【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

悟りを開くの意味をすごくわかりやすく教えていただきたいです

A 回答 (4件)

我欲を捨て去ることです。



あらゆる煩悩は、我欲があるから生じるのです。

だから我欲を捨て去れば、煩悩は
無くなるはずです。

でもそんなことが人間に可能でしょうか。

それで、お経を唱えればそれで良いとか
悟りを開いた坊さんの衣に触れればそれで
良いとかの便法が産まれ、
色々な宗派に別れた訳です。

アドラーも似たようなことを主張しています。
彼は我欲を捨て去れ、なんて無茶なことは
言いません。

自分にこだわりすぎると不幸になる、と
説明しています。

こっちの方が現実的だと思います。


ワタシ的には、人生とは何か、人間は
どう生きるべきか、について、自分なりの
答えを得たことを悟りだ、と考えています。
    • good
    • 1

禅では見性成仏といい、仏教では涅槃寂静という。



分別を越えた境地
インテレクチャルの後天の知ではなく先天の知で悟ること。
    • good
    • 0

「悟り」


2 仏語。迷妄を払い去って生死を超えた永遠の真理を会得すること。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/88768/meaning/m1 …

「悟りを開く」
今までわからなかった(永遠の)真理を理解できるようになること。
    • good
    • 2

「解ったー!」と言っているうちは、全く解かっていない。



「解らない~!」と言い出したら、少し入口に近づいたかな?程度。

「これは一生駆けて、解いてみよう!」と言い出した時、入口に入った。

棺桶に片足を突っ込んだぐらいの年齢になった時、「そぉーだったのかぁー!」となる。

「悟りを開く」などと、簡単に口に出してはいけませんヨ~!

PS:数学や化学の答えではありませんからネ!
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悟りを開く

「悟りを開く」どういったことなのか説明してください。
「悟りを開く」で辞書を引いて、記されていない言葉でお願いします。

真理と言われるものを説明できなければ「悟りを開く」にならないのか?
知識を頭に詰め込んでも、自身の思想が邪魔をして会得できない場合があり、その場合、悟りを開いたことにならない。
真理という知識を外から詰め込まなくても、内から生まれて、例えその真理を説明できなくとも、悟りを開いたことになる?
でしたら、私的には
考えない・悩まない・迷わない
ようするに「阿呆になった」
と言っていいのでは?と考えていました。

悩み考える人間のほうが良質なのではないか?

Aベストアンサー

「あほになった」これはいい表現ですね。
しかし少し違います。考えない、悩まない、迷わないからアホになったのではなく、分ってしまったからその事については「考えなくてもよくなった」「悩まなくてもよくなった」「迷わなくてもよくなった」んです。その上を行ってしまったのです。悟りは「全てにおいて悟った」か「その対象物について悟った」というように2つの表現がありますね。仏陀あたりは全てにおいて悟られたと思います。また悟りを開いた人間と無知の人間は似ています。あなたの言う「考え・悩み・迷い」を「欲」だとすると無知の人間はそもそもその対象物について知らないから欲その物がないと推測できます。悟りを開いて無欲になったか、もともと知らないから無欲か。結果的に欲が無ければ悟ったと同じ状態です。

>知識を頭に詰め込んでも、自身の思想が邪魔をして会得できない場合があり、その場合、悟りを開いたことにならない。
そうです。例えば金で大事なことは量ではなく質ですよね。悟りを開こうと無駄に知識を入れるというのは、たくさんの混じりけのある物質を混ぜるのと同じで最終的に金かどうか分からなくなります。金の質を高めたければ、一つ一つ無駄なものを取り去らなければならないのです。
>真理という知識を外から詰め込まなくても、内から生まれて、例えその真理を説明できなくとも、悟りを開いたことになる?
そうです。私はそう思います。知識を入れてない分混じりけの少ない金な訳でその分純金に近いのです。(金=悟 とした場合)

あなたのように考える人間は好きです。これを乗り越えて頑張って悟りを開いてください。私は王陽明の伝習録に出てくる「未発の中」を悟りとしています。求めた回答と違いましたらすいません。

「あほになった」これはいい表現ですね。
しかし少し違います。考えない、悩まない、迷わないからアホになったのではなく、分ってしまったからその事については「考えなくてもよくなった」「悩まなくてもよくなった」「迷わなくてもよくなった」んです。その上を行ってしまったのです。悟りは「全てにおいて悟った」か「その対象物について悟った」というように2つの表現がありますね。仏陀あたりは全てにおいて悟られたと思います。また悟りを開いた人間と無知の人間は似ています。あなたの言う「考え・悩み・迷...続きを読む

Q「悟りを開くこと」と「どうでもよくなること」の違い。

「悟りを開くこと」と「どうでもよくなること」の違いのうち
解かり易いもの・顕著なものをいくつか挙げてくらはい。

Aベストアンサー

hangenkiさんはまた面白い質問をしますね。

「悟りを得ること」は確かに「こだわること。」と「どうでも良いこと。」が非常にはっきりするのですね。

それは、人間(自身)や家族・友人・社会生活・国家の本当の意味を知るからなんですね。

「どうでも良いこと。」:死・身体(見栄えなど)・人種・地位・名誉・良く見られること・ゴミ知識・家・財産・名前(含む戒名)・墓・などいろいろ。

「こだわること。」:心・信仰・知識(真・善・美)・両親・「自殺の阻止」・「脳死状態からの臓器摘出の阻止」・「悪霊・悪魔の阻止」・人々の幸福・国家(市民の安全)など。

「心・信仰・知識・両親」は個人的なこだわり、個人的なこだわりは極端にすくなくなりますね。
「「自殺の阻止」・「脳死状態からの臓器摘出の阻止」・「悪霊・悪魔の阻止」・人々の幸福・国家(市民の安全)」これは公的なこだわりですね。
特に・「「自殺の阻止」・「脳死状態からの臓器摘出の阻止」・「悪霊・悪魔の阻止」」は悟りを得なければ理解不能でしょうし、得たものはこだわらなければいけないものですね。つまり、目に見える世界と見えない世界の境での出来事がわかるからこだわるんですね。
また、人々の幸福・国家(市民の安全・繁栄)は仏や神々の要請ですね。知りえたら手伝うしかないですよね。
悟りにもいろんな段階がありますが私自身はこんなんですね。
仏の足元の蟻ぐらいの悟りなんです。

hangenkiさんはまた面白い質問をしますね。

「悟りを得ること」は確かに「こだわること。」と「どうでも良いこと。」が非常にはっきりするのですね。

それは、人間(自身)や家族・友人・社会生活・国家の本当の意味を知るからなんですね。

「どうでも良いこと。」:死・身体(見栄えなど)・人種・地位・名誉・良く見られること・ゴミ知識・家・財産・名前(含む戒名)・墓・などいろいろ。

「こだわること。」:心・信仰・知識(真・善・美)・両親・「自殺の阻止」・「脳死状態からの臓器摘出の阻...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング