昔見た映画(?ドラマかも・・・)で、秋吉久美子が、出ていたもので、「パーマネントブルーの恋」というのがありました。ストーリーは、学生運動のリーダーの彼女が、警察の手から逃れて、とある海辺に流れ着いたことから始まり、その島の少年が彼女に恋をして、駆け落ちしようとしますが彼女は警察につかまってしまう・・・と言うものだったと思います。長くなりましたが質問は、その島の舞台は何処?と、本当に映画?の2つの点です。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

島ではなく、四国のどこかだったと思うのですが、あ、でも瀬戸内海のどこかの島かもしれない。

やっぱり自信ないですね。原作は素九鬼子(もと・くきこ)さんの「パーマネントブルー」ですが、この方は愛媛の西条生まれだったはずです。他の小説でやはり瀬戸内海の島を舞台にしたのがあったのですが・・・。

映画については↓の回答通りです。ただキャスティングの並びは、財津さんは一番最後の大物扱いといったところですので注意。岡田英次、南美江あたりも出ていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原作を教えていただいてありがとうございました。
やっぱり、瀬戸内海だったのかもしれませんね。何となく、そうではないかと記憶してた部分があったので・・・・今度は、原作の方を探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/15 21:28

映画 「パーマネント・ブルー 真夏の恋」



1976年作品 89分 制作・松竹

出演 財津一郎 佐藤祐介 秋吉久美子 原田美枝子 他


舞台はわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~やっぱり映画だったんですね・・・
昔、学校を休んだ日に、TVで見たきりなので、映画なのかどうかもわからずじまいで・・・・佐藤祐介さんが、少年役でしたよね?
教えていただいて本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/15 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「彼のオートバイ、彼女の島」

この映画の中に出てくる盆踊りが見たいのですが、
どこに行けば観れるでしょうか。

映画の中では瀬戸内海の離島だという設定ですが、
いくらネットで探しても全然違う踊り、歌、音頭、なのですが。
(あの盆踊りは捏造、或いは演出だったのでしょうか)

映画を観た方で、これと同じ動画を御存じの方、あー、うちの地元の盆踊りと同じだと思った方、是非教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

盆踊りシーンは尾道ロケ(岩子島いわしじま)で撮られていますが
「彼女の島」は原作では岡山県笠岡市の白石島(しらいしじま)です
この白石島は「白石踊り」が近隣では有名で、国指定重要無形民俗文化財となっています(12種類の踊り有り)
<いくらネットで探しても全然違う踊り、歌、音頭、なのですが
◆岩子島の盆踊りはありましたか?
わざわざ、白石島から踊り手を呼んだとは思えませんから
映画のなかの盆踊りは違うのでは?と思います
映画のために創作したのかもしれません
(でも、「捏造」ではないでしょう)
それはさておき、(映画の中の踊りと)同じでも違っても
「白石踊り」は一見の価値はあると思います
この夏に行ってみてはどうですか
8月14日~16日(7月20日~8月13日までの土曜日は午後8時から観光用として踊られるようです)
詳しくは笠岡市観光連盟に問い合わせ
Tel:0865-69-2147 Fax:0865-69-2185
http://www.kasaoka-kankou.jp/
笠岡諸島(白石島、北木島、真鍋島など)へは
岡山県笠岡市の笠岡港(笠岡駅から近いです)から定期船で渡り、
盆踊りを見た後は1泊しなくてはいけないでしょう
◆定期船時刻表
http://www.shimazukuri.gr.jp/fc/kasaoka3.htm
◆宿泊 白石島・お多福旅館
http://www.rurubu.com/yado/detail.asp?ID=40219
◆白石踊り
http://www.bonodori.net/zenkoku/shiraishi/shiraishi_odori.html
◆白石踊り 画像など
http://bsearch.goo.ne.jp/image.php?UI=web&TAB=web&STYPE=0&CC=1&SCRDEF=0&IMGST=0&IMGSZ=0&IMGC=3&IMGFT=0&IMGFT=1&IMGFT=2&IMGFT=3&MOVPT=0&MOVFT=0&MOVFT=1&MOVFT=2&MOVFT=3&AUDPT=0&NSDP=1&KWDP=1&DC=20&FR=1&SM=mc&OCR=1&SITE=&SITE2=&SITE3=&SITE4=&SITE5=&SITEH=&AUDST=0&AUDMST=0&MOVTHN=0&QGR=1&MOVSC=0&NOJSB=0&QGA=1&NOJS=0&AUDSITE=0&MT=%C7%F2%C0%D0%CD%D9%A4%EA&button=%B2%E8%C1%FC%B8%A1%BA%F7

盆踊りシーンは尾道ロケ(岩子島いわしじま)で撮られていますが
「彼女の島」は原作では岡山県笠岡市の白石島(しらいしじま)です
この白石島は「白石踊り」が近隣では有名で、国指定重要無形民俗文化財となっています(12種類の踊り有り)
<いくらネットで探しても全然違う踊り、歌、音頭、なのですが
◆岩子島の盆踊りはありましたか?
わざわざ、白石島から踊り手を呼んだとは思えませんから
映画のなかの盆踊りは違うのでは?と思います
映画のために創作したのかもしれません
(でも、「捏造」では...続きを読む

Q藍色夏恋という映画

今日、王様のブランチの映画特集で、藍色夏恋という映画を紹介していました。すっごく面白そうだな!と思ったので、どうしても見たいのですが、あの映画は、全国的に放映(?)されると思いますか?東京とかのごく一部でしか放映しないのかな、と不安です。私は埼玉なのですが、埼玉では放映しないですかね・・・。

Aベストアンサー

関東地方では、日比谷のシャンテシネだけですね。
「アメリ」くらいヒットすれば埼玉県でもやるかもしれませんが・・・。

Q後藤久美子、高島政伸、西村雅彦が共演してる2時間ドラマの邦題

10年くらい前の2時間スペシャルドラマで、後藤久美子が主演で高島政伸や西村雅彦が共演しています。フットボールだかラグビーも絡んでるお話でした。新幹線だか地下鉄のホームがラストシーンでした。このドラマの邦題がどうしてもわかりません。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

少し調べましたが「誰よりも君のこと」でしょうか?

以下でご確認してみてくださいね。

http://www.tvdrama-db.com/

参考URL:http://www.tvdrama-db.com/

Q『贅沢な骨』って映画 麻生久美子 永瀬正敏 つぐみ

贅沢な骨って映画のあらすじを読みました。映画は見てません。内容に関して聞きたいのですがラストに近いあたりかな?麻生久美子の演じるミヤコが死んでしまう事は解ったのですが、gooのサイトでは客の一人に殺される。(ミヤコはホテトル)って解説なんですが、他のいくつくかのサイトでは冒頭からと途中にもミヤコが口をパクパクするシーンが出てきて、喉の病気(呼吸器系だったり、喉頭癌だったり・・)で亡くなったと説明されてる人もいて半々なんです。一人だけ自殺とか説明してる人もいたかな・・?結局のところ原因は何なんでしょうか?私は映画も見てないしこの先DVD借りて見るつもりも無いのですが、そこのところだけ気になってしまいました。そんなにイメージが別れるほど曖昧な感じだったのでしょうか?知ってる方や、観た!という方は教えてください。
ってかこの映画面白いのですか?

Aベストアンサー

ミヤコの死の原因は、明確には語られません。

冒頭から、喉にウナギの骨が刺さったみたいだと、
いいながら、口をパクパクとする仕草を見せる。
中盤で、咳き込んで倒れて、病院に行くが、
診断結果は、語られない。
後半、仲直りしたサキコのことを天使に例える。
「ありがとね」とサキコ告げたあとに、シーンが変わって、突然電話がサキコに掛かってくる。
電話の内容は語られずに、通夜のシーンになる。

咳き込んだりするので、呼吸器系の病気ともとれるし、
病院に行ったときに余命が少ないことを知らされたと解釈すれば、癌ともとれる。
自殺というのは、映画全体を流れる死のイメージから、そうとれなくもない。

個人的には、行定作品だと「閉じる日」のほうが好き。
「閉じる日」のほうがいろんな解釈する人がいるんじゃないかなぁ。

Q映画「キャタピラー」は反戦映画でしょうか?

映画「キャタピラー」は反戦映画でしょうか?

若松孝二監督作品、寺島しのぶ主演の映画「キャタピラー」を観てきました。

これのどこが反戦映画なのでしょうか?

戦争に限らず成立するストーリーを都合よく反戦仕立てにして、
夫婦のいびつな性交渉を繰り返し描くことに腐心しているように思います。

もっともらしく
型通りの戦争シーンや戦没者のデータとか挿入していますが、
エンディングで、広島での原爆を題材に書かれた楽曲「死んだ女の子」が流れてきたときには、
違和感を感じました。

Aベストアンサー

確かに、戦争を背景に描いていますが、私には反戦映画とは思えませんでした。

インディペンデントの映画監督が作品を撮るための詭弁とでもいいましょうか、
映画のパンフレットでも連呼されるところをみると、今回、“反戦”はプロモーションにうまく使われたように思います。

私も最後の曲に「?」と思いましたが、ベルリン映画祭で受賞し知名度が上がったことを受けて、主題歌として採用されたようですので、映画本編の夫婦の話は異形の性がテーマなのかと錯覚してしまうくらい、なかなか反戦と結びつかないので、ちぐはぐな感じがするのも納得です。

観客の見世物的好奇心に訴えるカルト映画をうまく反戦イメージでコーティングして、なんとか商業ベースに乗せています。そういう意味では成功しています。

戦争の無意味さ、反戦のメッセージをこの映画に込めたかったがための、元ちとせ「死んだ女の子」だったのだと思いますが、いかんせん本編は、寺島しのぶの熱演に支えられた、若松孝二監督ならではのエログロ映画に仕上がっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報