ゆうきまさみの代表作のパトレイバーですが、あれはゆうき氏だけで作った作品なんでしょうか?。

 それとも○○ギア(うる覚えなんで、ついでに教えてください)とかいうアニメ会社からアニメ前提でゆうき氏に仕事を依頼したんでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ゆうきさんが以前から温めていた企画を出渕さんに話したことがきっかけだったそうです。


パトレイバーの白黒のパトカーカラーのカラーリングと胸に警察の紋章を入れたデザインを出渕さんが描いて、それから一気に話が進んだそうです。
もっとも、ゆうきさんはレイバーを重機の代わりという設定だったため、出渕さんにもっとカッコ悪くしろと言っていたそうですが・・・
先にOVAから始まったので、漫画版と若干、設定が違ったりします。
さらに後にアニメ化しましたが、このアニメも漫画版と設定が少し違います。
さらに映画版もありますからね。
よくここまで膨らみましたよね。
漫画を描いたのはゆうきさんですが、先に映像作品が完成していたので、監督の押井さんの影響もあったでしょうね。
大きな差は熊耳と香貫花の設定ですね。
    • good
    • 0

 もともとゆうきまさみ氏が半ばは趣味でつくっていた設定が、親交のあった人達(といっても#1の回答にあるようなそうそうたるメンバー)によっていろいろいじられ、かなりまとまったところで映像化の企画が動き出したということであったかと。

ニュータープ連載のコラム「ゆうきまさみのはてしない物語」にある程度顛末が書かれていました。文庫版では「天の巻」のP66からです。

 ちなみに、同時に出すための企画(アニメ企画は複数同時に出すのが一般的だそうで)としてつくられた設定を元に、やはり親交のあるSF作家の火浦弘氏が小説「未来放浪ガルディーン」シリーズを書いています。そのためキャラクター設定がゆうきまさみ氏、メカ設定が出渕裕氏という取り合わせになっています。この人、根強い人気はあるけど遅筆とシリーズ完結しないので有名なんだよなぁ…。
    • good
    • 0

ヘッドギアです。


ゆうきまさみだけで描いていたわけではないし、アニメ会社からの以来でもありません。

ヘッドギアとは脚本を伊藤和典、漫画・原作・キャラクター原案をゆうきまさみ、キャラクターデザイン(アニメ)を高田明美、メカニカルデザインを出渕裕、監督を押井守が担当した集団です。
まあ、仲間内で作ったパトレイバー制作委員会みたいなものですね。

で、ゆうきまさみと伊藤和典が原案を元にメンバーを集めヘッドギア原作として様々な会社に持ち込み、88年バンダイからビデオシリーズが発売されました。
それでゆうきまさみが広報活動の意味も含め「究極超人あ~る」の連載が終了したサンデーで漫画版の連載を開始しました。

参考URL:http://page.freett.com/hyper/das/pat-st.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパトレイバー作中での遊馬のセリフ

原作パトレイバーの13巻か14巻で、陥没した地盤にレイバーが滑落した現場にかけつけたとき遊馬が「ハネちゃいましたね」と言ったところ、熊耳が「冗談いってる場合じゃないわ」と返してますが、これはどういう意味だったのでしょうか?
何が「冗談」だったのかイマイチわからないのです・・・。

Aベストアンサー

こんばんは。
これは麻雀ネタの冗談です。 
事故現場の被害を麻雀の役になぞらえたのでしょう。 
見えていない被害がほかにもありそうなので 『バン、バン…』の台詞となって出て
被害合計が跳満(はねまん)級であると見立てて
(跳満が出る事を『ハネる』と動詞活用する場合があるそうです)
『ハネちゃいましたね』となります。

参考URL(私設の麻雀国語辞典サイト)が裏付けとなると思います。




 

参考URL:http://www.geocities.jp/konchan_page/dic/ha.htm

Q弘兼 憲史氏作の宝くじが当たったサラリーマンの話 のタイトル

一度、本屋で立ち読みしました。

雑誌の名前も忘れてしまい、タイトルも覚えてません。続きが読みたいのでご存知の方教えてください。

雑誌で読んだ内容は
宝くじが当たったサラリーマンが家族には告げず、自分ひとりで使おうと目論んでいる。
飲み屋(?)のママを口説こうとしている回でした。

Aベストアンサー

こんにちは。
探している漫画のタイトルは「黄昏流星群」です。
確かビッグコミックオリジナルかビックコミックスペリオールという雑誌で連載中です。比較的最近掲載されたお話しなので、単行本になっているかどうかは不明ですが…

Qポケットモンスターの作画、真斗氏と山本氏との関わり

 今頃になって不思議に疑問に思いました。ずっと、以前ポケットモンスターSPECIAL(ポケスペ)の作画が真斗氏の体調不良のため、山本サトシ氏に変わりました。全く関わりのない人に作画を引き継ぐとは、思えないのです。山本氏と真斗氏はどのような関係(アシスタントだったとか、昔、一緒にやっていたとか)なのでしょうか?

Aベストアンサー

真斗先生と山本先生に直接の関係は無いようです。
山本先生はポケモンでは「山本サトシ」ですが、以前少年サンデーで「風の伝承者」の作画担当をしていた時は「山本智」の本名でした。

山本先生は93年にサンデーでデビュー、単発で読切を同誌に掲載後、98年に「風の伝承者」で初連載。連載終了後、1年の充電期間を置いて「山本サトシ」名義で「ポケモンスペシャル」を開始、今に至っています。

対して真斗先生は、片山愁先生のアシスタント出身だったと記憶しております。「ドラゴンフィスト」(新書館)に真斗先生の絵と思われるオマケ漫画が載っていたような?「ナイチンゲール」(小学館)の他にサンライズ系とガイナックスのアンソロジー(ラポート・ビブロス)が数冊出ています。小学館(サンデー含む)で原案付作品を単発で5作品ほど掲載(単行本未収録)。

経歴から見るとお二人の接点は「小学館・サンデー」くらいです。推察するに、単に「小学館つながり」で選ばれたのだと思います。その辺の詳細は不明ですが。

作画交代の理由は真斗先生の難病養生(ご本人のHP参照。相当な難病のようです)のためというのはご存知のとおり。

長々と書きましたが、推察の域を出てない回答で申し訳ありません。参考にしていただけたら幸いです。

真斗先生と山本先生に直接の関係は無いようです。
山本先生はポケモンでは「山本サトシ」ですが、以前少年サンデーで「風の伝承者」の作画担当をしていた時は「山本智」の本名でした。

山本先生は93年にサンデーでデビュー、単発で読切を同誌に掲載後、98年に「風の伝承者」で初連載。連載終了後、1年の充電期間を置いて「山本サトシ」名義で「ポケモンスペシャル」を開始、今に至っています。

対して真斗先生は、片山愁先生のアシスタント出身だったと記憶しております。「ドラゴンフィスト」(新書館)に...続きを読む

Q森生まさみ「理由は彼女にきいてくれ」

このお話のあらすじを思い出したいんですが・・・。
ポストマンだった彼の正体は結局なんでしたか??
できれば詳しく出会いからのあらすじを教えてください。
箇条書きでも長くてもけっこうです。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

懐かしいですね~。押入れから引っ張り出してきました。

祖父が死んで、杏里は老舗の文具事務機器メーカーの社長になります。ポストマンの彼とは社長業が辛く、階段の所で泣いていた所に出会い、飴をもらって「虫歯になるなよ」と言われてから好きになってしまいます。(彼は社長だと気付いてなかった)

その後、ポストマンと杏里は仲良くなって、社長業を抜け出してデートしたりします。

彼の正体はライバル社社長の次男でした。それがバレて二人はケンカしてしまいます。

でも実は杏里の祖父とポストマンは友達で(杏里がスイスのお嬢様学校に行っている間に出会った)祖父の遺言により、杏里の会社の株主でした。

結局彼は元のメッセンジャー(バイト)に戻り、ハッピーエンドでした。

本読みながらだと、重要ポイントがよく分からず、だらだら書いちゃいますね^^;
分かりにくいとこがあったらごめんなさい。

Qアニメを作る漫画って…?

アニメを作る漫画ってありませんでしたっけ。確か姉弟の話だったと思うんですけど…どなたかお教え下さいませ。

Aベストアンサー

たぶんこれでは?

『アニメがお仕事』石田敦子(少年画報社)

兄妹が東京に出てアニメ製作をするお話です。
かなりリアルに書かれており、これをみてアニメーターになる人はいないだろうとさえ思えます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785924608/249-7768813-2228303


人気Q&Aランキング

おすすめ情報