合計特殊出生率の計算式を見ると、
「合計特殊出生率=(年齢別出生率)の15歳から49歳までの合計」
となっていますが、年齢別出生率は加算しても良いものなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

出生 意味」に関するQ&A: 出生率の意味は?

A 回答 (3件)

追加。


計算しやすいかと思って「100万人の女性」と書いたのですが、日本の人口を考えれば、同じ年齢の女性は100万人いませんね。(同じ年齢の男女で100何十万人だから。

「ひとり」にすれば、小数以下が長くなるのですが、15歳で何人産み、16歳で・・、49歳で何人。トータルして、15歳から49歳の間で何人、ということですね。ところで、いまの日本で、15歳で産むのと49歳で生むのはどっちが多いでしょう。ヤンママもいるけど、「団塊の世代」最後尾もばかにできない。今年の1月の新聞記事では、50代初産も増えるらしい。
    • good
    • 0

「出生率」とかいてありますが、じつは正しい意味で「割合」ではありません。



平均寿命の計算もそうですが、意味合いとしては、「いま15歳の人が、10年後に出産する率は、今の25歳の人が出産するのと同じである」という前提で計算されます。

100万人の女性が、25~26歳の1年間に7万人産む。26~27歳の1年間に8万人産む・・・、トータルして、15歳から49歳の30年間に、130万人産むことになれば、1.3という数字になります。
    • good
    • 0

この数字はある年のある地域の女性が一生の間に生む子供の数を表わします。

比較すべき対象は女子の比率や年齢層においてバラツキガあります。これを統一して扱うためには、年齢別の出生率を求めて、加算するしか方法がないように思います。どの点がおかしく思うのですか。

この回答への補足

大学の講義で「尺度」に関して勉強したときに、比率は加算できないもの
だと、私は解釈していました。
 例えば、「10パーセントの食塩水と20パーセントの食塩水を混ぜても30パーセントにはならない」という感じです。
 この例では許されない割合の加算が合計特殊出生率の加算でゆるされるのはなぜなんですか?
 

補足日時:2001/07/21 14:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合計特殊出生率と完結出生児数の違いは? 即答希望!

合計特殊出生率と、完結出生児数の違いが分かりません。

教科書には、

【合計特殊出生率】
女性が生涯に持つであろう平均的な子供の数

【完結出生児数】
結婚した夫婦が生む子供の数

とありますが、どこが違うんですか??

合計特殊出生率は、今年上がったみたいですが、1.32、完結出生児数はここ30年間2.2程度で変化が無いそうです。
結婚した夫婦が生む子供の数=2.2って・・・少子化問題解消じゃないですか・・・?わけが分かりません・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えを自分でお答えになってるのでもう少し噛み砕きます。

合計特殊
20代から30代の女性の数から現時点の出生数を割った数と言いましょうか・・。(もう少し細かいですが)

完結
結婚した夫婦が生む数です。

少子化問題は子供を生まないとういよりかは、結婚をしない女性が多いことに警笛をならしています。(結婚しても生活面で子供を生みたくても生めない実情も含)

結婚すればある程度、本位でなくても子供は生まれる。しかし、いろいろな社会的立場の問題で子供を生む適年齢女性が仕事を選び家庭を捨てることが問題視されています。(第2次ベビーブームの子供たちですね)

Q合計特殊出生率の「特殊」って何ですか?

何が「特殊」なのでしょうか?
ご存じの方お願いします。

Aベストアンサー

○母の年齢階級別出生率=(ある年齢階級の母の生んだ子の数)/(10月1日現在のある年齢階級の女子人口)×1,000
この場合の女子人口はWHOでは妊娠可能な年齢(再生産年齢)を15~49歳に限定している。このように分母に女子人口、妊娠可能年齢女子人口などの特定の集団を用いるのを特殊出生率という。

○合計特殊出生率(粗再生産率)=(母の年齢別出生数)/(年齢別女子人口)の15歳~49歳までの合計
15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計した値で、1人の女子がその年次の年齢別出生率で生むと仮定した場合の、一生の間に生む平均子ども数を表す。

以上のとおり、分母に女子人口・妊娠可能年齢女子人口などの「特定の集団」を用いるのを「特殊出生率」というそうです。
 

参考URL:http://www.pref.kumamoto.jp/health/eiseitoukei/jinko/yougo.htm

Q合計特殊出生率について教えて下さい

合計特殊出生率の計算式を見ると、
「合計特殊出生率=(年齢別出生率)の15歳から49歳までの合計」
となっていますが、年齢別出生率は加算しても良いものなんですか?

Aベストアンサー

追加。
計算しやすいかと思って「100万人の女性」と書いたのですが、日本の人口を考えれば、同じ年齢の女性は100万人いませんね。(同じ年齢の男女で100何十万人だから。

「ひとり」にすれば、小数以下が長くなるのですが、15歳で何人産み、16歳で・・、49歳で何人。トータルして、15歳から49歳の間で何人、ということですね。ところで、いまの日本で、15歳で産むのと49歳で生むのはどっちが多いでしょう。ヤンママもいるけど、「団塊の世代」最後尾もばかにできない。今年の1月の新聞記事では、50代初産も増えるらしい。

Q合計特殊出生率に関する質問です。

これは、15~49歳までの女性が産んだ子供の数を基に算出するのか、女性の生涯産んだ子供の数を基に算出するのか、どっちですか?
よくわかりません(u_u)

Aベストアンサー

 前者は期間合計特殊出生率、後者はコーホート合計特殊出生率です。後者は、女性が50歳にならないと数値が確定しないので、通常は最近次1年間の母親の年齢別出生数を用いて期間合計特殊出生率を算出します。

 現実の問題として、後者はデータの入手が難しい。

Q出生数と合計特殊出生率の関係について

出生数が減少したのに、合計特殊出生率が上昇するのは、どのような事情によるのでしょうか?

厚生労働省の2012年人口動態統計では、昨年の出生数は103万7000人で、1899年から統計を始めて以来過去最少といっていますが、1人の女性が生涯に産む子供の数の推計値、合計特殊出生率は1.39から1.41に上昇したと説明されています。(読売の6/9社説)

出生数が減れば、合計特殊出生率も減るのではないかと単純に思っていますが、どなたか詳しい方教えていただけますと助かります。

Aベストアンサー

純粋にさんすうのカテゴリーになるQAですが。

特殊出生率 = (出生数 / 女性の人口) * X (式は考え方を示しているだけです)

ですから出生数の減少より人口の減少が大きければ率は上がります。
算数の復習をされることをお薦めします。



正確な計算方法はhttp://www.pref.saitama.lg.jp/site/toukeifaq/q3-3.html

Q合計特殊出生率の数値に「人」を付けないのはなぜですか

合計特殊出生率の数値には、単位として「人」は付けないのが一般的だそうですが、なぜですか。
年齢別出生率を合計した「特殊」な数値だからですか。
確かに、厚労省のホームページなどでは「1.29」だけで何の単位も付いていませんが、新聞などでは「1.29人」と書いてあるものもあります。
素人目には「人」を付けたほうが分かりやすくて、イメージしやすいと思うのですが。

Aベストアンサー

 No.3です。

>「母が15歳の出生児数/15歳の女性の人口」の結果を
15歳の女性1人あたりの平均出生児数ととらえれば、それに「人」を付けるのは間違いでしょうか。
年齢別出生率を合計した結果である合計特殊出生率に「人」を付けるのも間違いでしょうか。
 
 厳密に言えば間違いでしょう。でも,一般の方にそこまで正確さを求めるのはどうかと思います。帰って分かりにくいような気がするからです。「人」を付けた方が,説明しやすいですし,読んだ方も分かりやすいですよね。
 
 恐らく,国の統計は,「実数」と「計算数値」を区別するために,単位を付けたり,付けなかったりしているんだと思います。(少数点以下があれば,実数でないと言うことは分かるとは思いますが。)

Q合計特殊出生率って何ですか??

出生率とならんで、グラフなどに合計特殊出生率が書いてありますが、どういう数値なのですか? 何のために必要なのですか? わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

算出方法としては、年齢別出生率の和なので、

年間に15歳の女性が出産した子供の数/15歳の女性の人口 から
(順次各年齢ごとに計算していって)
年間に49歳の女性が出産した子供の数/49歳の女性の人口 まで
を合計したものになります。

どういう数値か、ということになると、
「年齢別の出生率が変動しないと仮定した場合に、一人の女性が
15歳から49歳までに出産する子供の数に相当する」
ということになります。
(報道などで取り上げられるときには、前段の仮定の部分がとばされて、
「女性が一生の間に産む子供の数」などといわれていますが、
厳密に言えばそれは正しくない、ということをご理解いただけますように)

なぜ合計特殊出生率を使用するのか、ということになると、
出生という事象を知るためには、いろいろな調べ方があります。
例えば、実際に生まれた数を調べる、とか、一定の人口あたり
どのくらいの出生があったか率を調べる、とか。
しかし、実数にしても率にしても、母集団が同一でない限りは、
母集団の構成の違いによる影響を無視することができないのです。
(母集団の人数が違う場合に、実数を比べることは無意味ですし、
率をとるにしても、高齢者の多い母集団をとってしまった場合に
若い人の多い母集団より、一定の人口あたりの出生率が低くなる
ことは容易に想像がつきますよね?)
そのため、母集団の構成の影響を除去して、複数の集団を比較する
ための指標の一つとして、合計特殊出生率が使用されるわけです。
例えば、「1970年の日本人女性」という集団と「2000年の日本人女性」
という集団を比較した場合に、「2000年の日本人女性」のほうが
(年齢構成の違いを除いても)より子を産まない、といえるわけです。

算出方法としては、年齢別出生率の和なので、

年間に15歳の女性が出産した子供の数/15歳の女性の人口 から
(順次各年齢ごとに計算していって)
年間に49歳の女性が出産した子供の数/49歳の女性の人口 まで
を合計したものになります。

どういう数値か、ということになると、
「年齢別の出生率が変動しないと仮定した場合に、一人の女性が
15歳から49歳までに出産する子供の数に相当する」
ということになります。
(報道などで取り上げられるときには、前段の仮定の部分がとばされ...続きを読む

Q出生率について

 去年の日本の出生率が発表されていますが、過去の最高の出生率はいつでどの程度だったのでしょう。又、世界の先進国の出生率は、どの程度なのでしょうか。ご存知の方、資料を持ち合わせている方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 厚生労働省の人口動態統計は、1947年にこの出生率を導入しましたので、導入をした1947年は、4.54ということで最高ですね。

 諸外国では、アメリカが2.13(2000年)、イギリス1.64、ドイツ1.36などで、主要先進国の中では日本は低いほうのようです。

Q合計特殊出生率なんですが一人の女性が15歳から49歳までの間に産むであ

合計特殊出生率なんですが一人の女性が15歳から49歳までの間に産むであろう子供の数、という定義は理解しているのですが調べてみると『その年の出生率をもとにして算出される』とあります。
これは具体的にはどのような意味なのでしょうか?
わかりやすく教えてください。お願いいたします

Aベストアンサー

合計特殊出生率には2つある。


>一人の女性が15歳から49歳までの間に産むであろう子供の数

これはコーホート合計特殊出生率。


『その年の出生率をもとにして算出される』合計特殊出生率は期間合計特殊出生率。
期間合計特殊出生率は、No1の回答にあるようにある年(例えば2010年)に各年齢の出生率を合計したもの。「一人の女性が15歳から49歳までの間に産むであろう子供の数」ではない。




http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai06/sankou1.html

Q韓国の出生率について

こんにちは。先日韓国の男性の知り合いに、韓国人はとても家庭を大事にする民族だと聞きました。何でも何代前の家系図なんかもきちんと取っていて、家族をとても大事にするらしいのです。
それはいいのですが、韓国の出生率は世界一悪いという統計が出ているので、家族を大事にする民族がなぜ世界一出生率が悪いのか?という疑問を持たずにはいられませんでした。
わたしはあまり韓国の事情に詳しくないので、知っている方がいらしたら教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたがおっしゃる家系図は「族譜」と呼ばれているもので、韓国の苗字すべてにその始祖から現代までの家系図が載っています。

ただそれがあるからといって、家庭を大事にすることとはあまり繋がらないと思います。
韓国人はいわゆる「血」というか「血統」を重視するお国柄だと思います。韓国は夫婦別称ですが、生まれてくる子供はすべて男方の苗字を名乗ることからも分かります。

だからといって、家族を大事にするかどうかはまた話がちょっと違うんですが、前置きはこの辺にして。

韓国は1997年のいわゆる「IMF危機」と今でも呼ばれている、深刻な経済危機を経験しました。
いまでは何とか立ち直りつつあるのですが、残念ながら経済的にはまだ苦しいというのが実情です。

新卒や職を求める人々の就職率は日本の比ではなく、女性の就職率などはほとんど絶望的な面があります。

このように経済的に苦しい状況で、結婚適齢期の男女がすんなりと結婚出産には繋がらないのは日本でも同じだと思います。

韓国では結婚適齢期が徐々に上がっていて、今では私の感覚では30歳前後が男女の適齢期と考えてもいい状況だと思います。

また昔なら子供を平均5,6人は生んでいたのですが、やはり経済的な理由からかどの家庭でも1人か2人がせいぜいだと思います。

それはなかなか収入が伸びない現状では、たくさん子供を作るよりも、少数精鋭で最低限の数の子供に集中して教育を受けさせ、ひいては子供の将来を安定させたいという親心だと考えます。
この辺の事情はやはり日本と似ているかもしれませんね。

経済事情が進展しない理由は、現在の大統領ノ・ムヒョン及び前大統領のキム・デジュンの、経済軽視、北朝鮮支援重視という悪政のつけが回ってきたのだと思いますが、これはまた別ですので、最後にもう一つ、私の感想を書きますね。

韓国は今でも息子重視の社会的事情があります。簡単に言えば女は家庭に収まり、旦那や姑の言いなりになることがよき妻という感覚がいまだに色濃く残っています。
だからといって現代女性がそんな不平等な社会に我慢できるはずもありません。それほど韓国では女性にはまだ生き辛い社会が残っています。

姑の嫁に対する干渉はそれこそ、日本の嫁姑問題が可愛く見えるほどです。そこにも韓国女性が結婚を控える事情の一端があります。

そんなに好きな男にめぐり合えても、相手が長男だと聞いたとたんその場で気持ちが萎えるのも珍しくないし、回りの友人もそれを聞いたとたん、必死で結婚を思いとどまるように説得するほどです(^_^;)

この回答はもちろんあなたの質問に対する回答の1部分ですが、何らかの参考になれば幸いです。

でもよく考えれば、程度の差はあれ韓国と日本はよく似た事情なんですね(-_-;)

あなたがおっしゃる家系図は「族譜」と呼ばれているもので、韓国の苗字すべてにその始祖から現代までの家系図が載っています。

ただそれがあるからといって、家庭を大事にすることとはあまり繋がらないと思います。
韓国人はいわゆる「血」というか「血統」を重視するお国柄だと思います。韓国は夫婦別称ですが、生まれてくる子供はすべて男方の苗字を名乗ることからも分かります。

だからといって、家族を大事にするかどうかはまた話がちょっと違うんですが、前置きはこの辺にして。

韓国は1997年...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報