ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

4人中1人だけがスカイチームエリートプラスの場合のエリートプラス特典について。

4人でアリタリア航空を利用します(同一予約)が、私のみスカイチームエリートプラス会員です。
(他3人はスカイチームの会員ではありません)

スカイチームエリートプラスの特典は同行者1名まで適用されたと思うのですが、私と同行者一人が4人分の荷物を2人の荷物として預け(スーツケース一人1つ持って行きますが。一人2つまで預けられるので範囲内)他の2人はチェクインの機械でチェクインすることで、チェックインカウンターに並ぶ時間を短縮できる・到着時も4名分の荷物が優先扱いとなっているため早く受け取れると考えていますが認識合っていますか?

A 回答 (3件)

アリタリア航空の場合はわかりませんが、デルタ航空の場合は(規則がどうなっているかはわかりませんが)同一予約の同行者は一緒に優先カウンターでチェックインして、荷物もプライオリティの扱いにしてくれています。

    • good
    • 0

スカイチームとしては同行者1名にも適用されるのはラウンジ使用だけではなかったでしょうか?


ただし、スカイチームに属する航空会社独自に適用条件を緩和している場合がありますので、質問者様がスカイチームに属するどこの会社の会員で、今回どこの航空会社を利用するのかでお考えになっていることが可能かどうかが変わると考えます。
ということで、ご利用予定の航空会社にお問い合わせになるのが正しい回答を得る最も妥当な方法です。

なお、デルタ航空の会員でメダリオンの資格を持つ者がデルタ航空便を予約している場合は8名までの同行者が預入荷物の制限緩和を受けることが出来たはずです。一部その対象外になる路線(空港?)が有ったようにも思いますが。。。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フライングブルーのプラチナ会員で、アリタリア航空利用となります。
先日、スカイチーム会員ではない友人とチャイナエアラインを利用した際、プライオリティレーンの利用や優先搭乗ができ、荷物も優先扱いされたため、てっきりラウンジ同様1名はスカイプライオリティが適用されるのかと思い込んでおりました。。。

お礼日時:2018/11/18 20:03

あってますよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故オーバーブッキングがおきるのでしょうか?

先日、シチリアのカターニャ空港からローマのAlitaliaの便でチェックインカウンターで
オーバーブッキングで予定の便に乗れませんでした。近距離なのでどの席でもよいからとオンラインチェックインしなかったのを後悔しました。
しかし、機械上で操作して人数分を予約登録しているであろうに、何故このようにオーバーブッキング
が起こるのでしょうか?  キャンセルする人等を見込んで、人数を多少多めに予約を入れているのでしょうか?

Aベストアンサー

O.BOOKがない会社はないでしょう。
ノウショウやキャンセルがたくさんあるからです。
とりわけ、繁忙期はスタンド バイもたくさんあります。
帰り便に乗りたければ、帰国便発日の一週間前にBOOKING CONFIRMを取ります。
許容の範囲内で最大限搭載することは運輸業界の常識です。

Q短期間で海外旅行を繰り返すと入国拒否になる可能性がありますか?

現在クアラルンプールに住んでいます。エアアジアなどのLCCを利用すると近隣の東南アジア諸国に5000円以下で行けたりするので、1人でふらっと遊びに行っています。
それこそ、栃木県民が東京に遊びに行くくらいの気持ちで。プチ旅行といいますか。
多くて月3回、だいたい毎月1、2回くらいです。
それで、質問なんですが今度友人とハワイとオーストラリアに行く予定です。
聞くところによるとどちらも入国審査が厳しいとかで、ある友人が入国拒否になりかけた話を聞いてビビっています。
その友人は短期間で複数回アメリカに入国したのが原因のようですが。
私は昨年ハワイに行きましたがそれ以降アメリカには入国していません。複数回入国しているのは東南アジアなので関係ないでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

>複数回入国しているのは東南アジアなので関係ないでしょうか?
国が違うので関係ないと思います。

ちなみにオーストラリアの場合、日本人は自動化ゲートを使えるようになって拍子抜けするほど入国審査が早くなりました。
ハワイの場合、時間帯によっては極東各国からのフライトが集中して大混雑するので、そのほうが問題かもしれません。

Q海外に行く際に渡航先の感染症を防ぐために予防接種を受けると思うのですが、それは強制なのでしょうか。

海外に行く際に渡航先の感染症を防ぐために予防接種を受けると思うのですが、それは強制なのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の観光旅行や業務出張などの短期渡航の場合、出入国上で義務化されているのは黄熱(南米/アフリカの一部国)だけです。
日本人が行く国で出入国自体にイエローカードが必要な国は少ないのですが、ブラジルやペルーなど一部感染地域がある国が「感染する危険がある国」認定されているので、その後の訪問国の入国に制限がかかる場合があります。
特に、東南アジアや中東、豪州経由で帰国する場合、乗り継ぎ地で入国できない場合がありますので要注意です。

ただし現地駐在など、長期の在留の場合は現地生活上の諸手続きにその他の接種を要求される場合があるようです。

Qどうして羽田空港発グアム便が、実現できないですか?

どうして羽田空港発グアム便が、実現できないですか?

Aベストアンサー

年間を通した需要と価格競争力の問題でしょう。
特にビジネス客を期待できない比較的距離が短いリゾート路線、、、端的に言えば「安くかつ短時間で行ける海外リゾートだから行く」乗客がメインの路線ですから価格を下げるためには羽田の着陸料は不利ですし、割当枠が少ないので1便を割り振るなら稼げる行先にしたいという航空会社の思いが大きいでしょう。

参考まで。

Q家族で海外旅行に行く際、ビジネスクラスに乗るのですが、みなさんのオススメのシートなどありますか? 次

家族で海外旅行に行く際、ビジネスクラスに乗るのですが、みなさんのオススメのシートなどありますか?
次の旅行の参考にしたいです

Aベストアンサー

最近のフラフラットになるシートは昔のよりアンコが少なめで広さも効率性を追及しているので、それほど差がないというか気にしませんが、デルタのふとんは良いです。
羽毛ですかね、厚くて掛け心地が良いです。エコノミーで配られるうすい化繊毛布をちょっと厚く大きくしただけのとは全く違います。
あと、最新のにはまだ乗れてないのですがシンガポールエアのシートは頭一つ抜けてますね。

Q飛行機乗り継ぎ

こんにちわ。

今度、関空→ドバイ→ウィーン→インスブルックへ乗り継いで行きます。
関空からドバイ経由のウィーンまではエミレーツ航空で行きます。
ウィーンからインスブルックはオーストリア航空を利用します。
その場合、関空のチェックインの時にウィーンまでの航空券を発行してもらえると思うんですが、ウィーンからインスブルックは航空会社が違いますがこれはどこで発行ができるのでしょうか?

また、ウィーンからインスブルックへ乗り継ぎはどのような流れですか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

> その場合、関空のチェックインの時にウィーンまでの航空券を発行してもらえると思うんですが、ウィーンからインスブルックは航空会社が違いますがこれはどこで発行ができるのでしょうか?

これは乗り継ぎ前後で航空会社が同じとか違うとかの問題ではありません。
それは関係ないです。
問題は関空からインスブルックまでの通しの航空券なのかどうかです。
「関空ー(ドバイ、ウィーン乗り継ぎ)→インスブルック」という航空券であれば関空でのチェックイン時にインスブルックまでの3枚の搭乗券が発券されます。

ただし、通しの航空券であってもドバイまたはインスブルックの待ち時間が長いなどしてウィーンからの便の出発が関空出発日の翌々日になるような場合はウィーン→インスブルックの搭乗券はウィーンで発券することになる場合もあります。


> また、ウィーンからインスブルックへ乗り継ぎはどのような流れですか?

飛行機を降りたら「乗り継ぎ」の案内にしたがって進みます。
その途中で各所にあるモニターで乗り継ぎ便の出発ゲートを確認します。
以降はそのゲート番号の案内にしたがって進めばセキュリティーチェックと入国審査場を通って出発ゲートに着きます。それだけです。
世界中の空港は基本的に上記のように乗り継ぎ便のゲートを目指して進めば必要な場所を通ってそのゲートに着くように設計されています。
なお、ご心配な場合はGoogleなどで「ウィーン空港 乗り継ぎ」といった適当なキーワードで検索すると写真入りで解説しているWebページなどがいろいろ見つかるかと思います。出来るだけ最新の情報に絞り込みたい場合はキーワードに「2018」といった西暦を示す語を加えると効果のある場合があります。

蛇足ですがヨーロッパにはシェンゲン協定というものがあり、それに加盟している国間の行き来では入国審査を行わない(税関のみ)ことになっています。オーストリアもこれにけみしていますので、ウィーン乗り継ぎでフランスやイタリア、ドイツ、スペインなどの他の加盟国へ行く場合はウィーンで入国審査を受け以降は国内線と同等となります。
ということでウィーンでオーストリア国内線へ乗り継ぐ際とシェンゲン協定加盟国への乗り継ぐ際の空港内の移動経路は同じです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E5%8D%94%E5%AE%9A
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E5%9C%8F

参考まで。

> その場合、関空のチェックインの時にウィーンまでの航空券を発行してもらえると思うんですが、ウィーンからインスブルックは航空会社が違いますがこれはどこで発行ができるのでしょうか?

これは乗り継ぎ前後で航空会社が同じとか違うとかの問題ではありません。
それは関係ないです。
問題は関空からインスブルックまでの通しの航空券なのかどうかです。
「関空ー(ドバイ、ウィーン乗り継ぎ)→インスブルック」という航空券であれば関空でのチェックイン時にインスブルックまでの3枚の搭乗券が発券されます。...続きを読む

Q来年3月末に友人に誘われて観光でウィーンに行くことになりました。ヨーロッパへの海外旅行は25年ぶりに

来年3月末に友人に誘われて観光でウィーンに行くことになりました。ヨーロッパへの海外旅行は25年ぶりになります。ウィーンについて全く予備知識がないので参考になる本を探しています。おススメを教えて下さいませんか?

Aベストアンサー

まずは「〇球の歩き方(オーストリア編)」。
有名な観光場所は大きく変わりませんので地域の図書館などにある数年古い版でも問題ありません。ただし料金に関することは変わりますのご注意ください。

なお、観光情報の収集でしたら昨今はネットが便利でしょう。
オーストリア政府観光局の日本語公式Webサイトは以下です。

http://www.austria.info/jp

以下のコミュニティーサイトも役立ちます。

https://austria.digi-joho.com/index.html

ウィーン観光局の日本語サイトは以下です。

https://www.wien.info/ja

古い情報が混じっていることがありますし、画面構成がゴチャゴチャしていて見難いですが以下のWebサイトも役立ちます。

http://wien-jp.com/

あと、市内の公共交通機関に関してはウィーン交通局の公式Webサイトに最新情報があります。

https://www.wienerlinien.at/eportal3/

とりあえず参考まで。

Q兄の海外挙式迷ってます

私は3人兄弟の末っ子で兄が二人います。
長男は38、次男37、私28です。
9歳年上の37歳の次男が来年グアムで挙式するみたいです。
兄弟とは家族経営で一緒に働いてます。
会社に最初からいた次男はなにかとうるさく私と長男に対し言う事やる事が人間として嫌いです。
そして私は2年前結婚をし二人でハワイでフォトウエディングをしました。
その時長男は旅行前日に5万円祝儀をくれました。ちなみに私以外は独身で長男は同居、次男は一人暮らしです。
しかし次男は祝い等してくれませんでした。
しかし次男がグアムで家族だけでするから全額負担で来いと言います。
全く行きたくないです。
しかし結婚式をすると言ってからかなり優しくかなり気持ち悪いです。
次男は人が少ないからどうしても来て欲しいらしいです。
ちなみに私の旦那がバイトに来た時から旦那とも不仲で旦那は次男の結婚式はタダでも行かないんだそうです。
長男なら行くとのこと。

9歳も年上で上司なのに祝いもしてくれずになんならハワイの土産あげた私の方がお金出してるし全額負担で旅行だと思って来いと言う兄が厚かましいと思う私は変でしょうか??
皆さんなら行きますか??
宜しくお願いします。

私は3人兄弟の末っ子で兄が二人います。
長男は38、次男37、私28です。
9歳年上の37歳の次男が来年グアムで挙式するみたいです。
兄弟とは家族経営で一緒に働いてます。
会社に最初からいた次男はなにかとうるさく私と長男に対し言う事やる事が人間として嫌いです。
そして私は2年前結婚をし二人でハワイでフォトウエディングをしました。
その時長男は旅行前日に5万円祝儀をくれました。ちなみに私以外は独身で長男は同居、次男は一人暮らしです。
しかし次男は祝い等してくれませんでした。
しかし次男...続きを読む

Aベストアンサー

正直に言えば、私も行きたいとは思わない。

これからの事もあるから、あなた方夫婦はグアム旅行に行き、そのついでに参加をしたら。
多少は気分も晴れるり、思いますが。

Qキャッシュカードに、デビットカードが付帯しているものでないと、海外のATMで引き落とせないのでしょう

キャッシュカードに、デビットカードが付帯しているものでないと、海外のATMで引き落とせないのでしょうか?

Aベストアンサー

現状は、キャッシュカードで海外のATMで引き落とせないようになりました。

大手の銀行では、海外で引き出せる国際キャッシュカードを発行していましたが、かなり前に国際キャッシュカードは、廃止になりました。

最近では、新生銀行のキャッシュカードが海外のATMで引き出しできましたが、今年の12月8日から海外のATMで引き出しができなくなります。

そのため、キャッシュカードでは海外ATMで下ろせないので、クレジットカード会社のデビット機能が入ったキャッシュカードにするか、デビットカードを新たに取得することになります。

Q欧風カレーというのがありますが、あれはヨーロッパで実際に食べられてるカレーなのですか?

それとも日本人が想像したヨーロッパ風のカレー?
美味しいからどっちにしても好きだけど、気になるので教えてください。

Aベストアンサー

欧風カレーと言うのは一般的に「デミグラスソースを隠し味に使っているカレー」ということらしいです。

元々、ボンディという店のシェフが開店前にフランスで料理の勉強をして、カレーにデミグラスソースを合わせることを発明し「欧風カレー」と名付けたのが最初で、彼の弟子などが独立して欧風カレーをメニューに入れたため、広まったと言われています。

カレーの歴史についていえば、元々は印度やスリランカ・タイなどの南アジアから東南アジアの一部までの「スパイスを使った料理」が発祥で、ご存知だとは思いますが、現地では各種のスパイスを組み合わせて料理を作るので、全部カレー味といえばカレー味、でも「カレー」という料理はない、ということになります。

では「カレー」はどこでできたのか、といえばイギリスでインドを植民地支配していたイギリス人たちが、インド風の味付けを好んだことから、インドでガラムマサラと呼ばれるスパイスをミックスしたものをヒントにイギリスのC&B社が「カレー粉」を発売したことに始まります。

カレー:curryは元々タミル語のカリ:kari(கறி)から借用された言葉で、元々は「ご飯(飯・汁・オカズ)」を意味する言葉だったようです。

日本は明治期に日英同盟を組んでいた関係で、海軍をイギリス式で学び、その時に「日持ちするスパイスで作るシチュー」のレシピを学び、それを日本海軍がご飯に合うようにとろみをつけて人気メニューになり、兵隊さんが家庭に戻っても作ったこと、日本でもイギリス製のC&Bのカレー粉が手に入ったことなどから、普及したようです。

現在では日本のカレーはインド料理の影響を受けた独自の料理と位置付けられていて、またイギリスなど欧州にはご飯を食べる文化がないので「シチューなどの煮込み料理のひとつ」と認識されているので「カレー」と言う独立した分野はないようです。もっともフランスやスペインなどご飯を食べる(ただし主食ではない)地域では、シチューの添え物としてご飯やクスクスをそえて、見た目は日本のカレーライスにそっくりなものもあります。

むしろ香港などイギリス支配下のコメを食べる地域のほうが「架喱飯」(カレーライス)など「カレー料理」があるといえるでしょう。

欧風カレーと言うのは一般的に「デミグラスソースを隠し味に使っているカレー」ということらしいです。

元々、ボンディという店のシェフが開店前にフランスで料理の勉強をして、カレーにデミグラスソースを合わせることを発明し「欧風カレー」と名付けたのが最初で、彼の弟子などが独立して欧風カレーをメニューに入れたため、広まったと言われています。

カレーの歴史についていえば、元々は印度やスリランカ・タイなどの南アジアから東南アジアの一部までの「スパイスを使った料理」が発祥で、ご存知だとは思...続きを読む


人気Q&Aランキング