あるエクセルのブック内のシートをdドライブに自動的にunicodeのタブ区切りテキストで保存するマクロを作成しています。コードは

for i = 1 to 10

Sheets(i).Select
f_name = "d:\" + Trim(Str(i)) + ".txt"
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=f_name,_
FileFormat:=xlUnicodeText, CreateBackup:=False

next i

こんな感じです。

しかしこれを実行するとイルカが

'aaa.txt'にアクセスできません。ファイルは読み取り専用であるか、または読み取り専用の場所にアクセスしようとしています。または、サーバー上に保存されているドキュメントから応答がありません。

と言うメッセージを出し、そこでキャンセルボタンを押すと

実行時エラー'1004':
'SaveAs'メソッドは失敗しました。'_Workbook'オブジェクト

というメッセージが出ます。さらにデバックを押すと、プログラムコードの
ActiveWorkbook.......の行で止まります。

環境はwindows2000、excel2000です。

何か足りないコードがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どもども田吾作7です。



Dドライブを指定してるけど、存在してますか?
WIN2000のセキュリティでアクセス権がないとか?

でわでわ

この回答への補足

dドライブは存在しています。
ファイル、フォルダにアクセス権はあります。(たぶん)
ちょっと色々いじってみたのですが、マクロを実行するファイル属性の読み取り専用にチェックを打つとそのようなエラーが出てこなくなりました。
なんででしょう!?よくわかりません。

補足日時:2001/07/13 16:01
    • good
    • 0

どもども田吾作7です。



[マクロでファイルオープン]で質問されてますね。そちらが解決したらこちらの問題も解決するはずです。
ファイルは上書き保存だったんですね。読み取り専用属性を持つファイルのためにこのメッセージが出てると思われます。

でわでわ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

QRst.FindFirst "名称コード" & "=" & "'101'"

タイトルのコードでは問題ないのですが、 101 を文字変数にすると「抽出条件でデータ型が一致していません」のエラーになります。この場合シングルクオーテーションはどういう意味なのでしょうか。
どうすれば良いのでしょうか。

dim Vcode as string
Vcode = "101"
Rst.FindFirst "名称コード" & "=" & Vcode

Aベストアンサー

FindFirst や、フォームの Filter プロパティで設定する場合は、SQL文のWHERE句の
内容を設定する必要があります。

フィールド名がテキスト型の場合は、

SELECT * FROM テーブル名 WHERE フィールド名 = "xxx"

のようになります。
で、FindFirst メソッドなんかで使う場合は、

rst.FindFirst フィールド名 = "xxx"

としたいところですが、条件の部分は文字列にしないといけません。
で、

rst.FindFirst "フィールド名 = "xxx""

こうすると、

フィールド名 =

で、切れてしまいます。
そこで、

rst.FindFirst "フィールド名 = 'xxx'"

このようにすればOKです。
次のステップとして、xxx の部分を変数を使ってやりたい場合。
単純に変数名に置き換えると、

rst.FindFirst "フィールド名 = '変数名'"

ですが、変数を、"" の中に記述すると、文字列として扱われますので、"" の外に
出してやる必要があります。
その場合、文字列と変数をつなぐためには、& を使います。

rst.FindFirst "フィールド名 = '" & 変数名 & "'"

で、このようになります。

FindFirst や、フォームの Filter プロパティで設定する場合は、SQL文のWHERE句の
内容を設定する必要があります。

フィールド名がテキスト型の場合は、

SELECT * FROM テーブル名 WHERE フィールド名 = "xxx"

のようになります。
で、FindFirst メソッドなんかで使う場合は、

rst.FindFirst フィールド名 = "xxx"

としたいところですが、条件の部分は文字列にしないといけません。
で、

rst.FindFirst "フィールド名 = "xxx""

こうすると、

フィールド名 =

で、切れてしまいます...続きを読む

QRange("K" & TR).Formula = で、セルにマクロで式を書きたいのですが

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています
エクセルは2013です

わけあって、セルにマクロで式を書いています
例えば TRは行を表す変数ですが
Range("K" & TR).Formula = "=IFERROR(AY" & TR & ","""")" と書いたマクロの結果は
=IFERROR(AY43,"") という式がRange("K" & TR) に書かれます

それでは、いま、マクロで下記のように書いているコード(TRは行を表す変数です)
Range("Z" & i) = Range("Z" & i - 1) - Range("AG" & TR) * 10000 は
Range("Z" & i).Formula = 
で書く場合、=の右側をどう書いたら良いでしょうか

色々とやってみたのですが狙った式になりません

この場合 変数 i を使っているので、もしかしたら、そもそも無理なことでしょうか

うまく説明できていませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1です。申し訳ありません大ボケな回答をしていましました。

要するに↓ってことですよね? また勘違いしていたらスミマセン。

Range("Z" & i).Formula = "=Z" & i - 1 & "-AG" & TR & " * 10000"

QVB6+SQL サーバー 2000 で 実行時エラー '3704' がでます:

VB6 + SQL サーバー 2000 でDB接続を行っていますが
リストのように SELECT 文の後にInsert 文を実行しようとし
Re.Closeを実行すると
-------------------------------------------------------------
実行時エラー '3704':
オブジェクトが閉じている場合は、操作は許可されません
-------------------------------------------------------------
 とエラーになり、連続するSQL文を実行する場合のopen ,Close は
どのように書けばよろしいのでしょうか。

 ネット上で見つけた資料によるとメソッド RE.CancelUpdate を使うと
ありましたがこれもエラーとなります。

どなたか 教えていただけないでしょうか。

--- sample ----------------------------------------
Dim Cn As New ADODB.Connection
Dim Re As New ADODB.Recordset

Connect = ""
Connect = "Provider = SQLOLEDB;" _
& "Data Source = サーバー;" _
& "User ID = sa;" _
& "Password = パスワード;" _
& "initial Catalog = database;"
'
Cn.Open Connect
'
strSQL = "SELECT * from DBTBL WHERE CODE = '000001'"
Re.Open strSQL, Cn, adOpenKeyset 'SQL文を実行
Re.Close
'
strSQL = "Insert Into MAS1PF (CODE,NAME,TEL,FAX) Values('11111','名前','TEL,'FAX)"
Re.Open strSQL, Cn, adOpenKeyset 'SQL文を実行
'
Re.Close
Cn.Close

VB6 + SQL サーバー 2000 でDB接続を行っていますが
リストのように SELECT 文の後にInsert 文を実行しようとし
Re.Closeを実行すると
-------------------------------------------------------------
実行時エラー '3704':
オブジェクトが閉じている場合は、操作は許可されません
-------------------------------------------------------------
 とエラーになり、連続するSQL文を実行する場合のopen ,Close は
どのように書けばよろしいのでしょうか。

 ネット上で見つけた資料によるとメソッド ...続きを読む

Aベストアンサー

1:strSQL = "SELECT * from DBTBL WHERE CODE = '000001'"
2:Re.Open strSQL, Cn, adOpenKeyset 'SQL文を実行
3:Re.Close
4:strSQL = "Insert Into MAS1PF (CODE,NAME,TEL,FAX) Values('11111','名前','TEL,'FAX)"
5:Re.Open strSQL, Cn, adOpenKeyset 'SQL文を実行

の 3: で Re.Close したまま、5: で Re.Open しているからだと思います。
5: の前に
Set Re = New ADODB.Recordset
を入れると正常に動作するようになると思います。
ちなみに、なぜ 2: ではエラーが発生しないかというと、
Dim Re As ADODB.Recordset
ではなく、
Dim Re As New ADODB.Recordset
として宣言しているからです。

QVBA マクロ実行時エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

*********************************************************
*********************************************************
Sub 日報別ファイルに保存したい1()
Worksheets("日報").Range("A3:AF36").Copy
With Workbooks.Add
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
:=False, Transpose:=False
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False
Range("A1").Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False

ApplicationDisplayAlerts = True '同名FILEが存在する場合'
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:= _
"c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & ActiveSheet.Range("l2") & "月" & ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls" _
, FileFormat:=xlNormal
.Close file


End With

End Sub

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

***********...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-------------------------------------------
''もし、そのままでダメでしたら、 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する のところのコメント・ブロック('コードの手前のアポストロフィ)を外して、再度試してみてください。

Sub 日報別ファイルに保存したい2()
Dim myRng As Range
Set myRng = Worksheets("日報").Range("A3:AF36")
 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する

With Workbooks.Add
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
 
  Application.CutCopyMode = False
 
 ApplicationDisplayAlerts = True '**これは、そのままでは必要ないはずです。'
 
 ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & _
                 ActiveSheet.Range("l2") & "月" & _
                 ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls", _
                 FileFormat:=xlNormal
 .Close file
End With
Set myRng = Nothing
'Application.EnableEvents = True 'イベントマクロの活動を戻す

End Sub

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-----------------------------------------...続きを読む

Q[VB5] RDO:エラー'429' ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません

Excel97のVBAを使って、RDOでSQLserverに接続しようとすると
「ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません」
というエラーがでます。

VB5.0を再セットアップするとよいと以下のURLにはのっていますが

http://www.microsoft.com/japan/support/kb/articles/J043/1/96.asp

VBがインストールされていないマシンでは、どうしたらよいのでしょうか?
RDOのバージョンは2.0です。

Aベストアンサー

--参考URLより--
また、RDO は Visual Basic Enterprise Edition の開発者だけにライセンスされています。(中略)Microsoft Office プラットフォームには実行時モードはなく、RDO 開発プラットフォームとして使用するた
めのライセンスもありません。
-------
分かりづらい文章ですが、

>Excel97のVBAを使って、RDOでSQLserverに接続

これはライセンス違反ではないでしょうか?

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/VBCon98/vbconrdoconfigurationrequirements.htm

QExcelマクロでRange("A1:A5,C1:C5")をCellsで書きたいのですが

マクロ初心者です。
Excelマクロでグラフを作成するときに、元データを指定する所で、
Source:=Range("A1:A5,C1:C5")とするような場合、
「A1」とかアルファベットでの番地指定ではなく、
Cellsを用いて書きたいのです。

Source:=Range("A1:A5")であれば、
Source:=Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1))と書けばいいことは分かるのですが、範囲指定を複数にする場合が分からないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Unionを使用したらできると思います。

Source:=Union(Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1)), Range(Cells(1, 3), Cells(5, 3)))

今Excelがインストールされてないパソコンで作業していないので確認はしていないのですが・・・。

よかったら参考にして下さい

QVB6のAttribute VB_Nameの意味について

VB6のAttribute VB_Nameの意味について

VB6のAttribute VB_Nameの意味がわかりません。
例えばAttribute VB_Name = "AAA"とした場合、このAAAは何を意味するのでしょうか。

Aベストアンサー

仮に添付画像のようなプロジェクトの時、

Form1.frmをテキストエディタで開くと
→Attribute VB_Name = "Form2"

Form1.frmをテキストエディタで開くと
→Attribute VB_Name = "Form2"

Module1.basをテキストエディタで開くと
→Attribute VB_Name = "Module2"

となります。


Attribute VB_Name = "オブジェクト名"
という事です。

Qエクセルのマクロ(range)について

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S       U     V
個数 金額  累計個数 金額金額 (=M+Q) (=O+S)
0、   0、   100、   1000、    100、   1000 
1,初期状態

10、  100、  100、   1000、    110、   1100
2,個数を入力すると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる

10、  100、   110、   1100、    120、   1200
3,マクロを実行すると、UとVの数がQとSに入力され、計算式を入力してあるUとVの数がさらに変わる。

0、   0、    110、   1100、   110、    1100
4,MとOの数をゼロ(クリア)にすると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる。     


なかなか理解できないのは、Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Valueの部分で、
2,の後にマクロを実行すると、U 110、V 1100がQ 100とS 1000に書き込まれることです。
通常の計算式だと=は対象となったセルをそのまま表示していると思うのですがのですが、
マクロに書いてある式だと3,のところでUとVの数をQとSに書き込んであります。
なぜ=なのにマクロでは一方のセルに数を書き込んでいるのでしょうか。
また、QやSをUやVへ書き込んでいないのでしょうか。

どなたか詳しく教えていただけると幸いです。

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S...続きを読む

Aベストアンサー

プログラミング言語では、一般的に、
「=」は、右辺から左辺への「代入」
を意味します。

マクロ = Visual Basic = プログラミング言語
なので、Excelにおける「=」とは少し意味合いが違っています。

Qマクロで100マス計算! Dim i,j As Integer For i = 2 ToRang

マクロで100マス計算!

Dim i,j As Integer

For i = 2 ToRange(”A1”).End(xlDown).Row
For j=2 To Range(”B1”).End(xlToRight).Column

Cells(i,j).Value = Cells(i,1).Value * Cells(1,j).Value
Next j
Next i
Endsub

上記のように記述しましたが、
iの最終行が2となってしまっていますがなぜこのコードが間違っているのか分からないです。。どなたか教えていただけたら嬉しいです!

Aベストアンサー

確認してはいませんが…


>改行、スペースは実際にはきちんととっていますので気にしないでください
とのことなので、違っているのかもしれませんが、

>For i = 2 ToRange(”A1”).End(xlDown).Row
         ↓
 For i = 2 To Range(”A1”).End(xlDown).Row
で、うまくいきませんか?
100マス(10×10)と最初から決まっているので、範囲は 2 To 11 でも良いように思いますが…

改行、スペースなどが正しくなっているなら、Range(”A1”).End(xlDown).Rowの値が2以下になっている可能性が考えられます。(ということは、A1が空白セル、または、A3が空白セルなどなど・・)
A1が空白セルの場合は、
 For i = 2 To Range(”A2”).End(xlDown).Row
とするか、
 For i = 2 To 11
などとすることで、動作するのではないかと推測します。


人気Q&Aランキング