以上の番組では番組放送時間の10%まで
ただしどんなにCM時間があろうとも全放送時間の18%を越えてはならない

…との規定もあります。

短縮バージョンはキー局との同時ネット放送ができないローカル編成している局用に編集しているものですね。編集はもちろんドラマの製作スタッフによって行われます。
CMを多く流したいからドラマの本編を編集でカットすることはできません。
地方局で取れる枠はどうしても昼間のいわゆる「再放送枠」で、この割安「再放送枠」のスポンサー料で出来るだけ多くの収益を上げるため、本数を増やしているため本編の時間が削られることになります。しかも、地方局ではミニ情報番組やローカル番組、テレショップ番組な...続きを読む

Qスカパー CMが多いのにどうして有料なのですか?

タイトル通りです。
お願いします。

Aベストアンサー

要するに、押しつけ販売です。
CMが入っていても、私たち視聴者はそれを受信するしか無いです。
電車に広告が吊るしてあって不愉快でも、他の鉄道を選んでいては通勤・通学には使えない人がほとんどでしよう。
それと同じです。独占企業だから出来る強引ですね。

利益とかCMの中身とかは、局の都合であって視聴者には関係ありません。

料金を払っているのだから、CMなど不要。
CMが無いと、もっと利用金が高くなる。

どちらも正しいと思います。
料金を高くしても良いから、CMは全廃するべきだと思います。
高い料金がいやなら見なければ良いのです。

地上波の民間放送ならば、いやなら見ません。
その代わり、料金は一切取られていないのですから、文句も言えません。


人気Q&Aランキング