ギターでアドリブできたらかっこいいですよね。そこで、どのようにすればアドリブができるようになりますか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

 ギターでアドリブをするときに必要なのは、他の方もいってらっしゃるようにキーとスケールです。


 キーはだいたいどの曲でも曲の1番最後に使われているコードあるいはサビの1番最初のコードであることが多いです。そのコードがCであればキーがC(ルートがCともいう)になるようなスケールをひけばよいです。
 スケールにもいろいろあるので、すべての曲でペンタトニックであるとは限りませんが、ブルース系ロックバンドののりのいい曲ならだいたいペンタトニックで弾けちゃいます。日本のアーチストでいうと、B'zはのりのいい曲ならペンタトニックの可能性高いです。しかし、GLAY、BOφWYなどビートロック系はペンタトニックで弾いても何か間抜けな感じになってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにグレイの曲のソロって独特のものがありますね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/01 17:31

こんにちは。


先のお二方の方が正解だと思うんですけど、こんな方法もあるという事だけ。
まずアドリブじゃなくて、既成の曲を幾つか練習して覚えてメロディーラインをこなします。譜面なしでもひける程度に。
そしたら、そのメロディーを少しづつ自分の好みでいじっていきます。
いくつもいじってると、だんだんいじるポイントみたいなのが見えてきます。
そういういじり方のレパートリーを作ります。

#こんな方法を考え出す事自体私がギターじゃない事を証明してますね。
#私はフルートでこちらではこういう方法が結構多いです。
#多少でもご参考になれば。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。違う楽器の人からの意見というのは新鮮で、とても参考になりました。

お礼日時:2001/08/01 17:29

Min_2さんと同じ回答になってしまうかもしれませんが、まずはスケールを覚えることだと思います。

あとは、持っているCDで曲にあわせて適当にアドリブをしてみるのもいいと思います。(僕はそういう方法をとっています)
沢山の色んなジャンルの曲を聞いてそこからいいと思うフレーズを見つけて自分なりに料理していくのも手だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。好きな曲にあわせてギターを弾くということはよくやっています。これも練習になるのですね。

お礼日時:2001/08/01 17:26

 ぱっと一言でアドバイスできるのならこんなに簡単なことは無いですけど(^^;;


 とりあえずペンタトニック・スケールというのがあります。ドレミソラの5音だけを使って適当に弾いてみてください。なんとなく聞き覚えのあるフレーズがすぐ出てくると思います。ヘタをすると民謡になってしまうのでご注意を(^^;キーがGならばG、A、B、D、Eです。
 次に昔ながらのストレートなロックかブルースのCDを引っ張り出し、そのキーを聞き出したらCDに合わせて適当に弾いてみます。

 ちなみにマイナーならばEmだとE、G、A、B、Dを使えばマイナー・ペンタトニックになります。

 さらに、Eメジャーの曲でE、G、A、B、Dのスケールを使うとブルーノート・ペンタトニックとなってブルージーになります(表現が乱暴ですが)。

 プロのミュージシャンは勿論それ以外の音も使いますが、これは耳で覚え、さらに理論の勉強も必要になってくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しかし、マイナーとメジャーというのがいまいちよくわかりません。教えてくれたらうれしいです。

お礼日時:2001/08/01 17:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうすればアドリブができるようになるのでしょうか?

5歳のときからクラッシックピアノを始めました。最近ジャズピアノにシフとしたのですが、とかくアドリブで行き詰ってます。

アドリブについては人に聞いても調べても、最初はそうそうできないものだからコピー(譜面や耳で)をした方がよいらしいのです。しかしピアノの先生はコピーに頼るとオリジナリティがでないし、それに頼ってしまうことになるので基本的には禁止、というのです。

先生は権威的なタイプではなく、上達するごとに誉めることの大切さを知っているのか、とてもポジティブシンキングな雰囲気でレッスンを進められる方で、生徒の気持ちやスタイルを尊重してくださいますのでレッスン自体はとても楽しいのですが、ただこのアドリブに関してはとても厳しい!?のです。私自身ジャズへのモチベーションに自信がなくなってしまっています。
また「初心者セッション」に行っても、「本当に初心者!?」と思うくらい普通にアドリブもできてますので場慣れするためといってもいつも自信をなくして帰ってきます。

アドリブにも理論や奏法、方法論などはあるのでしょうか?即興というのはその場で思いついてやる人もいれば(適当にやってるだけという人もいます)ある程度考えてくる人もいるようです。手も足もでない状態です。アドリブができるようになるにはどうしたらよいのでしょうか?

5歳のときからクラッシックピアノを始めました。最近ジャズピアノにシフとしたのですが、とかくアドリブで行き詰ってます。

アドリブについては人に聞いても調べても、最初はそうそうできないものだからコピー(譜面や耳で)をした方がよいらしいのです。しかしピアノの先生はコピーに頼るとオリジナリティがでないし、それに頼ってしまうことになるので基本的には禁止、というのです。

先生は権威的なタイプではなく、上達するごとに誉めることの大切さを知っているのか、とてもポジティブシンキングな雰...続きを読む

Aベストアンサー

No.11です。再び失礼します。

耳コピについてですが、ある程度の絶対音感があるので、1小節ずつ聴いて、都度楽譜に書き起こしていました。
速過ぎたりテンション入りまくりで分かりにくいところは、繰り返し聴いて鍵盤で実際に音を出して確認する、といった具合でした。

ある程度理論を知っていた方が、次に来る音をある程度予測できるので、耳コピが速くなるかも知れません。
私は理論書やスケールブックは買ったもののすぐに挫折し(汗)、結局手当たり次第耳コピ&楽譜起こしをするうちに、
理論っぽいものを後付けで覚えていったクチですが。。。

自分で試したことはありませんが、wmpで速度を落として音をとるのは
非常に便利で有効だと思います。楽譜起こしの段階では音さえ分かればOKなので。
その意味では楽譜があるものは、楽譜起こし(狭義の耳コピ)は不要だと思います。
グルーヴや盛り上げ方については、出来上がった楽譜を見ながらCDに合わせて弾きつつ、
(私は電車の中でもイヤホンで聴きながらエアギターならぬエアピアノを弾いていました。←危ない人(笑))
体でそのプレイヤーのグルーヴ、盛り上げ方を感じ取っていました(広義の耳コピ)。
いきなり速くて弾けないフレーズはまずゆっくり弾いてから、徐々にテンポを上げて、
最後はCDに合わせて、という具合にクラシックの要領で練習していけばOKだと思います。

> 感動どころ、というか。でも実際どの音を使ったらそれはできるのかと悩んでるわけです。

巨匠も含め、全てのジャズプレイヤーが一生悩み続けるところなんだと思います。
「コード弾きをする」「16分音符を弾き続ける」「音量を上げる」「高い音を使う」
「オクターブでトリル(?)し続ける(←すみません。トリルとは言わないかも。。。)」
「同じことを繰り返す」(straight no chaserなら"♭ミファ♭ミド ♭ミファ♭ミド ♭ミファ♭ミド ♭ミファ♭ミド。。。"と16分音符で8小節以上続ける)等で緊張感が増し盛り上がりますが、その組み合わせ方や持って行き方が難しいですよね。

ただ感動どころは導入部の音増やしver.だったりして、勢いで何とかなる部分もあるので、
逆にどうアドリブに入るか、どう音の減らすかも問題なのかもです。
straight no chaserの場合、使っていい音がずっとFのブルーノートスケールなので、
あとは音を乗せるタイミングや「間」が問題なんですよね。
私は「リズムの表と裏を行き来しつつ厳選」のイメージを心がけています。
この点は沢山のアドリブをコピーし咀嚼する上で身についてくると思います。
または先生に聞いてみてください。

私はセッション用に曲ごとに完璧にアドリブを準備してはいませんが、最初はこの位の音数で、中盤はちょっと多めで、
最後はこんな感じで盛り上げる、といったイメージは持っていて、それを使いまわしています。

"straight no chaser"は速めのスウィングということで、テーマだけでも難しいですが、弾けているなんて素晴らしいです!
しかもジャズを聴いただけで体が動くんですから、素養は間違いなくありますよ。
ジャズのアドリブでは難しいフレーズは弾けなくても、リズムに乗れただけでカッコイイ演奏になります。

またまた長くなりまして申し訳ありません。いろいろ試してみてください。

No.11です。再び失礼します。

耳コピについてですが、ある程度の絶対音感があるので、1小節ずつ聴いて、都度楽譜に書き起こしていました。
速過ぎたりテンション入りまくりで分かりにくいところは、繰り返し聴いて鍵盤で実際に音を出して確認する、といった具合でした。

ある程度理論を知っていた方が、次に来る音をある程度予測できるので、耳コピが速くなるかも知れません。
私は理論書やスケールブックは買ったもののすぐに挫折し(汗)、結局手当たり次第耳コピ&楽譜起こしをするうちに、
理論っぽ...続きを読む

Qギター アドリブができるようになるには

こんにちは、サークル内の友達とジャムるとき、全く弾けずに悲しい思いをしているギター歴10か月の大学生です。

今、定番と言われているエリッククラプトンやジミヘンを耳コピしていますが、本当にこれだけでアドリブができるようになるんでしょうか?

また、もしそうなら、耳コピする際に心がけることや気をつけることなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

アドリブについては、その場でまったく新しいフレーズをひねり出して弾く他に、自分の引き出しにあるフレーズを臨機応変に組み合わせて新しいフレーズに仕立て直すという手法もあります。自分の中の引き出しから新しいフレーズを組み上げるとしたら、まずはその引き出しの中身が豊富である必要があります。これは、知っている単語が少なければ、言葉の表現の幅も狭くなってしまうのと同じです。ですので、いろいろな曲をコピーするという経験は、アドリブをやりたいという人にとっても重要な経験になります。
また、アドリブでの演奏とはいっても、中には常套句と呼ばれるような定型フレーズなどもあります。そうした定型フレーズを知ることや、どういう場面でそうしたフレーズが織り込まれているかを意識してみるなども、ポイントになるかも知れません。
いずれにしても、アドリブをやれるようになるためには、人の演奏をコピーする経験は必要です。コピーを通じて、自分の引き出しを増やしていくのが良いでしょう。

ただ、アドリブに関しては思い切りと実験も必要です。このソロのフレーズを切り取ってこっちのフレーズと組み合わせたらどうだろう、というような遊びや実験は、アドリブを試みる上ではやってみて損はないでしょう。ただ漫然とコピーしたり、あるいはコピーをすることに凝り固まって枠に押し込まれたような考え方に囚われすぎていたりすると、いくらコピーをしてもアドリブに応用できないかも知れません。アドリブに関しては、応用力を問われる部分もあるので、コピーから何かを発展させるような、なぞるだけで満足するのではなくそこから一歩押し進めるくらいの考えは必要と思います。

コピーをたくさんするだけでアドリブができるようになるか、ということに疑問を感じることについては、至極自然なことだと思います。特にそれがマイナスになると捉える必要はないでしょう。むしろ、自分がやっていることに対して疑問を投げかけ、それが今の自分にとって正しいことなのかを検証することで、やっていることに自信を持って臨むことができるようになるというケースもあります。また、ただ言われるがままによく目的も捉えずに方法に従うよりは、その方法の目的をよく把握した上で取り組む方が、より積極的な取り組みになることもあり得ます。疑問を持ったことに関して、ネガティブに捉える必要はないでしょう。

アドリブを意識して耳コピをする際には、できるだけ細かなニュアンスなどにも気が付く限りこだわって、気が付く限りでの正確な再現を目指すのが良いと思います。単にフレットポジションを割り出すことに留まり、フレーズを表面的になぞって満足するだけでは、あまり身にならないかも知れません。
リズムのタメやツッコミ、ヴィブラートのかけ始めのタイミングや音程の振れ幅、周期などの推移、ベンドの音程推移の速さや微妙な音程、音の消え際のコントロールなどフレージングの他、アンプのセッティングやエフェクトのかけ方、ピッキング位置の変化による音の違い、ピッキングアングルによる音の違い、PUセレクターの位置による音の違い、ギター側のコントロールの効果など音作りの面、ピックスクラッチや衝撃音、フィードバックなどのノイズ、ハーモニクスやアーミングなどの効果音的な奏法など、こまかなところまで気をつけて真似してみるのが良いでしょう。

なお、アドリブに関しては、一つの曲に対する演奏ごとのアプローチの違いなどを聞き分けてみることなども一つのヒントになるかも知れません。
同じアーティストの同じ曲の演奏でも、アルバム版とシングル版とで演奏内容が挿し替わっているとか、あるいはジミヘンやクラプトンといったミュージシャンが全盛だった時期であれば、ライブの時ステージごとにアルバムとは違う内容にアレンジを変えて演奏をしていることなども珍しくはありません。そうした、同じ曲のバージョン違いを対比して聞いてみるなども良い参考になるでしょう。特に、ライブ盤などは良い資料になると思います。
あるいは、スタンダードナンバーと呼ばれるような曲に関しては、いろいろなアーティストがそれぞれのスタンスで演奏したりしています。そうした一つの曲に対するそれぞれの演奏のアプローチの違いなども、アドリブを考える上では良い参考になるでしょう。
これらのような、一つの曲に関してのバージョンや奏者の違う音源をそれぞれに耳コピしてみるなども、良いかも知れません。

いずれにしても、演奏のお手本になるのは演奏そのものだと思います。いろいろな曲を聴き、それらを仔細に真似して、なぜそういう演奏をするのかなどをコピーを通じて汲み取ることができれば、貴重な経験になるでしょう。

あと、アドリブに対するアプローチとしては、音楽理論などを把握して、そちらの面から分析的にフレーズを捉える方法なども一つの手法です。コード進行を意識し、その上でどのようなスケール上でフレーズを展開しているかを解釈してみることは、アドリブをより整然とした形で捉えるには良いアプローチといえるでしょう。勘でそうしたアプローチを潜在的に行う人もいますが、そうした勘を持っているという自信がなければ、音楽理論などの知識を深めることも、一つの選択肢として意識してみるのも良いと思います。

参考まで。

アドリブについては、その場でまったく新しいフレーズをひねり出して弾く他に、自分の引き出しにあるフレーズを臨機応変に組み合わせて新しいフレーズに仕立て直すという手法もあります。自分の中の引き出しから新しいフレーズを組み上げるとしたら、まずはその引き出しの中身が豊富である必要があります。これは、知っている単語が少なければ、言葉の表現の幅も狭くなってしまうのと同じです。ですので、いろいろな曲をコピーするという経験は、アドリブをやりたいという人にとっても重要な経験になります。
ま...続きを読む

Qギターでアドリブができりようになりたい

 こんにちは。ギター暦2年の高校生です。
普通はコピーがそこそこできるようになったら、
アドリブなどに手を出すと思うのですが、僕の場合、
2年間コピーばかりやってたので、アドリブができません。
 アドリブができるようになるにはどのような練習方
がいいでしょうか??

 スケールはマイナーペンタとメジャーペンタしか知りません。。。

Aベストアンサー

アドリブに挑戦するとなると、どうしても理論に頼りたくなるようですね。私は人に講議
できる程、理論に詳しくはないのですが、アドリブを少々弾くので、ヒントになればと思
い投稿することにしました。理論や耳コピもおろそかにできませんが、もっと重要な事が
あります。

 1. 理論勉強や耳コピはなぜ必要か、それは 「アドリブで使用可能な音を覚える為」

 2. アドリブで使用可能な音を覚えたらアドリブができるのか?答えは できません。

 3. 使用可能な音を並べてもアドリブにならない。コピーはコピーのままで終わります。

  *これからもっと重要な事を説明します。(細かい事は省きますよ)
例. あなたがバンドをやっていて、曲の間奏部分8小節にアドリブを入れて欲しいと
  要求されたらどうしますか? 

  ここで理論がどうのこうのと考えても、コード上で使用可能な音を探して、
  つなげてもなかなか上手く行かないと思います。
--------------------------------------------------------------------
*Point:時間に余裕が有る場合
  間奏部分8小節のコード進行を繰り返し聞きながら、自分のイメージするアドリブを
  頭の中に完成し、それを口でスラスラ歌えるくらいにまで明確な発音にします。
  その自分の声をテープに録音して、それを自分の楽器で耳コピします。
   これで一応間奏部分8小節のアドリブは完成します。
--------------------------------------------------------------------
 *Point:時間に余裕が無い場合(あらかじめコードトーンを勉強しておく必要がある)
a. コード進行に合わせて、コードトーンを弾きながら、ペンタをからませて、時々
  チョーキングを入れる。
b. メロディーを崩して弾き、そこに知っているフレーズを挿入する。
---------------------------------------------------------------------
  一番重要な事は、自分の感情を表現する音が出ているかどうかなのです。
  ただ小節を埋める為だけの音、音の羅列になっていたら聞く人に訴えるアドリブには
  なりません。
  早弾きで一小節に沢山の音を入れるより、たった1音のロングチョ-キングで観客を
  しびれさせるギタリストもいます。
  「一音入魂」これがアドリブの神髄だと思って私は練習しています。
  スケールを覚えるよりも、コードトーンを知っている方が実用的だと思いますよ。
  練習頑張ってください。
  

アドリブに挑戦するとなると、どうしても理論に頼りたくなるようですね。私は人に講議
できる程、理論に詳しくはないのですが、アドリブを少々弾くので、ヒントになればと思
い投稿することにしました。理論や耳コピもおろそかにできませんが、もっと重要な事が
あります。

 1. 理論勉強や耳コピはなぜ必要か、それは 「アドリブで使用可能な音を覚える為」

 2. アドリブで使用可能な音を覚えたらアドリブができるのか?答えは できません。

 3. 使用可能な音を並べてもアドリブにならない。...続きを読む

Qギターで難しい曲や速弾きを上手く弾けるようになりたいのですが、どのような練習をすればミスなく上手く弾

ギターで難しい曲や速弾きを上手く弾けるようになりたいのですが、どのような練習をすればミスなく上手く弾けるようになりますか?

Aベストアンサー

最初はテンポを遅くしてゆっくり弾いてみます。
それが出来るようになったらテンポを上げていけば速く弾けるようになるはずです。
メトロノームを使ってみては?

Qアドリブってどうやればできるようになるのでしょうか

キャリアだけは長いのですが,ベースとアコギをある程度弾きこなせる者です。
最近,仕事や子育てにも余裕が出てきたので,楽器を触る機会が多くなったので
前に疑問に思っていても納得のいく回答してくれる方がいなかったので,
今回恥を忍んで質問します
アドリブはどうやってできるようになるのでしょうか?
私なりに色々考えていて,それぞれの質問に答えてもらえると助かります
(1)ギターやベースの指板の音程はしっかり暗記(把握)しないといけないのか。
(2)スケールは色々あるけれど,しっかり覚えないといけないのか。
(3)曲に対してどのスケールを使用したらいいかわかりません。プロのミュージシャンは瞬時にどうやってスケールを決めるのでしょうか。
(4)曲中でコードが変わっていくのに対して1小節ごとスケールを変えないといけないのでしょうか。
(5)スケールをどうやって活用していけばいいのか,どういう練習をすればいいのか,スケールをただあがったり下がったりしたれんしゅうでいいのか。
(6)プロの方々が高い音程(ブリッジ寄り)の場所を使用していたと思えば,急に低い音程(ネック寄り)に変えることがしばしばあるが,それってどんなことを把握していればできるようになるのでしょうか。
と思いついたことを並べてしまいました。
アドリブを自由に弾きまくっている方,よろしくお願いします

キャリアだけは長いのですが,ベースとアコギをある程度弾きこなせる者です。
最近,仕事や子育てにも余裕が出てきたので,楽器を触る機会が多くなったので
前に疑問に思っていても納得のいく回答してくれる方がいなかったので,
今回恥を忍んで質問します
アドリブはどうやってできるようになるのでしょうか?
私なりに色々考えていて,それぞれの質問に答えてもらえると助かります
(1)ギターやベースの指板の音程はしっかり暗記(把握)しないといけないのか。
(2)スケールは色々あるけれど,しっかり覚えないと...続きを読む

Aベストアンサー

先ほどの回答を読み直しての補足です。

コードトーンの1、3、5、7、テンションの9、11、13を全部足すとスケールになります。
コードによって1以外は♭や♯が付きますが、そのへんの詳細は理論書を読んでください。
ですので世間でスケールスケールというのはそれらをひっくるめて使える音群を言ってるだけで、スケールの中でも合いやすい音や浮遊感のある音、合いにくい音などを理解しておくことは重要です。

また、それらの音づかいや修飾音・経過音を使ってフレーズ(メロディ)を自分で作り出すのはけっこう難しいですから、そこで役に立つのがコピーです。
2小節~4小節程度のフレーズのストック(リックとも言います)を、プロの演奏から気に入ったフレーズをコピーして同じコード進行にあてはめれは、簡単に“それっぽい”アドリブフレーズになります。
言わばこれまで説明した音使いを、いろんなパターンで歴代のミュージシャンが作ったパッケージ版です。
私のアドリブは言ってみればこれらの寄せ集めです。プロでもそういう人は多いです。

足掛かりとしてはこういうやり方が最も手っ取り早いと思います。細かな理論的脈絡は後から検証していけばいいです。そういう直接的な音づかいと、理論的なアプローチを並行して習得していくことでバランスのとれたアドリブテクニックが身に付くと思います。

先ほどの回答を読み直しての補足です。

コードトーンの1、3、5、7、テンションの9、11、13を全部足すとスケールになります。
コードによって1以外は♭や♯が付きますが、そのへんの詳細は理論書を読んでください。
ですので世間でスケールスケールというのはそれらをひっくるめて使える音群を言ってるだけで、スケールの中でも合いやすい音や浮遊感のある音、合いにくい音などを理解しておくことは重要です。

また、それらの音づかいや修飾音・経過音を使ってフレーズ(メロディ)を自分で作り出すのはけっこう難...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報