外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

信用取引で売り注文をするとき
金利や株貸料など費用がかかると思いますが
どの程度かかるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

信用取引(売り)の費用


某大手ネット証券を利用した具体例で見て行きましょう。
いま、制度信用取引で貸借銘柄(仮にオリンパスとします)を、2,000円で1,000株、信用売り建てしたとします。

(1)売買手数料
 約定金額200万円・・・3,150円

(2)信用取引金利
 売り方金利(受取)・・・・・・・ 0円
  補足説明
   信用取引では、買い方の買付株券は、証券会社又は証券金融会社(日証金)に
   担保として拘束され、買付代金に対して金利を支払います。
   同様に売り方の売却代金も担保として拘束され、これに対して金利を受け取ります。
   現在、買い方金利(支払)年利2.1%、売り方金利(受取)年利0.0%です。
   尚、信用取引の決済時に清算(支払or受取)が行われます。

(3)貸株料
 貸株料・・・・・・・・・・・年利1.15%、便宜上、1日当たりで表示しますと、
              約定金額200万×1.15%÷365日=63円
  補足説明
   信用取引貸株料は、平成14年の金融庁による「空売り規制の見直し」に伴い
   導入されました。信用取引の売り方が負担しますが、逆日歩と違い、
   信用買い方へは支払われません。
   信用取引金利と同様、決済時に徴収されます。

(4)品貸料(逆日歩)
 逆日歩・・・・・・・・・・1日当たり100円。現在、オリンパスは日歩10銭の逆日歩、
             従って、1,000株×0.1=100円。日歩10銭=年利36.5%。
  補足説明
   逆日歩は、日証金において貸株超過(株不足)となった時、その不足株の調達金利を
   表します。信用買残高>信用売残高の状態においても、発生しますのでご注意下さい。
   逆日歩は、1株について○○銭と日歩で計算され、年利換算では高利率ですが、
   対象は約定代金ではなく、株数です。(2)・(3)と同じく決済時に徴収されます。
   尚、一般信用取引では、逆日歩はありません。

(5)その他
  少額ですが、約定から反対売買で決済しないまま1カ月が経過するとかかる
  「信用管理費」、信用買い建ての場合は、その銘柄が、決算期等を超えた
   場合にかかる「名義書換料」があります。(詳細は省略します)

以上のことを整理しますと、
●信用売り
・売買手数料
・信用取引金利(受取) 年利0.0%〔一般信用取引:同率〕
・貸株料 年利1.15%〔一般信用取引:年利2.0%〕
・品貸料(逆日歩) 1株について日歩表示〔一般信用取引:なし〕
・その他 信用管理費

ご参考までに
●信用買い
・売買手数料
・信用取引金利(支払) 年利2.1%〔一般信用取引:年利3.1%〕
・品貸料(逆日歩) 発生すれば受け取れる〔一般信用取引:なし〕
・その他 信用管理費、名義書換料

最後に、
信用取引の条件は、証券会社によって、若干の差異があります。
特に一般信用取引では、注意が必要です。
このケースにおける某大手ネット証券会社では、一般信用取引として無期限信用取引を
行っており、それに基づき記入致しました。
信用取引は、『あやふやな理解』を一つ一つ潰してから始めるのが、ベターと思います。
    • good
    • 0

金利は制度信用と一般信用で違うと思いますが


1~3%くらいでしょう
証券会社によって違うと思います。
売りの場合は逆日歩が付けば株貸料は上昇します。

ま、額が増えると金利もばかにならないですね
でも数百万ならたかが知れてます。

アドバイスですが、今ここで質問している限り
1年は信用取引しないほうがいいでしょうね、、、
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング