新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

劣等感や、ネガティブな内面、モチベーションについて

私は昔から劣等感が強く、それと同時に周りから認められたい、自分の存在を世に知らしめたいという承認欲もとても強いです。


今の自分を受け入れるためにブッタの考えや、瞑想、認知行動療法などを1年ほど続けてきましたが、未だにふとした瞬間、承認欲や劣等感が湧き上がってきます。

こうなると、承認欲や、劣等感を満たす、軽減するには、権力や地位を手に入れて、周囲から認められる以外満たす方法はないのかと思ってしまい、苦しくなります。

現在21歳男で、高卒のフリーター、地位も学歴もお金も友達も一人もいません。自信を受け入れてくれる場所も仲間もいません。

仲間も地位も金も何もない時、人間は他人がいなくても、自分を受け入れたり、好きになることができるんでしょうか?

また、皆さんならこういう状況の時、どうしますか?

A 回答 (4件)

誰かに認められたいという承認欲や、自分は無力だという劣等感や無価値感。


これに苦しむのは皆同じです。
あなただけじゃないからそこは安心してください。

承認欲は承認してくれる対象をいきなり自分以外にすると辛くなります。
他人の評価というものは安定しないからです。
まずは自分自身が自分を認めることが先です。

どうすれば自分を認められるかですが、それは毎日の行動にあります。
誰にも見られない状況で自分以外のために良いことをします。
別に大層なことじゃなくていいです。
外出したら一日一つ、ごみを拾うとか。
公共のトイレに入ったら、手を洗って拭いた紙でついでに濡れた洗面台を拭くとか。
スーパーに行ったら、落ちている商品や迷子になってるカートを戻すとか。
誰にも知られず良いことをする、つまり「陰徳を積む」の実行です。
これをやると「誰に褒められるわけでもないのにようやるわ、自分」
と自分を愛しく思う気持ちが芽生えます。
この積み重ねで自分を認めること、自己承認・自己肯定が育ちます。

自分を本当に満たしてくれるのは、人や地位やお金じゃないのです。
自分の日々の行動の積み重ねが自分を満たすのです。
    • good
    • 0

時間はかかりますが、自分を受け入れたり、好きになることはできます。


元々、自分のことが大好きだからこそ劣等感が強かったり承認欲求をしてしまったりします。

たぶん殆どの人が度合いは違ってもあなたと同じだと思うので、そんなに自分を悪く思わないであげてください。

本当はどんな自分で居たいのかだけに意識を向けてみると良いかも知れません。
    • good
    • 0

よく見てもらおうとせず、ありのままの自分でいいのではないですか。


自分が意識するほど、ストーカー以外は誰も他人のことを見ていません。
お金がないなら、こういうところに質問できるツールさえありません。
仲間がいなければ、地位を気にする必要もありません。
他人に執着しなければ、劣等感さえ起こりません。
フリーターなら、やりたいことを考える時間もあります。
非常に楽な生き方です。
何にでも転がれる今を大切になさってください^^
    • good
    • 0

劣等感、承認欲求。


幼児期からの母親からの愛情不足でしょうね。

いずれかで「無償の愛」が注がれれば癒されていくとは思います。
恋人、友人、家族、師、神様、などから。
「神の愛」はそのために人間が考えたものなのでしょうね。
神様が私を愛してくださっている、と。

私ならまず、学歴や資格を取得します。
看護師なんかが重宝されるのでそこですかね。
仲間は特に欲しいとは思いません。
私の入学や就職はいつも見知らぬ土地でぼっちからはじまっています。
場所は一人暮らしで作るので、自立出来るまでは我慢。

自分にスキルをつけなければ、そのままだと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング