利用規約の変更について

アルノルト・ファン・ヘネップの通過儀礼論とジョセフ・キャンベルの英雄神話論の違いを教えてください。

A 回答 (2件)

比較宗教学や宗教社会学での課題なのでしょうか。


通常は、日本語の本を斜めに目を通す程度のことはするのでしょう。
アルノルト・ファン・ヘネップ『通過儀礼』岩波書店、2012年 文庫
ジョーゼフ・キャンベル『千の顔をもつ英雄』早川書房、2015年 ノンフィクション文庫上下
読みたくもないし、知りたくもないという大前提を置いているのであれば、webでそれぞれの特徴を記載しているのを探して、そこのサイトを比較して、通過儀礼論と英雄神話論の類似しているところと、似てないところを探し、その類似と違いが、研究者のどういうところ(視点)が違っているからなのかを考察して、レポート条件に合うように形を整えればいいと思います。

通過儀礼 
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/katsumiokuno/CA20.h …

英雄神話論
https://1000ya.isis.ne.jp/0704.html

研究者のどういうところ(視点)が違っているからなのかに関して、『さっぱり思いつかない』のであれば、一歩下がって、なにを主題にしてアルノルト・ファン・ヘネップが調査し研究を進めたのか、なにを主題にしてジョーゼフ・キャンベルが調査し研究を進めたのか、を、大局的に考えてみてください。 そこに気づけば、アルノルト・ファン・ヘネップの通過儀礼論とジョセフ・キャンベルの英雄神話論の違いは、(肝心な本は一切読まずとも)簡単に書けるとと思います。
    • good
    • 0

だいたい同じです

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング

おすすめ情報