ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

楽譜で、5線譜の上の部分、段の一番最後に
コンマ(アポストロフィ)のような
記号がついているのですが、
これは何という名前なのでしょうか?
「間を空ける」という意味のようなのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



 「ブレス」です。 
 これは息抜きを意味します。つまり、曲の連続したフレーズとフレーズの間に、息を抜き、曲にメリハリをつけるためのものです。この記号は、最初から楽譜に書かれていることはほとんどなく、主に自らで楽譜に書き込むものです。

 楽譜では、必要に応じて「V」の記号で示してありますが、「コンマ」の記号で示されることもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに「手書きだ」と言っていました。
お琴ですが、きっと
「ここで間をおこう」という意味で
入れられたのでしょうね。

回答、ありがとうございました(^-^)。

お礼日時:2003/07/04 18:05

ブレス(V)と同じ意味です。

「吹く」楽器で息を吸うところを示しています。

この回答への補足

どうもお琴の楽譜のようなのですが
(又聞きですみません)…。
そして、1箇所だけのようなのです。

補足日時:2003/07/04 17:51
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お琴ですが、書かれた方はきっと
「ここで間を置く」という意味で
入れられたのだと思います。

分かりました。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/04 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽譜の記号の意味が分かりません。

ピアノ用の楽譜を見ていて一つ、分からない記号があります。
ト音記号とヘ音記号の右にある、ヘ音記号を左右を反転させたような記号はどういった意味なのでしょうか?

あと、楽譜の読み方、それぞれの記号の意味など分かりやすくまとめた初心者用のサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

いろいろ有りますが、下記URL参考にして下さい。



http://musicology.s19.xrea.com/x/reading.html

Qト音記号の意味と由来を教えてください

ト音記号の意味が知りたいのですが、このような記号になった訳があるのでしょうか?
また、いつ頃から、どこで使用されているのでしょうか?
できれば、ヘ音記号についても同様に知りたい思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ト音記号やヘ音記号、ハ音記号…

ト、へ、ハはドイツ音名に直すと、それぞれG、F、C。
そしてこれらの文字を図案化してみると、
あのような音部記号(clef)になります。

しかし、実際にそのようには見えません。
ト音記号は筆記体のGを思い浮かべてください。
なんとなくそれらしく見えてくるはず。

ヘ音記号は横の点を伸ばしてみるとFに見えるでしょう。

そして問題はハ音記号。
そもそも存在すら知らないという人が多いが、
Cを逆にしたようなものが縦に2つ並んでいます。
この接点がハを表しますが、どうみても普通のCには見えません。
これは歴史上、どんどん形が変化していったためで、
しかたないことです。

Q和声と和音の違いについて教えてください。

少し気になったのですが、和音はいわゆるコードですよね?和声はそれらの組合せなのでしょうか?とするとメロディーとはどう違うのでしょうか?このへんの違いは厳密には区別されていないのでしょうか?クラッシクの世界では区別されているような話をきいたのですが・・・・・もしご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「一定の法則によって、同時にならされるいくつかの音を、和音(chord・英)といいます。」  
「和音は、音楽の中では、立ち止まらずに、次から次へとすすんでいきます。この進行を和声(やはり一定の法則により)を和声(harmony・英)といいます。」

 一定の法則ってなんだ?と言われるとそこまで深くはわからないのですが。

 つまり、和音の進行のことをハーモニーと呼ぶということだそうです。
 
 和音がつながって和声になるっていうことですね。コードが連続すればハーモニーが生まれるということになります。
  

Qca.って?

20日に期末テストがある中3です。
音楽の勉強をしていたのですが、楽譜のいちばん上の1分間に四分音符をn個打つテンポという意味(四分音符=92とかの所です)の速度記号の後ろに「ca.」というのがついています。
これはどういう意味でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ca.とはイタリア語の【チルカ】circa の略で「約, およそ」などといった意味を示します。

英語で言うと「about」というニュアンスで^^;

メトロノームの速度記号で, 四分音符= ca.60または, 四分音符= 60 ca. のように記され「1分間に四分音符を【約】何回打つ」ということを示しています。

Qなぜ楽器のチューニング音がA(ラ)なのでしょう?

楽器のチューニングの基準となる音を英語でA(440Hz)と呼ぶのは分かりますが、それがピアノの白鍵だけのキーであるハ長調のC(ド)とズレているのはどうしてでしょう?440Hzの音が基準になるのであれば、440Hzがハ長調のドでは無い理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら説明を試みます。(投稿しようと思ったら,回答#6の中で参照されているサイトに似たようなことが書いてあるのを発見してしまいましたが,せっかく書いたので載せちゃいます,笑)


ヒトが音楽理論を確立しだしたのは,ギリシア時代らしく(ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスさんは,音楽理論家としても有名です)。この時に基準となったのが,今の階名でいうと「ラ」に相当する音だったようです。ちなみにピタゴラスは弦楽器の一種のようなもので音楽理論の研究をしていたそうです。現代の弦楽器にAの音が含まれているのは,その辺の名残でしょうか。

ここから七つの音が発生した経緯について。

音階の起源は「テトラコード」と言われています。先ほどの基準「ラ」と,そこから四度さがった「ミ」の間に音をふたつ入れた四つの音からなるものです(テトラコードとはそのまま4つの音という意味)。ここで「ミ」がなぜ登場するかといえば,おそらくは数学的に一番簡単に導かれる音だからでしょう。ラの周波数の1.5倍の周波数を持つ音がミになります。(整数倍だと,ラのオクターヴ違いしか出てきません)
なお,理由は分かりませんが,当時は音階は下におりる方向に考えていたようです。

いくつかあるテトラコードの中で一般的だったのが「ラ-ソ-ファ-ミ」という4つ。ミからはじめて同じ間隔で4つつなげると「ミ-レ-ド-シ」。これで今私たちが知っている階名が揃いました。
ギリシア時代には,この7つの音を並べたギリシア旋法というものがありましたが,それは,基準「ラ」から上にいくつ・下にいくつつながるか,というようなもので,今で言うところのキー(調性)のような考え方はなく,旋法の一番上(下)の音がなんであってもあくまでも基準(メーセ「中心音」というらしい)は「ラ」だったようです。

さらに,その後「ラ」基準ではなくて「ド」基準のメジャースケールが主流になった経緯について。

時代はくだって,中世ヨーロッパ。
その後,経緯は不明ながら,常に「ラ」を基準とするのではなくて,一番下の音を終止音とする旋法(正格旋法)と,下から4番目である(上から五番目,というべきか)下属音が終止音となる旋法(変格旋法)をもつ教会旋法が中世では主流となりました。
しかし,初期の教会旋法では,終止音となり得たのは今の階名でいえばレ,ミ,ファ,ソの四つであり,今でいうメジャースケールやマイナースケールは存在していませんでした。ドやラを終止音とする音階は,自然発生的にできたのではなく,教会旋法の理論的な拡張として,ある意味人工的に作られたようです。(なぜ初期の教会旋法の中にドやラを終止音とするものが入っていなかったのは分かりません)

ところが,あとから登場した「ド」からはじまる旋法が,和声的な音楽をつくるのに極めて都合がよかったのです。それは,ドのすぐ下に半音間隔でシがあり導音の役割を果たすこと(シを聴くとドに解決して欲しいと思う),主和音/トニック・属和音/ドミナント・下属和音/サブドミナントがいずれも長三和音/メジャーコードであったからです。
結果として,何種類もあった旋法の中から,「ド」からはじまるものが「メジャースケール」として生き残りました。
「ラ」からはじまる旋法は,トニック・ドミナント・サブドミナントの三つのコードが短三和音/マイナーコードであったため,「ド」からはじまる旋法の裏返しのような形で生き残ることになりました。

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら...続きを読む

Q楽譜の記号・用語の見やすい表(子供向け)

楽譜の記号・用語の見やすい表(子供向け)

ピアノを習っている小学2年生になった娘の学習について、相談させて頂きます。
以前の質問等を検索したのですが、検索能力が低いのか、該当するものが見つからなかった為、質問する事にしました。
類似の質問を知っている方がおられましたら、お叱りがてら、その質問ページを教えて頂けると幸いです。

ピアノの楽譜において、メゾピアノ・スタッカートや拍子記号の読み方や意味をが中々覚えられない娘への教材として、
「記号」と「読み方」と「意味」を記載した一覧表を作ろうと思っていたのですが、
中々時間をとれず、ネット上に良いものがないかと探していたところです。

もし、小学2年生にも見易い表を知っている方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいのです。
ネットにてダウンロードできるものに限らず、書籍等でもかまいません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私のおすすめはこちらです。
http://alborada12.web.fc2.com/kodomoongakujitentop.html
http://alborada12.web.fc2.com/kodomoongakujiten-2top.html
http://music-square.jp/books/asin_4816344004.html


人気Q&Aランキング