人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

何々こと何々は、何々事何々と書きますか? 『異名』こと『本名』みたいな場合です。

A 回答 (3件)

書きます。



8 通称・雅号などと本名との間に用いて、両名称の指す人物が同一であることを表す。「楠公 (なんこう) 事楠木正成」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/80340/meaning/m1 …
    • good
    • 0

>『異名』こと『本名』みたいな場合…



ぜんぜん違います。
あえて漢字で書くなら「何々如何々」です。

-----------------------------広辞苑より-----------------------------
こと【如】
〘副〙(助動詞「如(ごと)し」の語幹「ごと」と同源)同じく。同じ(…ならば)。万葉集(10)「―降らば袖さへ濡れて通るべく」
    • good
    • 0

書きません

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「『通称名』こと『本名』」の文法は正しいですか?

例題1 「『ユウコリン』こと『小倉優子』はコリン星人だった」
例題2 「『キムタク』こと『木村拓哉』は子年だった」

 上記の例題1・2のように、
「『通称名』こと『本名』」
 という文章表現は、日本語として正しいのですか?
 日本語として使ってもおかしくない表現なのですか?
 もしも間違いであれば、正しい日本語の使い方を教えて下さい。
 特に「こと」の意味合いを知りたいです。
 どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

Yahoo!辞書によれば
『通称・雅号などと本名との間に用いて、両名称の指す人物が同一であることを表す』
とあります。
質問者さんのおっしゃるように「『通称名』こと『本名』」の語順であれば日本語として問題なしということですね。

ちなみにこの場合の『こと』は『事』の字を使うものであり、
『他の語句をうけて、その語句の表す行為や事態を体言化する形式名詞』
という分野での使用法だとのことです。

Q国語の質問です

何であろうがを何で有ろうがと書きますか?

Aベストアンサー

>現在では書かないという事ですが、昔なら書いていたという事ですか?
そうです。書くことも書かないことも有りました。現在のように、「こう書かなければいけません」んなどあまりいいませんでした。

Q所詮の詮のただしい書き方教えてください。 なんか全の上変じゃないですか?

所詮の詮のただしい書き方教えてください。

なんか全の上変じゃないですか?

Aベストアンサー

入に王です。

Q北原白秋のうた

白秋の「碓氷嶺の南おもてとなりにけりくだりつつ思ふ春のふかきを」の訳をできるだけ具体的に教えて下さい!お願いします!

Aベストアンサー

いい歌ですね。
下のページ見てきました!
直接は行けないみたいなので、上のディレクトリから行ってみました。

 - - - - - - - - - - - - - - -

(うすひね)
碓氷嶺の南おもてとなりにけりくだりつつ思ふ春のふかきを

晩春の碓氷嶺の南面を一人で下りながら、あたりの景色を眺めやり、しみじみと春の深まりを感じて
いる作者の姿が目に浮かぶ。

- - - - - - - - - - - - - - - -

「南おもてとなりにけり」とあるところから、
作者は碓氷峠を北面?から越えたのだと思います。
碓氷峠を越えて南側に出て、そこを下って行くわけですね。
そうすると、山国のことですから、標高が下がるにつれて春の気配が濃くなっていく、
ということではないのでしょうか。

Q文章の内容と (、)点もないのですが おかしくないでしょうか?

以下の文章ですが!28年前の元彼女です。
---------------------------------
そんなAちゃんが私を呼ぶときの「B君」と少し小さなはっきりとした心地よい心に響く癒し的な声が印象的で昨日のように思い出されます。
-------------------
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなAちゃんが私を「B君」と呼ぶときの、少し小さい「けれど」はっきりとした心地よい心に響く癒し的な声が印象的で、昨日のように思い出されます。

「少し小さいけれどはっきりとした心地よい心に響く癒し的な」が長すぎるので、いったん削除し、2つの文に分けてみてはどうですか。

そんなAちゃんが私を「B君」と呼ぶときの声が印象的で、昨日のように思い出されます。それは、少し小さいけれどはっきりとした心地よい心に響く癒し的な声でした。

Q「約1時間がかかった」は正しい表現でしょうか

正しい表現は「大阪から羽田まで約1時間かかった」だと思いますが、
「大阪から羽田まで約1時間がかかった」も可能でしょうか。

Aベストアンサー

この場合の「約 1時間」は名詞でなく、副詞として使われていますので助詞は不要です。
「明日いきます」の「明日」も同じです。

「大阪から羽田までは時間がかかる」の場合の「時間」は名詞として使われていますので助詞「が」をつけます。

Q平成天皇や令和天皇って、明らかに間違いですよね?

これって諡号だと思うのですが、平気で言っている人がいるので気になりました。

Aベストアンサー

現天皇(今上天皇)の称号は「天皇」であって、元号「〇〇」を冠して「〇〇天皇」と呼ぶのは正しくない、ということは昭和の時代も平成の時代にも言われてきたことですね。

マスコミの用字用語集でも、皇室用語の項で注意事項として明記されています。

●共同通信 記者ハンドブック 新聞用字用語集 第13版
〔注〕贈り名と誤解されるので、「平成天皇」は絶対に使わない。

●時事通信 用字用語ブック 第7版
「平成天皇」「天皇さま」は使用しない。歴代の天皇との混同を避けたい場合は「今の陛下」「現在の陛下」などと表記する。

●読売新聞 用字用語の手引 第5版
×平成天皇 現天皇については、この表記は絶対にしてはならない。歴代天皇との混同を避けたい場合は、「今の陛下」「現在の陛下」などと表記する。

しかしながら、近代以降の「明治天皇」「大正天皇」「昭和天皇」が崩御後に贈られた追号であることを知ってか知らずか、過去三代の例から類推して現天皇にまで元号を付して「〇〇天皇」と呼ぶ人が少なくないことも事実です。元号と追号の違いを学校で教えるわけでもないので、いちがいに非常識とも言えません。

------

202年前に退位した第119代天皇の退位後の称号は「太上天皇」でした。
即位:1779年、退位:1817年、崩御:1840年、追号「光格天皇」
在位中の元号「安永、天明、寛政、享和、文化」の5つ。

さきの天皇の称号が「上皇」となった経緯は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の報告書に明らかですが、政府の公式見解では、過去の「太上天皇」の略称ではないとされています。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/koumu_keigen/

マスコミでは「上皇さま」「上皇后さま」と呼んでいますね。通常の報道では、天皇以外は「さま」です。「皇太子さま」「皇后さま」「皇太后さま」など。

------

現行法制下では元号は「皇位の継承があった場合」に内閣が政令で定めることになっていますが、崩御後の天皇や皇太后への追号は皇室の私的行為(天皇の権限)なので、法令上のきまりなどはありません。

元号法 (昭和54年法律第43号)
1 元号は、政令で定める。
2 元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。
附則
1 この法律は、公布の日から施行する。
2 昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。


将来的に「平成」「令和」が追号になる「可能性はある」かもしれませんが、現時点では「必ず追号になる」とか「絶対に追号にはならない」とは言えないことです。

このへんについては、参議院内閣委員会での元号法案審議で、
日本社会党の野田哲議員の
「明治の元号がそのまま天皇の追号になった。大正という元号がそのまま大正という天皇の追号になった。これから先は昭和という追号は絶対にあり得ないと、あるいはこれから今後もしこの元号法が制定されたときにそれによって決定された元号はそれこそ未来永劫に追号にはならないと、これを明確にされますかということなんですよ。」
という質問に対して、

宮内庁の山本悟次長は
「新天皇が大行天皇に対してどういう追号を差し上げるかということは現在決まりはないわけであります。したがいまして、それをするかしないかということをいまここでするとかしないとか、そうであろうとかいうようなことを申し上げる立場にないということを申し上げているわけでございまして、これはそのときになればどういうことになるか決まってくるわけでありますけれども、いまではそのことを何とも申し上げようがないということでございます。」
と答弁しています。

詳しくは下記。
第087回国会 内閣委員会 第7号 昭和五十四年五月八日(火曜日)
本日の会議に付した案件:元号法案(内閣提出、衆議院送付)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/087/1020/08705081020007a.html


実際には昭和天皇も在位中の元号がそのまま追号になりました。「大行天皇」は崩御後、追号までの称号。
「追号奉告の儀」という皇室行事が行われています。
昭和天皇の追号も香淳皇后の追号も、崩御と同時(即日)に決まったわけではありません。

昭和天皇 追号奉告の儀(平成元年1月31日) … 崩御は昭和63年1月7日
http://www.kunaicho.go.jp/about/history/onrui-h01.html
明仁謹んで
御父大行天皇の御霊に申し上げます。
大行天皇には,御即位にあたり,国民の安寧と世界の平和を祈念されて昭和と改元され,爾来,皇位におわしますこと六十有余年,ひたすらその実現に御心をお尽くしになりました。
ここに,追号して昭和天皇と申し上げます。

香淳皇后 追号奉告の儀(平成12年7月10日) … 崩御は平成12年6月16日
http://www.kunaicho.go.jp/about/history/onrui-h12.html
明仁謹んで
御母皇太后の御霊に申し上げます。
長き歳月,昭和天皇をお助けになり,温かく,香しくましました在りし日のお姿は今も深く心に残っております。
ここに,追号して香淳皇后と申し上げます。

現天皇(今上天皇)の称号は「天皇」であって、元号「〇〇」を冠して「〇〇天皇」と呼ぶのは正しくない、ということは昭和の時代も平成の時代にも言われてきたことですね。

マスコミの用字用語集でも、皇室用語の項で注意事項として明記されています。

●共同通信 記者ハンドブック 新聞用字用語集 第13版
〔注〕贈り名と誤解されるので、「平成天皇」は絶対に使わない。

●時事通信 用字用語ブック 第7版
「平成天皇」「天皇さま」は使用しない。歴代の天皇との混同を避けたい場合は「今の陛下」「現在の陛下...続きを読む

Q平仮名の「れ」の一文字漢字はありますか?

平仮名の「れ」の一文字漢字はありますか?

Aベストアンサー

古来の日本語(大和言葉)で「れ」で表現されるもの、その他があれば、当然同じ意味を持つ漢字が当てられますが・。
一文字漢字より先に、大和言葉で「れ」ってものがあるかが先です、本末転倒?。

Qよく考えるとおかしな敬語ってありませんか?

例えば「先程、待合室の前で、先生を、お見かけしましたよ。」
「女の子と、お見受けしますが」「では、お昼頃に、お伺いします。」
よく考えると、これ皆、自分がすることなのに、なぜ「お」を、付けるんでしょうか?
「お待たせしました。ご注文のお品物を、お持ち致しました。」
待たせたのは、お客様なので「お待たせしました。」〇「お品物」〇
「お持ち」×?あなたが持ってきたんでしょ?っていうことになりませんか、ね?
普段、ふつーに、私も、この敬語で、使っていますが、よく考えると
「お」いらなくないですか?

Aベストアンサー

【自分の動作の向かう先を立てる】という目的で、自分の動作に「お(ご)」を付ける敬語は、謙譲語1と呼ばれます。
(文化庁<敬語の指針>15ページ参照)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai_6/pdf/keigo_tousin.pdf
一般的な形として以下のようなものがあります。
・お(ご)……する(後掲【 参照 ) 補足イ】 。
・お(ご)……申し上げる(後掲【 参照 ) 補足イ】 。
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく。
(同上26ページ)

「先程、待合室の前で、先生を、お見かけしましたよ。」
⇒「見かけた」という自分の行為の向かう先が先生なので、「見かけました」ではなく「お見かけしました」と表現しています。

「女の子と、お見受けしますが」
⇒「見受ける」という自分の行為の向かう先が(たとえば)他人の赤ちゃんなので、「お見受けします」と謙譲語1を使う。

「では、お昼頃に、お伺いします。」
⇒この場合の「伺う」は「行く」の謙譲語1ですね。「行く」という自分の行為の向かう先が敬意を示すべき相手の家や会社なので、「行きます」ではなく「お伺いします」と表現する。
また、「伺います」は「行く・来る」の特定形なので、「お」を付けずこれだけでも謙譲語1として使えます。
因みに「お昼頃」は美化語と呼ばれる敬語です。

「お待たせしました。ご注文のお品物を、お持ち致しました。」
⇒「待たせる」という自分の行為の向かう先がお客様なので「お待たせしました」と謙譲語1を使います。
「ご注文」は「あなたのご注文」なので尊敬語ですね。
「持ってくる」という自分の動作の向かう先が、お客様が注文した品(つまり、お客様に所属するもの)なので、「お持ち致しました。」と謙譲語1を使う。
「お持ちしました」でも謙譲語1ですが、「致す」という謙譲語2+「ます」という丁寧語も使っているので、極めて敬度の高い表現になっています。
謙譲語2については、18&28ページをご参照ください。
<敬語の指針>に一通り目を通せば、あなたも敬語の通になれるはずです。
それほど難しく書いてないので、一応目を通して、あと何か機会があるごとに参照するようにすると良いでしょう。

【自分の動作の向かう先を立てる】という目的で、自分の動作に「お(ご)」を付ける敬語は、謙譲語1と呼ばれます。
(文化庁<敬語の指針>15ページ参照)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai_6/pdf/keigo_tousin.pdf
一般的な形として以下のようなものがあります。
・お(ご)……する(後掲【 参照 ) 補足イ】 。
・お(ご)……申し上げる(後掲【 参照 ) 補足イ】 。
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく。
(同上26ページ)

...続きを読む

Qこの漢字の意味分かる方いらっしゃいますか?

外国の方からこれの意味はなにかと聞かれたのですが、私は全く分からず…
分かる方いらっしゃったら教えてください!
宜しくおねがいします!

Aベストアンサー

筆者 本人の名前です!


人気Q&Aランキング