映画「スタンドバイミー」見られた方たくさんいると思うのですが,みんなに聞くと,ほとんどの人がこの作品に対して肯定的な意見や感想を持っているんです。確かに,一番最初にこの映画をビデオで見た時は,私もなんだかすごくじんわりきて,男の子の友情ってこんな感じなんだなぁって感動した部分もありました。でも,逆の視点から注意深く見てみると,この映画,どこかさびしい影があるように感じます。4人の少年たちが求めるものが「死体」であることに始まり,タバコをプカプカふかしたり,大人ぶったキザなせりふをポンといってみたり,ましてやラストのシーンでは,中学校へあがると当時の仲間とはあまり話さなくなったというし・・。大部分の人が受ける「感動」を,私は真正面から受けられませんでした。その作品に対する人それぞれの感じ方は様々だと思います。どうか,皆さんのこの映画に対する濃い意見,どんどん聞かせてください!私と同じ意見をもっている人はもちろん,やっぱりこれは素晴らしい作品だと感じているの方の意見も大歓迎です。よろしくお願いします。すぐにでも知りたいです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

似たような意見の方が居たら今更ながらなので恐縮です。


自分のあの年齢の頃を考えてみると、廻りの男子は死体探しに限らず、げぇっ!って言う物が好きだった様に思います。
チョットした冒険ですよね、日本の同世代の男子では、あの或る意味ワイルドな死体探しの旅なんて出かける勇気の有る子は居なかったでしょうけど…(ママに叱られるもんね)近所で死体が発見されたりしたら、すっ飛んでいった事でしょう。(多分)
スティーブン・キングの作品て物書きが主役の作品が多いと聞きます。
これは、偏見でしょうが素晴らしい作品を残す作家は何処か影が有ったり、変わり者だったり、感受性が強かったりするものだと思います。
彼は、自分を作品の中に登場させてるのではないでしょうか?
今まで見た何作は、そう思って見てました。
    • good
    • 0

スティーブンキングの他の映画は見ましたか?


まだだったら、見てみると謎が解けます。
『どこかさびしい影』はほとんど全ての彼の映画に見受けられ「スタンドバイミー」はその表現が秀逸だったのでしょう。
    • good
    • 0

みなさん、視点が色々違ってて面白いですね。

私はこの映画を「男の友情」という捉え方はあんまりしなかったなあ。
 死体を見つけて帰ってきたら、少しだけ町が小さく見えた・・・っていうせりふが非常に印象的で、登場人物の内面的な変化を、それこそ実感をもって「いいなあ」って思いました。世界が広がったんですよね、彼らの中で。
 自分の(小さな)現実の世界での葛藤、悩みから逃避(あるいは脱却?)するために半ば勢いで冒険に出かけ、自分らが想像していたものとは違った冒険ではなかったものの、知らぬ間にちょっと大人になったね、って理解だな。私は。そこにリアリティーを感じるんだなあ、きっと。
    • good
    • 2

kimidoriさん こんにちは。


私もこの映画の大ファンとして、お話させてもらいたいと思います。
この映画は私のランキングでもベスト3に入れているほど、お気に入りの作品
です。
通の人からすれば、演技やカメラワーク、映像処理、表現方法に特筆するものがなく、二流、三流の作品だと言うかもしれませんが、私はこの映画にそんな視点を置いてません。(こうした点で優れている作品も確かに素晴らしいですが)
やはりこのドラマ、登場人物のリアリティーに非常に惹かれるものがあるのです。
男性だとすぐにこの映画で描かれている舞台や設定が実感し易いと思うのですが、
少年時代のノスタルジーを強く思い出させるキャラクターやシーンが、いろいろとちりばめられていると思うのです。
空想好きで兄弟に対してコンプレックスを感じている主人公、戦争の英雄である父にあこがれるミリタリーおたくの少年、気が小さいのにやたら首を突っ込みたがるヤツ、親や学校には反抗的だけど友達付き合いの良い少年など「ああ。こう言うヤツいたよな」と思わせる登場人物達にとても共感できるのではないでしょうか。
(女性の方でも似たようなタイプの同級生や友人がいませんでしたでしょうか)

また、秘密基地や度胸試し、ちょっとした冒険といったエピソードも誰もが経験のある事柄であり、どうでもいいようなくだらないテーマについて熱心に語ったり、新聞に出て有名になりたいといった見栄など「子供の世界」がよく描かれているとも思います。
私がこの映画の中で一番好きなシーンは、リバー・フェニックスが演じる少年が、先生が盗んでいた給食費を自分のせいにされたと告白するシーンです。
 いつもは人一倍強がっているヤツにこんな苦悩や一面があったなんてと、主人公同様に衝撃とやるせなさを感じたものです。
死体を見つけた時も、最初に思い描いていた「新聞に載り有名になる」という思い以上に、リアルな「人の死」という状況にとまどう彼らの心理描写が、良く描かれているなあとも思いました。また、軍隊にあこがれていた少年が、結局は視力が問題で入隊できなかったという最後のエピソードも妙にリアリティーを感じてしまいました。

このように、この映画の魅力は誰もが体験してるであろう子供時代の思い出を彷彿させるストーリーと、登場人物やドラマ内におけるある程度のリアリティーが、見る人を惹きつける要素ではないでしょうか。
すみません。勝手に熱く語ってしまいましたが私の感想はこんなところです。

あと逆にオススメしたい映画があります。まあこの作品はとても有名ですので、もうご覧になっているかもしれませんが、同じスティーヴ・キング原作の「ショーシャンクの空に」という作品です。もし、見ていないのでしたら今すぐに鑑賞することをオススメします。
これはホントに感動できる名作ですよ。それでは。
    • good
    • 0

私はこの映画大好きです。


見ていると子供時代を思い出して共感できるからです。例えばグーフィは犬か?と話す所とか、いきなりかけっこ競争始めるところとか・・・。アメリカ映画なんですけど子供は世界中同じなんだなーと思ってしまいます。
4人が死体を捜しに行くのは「未知のものへの好奇心」かと。私も子供の頃は幽霊が出るという噂の河を探索に行った事あります(笑)

タバコをプカプカふかしたり,大人ぶったキザなせりふをポンといってみたり

こういう大人になりきれてなかった頃の事って、大人になってしまってからこそ懐かしく思い出されるものですよね。

この映画の個人的な思い出なんですが、当時小学生だった私に「この映画とにかく観て!」と一番の親友にいわれまして。あまりにススメるんで、生まれて初めてレンタルビデオで借りて観たのが「スタンド・バイ・ミー」でした。その親友とは映画のように中学・高校と進むうちにあまり話さなくなり、今では連絡もとっていないのですが、この映画を観るといつも思い出します。たぶん親友は友情とかそういう言葉では当時うまく言えなかったことを、この映画を観て感じてほしかったのかな~?などと勝手に考えているんですけど(笑)
    • good
    • 0

どこかさびしい影、どころかこの映画には死の影が濃厚です。

回想している主人公の友人は殺されているし、死体を探しに行くというのは象徴的。少年たちはそれぞれ心に傷を負っていて、ちょっとした冒険がもたらす興奮がそれをまぎらわしているかのようです。いちばん苦悩が軽く見える小太りの少年は、そのナイーブ(無知、鈍感)さが幸いしたのでしょう。

重苦しい現実の表面にきらめいている少年期のみずみずしさ。そのはかなさを思うとなんともせつない気持ちになります。それが私がこの映画に感じる感動です。
    • good
    • 0

こんにちわ。


私もありがちな答えしかできないのですが、私がこの映画をはじめてみたのは小学生の時でした。当時は何がなんだかさっぱり状態で、すごい冒険してんのに何かイマイチなにが面白いのかわからず、ヒルに噛まれたシーン程度しか記憶に無かったのですが…去年、ちょっとこの映画を見る機会がありまして実に●年ぶりに見ました。そしたら、すごく感動というか、共感というか…「ああ…」と思いましたね。この映画は、ある程度の年齢に達しないと良さはわからないんだな…って思いましたよ。実際、子供時代に凄く特別だった四人組がいましたが、中学で実際、あまり話さなくなり、高校は別々になり…今では仕事や家庭や忙しくて連絡すら取り合えていないですしね…(苦笑)なので、やっぱりこの映画の良さは感動というか共感できる人が感じる「しみじみ」とした少年少女時代の感動なんじゃないかな、なんて思います。わけのわからない回答でスイマセン。
    • good
    • 0

私はこの作品、すごく好きです。


自分に興味を持ってくれない両親を持ったゴードン、あまり働きもしない、暴力も振るう、そんな父親と兄を持ちながら幼い妹弟の面倒をひとりでみなくてはいけないクリス、父親が精神病院にいるテディー、兄が不良のバーン、と、登場人物の背景からしてkimidoriさんのおっしゃるとおりどこかさびしいです。しかも原作では大人になった4人のうち、ゴードン以外みんなこの世にいないという結末つきです。
それでも私がこの映画が好きな理由は・・・よくわかりません。何かひきつけられたのでしょうか。この映画があまりに現実的っていうのもあると思います。
kimidoriさんの言うとおり、中学になるとあまり話さなくなった、というのは、私も「えー、あんな印象的なことを一緒にしたのに!?」と思いましたが、「友人というものは、レストランの皿洗いと同じく、ひとりの人間の一生に入りこんできたり、出ていったりする。」と原作にありました。私もその通りだと納得しました。
これは私が勝手に考えたことですが、「死体を見つけて有名になりたい!!」というのも、12歳の好奇心旺盛な少年なら思いついても不思議じゃないし(あんまり楽しい気分じゃないと言うゴードンの思いは正論)、何より60年代のアメリカ(私はその時代のアメリカを知りませんが)の少年たちが経験した切なさや冒険を、実に鮮やかに、正直に描いた作品だからこそ、みんなに好かれるものになったのだろうなと思います。
    • good
    • 0

随分前に私はこれを観たので記憶は定かでないですが、私の印象としては「幼いときに、理屈でなく何か(不条理な)衝動に駆られて後先考えなく行動してしまった。

」と言う、今がどうこうではなく、そんな「熱い」昔話であると思いました。
私にも「あー言う時(事)があったよなー」って、誰にもこう言うことはあると思います。それが「受けて」いる理由だと私は思います。
「感動」ではなく、単に「共感」だと私は思うのですが。
敢えて付け加えるなら、ある程度の年齢(例えば回顧してる主人公の年齢くらい)の人でないとあまり面白くないと思います。
    • good
    • 0

kimidoriさん、こんばんは。



スタンドバイミー、音楽がすごく良かったなぁって思うくらいで、一度も、「もう一度みたい!」と思った事がないのです。

私の中では、駄作だって思う映画の一つです。

「あー、この映画、リバーフェニックスが出てるんだぁ。」と、いろんな新作映画の配役を見て、たまに思い出す事があると言う程度です。

こんな意見でごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタンドバイミーを集めたCDってあるんですか?

ベン・E・キングのスタンドバイミーってありますよね。
私、かなり好きです。

ただ、いろんなアーティストの方々がカバーして歌ってらっしゃるようです。
さまざまな方が歌ったスタンドバイミーを集めたCDがあればご紹介いただけませんか?


依然、10年くらい前ですが、
ロック系のスタンドバイミーがラジオで流れました。
誰の曲か予想がつく方、正確でなくて構いませんので、
ご存知の方はこちらの方も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は
スタンドバイミーを集めたCDはちょっと分からないのですが、
ロック系のカバーはもしかしたらJohn Lennonではないでしょうか?
参考URLでアーティスト検索をアルバム検索に変えて
「Lennon Legend」と入力すれば試聴できますのでご確認下さい。
もしこのカバーと違っていましたらすみません。

参考URL:http://www.fetchamovie.com/cl.asp?catalogid=177954

Q映画についてです。 邦画でも洋画でも見ます。 感動する映画、悲しすぎて泣ける映画など とにかく映画を

映画についてです。
邦画でも洋画でも見ます。
感動する映画、悲しすぎて泣ける映画など とにかく映画を観て思いっきり号泣したいのです。
おすすめの映画を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

愛情物語(エディ・デューチン物語の方。元ネタ実話)
クール・ランニング(元ネタ実話)
グレン・ミラー物語(元ネタ実話)
ゴースト
三十四丁目の奇蹟
シェルブールの雨傘
デーヴ
天使にラブ・ソングを・・・
バックドラフト
ボディガード
マイ・フェア・レディ
マルセリーノ パーネヴィーノ
レナードの朝(元ネタ実話)
ロレンツォのオイル ~命の詩~(元ネタ実話)

Qスタンドバイミーの着メロ

こんにちは。
いつもここでは皆さんに大変お世話になっております。

つい今日スタンドバイミーを借りてきて見ました!!
ハマってしまいスタンドバイミーの着メロが欲しくなってしまいました(>_<
パソコンで検索してもよい結果が出てこないのでもし
知っている方がいたら教えてください!
あとこれはどうでもよい質問なんですけどスタンドバイミーに出てくる4人が発見した死体ってスティーブンキング御本人なんですか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

PCで試聴出来る為わたしがよく出掛けるサイトを紹介します。
質問者の携帯が対応していればよいのですが。

http://keitai.excite.co.jp/melo/detail/music/?mid=5937

参考URL:http://keitai.excite.co.jp/melo/detail/music/?mid=5937

Q泣ける感動映画のおすすめは?(ショーシャンクの空にで感動した方)

ショーシャンクの空に・アンドリューNDR114・ホワイトファング・などで感動した私におすすめの感動する映画を教えて下さい★☆
特に、家族愛、動物愛の描かれている映画がスキです★☆
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

ショーシャンクの空に”の様な男同士の友情話などは僕も好きです。自分が男だからか、男親とその息子の話にも弱いですね。

・オーロラの彼方へ:オーロラが生んだ時空の歪みによって、30年前に事故で亡くなった父と無線が繋がる。大人になった息子と父親とのふれあいを描いた話です。
・タイタンズを忘れない:1971年アメリカでの実話を元にした話。白人と黒人のいがみ合いが続く中で併合された白人と黒人の高校フットボールチームの活躍を描いた話です。
・アイアンジャイアント:突如地球に落ちてきた巨大なロボットと発見した少年との交流を描いた話です。アニメーションですがあなどれません(笑)
・クレイマークレイマー:レインマンももちろん良いですが、ダスティン・ホフマンと言えばこっちの方が僕は好きです。父と子の愛情を描いたものの中でも、あまりにも有名な作品ではないでしょうか。
・小説家を見つけたら:ニューヨークのブロンクスで隠遁生活を送る老作家と、類い希な文才を持つ高校生との交流を描いた話です。
・サトラレ:割と最近TVドラマにもなりましたが、映画版の方です(邦画)。頭で思ったことが全て他人に聞こえてしまうサトラレは、周囲の人からは疎まれたり奇異の目で見られているが、あるきっかけで周囲の見方が変化していく。

とりあえずこんな所でしょうか。

こんにちは。

ショーシャンクの空に”の様な男同士の友情話などは僕も好きです。自分が男だからか、男親とその息子の話にも弱いですね。

・オーロラの彼方へ:オーロラが生んだ時空の歪みによって、30年前に事故で亡くなった父と無線が繋がる。大人になった息子と父親とのふれあいを描いた話です。
・タイタンズを忘れない:1971年アメリカでの実話を元にした話。白人と黒人のいがみ合いが続く中で併合された白人と黒人の高校フットボールチームの活躍を描いた話です。
・アイアンジャイアント:突如...続きを読む

Qスタンドバイミーに出てたんだ?!

先日、「24」のジャック・バウアー役、キーファ・サザーランドが主演した、
「霊視」という映画のDVDを見ましたが、キャスト紹介で、
スタンドバイミーに出演している、とのことでした。
ずいぶん以前にはスタンドバイミーを見ているんですが、
何の役で出ていたのか、さっぱり覚えがありません。

どんな役でしたかねぇ?

Aベストアンサー

えーっと、リバーフェニックスの他に男の子3人出てきますよね?
ちょっとぽっちゃりした男の子覚えてます?
鉄橋で汽車が来てしまう時に、しゃがみこんでしまう子です。
その子のお兄さんの役で、いわゆる悪役ですね。
見つけた死体を横取りしようとする役です。確か・・。
間違ってたらごめんなさい!

Qes,cube,saw,などで納得できる結末のある映画教えてください

表題のようなサイコホラー?サスペンスに興味があります。

ホラー映画は大嫌いです!
というのは、ラストが「まだ続くぞ~」みたいな感じの終わり方だったり、肝心のそうなった理由や原因が描かれておらず、見終わった後に「結局アレはなんだったの?」というもやもや感が残るからです。

そこで、すっきりと納得のいくストーリーのあるものなら是非見てみたいのでes,cube,sawをご覧になった方、ただ怖いだけじゃなくストーリーもちゃんとあるよっていうのがあれば教えてください。

Aベストアンサー

#2です。
三作品とも数回見ています。個人的にはどれも好きです。

スッキリ度としては、es,sawはスッキリすると思います。
ただ、sawは続編が出来(それも面白かった)、さらなる続編も作る予定
なので、「まだ続くぞ~」という終わり方です。
cubeは、意味が分からないと思います。

あと、少し失礼な言いかたになると思うのですが、「サイコサスペンス」や、
「スリラー」といったジャンルの映画は、謎が謎を呼ぶストーリーである、
ということが大前提です。なので、見終わった後に「えっ?結局あれは何だったの?」
と思うのは当然のことです。もっと言えば、そう思わない、見終わったあと
モヤモヤ感が残らない映画は、「サイコサスペンス」とは呼べないと思います。
なので、「スッキリ出来るサイコサスペンス映画を教えて下さい」という質問は、
矛盾しているように感じます。
esやsawも、スッキリ出来るとは言え、それでも見終わったあとに、謎は
沢山残ります。
その証拠に、sawの公式HPでは、もう公開して2年ほどたつというのに、
いまだに「俺はこう思う」「いや、こうだ」という討論が繰り広げられています。

貴方が、どれくらいのモヤモヤ感なら許せるのかが分からないのですが、
例えばcubeは、いきなり密室に数名の男女が閉じ込められ、そこから
脱出するというストーリーなのですが、映画のなかで、何故閉じ込められた
のかという説明は一切ありません。そういうのは貴方の中ではアウトですよね?
とりあえず、esとsawをご覧になってみてください。
それを面白いと感じることが出来れば、ほかにも沢山の映画をオススメできると思います。

一応、いくつか作品を紹介しておきます。
「セブン」「ライフオブデビットゲイル」「ユージュアルサスペクツ」
すべて、ケヴィンスペイシーという俳優さんが出ているのですが、
この俳優さんは天才だと思います。
また、この三作品は、サイコ的な要素はあまりありません。あくまで「サスペンス」
として見て下さい。サイコ的な要素があまり強すぎると、どうしても貴方の言う
「モヤモヤ感」が出てしまうので、この三作品にしました。

#2です。
三作品とも数回見ています。個人的にはどれも好きです。

スッキリ度としては、es,sawはスッキリすると思います。
ただ、sawは続編が出来(それも面白かった)、さらなる続編も作る予定
なので、「まだ続くぞ~」という終わり方です。
cubeは、意味が分からないと思います。

あと、少し失礼な言いかたになると思うのですが、「サイコサスペンス」や、
「スリラー」といったジャンルの映画は、謎が謎を呼ぶストーリーである、
ということが大前提です。なので、見終わった後に「えっ?結局あれ...続きを読む

Qスタンドバイミーの吹き替え

私は スタンドバイミーが大好きで 小学校のときから ひたすらテレビでダビングしたやつを観続けました。最近字幕で観てみましたが、吹き替えのほうが出来がよかったです。しかしダビングしたやつを無くしてしまっていたので、吹き替えをビデオでレンタルしました。すると クリスの声優が 高山みなみで 全然合いませんでした。深夜でスタンドバイミーがあると聞いて、観るとまた高山みなみでした。もう昔の吹き替えは手に入らないのでしょうか? DVD買いたいのですが 高山みなみならいやなので 迷っています。

Aベストアンサー

「スタンド・バイ・ミー」にはテレビ版とビデオ版の吹き替えがありキャストは以下の通りです。

「テレビ版」
ウィル・ウィートン(神藤一弘)
リバー・フェニックス(梶野博司)
コリー・フェルドマン(岩田光央)
ジェリー・オコンネル(大友大輔)
キーファー・サザーランド(井上和彦)
リチャード・ドレイファス(樋浦勉)

「ビデオ版」
ウィル・ウィートン(土井美加)
リバー・フェニックス(高山みなみ)
コリー・フェルドマン(亀井芳子)
ジェリー・オコンネル(真山亜子)
キーファー・サザーランド(森川智之)
リチャード・ドレイファス(野島昭生)

DVDにはビデオ版が収録されており、テレビ版を手に入れるためにはテレビで放送されたときに録画するしかありません(他の人にダビングをしてもらうのは違法行為なのでここでは触れません)。
テレビ版は以前はよく放送されていたのですが最近はなぜかビデオ版ばかりが放送されています。
もし放送されたとしても全国ネットの枠では無理でしょう、昼間や深夜のいわゆるローカル編成の枠になると思います。
そうなるといつどこで放送されるかを事前に知るのは難しく、手に入れるのは困難と思われます。

「スタンド・バイ・ミー」にはテレビ版とビデオ版の吹き替えがありキャストは以下の通りです。

「テレビ版」
ウィル・ウィートン(神藤一弘)
リバー・フェニックス(梶野博司)
コリー・フェルドマン(岩田光央)
ジェリー・オコンネル(大友大輔)
キーファー・サザーランド(井上和彦)
リチャード・ドレイファス(樋浦勉)

「ビデオ版」
ウィル・ウィートン(土井美加)
リバー・フェニックス(高山みなみ)
コリー・フェルドマン(亀井芳子)
ジェリー・オコンネル(真山亜子)
キー...続きを読む

Q障害者が出てくる映画で感動する映画

そんなの探してます。どんなのがあるでしょうか?

Aベストアンサー

「ギルバート・グレイプ」

まだ無名のディカプリオはまるで本当の障害者のような演技をしていますが、主人公ではありません。そんな障害者の弟、大人になれない妹、父の自殺をきっかけに過食症になってしまった母親を姉と共に面倒をみているのがジョニーデップ演じる主人公。主人公は青春を捨てて家族を支え、田舎の町から出ることすらできません。そんな主人公の前に現れたのがアメリカ中を旅して自由に生きている女性。

障害者にスポットをあてるのではなく、障害者を家族にもつ青年にスポットをあてているオススメのヒューマンドラマです。号泣するって感じではありませんが、主人公の葛藤が胸に響きます♪

Q映画スタンドバイミーの主題歌

スタンドバイミーは誰が歌っているのでしょうか?歌詞と映画版の訳も知りたいのですが・・・。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ベン・E・キングの「スタンドバイミー」ですね?映画で使われてたやつだったらそうだと思います。
洋楽のオールディーズのオムニバスにはよく収録されてます。

Q映画「グリーンマイル」って感動できる映画として認知

グリーンマイルを見ました。
友人に「感動できる名作映画」と聞いて見てみたのですが、
この映画ってそういう区分に分類される映画なんですか?

私はそうは思えませんでした。
「この映画は現代の悪に満ちた社会を批判した映画だったのかなー」
くらいにしか感じられませんでした


悪を裁いて人々を救うためにやってきた神の遣いジョンを
本来なら感謝をする側であるはずの人間が、あろうことか彼を「悪」として罰してしまい、
そしてその報いは、善良な人間でいてそして神の恩恵を一身に受けた主人公に返ってくる、という
どこまでも「救い」がなくて、
そして現代に生きる短絡的で悪に満ちた人間たちを批判した映画だと思いました

少なくとも、「泣き」を全面に押し出したような映画には思えませんでした。


そもそも、この映画に「感動の名作」と呼べるほどの感動シーンがあったのでしょうか
この映画の泣き所というのは、おそらくポールがジョンを死刑執行するシーンだと思うのですが、
このシーンは「感動の名作!」と呼べるほど、感動できるシーンなのでしょうか。

あのシーンの感動ポイントは、

・ポールはできることなら死刑を執行したくないが、
「生きていたくない」というジョンの本心を聞いて泣く泣く第二スイッチを入れるという「葛藤」。

・何故善良であるポールが死ななければならないのかという「不条理さ」

この2つだと思うのですが、
前者については、
感動できるほどジョンとポールの二人の関係性は深いものではなかったし、

後者については、
ポールの善良さは取ってつけたような感じがして説得力が無いと感じるのは私だけでしょうか

ここまで言っておいてこんなことを言うのもおかしな話ですが、
このシーン自体はとても良かったともいます。
シーンそのものを批判したいわけじゃないんです。

ただ、、「感動の名作!」といえるほどのシーンとは思えなかったんです。
「感動した!」といってる人は、ただ映像の迫力に騙されて感動してるだけのように思いました


私は見方を間違えているでしょうか

グリーンマイルを見ました。
友人に「感動できる名作映画」と聞いて見てみたのですが、
この映画ってそういう区分に分類される映画なんですか?

私はそうは思えませんでした。
「この映画は現代の悪に満ちた社会を批判した映画だったのかなー」
くらいにしか感じられませんでした


悪を裁いて人々を救うためにやってきた神の遣いジョンを
本来なら感謝をする側であるはずの人間が、あろうことか彼を「悪」として罰してしまい、
そしてその報いは、善良な人間でいてそして神の恩恵を一身に受けた主人公に返ってく...続きを読む

Aベストアンサー

確かこの作品って、ホラー系の作品で知られるスティーブン・キングでは。

確か、そのはずです。
だから、どちらかというと感動作品というより、マイルドなチョイホラー作品。
だと、キングファンの一人として、自分は見ています。

まあ、感性なんて人それぞれ違うわけだから、感動作品ととらえる人もいれば、今回の貴方の様にとらえる人も、また、自分の様にとらえる人もいても別に不思議ではないと思います。

ただ、自分がそう思うからと、他の人の感性を全否定はちょっと同調出来ませんね。

人それぞれですから。

また、作品のとらえ方も、人それぞれ。
たまたま、その友人は、感動作品ととらえ、それを、別に悪気があって勧めたのではないかと思います。

だから、素直に自分の感じたままを、その友人に伝えても、別に問題無いと思います。
ただそこで、先にも申し明けだ通り、親友の感性を全否定するような発言は、ちょっとまずいかなと思います。

ちなみに、キング作品の多くは、ちょっと一風変わった風がわな作品が多いです。
極端にひどい描写はありませんが、割と見ていてジワッ!と来るゲロいシーンはたまにあります。
今回のこのグリーンマイルも、死刑執行シーン。電気椅子シーンの中に、とってもショッキングなシーンが一部あり、個人的には、確かにラスト辺りは感動するシーンがありますが、作品全体から感じる印象は、感動というよりも、微妙なホラー映画ととらえています。

まあ、映画の終わりのシーンを見て、最終的に感動と決めつける人もいるみたいですが、自分の場合、作品全体を通して感動できるかで判断しているので、ラストシーンのみで感動と決めつけるのはちょっと?ですね。

確かこの作品って、ホラー系の作品で知られるスティーブン・キングでは。

確か、そのはずです。
だから、どちらかというと感動作品というより、マイルドなチョイホラー作品。
だと、キングファンの一人として、自分は見ています。

まあ、感性なんて人それぞれ違うわけだから、感動作品ととらえる人もいれば、今回の貴方の様にとらえる人も、また、自分の様にとらえる人もいても別に不思議ではないと思います。

ただ、自分がそう思うからと、他の人の感性を全否定はちょっと同調出来ませんね。

人それぞれです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報