最新閲覧日:

昨日、16歳の娘が私(母)に「この本を是非読んでほしい、というか読むべきだ。」と日蓮正宗~とかいう本をつきだしてきました。私はどちらかと言うと宗教活動を活発にしている方が好きではありません。ですので、娘にも「あなたが信じる信仰を止めたり邪魔したりするつもりはない、でも私は興味がないから無理に信仰を押し付けないでほしい。」ときっぱり言いました。だが娘は引かず、「どんな事も答えは1つ、(日蓮なんとかかんとか)の仏法にすべて答えが書いてある。」、「もうすぐ東海大震災が来るから(日蓮なんとか)を信じれば助かる」「もうすぐ何が起こるか知ってる?北朝鮮が武力で攻めてくる」、「(日蓮なんとか)が蒙古襲来を予知言い当てた!」と強引に説法のような口調で撒くしたてます。私がなぜ宗教が苦手かというと、まさに娘がやっている「恐怖心をあおって洗脳するところ」、「はっきりNOを出しているのにしつこいところ」などです。
私は宗教に依存することなく幸せに生活してきました。なぜ強要するのでしょう?
その宗教を自分が信じていればそれでいいではないのですか?是非、宗教反対派の意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

giannikasukaさんのおうちの親子関係を存じ上げないながらも、


ここまでのお話を伺っていての印象です。
(憶測だけで申してますので失礼がありましたらごめんなさい。)

>なぜ強要するのでしょう? その宗教を自分が信じていればそれでいいではないのですか?

16歳の娘さんは、「自分がどんなことに関心を持っているか、
感銘を受けたか」を、giannikasukaさんにも、ちゃんとよく
知って欲しいのではないでしょうか。

「このマンガすごくおもしろいヨ、読んでみて」と言われたのに対して
「わたしはマンガには興味ないから読みたくないわ」
と言うのも自然なことではありますが、
もし「いつもそんな調子で相手にしてもらえない
(自分の興味あることにお母さんが関心を示してくれない)」と
"娘さんが感じることが多かった" としたら
(実際にお母さんがそうしてるかどうかには関わりなく、
 娘さんが "そう感じてしまった" 積み重ねがあったとしたら)、
娘さんとしてはさみしいでしょう。

個人主義一辺倒でなく、少し譲歩して「付き合ってみる」ことも
家族には必要なことのような気がします。

娘さんはまだ16歳ですよね。
「読んでほしい」と言われた本を一応ちゃんと読んでみて(受け止めて)
さしあげることはできませんか?

ご質問の件についての直接的な(早期の)解決法ではありませんが、
家族がおかしな宗教(?)にハマってしまったときには、
時間をかけて、真っ正面から向き合うしかないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

これから彼女と向き合い真剣に話し合いをして行こうと思います。
娘は周りの年頃の子とは少し感性が違っており、でもそこが彼女らしくて私はすきでした。
私は「やりたい事はやってみればいい」しかし、人を危めたり、殺めたり、傷つけたりはしてはいけない。「自由」を主張するなら周りに1本筋を通さなくてはだめですよ。といってきました。

これからが大変ですが、これもまた事実と受けとめ、誠心誠意当たってみようと思います。

お礼日時:2001/08/14 12:50

こんばんわ。


申し訳ないのですが、私は宗教反対派ではありません。
反対派のみの意見だけではこのサイトの方向性が変わってしまうのではないかと思って書き込みします。
まず、あなたの娘さんが宗教活動することを容認する必要はないと思います。娘さんは未成年ですから、それで解決できるのではないかと思われます。
つまり、「あなたが信じる信仰を止めたり邪魔したりするつもりはない」なんて、断じて言ってはいけません。
あと、ひとつお尋ねしたいのは、もう一度宗教団体の名を確かめていただきたいと思います。
「日蓮正宗~」という名ではよくわかりません。
適当な名称を掲げることで、いろいろな団体に迷惑をかけることになるといけないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

>あと、ひとつお尋ねしたいのは、もう一度宗教団体の名を確かめていただきたい
>と思います。
>「日蓮正宗~」という名ではよくわかりません。
>適当な名称を掲げることで、いろいろな団体に迷惑をかけることになるといけな
>いと思います。

今度、娘と話し合う時に正式名を聞こうと思います。
ご迷惑をおかけした方々にお詫び申し上げます。

お礼日時:2001/08/14 12:41

娘さんの心の中に、宗教が入り込む「隙」があったのでしょう。


しかし、その「隙」を作ったのが、実は家庭環境だった、という考えは浅はかでしようか。
別にあなたを責めているわけではありませんが、質問からは、母親であるあなたが娘さんとどう向き合っていきたいとお考えなのかが、全く読みとれません。いかがわしい宗教から娘さんを助け出したいのか、それとも、自分にこれ以上の煩雑な被害が及ぶことを危惧しているのか…
宗教の持つ、得体の知れない力におそれおののく気持ちは分かりますが、ただ嫌だ嫌だといっているだけでは解決にも何にもならないと思います。それをご自分の中で今一度整理し、再度「娘さんをあくどい宗教から救うには?」というスレッドを再度立ち上げ、関係各社の方のアドバイスを仰ぐべきでしょう。
ちなみに私は特定の宗教の信者ではありませんが、信仰が多くの人を救ってきた事を肯定的に捉えてはいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

>ただ嫌だ嫌だといっているだけでは解決にも何にもならないと思います。それを
>ご自分の中で今一度整理し、再度「娘さんをあくどい宗教から救うには?」とい
>うスレッドを再度立ち上げ、関係各社の方のアドバイスを仰ぐべきでしょう。

自分の中で整理する為に、みなさんから意見をうかがったのです。
「ただ嫌だ嫌だ」ではなく「なぜ嫌なのか」も漠然と私の中にあるだけで、
話し合いとして言葉に表現することができなかったのです。
みなさんの考え方がとても参考になりました。
娘と向き合うのは私にほかなりません、これから気長にこの事実に付き合っていきます。

お礼日時:2001/08/14 12:37

宗教は幸せにしてあげるより 幸せにしたいと言うほうが大きいと思います


娘さんも 不幸になると言う事を信じ込み
苦しんでほしくない幸せにしたいと言う事を考えてると思うので
娘さんの優しさだと思うんでそんなに責める事は出来ないと思います

宗教は良い物だとは思います
迷って苦しいという心に 考え方を提供して生きていくのを楽にしてるから
人を幸せにすると言う点では良いと思います
だから「信じる者は救われる」って言うのはあってると思います
恐怖とか苦しい時も念仏や呪文や聖書の言葉とかでごまかせるし
    • good
    • 0

あ、ところで娘から「あんたなんか嫌いだ」って言われたって?



家はもっとすごいよ?

母は娘の事「嫌いだ」って言ってるし、妹も母親の事「嫌いだ」と言っている。
ダメダメだな。
ま、私にはその両方の「嫌いな理由」がわかるのだがね。(苦笑)

それはともかく、娘さんの不安はあなたでは無いように思います。娘が母をというか子供が同姓の親を「嫌いだ」と言うのは成長過程において当たり前の事らしいです。どっかの心理学の本かなにかで見ました。ただの反抗期ですな。私見では子供の「わがまま」から来るものだと思う。
それとも自分に同調してくれないから「嫌いだ」と言って「自分の嫌いな人の言っている事だから聞かなくて良いんだ」と思いこもうとしているのかも。
もしくは「きらいだ」と言う事で自分のほうを振り向いてもらおうと(そして、勧誘しようと)思っているのかも?
どちらにせよ、ただの甘え、わがままから来るものだと思うがなぁ。

16歳、ちょうど思春期ですね。娘さんの不安は「自分の将来」とか「自分の現在」、「自分はこれからどのように生きていけば良いのだろう」とかいう不安ではないかな?

----------------------------------
余談

>大仏やお寺や御守りを強く否定し
……排他主義?
いやだねぇ

あ、そうそう宗教戦争は「自分のアイデンティティを守る為に」起こるのです。

アイデンティティの一翼たる宗教が「他の宗教は偽りである」とか「我以外の神はなし」とか言ってると他の宗教を認めることは自分が信じているものは「嘘」となる。アイデンティティが崩壊する。
「自分」を守るために他の宗教は認めてはならない。
よって、相手を叩き潰す。

いやだねぇ、思い込みの激しい奴って

自分何?
絶対正しいと思ってるわけ?
とか思いたくなるよな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
宗教戦争は本当に胸がつまります。

何か迷いがあった時、誰かが草をかきわけて歩きやすくしてくれたら
楽でしょう。でも歩き易くなっただけで”歩く”のは自分なのです。
どうせ歩くなら自分の考えで納得して進みたい。
人は生きていく上で岐路に立った時「方位磁石」を見ます。「看板」もみます。
でも北に行くか東に行くかは自分で決めるのだと思います。間違えたら自分のせいです。娘には宗教だからダメということではなくて、その考えに依存しきってしまうのが危険と言いたいです。

お礼日時:2001/08/14 12:27

良い宗教団体ではないですね。


普通の団体なら、あくどい勧誘はしませんからね。

宗教反対派?ってのがよく分かりませんけど・・・
まあ、何かに染まるのが良いことか悪いことかはその人の考え方次第ですし・・・これについては回答しませんけど、その宗教団体からは少なくとも離れた方が良いです。
危険ですよ。

学校は宗教系の学校だったので(別に信じているとかそういうので言っているわけではないです)すが、宗教でまわりの悪いことから逃げるという物ではありませんし逃げるようにし向けている宗教が全てではないです。宗教を信じれば助かる・・・そんなことはないです。
それについて、当時宗教の先生は宗教で助かるなら、みんなが入っているだろうと答えましたし、最もな回答でした。

ただ単に、生きること、老いること、病気をすること、死ぬことの主な4つの苦しみを受け入れられない人に受け入れ安くする、結局苦しみからは逃げられない、生きる辛さを教えるというのが根本で洗脳させるとか、しつこく人に勧誘を勧めることはありません。(断言できます)
理想世界だ何だというものを言い、勧誘をするなら入らない方が良いですね。

娘さんも、何とかした方が良いかも・・・宗教にもいろいろあり悪い宗教、良い物、ためになることを話してくれる和尚さんもおられます。一つの宗教に染まるのが良いこととか悪いことと言うのは、たとえ反対?している方でも良い回答ではないと思いますし、先入観で述べられるのも良いこととは思いません。

結果を言えば、どうしても勧誘してくるなら別のちゃんとしたお寺などにでも頼んで、娘さんに別の宗教に付いての話しも聞かせるのはどうでしょう。宗教に関わったから勧誘されることは普通はありませんから、娘さんが心配で自分も洗脳されそうなら、本人に別の宗教との比較をさせ、自分で選ばせるのが良いのでは・・・宗教は心に作用する物ですから、悪い物ははっきり言って毒になります、良い物はある程度良い支えになります。
そういうのを本人が分かるように別の宗教を見せるのも手かも・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

>宗教反対派?ってのがよく分かりませんけど・・・

これは、私が”反対派”ということではなく、反対に思っている方は、「どの辺りに反対なのか」や「なぜ反対なのか」の意見を聞くためです。
”反対派”とくくったところで、宗教を信仰している方から意見がでることは十分予測し承知しておりました。
私は、今回の事がなぜこんなに私にとって「不快」なのかを知りたかったのです。自分では漠然と秘めていた事も、いざ”言葉で表現したい””でも必要以上に相手を傷つけない様に”と思うと言葉につまってしまいました。
彼女とじっくり向き合う為の準備といってもいいでしょう。
私の考えをまとめるとすれば、「これもまた受けとめるべき事実にほかならない」ということになります。私と娘はお互いに広い視野を持つことが大切なのだとわかりました、。

お礼日時:2001/08/14 12:14

ああ、人はなぜ宗教にはまるのだろうねぇ?


よく分からない。

一神教は嫌いだがね。
一神教はその性質上どうしても他の宗教と相容れないから争い、戦争が起こる。
「~~でなければならない」とか言ってしまう。
士郎正宗の書いてるコミック『攻殻機動隊2』ではそのような人のことを限定主義者と呼んでいたな。

閑話休題

日蓮?
法華経の分派だろうか?

・日蓮が蒙古襲来を予知言い当てた?
それは日蓮自身にその時代の流れをよむだけの知識があり「蒙古襲来を予想した」のではないか?
そもそも、徳の高い人間と呼ばれる人は知識人であるのだ。さらに日蓮は鎌倉幕府の執権北条氏と縁があった。十分な知識があったと判断できるだろう。
宗教に目を奪われた人間はすぐに「超自然的」な現象と結びつけようとする。
ちゃんと事象を正確に捉えないとなぁ(^^;
私は決して予知がないとは言わない。しかし、それ以前にそれ以外の可能性を考えるべきではないだろうか?
予知能力とか夢を追いかけるのも良いが、自分でちゃんと考えた上でその結論に達してほしいよな。
人というのは「回答」を「安易」に手に入れたがるものだから「答えはこれだ」と言ってくれると安心するのは分かるがね。

・北朝鮮が武力で攻めてくる?
私的に考えても……というより、世界中の首脳陣すべてが北朝鮮の武力行使が起こるのではないかと危機感を持っています。つまり、世界中のトップがそれが起こる可能性はあると判断しているのです。
しかし、可能性の域をでません。

断定する理由はなんでしょうね?
娘さんに聞いても答えれないでしょうねぇ。
だって、娘さんはただ聞いたままを信じているのですもん。
自分では何も考えていません。
人の言うことをただ信じるのは楽な道ではありますが愚かしいですな。
修行僧や徳の高い人ってのはみんな「自分で考える人」です。
宗教にはまっていると言うより、週刊誌のゴシップをそのまま鵜呑みにしているだけみたいに見えるのはなぜだろう(苦笑)

・どんな事も答えは1つ、
そりゃ、そうだろ。
科学の世界じゃ当たり前だ。
科学の道を進めよ。
多大なる可能性の中から一つの答えを導き出そうとするのが科学だからな。

・仏法にすべて答えが書いてある
嘘に決まってるだろ!?
なぜそんなこと信じれる?
「すべての答え」が分かってるなら公害も犯罪も餓死も精神異常もすべての不幸がない世界を作れるだろうさ。
仏法は人の精神のありようを「どうしからよい」と示しているにすぎない。
ちゃんと法典読んだのか!?
(と、キリスト教嫌いでありながら聖書を読んだ私は思うのである)

・もうすぐ東海大震災が来るから
なぜ、断定?
私の私見ではこれはかなり可能性はありそうなではあるが……

・信じれば助かる
どうやって!?
運が上昇するのか?
「天は自ら助くるものを助く」
と言う言葉を知らないのか?
まず、努力しろよ。備えろよ。

・説法のような口調で撒くしたて
娘さんがやってるのは「知識自慢」だ。しかも、ただの妄想を「知識」と誤認して自慢してるわけだ。滑稽としか言いようがない。
説法ではない。
説法の意味分かってるのかねぇ?
説法とは単純に言うと人に道を示すことだが、その中身は自ら考え、もしくは人から聞いたことでも自ら考えかみ砕き自分の物としたものだをしゃべるものだ。
考えてない人に説法を唱える資格はない。

はっきり言って良いかな?
娘さんがはまっているのは「宗教」ではなく「妄想」では?
そして、妄想から作られる「自己満足」では?

あなたが毛嫌いしているのはこのような宗教まがいのものではないだろうか?
文面からは宗教の思想そのものには反感を感じない。
ただ、思想ではなく「妄想」している人を嫌っているように感じる。

宗教そのものは悪くはないと思うな。
私は無神論者だが、神道は好きだし。

あと、毛嫌いする前にその宗教の根本たる思想を勉強しないと反論も出来ないと思うのだが?
とキリスト教嫌いだが聖書を旧約も新約ももっていて読んだ私は思うのだった。
読んで尚、嫌いなら致し方なし。

ただの食わず嫌いでダメでは誰も納得しないですよ。
相手を知り、それから自分の判断をするのです。
ま、宗教まがいの妄想家には何言っても無駄か、なにせ自分が最も正しい思想のもとにいるって信じきってる輩だからな(やれやれ)

と、かなりやばい文面になってしまった。

あと、他の回答者がおっしゃるように「不安」があるからなにかにすがろうとする。「安易」な道があればそれを選ぶ。

……おろかだ~~~っと、思うがすべての人が精神的に強いわけではないか。
私ですら自らの中に宗教と呼べるなにか信念のような……神と呼べるようなものがあるからね。
私の場合は神道の思想を自ら考察した結果によるところの「宗教」を持っている。

宗教は人にアイデンティティを与える。
人が不安になったとき、自らに信念が無かった場合、もしくは信念が揺らいでいるとき、自分を保てなくなる。なにかにすがろうとする。なかには宗教にすがる人もいるだろうな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても具体的におっしゃっていただいてありがとうございます。
娘はとても明るく、優しく、良い子です。ですので私は今回の事態は予測できず少しうろたえてしまいました。
今回私はこの質問を投げかけてみて、短い期間に色々な意見をみなさんからいただきました。「なるほど!」や「娘はそう思っているのかな?」など漠然とはわかっていたけれど言葉で表現できなかった事がたくさんわかり、これから娘と向き合い話し合う材料が私にできたと思います。
あせって彼女の心を傷つけるは避けたいです。もし、「まがいもの」でも彼女が始めて自分で選んだことなら頭ごなしに押さえつけてしまうのもいけませんし、しかし危険なものは「なぜ危険なのか」を気長に話し合うことにします。
おかげと彼女は「宗教」の話し以外の時間は普段の様子を保ち平穏です。
彼女が持っている「本来の精神力」が大きく育ってほしいです。

お礼日時:2001/08/14 11:55

質問の趣旨からずれますが


宗教に頼らなければ善人が増えないのは寂しいですね。
信教の自由は無宗教の自由も認めるべきだと考えます。
宗教やイデオロギーなど一つの考え方に染まるのは
危険だと考えています。
戦前の全体主義に反対します。
多様な考えを容認し少数意見に耳を傾ける民主主義であってほしいです。
    • good
    • 0

 その教団の主張はかなり危なく、現在公安などのもリストに載っています。

何度か、強制的な勧誘などが警察沙汰になってもいます。特に15~20才の人が狙われており、学校などでも要注意の通達も出ているくらいです。
 宗教はその人の人生観に基づくものであり、強制するものではなく、あくまでも対話と信じる人の生き様が大事であると思います。いわゆる末世思想(地震が来るなど)をあおることは、かつて事件を起こした某真理教に通じるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
わたしは、宗教で地震が避けられるとは思えませんし、
他国が攻め込むのも防げないと思っています。

社会観念の固まっていない若年層につけいるところも汚いと思いますし、
そんなに良い思想なら、あえて苦労して布教せずとも広がって行くでしょう。
「あなたも幸せにしてあげる」的考えは大きなお世話なのでやめてほしいものです。

お礼日時:2001/08/12 19:32

私は「神は信じるが、宗教は信じない」ということを常々考えております。



私が宗教を嫌う理由はハッキリしています。
その1、宗教は戦争を引き起こす。
第2次大戦後、世界で起きている戦争の、おそらく90%以上が、宗教に関わるものでしょう(詳しい統計がないので、具体的には分かりませんが)。本来、人の心を安らかにし、世の中を平和にするのが宗教の使命だと思うのですが、実際の宗教は、人と人を憎しみ合うように仕向け、戦争を引き起こしています。世の中に宗教さえなければ、平和な世の中になるのに…と思います。

その2、宗教は人の自由を奪い、人権を侵害する。
自由・人権という面でいえば、オウムなどのカルトを想像していただくのが一番ですが、既成の宗教でも、宗教的な理由で「○○が食べられない」「女性が○○することができない」というのはよく聞く話です。人間の自由を奪い、差別を容認し、人権を侵害する宗教というものは、もはや現代社会に不要…どころか、排除するべき存在だと思います。
基本的人権の1つに「信教の自由」というのもありますが、これをはき違えている宗教団体があるのも困りものです。日本で最大級の某仏教系宗教団体などは、この「信教の自由」を勝手に「宗教法人なら何をやってもいい自由」と解釈し、何か問題が起こるたびに「それは“信教の自由”を踏みにじるものだ」と、教団に対する批判を封じてきました。こんんあ宗教には「当局が弾圧する自由」もあっていいはずだと思います。

そういえば、来年、冬季五輪が開かれる都市は、ある宗教の“総本山”の地ですが、その宗教のプロバガンダに利用されないように、注意する必要があると思います。

その3、社会への公平な負担をしていない
「今日び、いちばんてっとりばやい金儲けの方法は宗教だ」なんて話もよく聞きます。やっぱり、無税というのは問題じゃないでしょうか?汗水たらして働いている人たちが税金を納めているのに、「口先三寸、ちょっと詐欺師と紙一重」という宗教法人に、何故、課税しちゃいけないんですか?近代市民社会に生きる者にとって、納税は義務です。宗教だけ税金を逃れられるというのは、フランス革命の原因となった「アンシャン・レジーム」の時代とちっとも変わっていないじゃありませんか。

最初に申し上げた通り、私は、神を信じております。世の中の“宗教”のすべてが、まともになるように、ひたすら“お祈り申し上げる”次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
たしかに宗教戦争はありますよね。ニュースで悲惨な報道を見て悲しくなります。
私は気も強く、かなり頑固かもしれませんが、それでも「人にはそれぞれ色々な考え方が有り、なかには合わない人もいる」ことは十分知り、解っております。
幸せになりたいのに、なぜ血をながすのでしょうか?
自分の幸せの為に他思想を迫害し押さえ込もうとするのでしょうか?
お金を納めることが信仰だというのなら、私は動物愛護団体や社会福祉団体に寄付をすることを選びます。
私なら、そうゆうお金の使い方をします。

お礼日時:2001/08/12 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ