昨日、16歳の娘が私(母)に「この本を是非読んでほしい、というか読むべきだ。」と日蓮正宗~とかいう本をつきだしてきました。私はどちらかと言うと宗教活動を活発にしている方が好きではありません。ですので、娘にも「あなたが信じる信仰を止めたり邪魔したりするつもりはない、でも私は興味がないから無理に信仰を押し付けないでほしい。」ときっぱり言いました。だが娘は引かず、「どんな事も答えは1つ、(日蓮なんとかかんとか)の仏法にすべて答えが書いてある。」、「もうすぐ東海大震災が来るから(日蓮なんとか)を信じれば助かる」「もうすぐ何が起こるか知ってる?北朝鮮が武力で攻めてくる」、「(日蓮なんとか)が蒙古襲来を予知言い当てた!」と強引に説法のような口調で撒くしたてます。私がなぜ宗教が苦手かというと、まさに娘がやっている「恐怖心をあおって洗脳するところ」、「はっきりNOを出しているのにしつこいところ」などです。
私は宗教に依存することなく幸せに生活してきました。なぜ強要するのでしょう?
その宗教を自分が信じていればそれでいいではないのですか?是非、宗教反対派の意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

私は「神は信じるが、宗教は信じない」ということを常々考えております。



私が宗教を嫌う理由はハッキリしています。
その1、宗教は戦争を引き起こす。
第2次大戦後、世界で起きている戦争の、おそらく90%以上が、宗教に関わるものでしょう(詳しい統計がないので、具体的には分かりませんが)。本来、人の心を安らかにし、世の中を平和にするのが宗教の使命だと思うのですが、実際の宗教は、人と人を憎しみ合うように仕向け、戦争を引き起こしています。世の中に宗教さえなければ、平和な世の中になるのに…と思います。

その2、宗教は人の自由を奪い、人権を侵害する。
自由・人権という面でいえば、オウムなどのカルトを想像していただくのが一番ですが、既成の宗教でも、宗教的な理由で「○○が食べられない」「女性が○○することができない」というのはよく聞く話です。人間の自由を奪い、差別を容認し、人権を侵害する宗教というものは、もはや現代社会に不要…どころか、排除するべき存在だと思います。
基本的人権の1つに「信教の自由」というのもありますが、これをはき違えている宗教団体があるのも困りものです。日本で最大級の某仏教系宗教団体などは、この「信教の自由」を勝手に「宗教法人なら何をやってもいい自由」と解釈し、何か問題が起こるたびに「それは“信教の自由”を踏みにじるものだ」と、教団に対する批判を封じてきました。こんんあ宗教には「当局が弾圧する自由」もあっていいはずだと思います。

そういえば、来年、冬季五輪が開かれる都市は、ある宗教の“総本山”の地ですが、その宗教のプロバガンダに利用されないように、注意する必要があると思います。

その3、社会への公平な負担をしていない
「今日び、いちばんてっとりばやい金儲けの方法は宗教だ」なんて話もよく聞きます。やっぱり、無税というのは問題じゃないでしょうか?汗水たらして働いている人たちが税金を納めているのに、「口先三寸、ちょっと詐欺師と紙一重」という宗教法人に、何故、課税しちゃいけないんですか?近代市民社会に生きる者にとって、納税は義務です。宗教だけ税金を逃れられるというのは、フランス革命の原因となった「アンシャン・レジーム」の時代とちっとも変わっていないじゃありませんか。

最初に申し上げた通り、私は、神を信じております。世の中の“宗教”のすべてが、まともになるように、ひたすら“お祈り申し上げる”次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
たしかに宗教戦争はありますよね。ニュースで悲惨な報道を見て悲しくなります。
私は気も強く、かなり頑固かもしれませんが、それでも「人にはそれぞれ色々な考え方が有り、なかには合わない人もいる」ことは十分知り、解っております。
幸せになりたいのに、なぜ血をながすのでしょうか?
自分の幸せの為に他思想を迫害し押さえ込もうとするのでしょうか?
お金を納めることが信仰だというのなら、私は動物愛護団体や社会福祉団体に寄付をすることを選びます。
私なら、そうゆうお金の使い方をします。

お礼日時:2001/08/12 19:22

こんにちは。

なんか、日蓮正宗ではないような気がしますが・・・。

新興宗教や、日蓮~を語る変な団体だと、おっしゃっているようなそういう勧誘方法が、教義のなかに組み込まれてたり、マニュアル化されてたり、最悪な場合は洗脳で詰め込まれている場合もあります。

今の様に世相が良くない時はそういう新興宗教みたいなのが横行するのは、どの時代でもそうです。

そもそも、>仏法に全てが書いてある~などというのはまともな仏教の解釈ではありません。仏教では仏法などという書物はないです。各種教典は、人の生き方、人生のあり方などを釈いたもので、どこぞの予言書などとは全く違います。そして、相手の価値観や宗教観を徹底攻撃して否定するのは、そういう新興宗教(全てではないけど)や仏教を標榜する変な集団の特徴でもあります。

教団名を↓で見てみるのもいいかもしれません。ただし、教団名を直接名乗らないで、まるきり違う名前で名乗っている場合があるので100%ではないですけど。

もしこれに出てくるようだと何らかの対策を考えた方がいいでしょう。

また、強要する理由は、大抵の場合、洗脳されており、そんな事する理由は結局お金です。
上部組織や教祖などに、お金を納める事が功徳とされていたり、納めないと罰があたるなどと釈く教団もあります。個人で都合できるお金は限りがあるので、身近な人を勧誘し金づるを作るわけです。
もしそういう団体なら、きっとあとで、あれを買え、これを買えといってくるでしょう。今そういう裁判が日本中で山程やられています。

参考URL:http://www.sam.hi-ho.ne.jp/laputa/reli.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
教団名はっきりおぼえる間もなくまくし立てられたものですから記憶がさだかでありません。折りをみて調べてみようと思います。

聞くところ、娘はすでに宗教側が行う集会に何度か出席し、ひそかに部屋でお経を唱えているそうです。支部のような物がビル上階にあるらしく何度も足を運んでいるようです。洗脳まではないとしても、マインドコントロールはされているのは「目つき」「口調」「手の手振り」で感じます。
大仏やお寺や御守りを強く否定し「世にも恐ろしい、寒気がする」といっています。
私は逆にそんな彼女の方が恐ろしいと思いました。
「日蓮なんとか~」って反仏教なんでしょうか?さっぱりわかりません。

お礼日時:2001/08/12 18:55

giannikasukaさん、こんにちは。



私も宗教には反対派です。
もちろん憲法で認められてる通り、宗教の自由があるので
個人で自由に行うのは良いと思います。

ただ他人に強要することだけは許せません。
宗教の自由にはもちろん「信じない自由」もあるわけで。
この事を忘れて、身内だけにとどまらず、職場の同僚や
赤の他人にまで強要することはこの権利を侵害している
ことになると思います。

私にとって宗教は単なる気休めでしかありませんので、
信仰心などは全くありません。
(もし神がいるとしたら、それはこの世の中にある全て
のものに対している、と思います)

以前の職場の同僚に「創●学会」にしつこく誘わ
れたり、突然家にやってきた「●リスト教系」の勧誘を
親子でしている人が来て、子供をたてにして同情を引い
たりするようなことがあった為、嫌気がさしました。

いわゆる選民思想をあおり、唯一無二の神を崇めさせて
寄付やお布施の形で、集金する・・・。
近頃の宗教なんてこんなもんじゃないでしょうか?

いわゆる信仰心の厚い方たちは、「それで間違えない!」
と思い込み、彼らにとって「正義の心」で勧誘するわけで
すから、理屈は通じませんよね。

余計な話で長くなりましたが、今回の娘さんの1件はこれ
まで同様はっきり断り続けるしかないのでしょうか?

あるいは娘さんのことが心配であれば、娘さんが持ってい
る不安を取り除いてあげることが、根本的な解決だと思い
ます。
やはり不安があるので、宗教等に頼ってしまうんでしょう
から。

よくお話をして、何が不安なのか、その不安はどうすれば
無くなるのかを、考えたほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
娘にも信仰の信念があるとすれば、私にも「信仰に頼らず自分を信じていく」信念があります。大地震が来ても、他国が攻めて来てもそれを運命として受けとめます。受けとめる強い心があると信じ、そしてそんな自分を愛してもいます。

娘の不安はおそらく、私が義理母だということに関係があるのかもしれません。
というかそうだと思います。
彼女は顔では笑って心ではいつも何かを押さえこんでいたのかもしれません。
信仰が彼女の心のフタを取ってしまったのでしょう。
不安を取り除くという事は、お互い離れ、距離を作ることなんでしょうか。
彼女は未成年なのでそれも難しいところです。

私は宗教には興味がありません。この先も「わんわり」そして「きっぱり」断り続けます。

お礼日時:2001/08/12 18:37

純粋な信仰だけではなく お金が絡むので どの宗教も信用しません! 実際 うちの母は貧乏だというのに 宗教には借金してまで お金を出している。

とんでもない話ですよ!・・・ですから 私自身、お金の全くかからない 自分の心の中のだけで「神様」を作って信仰しています(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は自分を信じる事も信仰だと思っています。宗教に頼らなくとも私は私が好きです。お母様のこと心配ですね。私も娘が大丈夫か心配です。

お礼日時:2001/08/12 18:00

 初めまして この手の話は長くなりがちなので、手短にアドバイスさせていただきます。


 そもそも宗教と言うものはマイナス(不幸など)をゼロには出来ますが、プラスにはなかなか出来ないものです。 
 従ってまず初めにマイナスありきでないと、勧誘すらままならないわけです。その為に「大震災が来る」「北朝鮮が武力で攻めてくる」などと相手をマイナスの状態にしてから勧誘を行う訳です。
 勿論、最優先にするのは・・勧誘をする・・とゆう自分たちの利益であり勧誘される側の利益は考慮に入っていません。
 この様な宗教を宗教と呼んで良いのかどうか、疑問の残る所ですが現状ではほとんどの宗教がこの手の集団であるのはまことに嘆かわしい限りです。

 最初に言った様に宗教にはまる場合はマイナス状態の事が多いので、お嬢さんは何か大きな不安や心配事を抱えているのではないでしょうか? ご家族でよく話し合うことを、老婆心ながらお勧めします。
                         transwarpでした。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに娘は不安定な様子で何か漠然とした不安が有りそうな様子です。
娘から、「パパには自分から言う(さとす)から余計な邪魔をしないで」といわれ
今は夫とも話し合いができません。娘が夫に話し、夫の意見を聞いてから検討したいと思います。”マイナス状態ありき”というのはとても参考になりました。

お礼日時:2001/08/12 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ教とは宗教のことで、ユダヤ人はその宗教を信じる人の呼び名ですよね

ユダヤ教とは宗教のことで、ユダヤ人はその宗教を信じる人の呼び名ですよね。

キリスト教を信じている人の呼び名としてキリスト人と呼ぶようなものと考えていいですか?

Aベストアンサー

 ユダヤ教徒でなくてもユダヤ人と称される場合があります。ユダヤ人を母と持つ場合です。
 実際、すべてのユダヤ人がユダヤ教徒というわけではないです。現代においては、むしろ民族に対する呼称とされています。
 ただし、ユダヤ教に改宗したものもユダヤ人と呼びますので、そのあたりの定義は曖昧ですが。

Q宗教てなんですか? 信じる・信じない・必要とする・必要としない・・・

イスラム・キリスト・仏教・ヒンズー・・・
ETCと世の中にはたくさん宗教がありますが、人は何故、宗教を信じるのでしょうか?または、何故必要とするのでしょうか?漠然とした質問ですみません。宗教をさほど重要な位置付けにしない日本人もいれば、他国のように宗教のことで争ったりしてる人たちも居ます。
何故これほどまで宗教に対しての意識の違いが起きるのでしょうか?
人が亡くなれば寺等で葬式はしますが、自分の家が日蓮宗だから日蓮宗のお寺で・・みたいな流れで代々から継がれて与えられてるから・・・与えられてる宗教で・・・という感じの認識で行ってると思います。
だけどそれは、外国の人たちのような宗教観とは違うものだと思うのですが・・・
他国からは日本のような宗教観を持った人たちのことをアミニズムというそうですが、、、未熟な宗教観とはどういう意味でしょうか?
そもそも宗教観に未熟てあるんでしょうか?
イスラムもキリストもユダヤもヒンズーもどれもみんな肯定も否定もする気もないのですが、、そんなに目くじらててこっちの宗教が本物だ!みたいな事を言い合う理由が分かりません。
だんだん混乱してきました。
人間にとって一体、宗教て何ですか??

イスラム・キリスト・仏教・ヒンズー・・・
ETCと世の中にはたくさん宗教がありますが、人は何故、宗教を信じるのでしょうか?または、何故必要とするのでしょうか?漠然とした質問ですみません。宗教をさほど重要な位置付けにしない日本人もいれば、他国のように宗教のことで争ったりしてる人たちも居ます。
何故これほどまで宗教に対しての意識の違いが起きるのでしょうか?
人が亡くなれば寺等で葬式はしますが、自分の家が日蓮宗だから日蓮宗のお寺で・・みたいな流れで代々から継がれて与えられてるから・...続きを読む

Aベストアンサー

宗教の発生は「どうして」と言う疑問から始まる一種の擬似科学で、あらゆる人類の集団が体験しています。
当初の宗教は現世利益の追求を目的とし、なぜ日が昇り降りし季節が巡るのか、自分達の判り易い様それを解釈し利用する(暦等)事が行われて行きました。
そういった漠然とした「人間より上位の存在があり、その存在を理解する事により自然現象への対処ができる」といった考えでは、多数の上位者の存在が普通であり、その意味でアミ二ズムは原初的と言われます。
民族や集団が競合し合う地域においては、様々な覇権が興亡をして行く中で、他の神を排除して行く一神教が必然的に主流を占めて行く事になりました。
しかしながら一種の宗教であった科学が発展し、実用上の「性能」では他を圧していった為、科学と宗教は分離・並存の時代となり現在に至っています。
日本においては前述の覇権交代がそれほど無く、「和」を優先する風土の中で宗教間の争いはそれ程過激には行われませんでした。
一神教宗教は元々利益共有と言うマルチ商法的側面があり、入った人間は必死になって仲間を増やして行こうとします(膨張集団の原則)。
以上の様な事情で、世界的に見れば日本の状態が例外であると言う事は、質問者さんも認識されておいた方が良いと思います。

宗教の発生は「どうして」と言う疑問から始まる一種の擬似科学で、あらゆる人類の集団が体験しています。
当初の宗教は現世利益の追求を目的とし、なぜ日が昇り降りし季節が巡るのか、自分達の判り易い様それを解釈し利用する(暦等)事が行われて行きました。
そういった漠然とした「人間より上位の存在があり、その存在を理解する事により自然現象への対処ができる」といった考えでは、多数の上位者の存在が普通であり、その意味でアミ二ズムは原初的と言われます。
民族や集団が競合し合う地域においては、...続きを読む

Q日蓮系の宗教勧誘うけて 強引に名前や住所書かされ 集会?にくるようしつこく電話が来ました。 家に神棚

日蓮系の宗教勧誘うけて

強引に名前や住所書かされ

集会?にくるようしつこく電話が来ました。

家に神棚あるし
やるつめり微塵もないし

無視か
適当なでたらめな理由、仮病つか
一回もいきませんでした。

犯罪まがいの勧誘してきたやつが


日蓮上人や仏陀は
お前みたいな奴はお許しになられない!

お前はかならず不幸になる
働いても
日蓮上人のお力で見つけ出し
解雇されるよう
仲間を送り付ける。

お前ら家族は最低な生活も
楽しみも
趣味も楽しめず
日蓮上人のお力で生き地獄だ!

と最終的には言われました。

騙され勧誘された
人間が生き地獄なら

犯罪まがいの勧誘したやつは

日蓮的には
よくやった!
犯罪まがいでも
日蓮的にはオッケーなんですか?

犯罪まがいの勧誘したやつは日蓮的には許すの?

Aベストアンサー

心に隙があったのでしょう。
いまさら、神様におすがりしても、手遅れです。
政治的にあるいは宗教的に敵対するグループに
参加して助けてもらいましょう。
早めに、地獄に落ちてもらうしかないでしょう。
市会議員あたりにくぎをさしてもらうのも手っ取りばやいかも。
(丑の刻参りはあまり効果がありません)

Q宗教とか神とかよくわかりません。

親によると、どうやら私の一家は仏教を信じているようです。
とは言っても、仏教のことをよく知りません。
手を合わせろと言われたら適当に手をあわせて、適当におじぎをして育ってきました。

宗教とは、なんですか?

現実逃避のためのものですか?
宗教を作ったひとは、何を根拠に神だとかなんだとか言っているんですか?
現代の人は本当に、信じれば救われるとかシアワセになれるとかと信じているんですか?

神社に行っておじぎをしろといわれても、
前に誰もいないのに一人で頭を下げているのは変じゃないかという気持ちになってしまいます。

結局、神とか仏とかというものはなんなんですか?

人が神と呼べば神になるということでしょうか。
私には勝手に神というものを作って勝手に崇めてるだけに見えます。

長々と申し訳ありません。
暇な時でいいですのでお答えいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

よい歳した大人が、おとぎ話みたいなものを
信じて、ありもしない神とか仏に手を合わせたり
拝んだりと、はっきりいって気持ち悪いですね。

ただ、宗教てのはそれなりに必要性があって
人間が造ったものです。

1,事の善悪をたたき込む。
 悪いことをするな、ていくら教えてもなかなか守れません。
 しかし宗教を使うと、守られやすくなります。
 これを道徳の内面化といいます。
 
 この世に宗教というものが無かったら、善悪を
 教えるのは大変だったでしょう。
 キリスト教も、当初は弾圧されていましたが、
 やがて、施政者がそのメリットに気づき、民衆支配
 の道具として利用することをやり出しました。
 
 つまり、人々に善悪を教え、社会の秩序を維持
 する為に宗教はあります。

2,人間を謙虚にさせる。
 人間には、天敵はいません。
 だから、傲慢になり、自然を破壊し、動植物をいじめたり
 します。場合によっては地球を破壊しかねません。
 それで、神、という人間よりエライ存在を創り
 人間を謙虚にさせようとしました。

3,死の恐怖を緩和させる。
 人間は必ず死にます。
 でも、人間は他の動植物と異なり、死を極端に怖れる
 知能を持っています。
 それがあまりに強いので、宗教を利用して
 その恐怖をなだめることが要求されるようになったのです。
 こういう訳で、天国が存在することになりました。

4,宗教を利用して金儲けが出来る。
 これは説明は不用でしょう。
 現代では、政党の大事な票田になっています。
 だから、どの政党も、宗教団体には手を出せません。
 宗教団体はほとんど税金を払わないで済んでいます。
 お陰で、幹部は贅沢三昧の生活ができます。

他にも色々ありますが、要するに、人間が必要だと
考えたので、宗教が出てきたのです。

よい歳した大人が、おとぎ話みたいなものを
信じて、ありもしない神とか仏に手を合わせたり
拝んだりと、はっきりいって気持ち悪いですね。

ただ、宗教てのはそれなりに必要性があって
人間が造ったものです。

1,事の善悪をたたき込む。
 悪いことをするな、ていくら教えてもなかなか守れません。
 しかし宗教を使うと、守られやすくなります。
 これを道徳の内面化といいます。
 
 この世に宗教というものが無かったら、善悪を
 教えるのは大変だったでしょう。
 キリスト教も、当初は弾圧されていま...続きを読む

Q宗教団体に居られた後辞められ自然な信仰心(特定の団体へ属していない)へ

宗教団体に居られた後辞められ自然な信仰心(特定の団体へ属していない)へ戻られた方へ質問です。

辞めると決めた出来事や思いはなんでしたか。


何年間悩みましたか。

Aベストアンサー

質問者様の「自然」とおっしゃる意味を理解致しました。

これも私が聞いた話しですが、
お正月に初詣に行く事は特定の宗教団体に所属していない前提で言えば、
一般的には何も問題はないらしいです。
しかし、宗教団体によってはあちらことらと詣でない方が良いとも聞きます。
これは、宗教団体のご本尊様のご加護が所属している団体から
得られている事が理由らしいです。
現在所属していらっしゃる団体に何か疑問をお持ちなのでしょうか。

次に「自然な宗教心」という点ですが、初詣は「商売繁盛」「健康祈願」
等のいわゆる人間の欲得を「お願い」しに行くのであり、自然かどうかと
言われるとちょっとビミョウなところかも知れません。
かといって観光目的でその様な場所に行くのは神様に失礼だと私は思って
いるので、普段は行かない様にしていますがどうしても行く場合はお賽銭を
上げてご挨拶を申し上げてその場を離れる様にしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報