ずばり面白いのでしょうか?自分は宮崎駿さんのアニメは大好きだったんですが、最近はなんか違うなーという感じなんですよね。自分的には昔のラピュタとかナウシカとかカリオストロとかが好きなんですが、紅の豚のあたりからなんかあまり面白く感じれなくなってしまったんです。やっぱり結局は見にいきたいとは思うんですが皆さんの意見はどうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

私は直に面白かったですよ。

私の周りの人たちもすごい感動してます。

なんか、昔から宮崎駿のファンの方達は最近の宮崎アニメに満足していないみたいですけど、やっぱりそれは時代が流れてるからじゃないでしょうか?それは別に、昔からファンの人たちが古い考えしかないとかではなくて、今の子供達に合わせて宮崎駿監督が映画を作っていらっしゃるのでは?私は昔の宮崎駿映画も今のも両方好きです。千と千尋も神隠しも、ものすごい気に入りました。サントラだって買いました。

何についてでもそうですけど、やっぱり賛成派と反対派がいるもんですよね。はっきり言って、この質問の中には「面白くないのでは?」と言うのがいくつか見られますが、私はそちらのほうが少数派だと思います。別に間違っているとは言いません。面白くないと感じた人は、それはそれで正しいと思います。人それぞれ、感じ方はあるのだから。ただ、やっぱりものすごい売上げを記録しているし、実際にたくさんの人から感動の声を聞くし、やっぱり今でも宮崎アニメはすごいんだと思います。

個人的な意見としては、あんまり千と千尋を批判して欲しくないですね。私は期待してみたけれど、期待に沿った内容でした。あんまり「ポイント」とかを重視しないで、キャラクターの面白さとかを素直に受け入れればいいんだと思います。私はすごく大好きな映画のひとつになりました。
    • good
    • 0

10歳の子供向けに作られた作品ということを聞いています。


そういう意味では、子供だましのいい作品だと思います。
(劇場でこわがって泣いてた子もいましたが)

ただ・・・僕はねじまがって育った大人なので、ちょっとしらじらしく感じています。
映像としては面白いし、想像力にあふれているとも思うし、久石さんの音楽もマッチしていると思うし・・・それでも何かしらじらしい。
ずばり、筋の問題ではないかなぁ、というのが僕の感想です。
なんだか、必要のないキャラが多すぎはしないだろうか、と思ってしまうのです。
そういう意味で、無駄が多い作品かな、と。
「ラピュタとかナウシカとかカリオストロとか」に比べたら落ちると思いますけど。
    • good
    • 0

 宮崎アニメは大好きなので、期待して観に行ってきました。

感想は・・・う~ん良かったと言えば良かった。私は映画を観るときは音楽を重視するので、その点は最高!!と言えました。久石譲さんの音楽は素晴らしい。一番好きなのは千尋が竜(ハク)と一緒に穴から落ちて、竜が千尋の声で目を見開くあたりです。映像は激しくて力強いのに、あそこで流れる音楽は神秘的というか・・・。うん。そんな感じです。                                    全体的には、登場人物があまりに多くてそれぞれの特徴がつかみにくかったです。パンフレットを読んでやっとこさ理解できました。それと、観た人の感想をいろいろ聞くと、「ハクがかっこいい~」という人が多いのでビックリです。確かに良くできた少年だと思うけど、(失礼ですね・・)千尋が湯屋で必死に働くのはもとはといえば両親を助けるため。途中くらいから千尋とハクの恋というか、そっち中心になった気がしました。ハクが何をやっても出来が悪くて、千尋のように鼻が低くて、頭が坊主だったとしても、物語は盛り上がったのでしょうか。登場人物の設定に頼らずに、千尋の、両親に対する思いだけをもっとわかりやすく描いていたら、この作品の見方も変わっていたと思います。でも、絵は綺麗だし声優さんも絵の中のキャラクターと合っていたから3回観に行った価値はあると思っています。(^0^)
    • good
    • 0

ずばり最高でした。


この映画に出会えてほんとによかったです。
今迄色々映画をみて、いいとおもったのは多々ありますが、総合してこれがマイベストですね。
デカローグよりも髪結いの亭主よりもロストチルドレンよりも心にきました。大林宣彦作品よりもー。
映画なんて商売なんですから賛否両論あって当然ですが、万人に媚びない映画であってほしいものです。
ただ映画のターゲットである10才の女の子向けではないかもしれませんね。
    • good
    • 0

昨日観に行ってきました。


私は面白かったです。
宮崎作品は今まであまり見ていなかったのですが(「ナウシカ」見て、「私には合わない」と思った)、この作品は「もう一度観たい!」と思います。
私はどちらかというと、「選ばれし勇者」といったような「主人公らしい主人公」にはあまり感情移入できず、「こんなに強い人間、そうそういるわけない」とかひねくれた受け取り方をしてしまうのですが、「千尋」の場合は、その精神状況というか、気持ちが伝わってくるように思いました。
久しぶりに「共感できる」映画に出会いました。
この機会に過去の宮崎作品も観てみたいと思います。
    • good
    • 0

もののけ姫のがおもしろかったよ~~!!!


なんかあっさり終わっちゃった気がして。
やっぱりナウシカか1番ですよ~!!!
ところで、なんで最近宮崎アニメは主役陣にタレント系ばっか使うんだろう。
へただから感動も半減なんだけどな・・・
    • good
    • 0

自分の感想は、面白かったです。


ナウシカやラピュタと較べて見ようという気がなかったのでそれなりに楽しめました。
人間が3人しか登場しないのがよかったと思います。
思ったことは「魚心あれば水心」「子の心親知らず」でしょうか。
    • good
    • 0

私はtabasco63さんの評とは正反対で、いろいろと考えれば考えるほどつじつまが合わなくなってしまうのですが、見ているときはその空間に浸ることができたように思えます。


「紅の豚」や「もののけ姫」とは、違うタイプの話だろうと思っています。メッセージより、流れを重視した感じです。
カタルシスを得るとか、教訓を得るとか、そういった映画ではありません。どきどきわくわくしながら絵本をめくっていくような、そんな感覚で見る映画だと思います。
    • good
    • 0

エンターテイメントとして「面白いか?」と問われると、「面白くなかった」と答えます。

ラピュタやナウシカのような面白さはなっかたです。残念ながら。
魅力的なサブキャラもいるのにバックボーンなども見せないし、エピローグもなしで、本当に主人公・千尋の視点で構成されている感じです。でも、静かでさわやかな映画だと思いました。千尋の頑張る姿や不思議な街の世界観もなかなかイイですよ。…最後に、siotaさんがあんまりガッカリしませんように…。(多分、ご覧になるでしょうから。)
    • good
    • 0

僕は「コナン」、「ルパン」、「ナウシカ」、「ラピュタ」が大好きで、宮崎駿の大ファンだったんですが、「もののけ姫」で思いっきり興ざめしました。


ちょっと(自然との共存という)主張が強すぎて、まるで彼の主張に共感できない奴は人間ではない、みたいな感じでしたから。

だから「千と千尋」も全く見に行く予定がなかったんですが、辛口で有名な映画雑誌「プレミア」で好評価を得ていたので、ちょっと見ようかなと思ってます。

すみません。全然答えになってないですね(笑)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング