プロが教えるわが家の防犯対策術!

初めまして。 私が勤める会社(メーカー)が来年、国内外の販売代理店を招待して夕食会を行います。 総勢200人ぐらいの規模で、毎回食事の合間に余興(イベント)を入れます。 今まではマジックショー、和太鼓、バンド演奏、ジャグリングなどをプロにお金を払って行いました。 今回は何か変わった余興は無いかと考えております。 中小企業ですので、掛けられる費用も限られておりますが、もし何か面白いアイデアがあれば教えてください。 ちなみにお客の過半数は外国人です。 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

芸人市場ドットコムは如何でしょうか?


ジャンルも豊富ですし外国人の方も登録されています。大道芸人の紹介サイトです。ほとんどの方が東京都のヘブンアーティストinTOKYOの資格者です。

参考URL:http://www.geininichiba.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いたサイトは大変参考になります。
有り難うございました。

お礼日時:2004/10/11 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国人に喜ばれるパフォーマンス

娘がオーストラリアに親善旅行します。
現地の中高生に喜ばれるパフォーマンスで悩んでいます。
何か良いアドバイスがあればお願いします。

Aベストアンサー

 元米国在住です。欧米人が東洋の神秘を感じるのは空手と
柔道なのですが、娘さんだとちょっと難しいですよね。
たとえば浴衣を着て、簡単な日本舞踊などはいかがですか?

 ただし、浴衣はうっかりすると寝巻きに見えてしまうので、
肌を露出しないように気を付けて下さい。扇子などの小道具が
あると効果的だと思います。

 逆に受けないものは、歌の披露ですね。歌詞の意味が
わからないものを聞かされても、中高生には苦痛なだけ
だと思います。

 あと、あや取りと折り紙は定番ですね。サクサクと鶴を
折ってみせると驚かれますよ。千代紙は安いわりに受けが
いいので便利ですし、日本人の手の器用さは世界トップレ
ベルなので、それを披露してきてください。

Q外国人の前での出し物

私は中3の女子で
今度学校から派遣される海外派遣団に内定しました。

向こうに行ったときに
お世話になる学校で歓迎会をやってくれるんですが
その時私達は出し物をやる予定で
どんなものをやればいいか分かりません。
どなたかアイデアをください。

・ソーラン節は前の先輩がやったのでNG!
・日本の文化を伝えられるもの
・歌はもう歌う予定です。
・17人くらいでやる予定です。
・向こうの子も参加できるものがいいです。

わがままですいません!!
これは月曜提出なので早めにお願いします。

Aベストアンサー

ゆかたで盆おどり。
盆踊り、着付け、いけばな、書道、茶道のデモンストレーション。
茶道はお盆だてという略式の方法でテーブルの上で出来ます。
折り紙は案外ポピュラーですが、プレゼントできるのでグー。
風呂敷でボールやワインボトルなど、包み方を覚えて行って、何が入っているかクイズ形式で風呂敷の使い方を伝授してはいかが?
じみかしら・・

Q外国人とやって盛り上がるゲーム

交流会で外国人(多国籍、多言語)とゲームをします。
人数は日本人・外国人あわせて100人ぐらいの予定です。
共通言語は日本語のみです。英語などの補助言語は使えません。

やさしい日本語をつかって、ゲームをしようと思います。
1)いろいろな人と話すチャンスがあるゲーム
2)あまり日本語のレベルが高くなくてもできるゲーム

何か盛り上がるゲームをやったことがある方、アイデアを分けていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

100人全員が一つでなければならないのか、グループ分けできるのかにも拠りますが。ドイツでの交流会で経験したゲームです。二つほど挙げておきます。一つは互いの名前を覚えるゲーム、もう一つは色々な人と話すチャンスがあるゲームです。言語レベルはあまり要りません。それぞれの言語レベルで。

1) 長い紐または糸を用意します。人数は20人か30人くらいが限度でしょうか。子どもか大人かで暗記容量が異なりますので、適当にグループ分けしてください。全員が輪になって座り、一人が糸を玉にして持ちます。その人が始めになります。自分の名前を言って、誰か別の人に糸玉を投げます。すぐ隣とかではなく、できるだけランダムに投げます。糸玉をもらった人は貰った相手の名前に自分の名前を加えて次の人に投げます。三人目は最初から名前を順に続けて自分の名前も加えて次の人へ。どんどん名前の鎖が長くなります。糸が交差する場合には、必ずこれまでにある糸の一番上を通るように気を付けてください。全員終わったら、輪の中に糸でできた模様があります。みんなが繋がった証拠です。コーディネーターの方は、この段階で、皆の中にできた輪を強調してあげると良いでしょう。
ゲームはしかしこれで終わりではありません。これでようやく半分。最後に糸をもらった人から今度は逆向きに流れます。自分の名前と糸玉を返す人の名前を言って、糸玉を返します。返してもらったら、余分な糸を巻き取って、先ほどと同じようにどういう順序で糸が返ってきたのか名前の鎖を反復して糸玉を返していきます。今度は、すでに糸がなくなってしまっているので、後に行くほど前半よりも難しさが大きくなります。最後まで行けば、糸玉もキレイに後片付けができます。最後、コーディネーターの方は、「目に見える糸はなくなったけど、皆さんの間の輪は残っているはずです」というような形で締めるとまとまると思います。

2) もう一つは人間ビンゴです。これは100人でも可能ですが、準備が面倒になります。人数によって升の大きさを変えます。30人程度であれば5*5、100人でやるなら8*8か9*9程度でしょうか。それぞれのマスには、数字ではなく、人の特徴・趣味・人間関係などを書き込みます。あまり特殊でないものを書き込んだ方が良いでしょう。コンタクトをしている人、祖父母と同居の人、一人っ子な人、楽器演奏ができる人、靴のサイズが23より小さい人、5月生まれの人など、パッと見て分からない方がベターです。メガネの人などは、すぐに分かってしまうため。逆に特殊すぎるものは、該当者を探すのが大変になりすぎるかも知れません。そこら辺の兼ね合いは主催者が判断すれば良いでしょう。グループの母体を考えて内容を考える必要があります。
後は、普通のビンゴと同じです。廻りの人と話をして、該当するカテゴリーのところに名前を記入してもらいます。一人で、いくつも該当するカテゴリーはあるでしょうが、一人の名前は一ヶ所だけ。本人同士で話して、どのカテゴリーに記入してもらうかを決めてもらいます。時間を決めて、何列できるかを競うのが良いでしょう。最初に一列できた人は手を挙げて申告してもらって、別途何か賞を上げるのも良いかも知れません。時間内に一列もできなかった人が居たら、最後にその人が探している相手を呼び出してあげるのも一つのコミュニケーションになると思います。(私が参加した時は、偶然10月生まれの人が一人しか居ず、その人を見つけられなかった参加者が何人かいました。)

楽しい会になると良いですね。

100人全員が一つでなければならないのか、グループ分けできるのかにも拠りますが。ドイツでの交流会で経験したゲームです。二つほど挙げておきます。一つは互いの名前を覚えるゲーム、もう一つは色々な人と話すチャンスがあるゲームです。言語レベルはあまり要りません。それぞれの言語レベルで。

1) 長い紐または糸を用意します。人数は20人か30人くらいが限度でしょうか。子どもか大人かで暗記容量が異なりますので、適当にグループ分けしてください。全員が輪になって座り、一人が糸を玉にして持ちます。そ...続きを読む


人気Q&Aランキング