[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

いままで動いていたマクロが動かなくなった、スタック領域が不足していますと出るが
どうすればいいか。エクセル

A 回答 (2件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う、プグラム用語が理解できないので順次 考えてみます。

お礼日時:2018/04/01 08:12

SubやFunctionが際限なく呼び出されている可能性があります。


そのような処理が無いかチェックしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う、プグラム用語が理解できないので順次 考えてみます。

お礼日時:2018/04/01 08:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

QDoEvents関数って何?

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そこで「EXCEL VBA パーフェクトマスター」という本を見たら

for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
DoEvents
next i
unload userform1
と入力すれば解決することがわかりました。

しかし「DoEvents」についてあまり詳しく書いていなかったのでDoEvents関数をヘルプで見ると、
「発生したイベントがオペレーティング システムによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をオペレーティング システムに渡すフロー制御関数です。」

と書いてあるのですが正直、書いてあることがよくわかりません。

どなたかDoEvents関数について、
もう少しわかりやすく教えていただけませんか。
それから、最初に書いたコードで実行すると
ユーザーフォームの背景が真っ白になってしまう原因も
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
    DoEvents
    Cells(i,1) = ""
  Next i
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
  MsgBox "hoge"
End Sub

っていうフォームのコードがあった場合、
DoEvents を入れることによって、ループ中にユーザーがCommandButton2 を押すことによって CommandButton2 のクリック イベントも動いちゃいます。
CommandButton1 のクリック イベントではループの前に
CommandButton1.Enabled = False
CommandButton2.Enabled = False
を書いてフォーム上の CommandButton を無効にしておき、ループが終わったら
CommandButton1.Enabled = True
CommandButton2.Enabled = True
と書いて CommandButton を有効に戻してください。

これを工夫すれば、CommandButton2 で CommandButton1 のループを途中キャンセルする処理もすることができます。

Private Canceled As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

  CommandButton2.Enabled = False

  Dim i As Long
  For i = 1 To 50000
    DoEvents

    If Canceled = True Then
      MsgBox "キャンセルしました"
      Exit Sub
    End If

    Cells(i, 1).Value = ""
  Next i
End Sub

Private CommandButton2_Click()
  Canceled = True
End Sub



コードの行頭にあるスペースは見易さのために全角スペースで作成していますので、これをこのままコピペするとエラーになるかもしれません。
コピペするなら行頭の全角スペースを半角スペースに直してください。

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
...続きを読む

Qスタック領域エラーについて

いつも参考にさせていただいています。
ご回答よろしくおねがいします。

新規のフォームにチェックボックスを3つ追加しました。
コントロール配列です。
------frame1--------
| checkbox1(0) |
| checkbox1(1) |
| checkbox1(2) |
--------------------

このときに、

---------------------------------------------
Private Sub Check1_Click(Index As Integer)

Check1(0).Value = 0
Check1(1).Value = 0
Check1(2).Value = 0
Check1(Index).Value = 1

End Sub
---------------------------------------------

以上のようにプログラムを実行すると、
スタック領域エラー(エラー28)が出力されます。
この回避方法について、また原因がおわかりいただけたら
ご教授おねがいできないでしょうか?

OS:WinXP SP3
環境:VB6

いつも参考にさせていただいています。
ご回答よろしくおねがいします。

新規のフォームにチェックボックスを3つ追加しました。
コントロール配列です。
------frame1--------
| checkbox1(0) |
| checkbox1(1) |
| checkbox1(2) |
--------------------

このときに、

---------------------------------------------
Private Sub Check1_Click(Index As Integer)

Check1(0).Value = 0
Check1(1).Value = 0
Check1(2).Value = 0
Check1(Index).Value = 1...続きを読む

Aベストアンサー

原因は、
Private Sub Check1_Click(Index As Integer)
の中でチェックボックスの値を変えているため、自分自身の手続きを再帰呼び出ししているためです。

対処方法は、最初にすべてのチェックボックスを0にするのではなく、Indexを調べて必要なチェックボックスの値だけを変えるようにしましょう。

QVBA 実行時エラー1004 rangeメソッドは失敗しました。globalオブジェクトのエラー

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義がまずいと思うのですが、それ以上の事は分かりません。どなたか、分かる方がおりましたら、よろしくお願いします。また、プログラムは以下のようになります。

Sub 繰り返し()
'繰り返し
Dim s As Integer
For s = 0 To 17
Range("cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)").Select
Range("cells(8,s+2)").Activate
Charts.Add
ActiveChart.ChartType = xlXYScatter
ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("20081216_210647").Range( _
"cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)"), PlotBy:=xlColumns
ActiveChart.SeriesCollection(1).Name = "=""0810p2x"""
ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsNewSheet, Name:="0810p2x"
With ActiveChart
.HasTitle = True
.ChartTitle.Characters.Text = "0810p2x"
.Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = True
.Axes(xlCategory, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "t"
.Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = False
End With
Next
End Sub

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義...続きを読む

Aベストアンサー

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな(Excelで表示されている)シートが上位オブジェクトとして、自動的に認識されます。

≪例2≫
Sheets("Sheet2").Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、Rangeのみシート名が記述されています。
Sheets("Sheet2").Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
Activeなシートが、Sheet2の場合はエラーになりません。
しかし、ActiveなシートがSheet2以外の場合、エラーが発生します。
直前に、
Sheets("Sheet1").Select
などとしていれば、ActiveシートがSheet1になっていますから、エラーになります。

Sheets("Sheet2").Range(Sheets("Sheet2").Cells(8, 1), Sheets("Sheet2").Cells(1587, 2)).Select
と書いておけば安心です。
Withステートメントを使えばスッキリ纏めることができます。
With Sheets("Sheet2")
  .Range(.Cells(8, 1), .Cells(1587, 2)).Select
End With

# Sheets("Sheet2")の上位オブジェクトが省略されていることにも気がついてください。

>そこで自分で基礎を勉強したいのですが推薦できる参考書などがござ
>いましたら、教えていただけませんか?
私自身は、入門書程度の雑誌を1冊買っただけです。どれが良いとかはよく分かりません。
「マクロの記録」を活用して、参考コードを取得し、汎用性のあるコードに編集しています。
新しい単語があれば、文字カーソルを単語の上に置き、F1キーを押してVBAのヘルプを必ず見るようにしています。
躓いた時は、Web検索して欲しい情報を得たり、あるいは、こうした掲示板で先輩方のお力をお借りしています。

Excel(エクセル)VBA入門:目次
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4651404
エクセル入門・初級編
http://www.kenzo30.com/excel_kiso.htm

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな...続きを読む

QEXcelのマクロで相対パスでファイルを開く

Excelでマクロを使って他のブックを開こうとしています。
同じフォルダ内のブックを開くには
Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\ブック名.xls"
で開く事が出来たのですが、一つ上の階層にあるブックを開きたいときはどのようなコマンドを使えば良いのでしょうか??

お教え下さい。

Aベストアンサー

Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\..\ブック名.xls"

フォルダ名「..」で親フォルダを参照できます。

Qセルの値が変ると自動でマクロが実行される。

セルの値が変ると自動でマクロが実行されるVBAを教えて下さいm(_ _ )m
例えば、シート1のA1の値が変ると、マクロAが実行される。
シート1のA2の値が変ると、マクロBが実行される。
と一つのシート内に複数のイベントを設置したのですが、イマイチわかりません。
知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
お邪魔します。

(1)まずはオーダー通りの基本型

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
' ' 複数セルが変更された場合(単セルでない場合)は処理を抜ける
If Target.Count > 1 Then Exit Sub
' ' 変更されたセルが1列めでない場合は処理を抜ける
If Target.Column <> 1 Then Exit Sub
' ' 変更されたセルの行位置によって処理を分岐する
Select Case Target.Row
Case 1
' A1 の場合の処理
MsgBox "A1" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
Case 2
' A2 の場合の処理
MsgBox "A2" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
End Select
End Sub

(2)セルの位置によってもっと細かく分岐したい場合

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
' ' 複数セルが変更された場合(単セルでない場合)は処理を抜ける
If Target.Count > 1 Then Exit Sub
' ' 変更されたセルの 列位置 によって処理を分岐する
Select Case Target.Column
Case 1 ' 1列めなら
' ' 変更されたセルの 行位置 によって処理を分岐する
Select Case Target.Row
Case 1 ' 1列め の 1行め なら
' A1 の場合の処理
MsgBox "A1" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
Case 2 ' 1列め の 2行め なら
' A2 の場合の処理
MsgBox "A2" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
End Select
Case 2 ' 2列めなら
' ' 変更されたセルの 行位置 によって処理を分岐する
Select Case Target.Row
Case 1 ' 2列め の 1行め なら
' B1 の場合の処理
MsgBox "B1" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
Case 2 ' 2列め の 2行め なら
' B2 の場合の処理
MsgBox "B2" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
End Select
End Select
End Sub

(3)セルのアドレスを採り文字列で分岐したい場合
   (個人的にはあまりお奨めしていませんが、知っておいた方が好いもの)

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'' ' 変更されたセルの 参照文字列(A1型) によって処理を分岐する
Select Case Target.Address(False, False)
Case "A1"
MsgBox "A1" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
Case "A2"
MsgBox "A2" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
Case "B1"
MsgBox "B1" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
Case "B2"
MsgBox "B2" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
End Select
End Sub

とりあえず、単セルの場合だけ、理解を深めてみましょう。
複数セルに値変更があった場合については、その後でいいと思います。
(1)にある
If Target.Count > 1 Then Exit Sub
If Target.Column <> 1 Then Exit Sub
のような記述はイベントプロシージャでは多用される基本中の基本ですから
よーく咀嚼して呑み込んじゃってください。

一応、いわずもがなですが、
上に挙げたようなイベントプロシージャを複数併記することはできませんので
使わないものはコメントブロックして下さい。
VBE(Visual Basic Editor)のツールバーに[編集]というのを追加してあれば
[コメントブロック]、[非コメントブロック]というボタンがありますので適宜。

また、イベントプロシージャで注意するべき点として
例えば今回のChangeイベントの処理中にセルの値を変更すれば
再度Changeイベントが呼び出される(再帰)ということを知っておいてください。
その場合、
  Application.EnableEvents = False
  ' 処理
  Application.EnableEvents = True
のような形で、再帰を回避します。

私自身VBAを覚え初めの頃は、イベントプロシージャとばかり格闘して
日に何百回もエラーを出しながら納得がいくまで色んなことを試していた覚えがあります。
・オブジェクトやプロパティの基本的な扱い方
・条件分岐
などの基本事項を覚えるのには最適の課題ですから、頑張って挑戦し続けてください。

以上です。

///
Re:#2 ちょっと違うかも。
それは、「A1 と 同じ値 に変更された セル があった場合」の処理になっています。
Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
If Target = Range("A1") Then
MsgBox Target.Address
End If
End Sub
として、例えば、C3セルにA1と同じ値を設定すると違うのがわかると思います。
あしからず、、、

こんにちは
お邪魔します。

(1)まずはオーダー通りの基本型

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
' ' 複数セルが変更された場合(単セルでない場合)は処理を抜ける
If Target.Count > 1 Then Exit Sub
' ' 変更されたセルが1列めでない場合は処理を抜ける
If Target.Column <> 1 Then Exit Sub
' ' 変更されたセルの行位置によって処理を分岐する
Select Case Target.Row
Case 1
' A1 の場合の処理
MsgBox "A1" ' 確認用(確認が済んだら当行削除)
...続きを読む

Q'Range'メソッドは失敗しました

ExcelのVBAの質問になりますが、教えてください。
下記を動かすと最後の行で「'Range'メソッドは失敗しました: '_Worksheet' オブジェクト」と出ます
どうしても最後の行をセレクトしたいのですが、どうしたらよいでしょうか。


Option Explicit
Public WB1 As Workbook
Public WB1SH1 As Worksheet

Public CSVWB1 As Workbook
Public CSVWB1SH1 As Worksheet

Dim MaxRow As Integer

Private Sub CommandButton1_Click()

Set WB1 = ActiveWorkbook
Set WB1SH1 = WB1.Worksheets(1)
Dim a As String

a = WB1SH1.Range("a1)

Workbooks.Open "C:\Users\User\Desktop\" & a & ".CSV"

Set CSVWB1 = ActiveWorkbook
Set CSVWB1SH1 = CSVWB1.Worksheets(1)

MaxRow = CSVWB1SH1.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

WB1SH1.Activate
WB1SH1.Range(Cells(1, 1), Cells(MaxRow, 3)).Select
CSVWB1SH1.Activate
CSVWB1SH1.Range(Cells(1, 1), Cells(MaxRow, 3)).Select  '←ここでエラーがでる

End Sub

ExcelのVBAの質問になりますが、教えてください。
下記を動かすと最後の行で「'Range'メソッドは失敗しました: '_Worksheet' オブジェクト」と出ます
どうしても最後の行をセレクトしたいのですが、どうしたらよいでしょうか。


Option Explicit
Public WB1 As Workbook
Public WB1SH1 As Worksheet

Public CSVWB1 As Workbook
Public CSVWB1SH1 As Worksheet

Dim MaxRow As Integer ...続きを読む

Aベストアンサー

初心者さんが必ず一度は失敗します。


>Private Sub CommandButton1_Click()

のようにシートオブジェクトに記載したマクロでは、シートを修飾しないセル(レンジ)オブジェクトは全て「マクロを記載したシート」に紐付けられています。


CSVWB1SH1.Range(CSVWB1SH1.Cells(1, 1), CSVWB1SH1.Cells(MaxRow, 3)).Select
のようにしなければいけません。

Q【Excel VBA】セルの値が変更されたらマクロを実行

こんにちは

B4の値を変更する度に、
標準モジュールにあるMacro1が実行されるようにするには、
どうしたら良いでしょうか。

Excel2013です。

Aベストアンサー

WorksheetのChangeイベントを書けばいいです。
【Worksheet Change】
Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
If Target.Column = 2 And Target.Row = 4 Then
Call Module1.Macro1
End If
End Sub

【Module1】
Public Sub Macro1()
MsgBox "B4の値変更(元の値と変更がなくても走行する)"
End Sub


人気Q&Aランキング

おすすめ情報