人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

増田恵子さんが半生を綴った本が出ましたが、
ピンクレディーの忙しかった時代に付き合っていた「Y」と言う方が
有名大物歌手で、交際が報道された事もあったようなのですが、
一体誰なんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

野口五郎」に関するQ&A: 野口五郎

A 回答 (2件)

前にもこんな質問が出ていますが…



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1008860
    • good
    • 0

ケイちゃんの彼氏は野口五郎が有名だったですが、本名の「やすし」からYなのかな?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野口五郎と増田恵子

今頃ですが、ネットサーフィンしても分からなかったので、こちらに書き込ませていただきます。
この2人って、年も近くて多分長くお付き合いしていたと思うのですが、何故 ダメになっちゃったのでしょう?

双方、共に別の人と結婚して幸せそうなので、それはそれで・・長い目で見たら 縁がなかったってことなのかもしれないけれど・・

本当のことは・・本人にしか分からないものだとは思いますが・・&大きなお世話ですが・・どなたか知っている方がいらしたら、知ってる範囲で教えていただければと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ケイが野口五郎の子供を中絶したと言われたが実は盲腸だったと言ううわさがありました。

Q野口五郎の元彼女は誰?

きのう「行列のできる法律事務所」で過去に芸能人と3人付き合った
と言っていましたが、

私の記憶では、ピンクレディのケイちゃん、しか覚えてませんが
あと誰とうわさになったか覚えてる人いましたら教えてください。
知ってどうなるわけでもありませんが、なんか気になって(^^;

Aベストアンサー

どうもこんにちは!


確か斉藤慶子、久我陽子、黒田知永子辺りだったのでは…


ご参考まで

Qピンクレディーのケイちゃんのアイドル時代の彼氏は?

最近、ピンクレディー再結成で時々、ケイちゃんが出てるじゃないですか。
そこで、結構、ピンクレディー全盛期に、男性アイドル(大物?)と付き合っていたって
話してるんですけど誰ですか?

解散したときは、その彼と結婚するつもりだったとか言っていたような。

古い話ですが、その話が結構でるので、誰だかいっつも気になるので、
すっきりしたいです。

Aベストアンサー

野口五郎さんでは?解散間近の頃ウワサになってましたよ。

Qピンクレディーの収入

きのうピンクレディーのバラエティー番組を見ました。'70年代後半に爆発的な人気だったわけですが、当時350億円の利益、現在に換算すると800億円の利益を稼いだようです。私も子供時代でしたが、毎日どのチャンネルを回しても彼女たちを見なかった日はないと言っても過言ではないほどの活躍でしたが、結局引退したときに未唯ちゃんの手元に残ったのは4,000万円だったそうです。

番組では2人の活躍の陰には2,000人のスタッフの生活がかかっているので、休みも取らず寝る間もないままスケジュールをこなさなくてはいけない過酷な状況からして、たった4,000万円なのという気がしました。

その後未唯ちゃんはソロになっても男に騙され、3億もの借金を抱え、質素な生活をしながら3年で完済するというような苦労もあったようですが、子供ながらにかわいそうなくらい仕事をしている感じはあったし、正直死にはしないかと思うくらいがんばっていたので、彼女たちほどがんばった人にはせめて金銭面では一生困らないくらいのサポートをしてやってもいいのではと思うのですが、芸能界とはそんなものなのでしょうか。

きのうピンクレディーのバラエティー番組を見ました。'70年代後半に爆発的な人気だったわけですが、当時350億円の利益、現在に換算すると800億円の利益を稼いだようです。私も子供時代でしたが、毎日どのチャンネルを回しても彼女たちを見なかった日はないと言っても過言ではないほどの活躍でしたが、結局引退したときに未唯ちゃんの手元に残ったのは4,000万円だったそうです。

番組では2人の活躍の陰には2,000人のスタッフの生活がかかっているので、休みも取らず寝る間もないままスケジュールをこなさなくて...続きを読む

Aベストアンサー

「引退」と言っても、それはピンクレディーとしての活動をやめただけで、タレントとして事務所には所属し続けたはずです。
一般的にタレント事務所はタレントを一生面倒見る気で抱え込みますから、人気のある時はお金をばんと払って、人気なくなったらサヨウナラ、といったドラスチックなことは、よほどでない限り、しません。
なので、事務所が払うタレント個人への月々の報酬はさほどでもないです。
最も特徴的なのは吉本興業で、給料は安いが死ぬまで面倒見る、といったことをモットーにしているようです。

それから、楽曲を制作して世に出すためには、資金が必要です。
制作費や宣伝費などといったものは事務所やレコード会社が負担するわけですが、当然、ヒットすればリスクを背負った人に見返りが多くいきます。
だから、歌手自身にお金が多くいかないのは、経済の原則として妥当とも言えます。
歌手やタレントで稼いでいる人はだいたい、事務所からの報酬以外の、たとえば作詞や作曲、あるいは本の印税などでうるおっています。
こういった権利は個人のもので、事務所という法人が持つことはできないのです。

「引退」と言っても、それはピンクレディーとしての活動をやめただけで、タレントとして事務所には所属し続けたはずです。
一般的にタレント事務所はタレントを一生面倒見る気で抱え込みますから、人気のある時はお金をばんと払って、人気なくなったらサヨウナラ、といったドラスチックなことは、よほどでない限り、しません。
なので、事務所が払うタレント個人への月々の報酬はさほどでもないです。
最も特徴的なのは吉本興業で、給料は安いが死ぬまで面倒見る、といったことをモットーにしているようです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング