55才の会社員です。私は趣味でトランペットを10年位吹いています。今持っているのは4万円程度のシルバーですが、トランペット特有の張りつめた魅力的な音がなかなか出せません。良い音を出すには、やはり練習と思いますが、唇の柔らかさ(年齢的なもの)がかなり影響しますか
又、トランペットの金額の高いものはそれなりに良い音が
出るのでしょうか 良い音を出す練習方法があれば教えて
頂きたい 特に高音部を魅力的に吹ける方法があれば
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

noname#9414さんの意見に賛成です。

高い楽器を買えばいい音が出ると思うのは幻想にすぎません。自分の実力以上の音は出ませんから失望する事になります。私は定年後トランペットを再開しましたのでブランクは40年以上あります。でも、音はきれいだと吹奏楽部の人が練習している所にわざわざ言いに来てくれたりします。(ミストーンは多いし、いい音が出せるのだけが自慢のオッサンです。)ちなみに楽器は中国製です。通算では質問者さんの方が経験は長いのですから、ロングトーンをしっかりやって一音一音ラッパの中で響かすように吹いたらきっときれいな音が出る様になりますよ。好きなプレイヤーの音をいつも聴くのは私にも参考になりました。一緒に頑張りましょうよ。
    • good
    • 0

はじめまして!


10年ほど吹いてて4万円程度の楽器で満足ですか?
普通の向上心のある方でしたら、それなりの楽器が欲しくなると思うのですが…
10年のキャリアでしたら4万円程度の楽器では全般的に見て不満なはず。
気分転換に新しい楽器を購入してみては?
シルバーで張り詰めた音が出ないと言う事は、あえてラッカーの楽器にしてみては?
音質の好みは人それぞれですからね!
あと今現在どんなマウスピースを使用してるのかが一番の問題です。
これによってすべての結論が出ると思います!

一つ、自分の音を良くする簡単な方法を教えます。
それは、プロのトランペットの曲をいっぱい聴くことです。
これはマインドの訓練になります。
つまり、音を出す時は頭でイメージしてから音を出します。
イメージが良ければ実際出る音も良いのです。
脳みその中身は良い音だらけにしましょう。(笑)
僕も通勤時(行き帰り)はヘッドフォンで必ず聴いてます。
プレイヤーは一人に絞ってます。(現在イスラエル国籍のプレイヤー)
おかげさまで音が極端に良くなりました。
あと曲を口ずさむ癖が付いて、タンキングもめちゃめちゃ早くなりました。
効果絶大!!!

これは非常に簡単な練習です。
疲れないし楽しい!
でもこれだけではいけません。
やっぱりロングトーン!!
個人的に思うに、マウスピースの練習は何の意味もありません。
マウスピースの鳴りの状態をどうしてもチェックしたいのなら、MPを楽器に刺してチューニング管を引っこ抜いてチェックしてはどうでしょうか?
ちょっと話がそれてしまいました。

とにかくどんなMPを使ってるかによります。
話はそこからです…
    • good
    • 0

皆さんが言ってることですが、マッピを変えるのはいい方法だと思います。

小学校の時から6年やっていましたが、(今は打楽器なので)講師の先生に見立ててもらいマッピを購入したところあまりの吹き易さに感動(笑)できれば楽器やさんもしくはプロのトランペッタ-の方によ-く相談に乗ってもらうといいと思います。
    • good
    • 0

No.40107でご紹介いただいたサイトの運営者です。


トランペットの音は難しいですね。
僕らはついハイノート競争に走ったり、単に楽器のせいにしてしまいますが、要は本人なんですよね。
何が言いたいかと申しますと、結局はイマジネーションだと思うのです。
だから例えばジャズを目指している人なら、ジャズの名演と呼ばれるものを聴くのはもちろん、クラシックにも耳を傾ける必要もあると思います。
そして何よりも自分がその曲を、そのフレーズをどう理解して表現するかだと思います。
もちろん、奏法にはセオリーも必要なんですが。

参考URL:http://www.lares.dti.ne.jp/~maynard/eric/eng/ind …
    • good
    • 0

既にみなさまのおっしゃられているとおり、


楽器本体を変える、マウスピースを変える、スクールに
通う……すべて、有効だと思います。

4万円のシルバーということですが、10年前の4万円で
しょうか? 一般的には入門モデルですよね。
それなら、シルバーかラッカーかは、さほど影響しないと
思いますが、2枚取りかしら?
どのメーカーでも、それくらいの価格帯のモデルは、
初心者に扱いやすいように設計されていると思いますので
長くやっていると、買い換えたくなると思います。
だいたい、10万円を超えたあたりから、各メーカーそして
各モデルの特性が出てくるものです。
高い音、明るい音に強いのは、コーンやBACHあたりだと
思います。最近のモデルを知らないので、何とも言えま
せんが、低い価格帯のものから、結構特色があらわれて
いたと思います。

マウスピースは、音色と言うより、演奏性に差が出ます。
カップの形状を変えただけでも、かなり違いますから。
たとえば、「YAMAHAは安定性があったけど、BACHは軽く
吹ける」……というのは私の体験談ですが。
ただマウスピースを選ぶときは、なによりも吹きやすさを
いちばんに考えて下さい。音色にひかれて、あわない
マウスピースを選ぶのは、ためになりません。

スクールは、最初から独学で始めたかたには良いかもしれ
ません。思いもよらなかったクセを指摘されたりもする
かもしれませんし。でも、10年も壁にあたらずにやって
これたなら、特別悪いクセはついていないと思いますが。

あとは、体力的な問題でしょうか?
どうしても、腹筋はゆるむし、肺活量は落ちます。
こればかりは、どうしようもないと思いますが、やはり
訓練で維持するしかありませんね。
私は学生のころ、普通に歩くときでもカウントをとって
息をはきながら歩いていました(…カナシイかな、オンナ
なので、それくらいしないとおいつかなかったというのも
ありますが)。
アンブシュアを変えるのも、やりようによっては良いかも
しれません。特に、息を吹き込む角度等に変わりがあると
違いが出るとは思いますが……こればかりは、変なクセが
ついても困るので、プロの指導があったほうが良いところ
ですね。

良い練習方法は、つきなみですが、ロングトーンだと思い
ます。
安定したロングトーンあっての音色であり、響きであるの
ではないでしょうか。
マウスピースだけの練習も、かなり有効ですよ。

高い楽器を買えば、良い音が出るかといえば、そうでは
ありません。
もちろん、驚くほど高価な楽器には、それなりの個性も
あるのですが。
普通に楽器店で目につく「一般人にはちょっと高め」な
楽器は、吹き方次第です。求めるモノが高音域となると、
どうしても高い楽器に魅力を感じてしまったりもするん
ですけど。
それでも、値段の高い楽器が、自分にとってベストな楽器
とは限りませんし。

…というわけで、私も趣味のトランペットなので(本当は
トロンボーンなのです)、これくらいのアドヴァイスしか
出来ませんが。
良い演奏が出来るよう、がんばって下さいませ。
    • good
    • 0

学生時代にブラバンでTpを担当していました。


24年前にメイナード・ファーガソン(Tp奏者ならご存知ですね)を知り、ハイノート・ヒッターにあこがれました。
 その後実業で離れていましたが、ここ5年程再開しています。
 先の回答者の方々も触れられていましたが、マウスピースを換える方法があります。
 ジェット・トーン社(YAMAHA等で注文できます)のメイナード・ファーガソン(MFバージョン)とかビル・チェイス(黒い炎=チェイスの)バージョンでは、かなり特殊で、簡単に張りのあるハイノートが得られます。しかし、そのコントロールはかなりテクを要しますが。

 変にこだわると取り返しのつかない癖がつくと思います。 スクールで対応されるのがベストではないかと・・・。
下記参考URLにてその手の猛者が集まっています。
(MLに参加されると)
エリック宮城さんもチェックされています。

参考URL:http://www.lares.dti.ne.jp/~maynard/maynard/inde …
    • good
    • 0

楽器類は本体の共鳴で音を出しますので、やはり金属の質=値段の差が出てしまいますね。



しかしながら、音源である唇の形状やマウスピースの形状が変わっただけで結構違うものです。
唇は買い替えできませんが、本体を買い換える前に、一度マウスピースを買い換えてみたらいかがでしょう?

また、自己流はお勧めできません。短期間でもレッスンを受けると良いと思います。自分では気づかないウィークポイントを見つけてくれるでしょう。
    • good
    • 0

ある意味高いものの方がいい音が出ると思いますが


やはり最終的には、本人の癖の付いている楽器では
どうにもならないような気がします。

安いものでもきちんと吹いている楽器ではきれいな
音が出るような気がします。
#小学校の時、楽器を買ったのはいいけど、1年ほど
#先輩が吹いていた記憶があります。おかげで変な
#癖が付かなかったけど・・・

もし余裕があるのならば、新しいものを買って、
きちんと吹き直すのもいいでしょう。

しかし、4万円程度で買えるも載って、コルネットの
方が多かったのではないでしょうか・・・
#って、10年くらい吹いているのですから、それは
#ないですよね・・・

ではでは☆
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QオススメのトランペットCD

最近トランペット教室に通い始めた初心者です。トランペットの音オンリーのCDって売っていますか(トランペットメインで他の楽器が入ってもOKです)?有名なマイルス・デイビスのCDとかも購入を考えているのですが、どういった構成になっているのでしょうか(トランペットの音のみなのか、他の楽器の音も入っているのか)?とにかく上手なプレーヤーのトランペットの音を思いっきり聞きたいのですがお勧めのCDがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私のオススメは
ニニ・ロッソ(Nini Rosso イタリア)です。

以前 水曜ロードショー(金曜ロードショー)という番組がありましたが そのテーマ曲を吹いていた(作曲も本人)です。

透明感の明るい音質で、昭和40年代の日本ポップス界に強い影響を与えました。

有名な曲として
夜空のトランペット
青春のトランペット
さすらいのトランペット
などがありますが、
日本の叙情歌・軍歌・演歌・ポップスのカバーも多数あります。

CDは正確にはいったい何枚出ているのか分かりません。
「ニニロッソ」で検索すれば多数出てくるのではないでしょうか。

Q音音音音音音音音音音音音音音ってなんですか?

わたしは聴覚障害者です。音はわたしにありません。そのことを初めに言っておきたいと思います。

最近「ファントム オブ パラダイス」を観ました。すぃっこここここここここーん、と頭を金釘バットでホーッムランされたような、んな感じを受けました。
漫画家の山田花子が大好きな映画だってことで前から関心をもっていたのですが、ここまでとは思わなかったです。
「ファントム オブ パラダイス」はミュージカル風で映像もすげぇんだけど音がメインだったこと、それが口惜しいです。

あああああああああああ、音楽って、なんですか?ほんとうに、人を、狂わせうるのですか?
…でもこれはわたしが、実感していようともしてなかろうとも、たぶん、事実。そうじゃなければ世界はこんなに音に、満ち溢れていない。
だとすると、音楽のなにがどうじてそないに「狂わせる」「魅了」「ハマる」ことができるのですか?

なんていうのか…耳の器官がどうのこうのという専門的な知識よりも、それぞれの方が感じる感覚的な答えの方が聞いてみたいです。
わたしは生まれつき聞こえないので今さら音を手術などをして耳を治して物理的に音を聞きたいとはちっとも思いません。
音を、知りたいんです。それだけなんです。もしかしたら「あなたはなんで空気が吸えるの?」な感じで当たり前すぎて答えにくいのかもしれませんが、いろいろな方のお答えを聞きたいのでどうかよろしくお願いいたします。

わたしは聴覚障害者です。音はわたしにありません。そのことを初めに言っておきたいと思います。

最近「ファントム オブ パラダイス」を観ました。すぃっこここここここここーん、と頭を金釘バットでホーッムランされたような、んな感じを受けました。
漫画家の山田花子が大好きな映画だってことで前から関心をもっていたのですが、ここまでとは思わなかったです。
「ファントム オブ パラダイス」はミュージカル風で映像もすげぇんだけど音がメインだったこと、それが口惜しいです。

あああああああ...続きを読む

Aベストアンサー

No.9&No.14です。みたび失礼します。

私もあまりよく知らないのですが、最近ステージを見に行って感動したのはこちらです。

【ブラスト!】
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/event/blast/index.html
こちらで紹介されている日本人ドラマー、石川さんが使うのは、いわゆる普通の「小太鼓」に近いもの、たった一つ。
ですが、その太鼓から驚くほどの多彩な音色が聞こえてくるのです。
パフォーマンスも最高です。
あ、CDももちろんですが、DVDも出ています。

【鼓童】
http://www.kodo.or.jp/
【鬼太鼓座】
http://www.ondekoza.com/jp/
こちら2つは、和太鼓集団のURLです。
私は見に行ったことはないのですが、聾学校で時間を知らせるのに、和太鼓を使うという話をどこかで聞いたことがあるので、それならこちらあたりなら楽しんでいただけるかな、と思いご紹介しました。

実は私も「難聴」という持病があり、実生活の音はもっぱら左耳だけで聞いている状態です。
ですが、太鼓の鼓面を通して伝わってくる空気の波、管楽器のマウスピース(くわえて息を吹き込む所)から歯を通して伝わってくる振動、オーケストラのコンサートで、指揮者がまさに指揮棒を振り下ろす瞬間の、痛いほどの緊張感…耳以外で体感できる音楽って、たくさんあると思います。

説明が足りない部分がありましたら、ご指摘をお願いします。
以上、ご参考になれば幸いです。

No.9&No.14です。みたび失礼します。

私もあまりよく知らないのですが、最近ステージを見に行って感動したのはこちらです。

【ブラスト!】
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/event/blast/index.html
こちらで紹介されている日本人ドラマー、石川さんが使うのは、いわゆる普通の「小太鼓」に近いもの、たった一つ。
ですが、その太鼓から驚くほどの多彩な音色が聞こえてくるのです。
パフォーマンスも最高です。
あ、CDももちろんですが、DVDも出ています。

【鼓童】
http://www.kodo.or.jp/
...続きを読む

Qトランペット独奏でお薦めのCDはないでしょうか?

トランペットの音が好きです。
たまに、アメリカ合衆国の国家をトランペットなどを聞くとたまりません。
何か、お薦めのCDはないでしょうか?

Aベストアンサー

天才ナカリャコフはもう聴かれましたか。

参考URL
http://www.avexnet.or.jp/classics/artist/sergei.htm

参考URL:http://www.avexnet.or.jp/classics/artist/sergei.htm

Qスケール練習用にギターの指板をカスタム。 スケール練習する為に指板に色をつけて見ましたが、視覚的に際

スケール練習用にギターの指板をカスタム。
スケール練習する為に指板に色をつけて見ましたが、視覚的に際立つものがありません。
出来れば直感的に因果の分かりやすい配置にしたいのですが。キーをG.か、C
で限定したいです。マイナーキーでもEm.Am辺りを弾く事が多いので、どちらかで。いずれにしても、ルートからの構成音やコードの構成、スケール感が視覚的に分かりやすい配置にしたいです。むづかしいスケールではなく、簡単なセオリーなメロディやコード感に対応出来ればいいです。12音をネックに塗るなら何色にしますか?

Aベストアンサー

ANo.4へのコメントについてです。
なるほど、ようやくお考えが見えてきました。

 コメントの最初で仰っている共感覚というものは、強い弱いの程度の差はあれ、ほとんどの人にあるのですけれども、ただし音がどういう感覚に対応するか、(色、香り、味、形、皮膚感覚、など)に対応するか、さらに、どういう高さの音(絶対音)がどういう色(香り、味、…)に対応するかは個々人バラバラであることが知られている。
 一方、「ドミソは明るい和音」「ドミラは暗い和音」のようなムードは、移調しても成り立つのだから絶対音の問題ではないし、その感じ方は万人に共通している。だから、(ご指摘の通り)これは共感覚とは全く別の話ですね。

 さて、干渉は波の特性です。単音と聴こえるものでも、(純音(sine波)以外は)多数の倍音を含んでいます。(和音全体を「ひとつの音の音色」と見なすことができるのは、この事情の裏返しです。)ピタゴラス音階は、ある単音xと、別の単音yについて、yの低次の倍音のひとつがxの低次の倍音のひとつと一致するときに「調和的である」という事で、これはピタゴラスの発見ですね。平均律の和音がどれも「濁っている」のは、xの倍音とy倍音が近いけれどもずれているために生じるうなりのせいです。作曲をするにあたっては、ピタゴラス音階だと濁らないごく少数の和音と、めちゃくちゃ濁る多数の和音とに分かれてしまって、大変不自由である。全部が同程度に濁ってる方がマシじゃないか。で、バッハが平均律を「大発明(invention)だ!」と絶賛したってことです。ま、それはさておき。
 しかし、光の干渉というのは、同一の光子がそれ自身と干渉する、という現象です。音と違って、単に波長が同じ光を重ねただけでは生じない。まして、波長が異なる光同士の干渉は問題外です。

 一方、三原色は光ではなくヒトの視覚の特性ですね。感度スペクトルが異なる錐体細胞が3種類あるということがその根源です。しかし音に原音というものはない。感度スペクトルが連続的に異なる非常に多くの有毛細胞があるわけで。また、倍音に相当するものは光にはない。波長が半分になるだけでもはや可視光ではなくなってしまうからです。

 というわけで、色と音色のアナロジーはこれと言って物理的・生理的根拠を持たない。どうやら、和音のカンジを明るい、華やか、などのムードで捉えた上で、さらにそのムードに対応する色で代表させる、というほどのことでしょう。(もちろん、味、香り、形などに対応させる人もいます。)

 さて、和音の与えるカンジの構造がそもそもどうなっているのか問うことは、それがどうやって生じてくるか、という問いそのものです。けれどもあんまり解明されてなくてですね、認知科学の研究課題として、三〜四声の和音の「座りの良さ」の度合いをその構成音から(曲がりなりにも)計算できるモデル、というものが開発されたのはごく最近のことです。(カンジがどうやって生じてくるかの手がかりを得るために、構造を整理するその手段としてモデルを作った訳です。)その計算結果を見ると、ドミソの和音が圧倒的に座りが良いのに比べて、たとえば7th sus4なんてのは、構成音が類似している和音の中でごくわずかに良いというだけ(ってか、むしろ「さほど悪くはない」という程度)である。不協和音はすべてそういうものである。でも、だからこそ美しさがある(これが、「ドミソの和音なんか恥ずかしくて弾けない」ということの原因でしょうね。座りが良すぎちゃ面白くもなんともない。)つまり、和音のカンジよりもさらに高次のところに和音の美しさがある。
 いやそもそも、同じ和音でも、キーが違うだけで、効果が違ってくる。(たとえばC6はAm7と同じ和音ですよね。)コードシーケンスという文脈の中で、和音の色ってか味ってか、が決まる。
 これじゃまだまだ解決にはほど遠い。和音を感じる脳の感覚は、複雑な構造をしているということです。単色のアナロジーでなんとかるレベルじゃない。
 多くの色を組み合わせたカラー・コーディネートとのアナロジーなら意味を持つようにも思います。が、その場合に単音が一つの色に対応する、というような単純な対応関係が果たして成り立つか。キーを変えても和音の感じはほぼ同じ、ということを色で再現できそうにない以上、そう簡単な対応ではないだろうと推測しますが…。
 ま、アナロジー談義はここまで。

 和声のカンジに関するごく荒い近似として、トニック(C)とドミナント(G)に加える第三の音(E, Eb, F)が和音の「基本的性格」を決め、第四の音(A, A#, B, C, Db, D, …)がその味わいを変える、というような見方ができます。けれど、dimやaugのような明らかな例外があるし、(鍵盤では間違っても弾かないような)音が団子になってる和音だって、弦ではいくらでも弾いてしまって、それでも結構イケてたりするわけです。

 さて、もうちょっと良い近似として出てきたのがモードという考え方である。和音となじむスケールの方に注目すればいいじゃん、ってことです。これなら文脈を表現できるし、団子も説明できる。
 逆に旋律の方から見ますと、無数の旋律を抽象化して旋法(スケール)で代表させる。短調だの長調だのブルースケールだの。でもそれだけでは、(ちょっと代理コードを使ったというだけではない)非常に感じが異なるいろんなハーモナイズが可能である。そこでモードという視点を入れます。同じスケールでも別のモードとして捉え(おなじハ長調でも、キーがCのイオニアンと見るか、キーがDのドリアンと見るか、…)、その上でハーモナイズしたものと解釈すると、(だいたい)整理できる。

 そういうわけで、モード奏法を研究なさるのが良いのではないか、と申し上げたんです。ペンタトニックだのトライアドだの仰っているのは、ある固定されたモード(たとえばイオニアン)の上での話である。それを別のモード(たとえばドリアン)におけるペンタトニックだのトライアドに変更するだけで、ずいぶんシャレた音色になります。

ANo.4へのコメントについてです。
なるほど、ようやくお考えが見えてきました。

 コメントの最初で仰っている共感覚というものは、強い弱いの程度の差はあれ、ほとんどの人にあるのですけれども、ただし音がどういう感覚に対応するか、(色、香り、味、形、皮膚感覚、など)に対応するか、さらに、どういう高さの音(絶対音)がどういう色(香り、味、…)に対応するかは個々人バラバラであることが知られている。
 一方、「ドミソは明るい和音」「ドミラは暗い和音」のようなムードは、移調しても成り立つのだ...続きを読む

Qサッチモ おすすめCD

ルイ・アームストロングのボーカルも好きですが
トランペットに焦点を当てて聴きたいと思います。

オススメのCDがあればお教えください。
できれば入手しやすく、コンプリート
○○枚組でないものがよいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有名なのでは「タウン・ホール・コンサート」47年ライブ録音。

個人的には「SATCH PLAYS FATS」55年スタジオ録音。
国内盤が入手可能ならそちらを薦めます。解説対訳が丁寧で良いです。

Q知的で神秘的な不思議な魅力のある曲

デスノートのLのテーマやライアーゲームのテーマ 等の知的で神秘的な曲あったら教えてください

Aベストアンサー

こんばんは!^^

それでは…、こんな感じはどうでしょう?

◎Mike Oldfield(マイク・オールドフィールド):「Tublar Bells」
https://www.youtube.com/watch?v=1LFCG7kOsxE

◎Aphex Twin(エイフェックス・ツイン):「Nannou」
https://www.youtube.com/watch?v=A-Pkx37kYf4

◎Tropics(トロピクス):「Soft Vision」
https://www.youtube.com/watch?v=1jv_UbCmtIU

◎Kuedo(クエード):「Whisper Fate」
https://www.youtube.com/watch?v=D93uYqM-iGU

◎Porcupine Tree(ポーキュパイン・ツリー):「Tme Flies」
https://www.youtube.com/watch?v=JTEWlSTQ1RI


参考になれば、幸いです!^O^V

Q「青い影」 歌なし・トランペット・バージョンの収録CDまたはレコードについて

プロコルハルムで有名な「青い影」ですが、
母が昔、車の中でよく流していた、トランペットバージョンが、
どのレコード、またはCDに収録されているのかが知りたいです。

超有名なプロコルハルムの歌入りバージョンと、
伴奏はほとんど変わらないように記憶しているのですが、
歌(メロディー)の部分が、全編トランペット(だと思います)で演奏されています。

母(63歳)は、高校生の頃、バイトで貯めたお小遣いで買った、
映画音楽のレコードを、カセットにダビングしたと言っています。
よって、かなり前の作品になるのでは・・・と思っています。

御存知の方、いらっしゃいましたら、お教えください。
ちなみに、母がダビングした、その同じカセットのA面の1曲目には、
「シバの女王」のインストも入っていました。

Aベストアンサー

レイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ の演奏です。
参考URLで試聴できますので、ご確認ください。

参考URL
<COLEZO!TWIN>レイモン・ルフェーブル
http://www.7andy.jp/cd/detail/-/accd/C1033031

参考URL:http://www.7andy.jp/cd/detail/-/accd/C1033031

Qギターの耳コピを生音でやっても練習になりますか?

ギターの耳コピを生音でやっても練習になりますか?

Aベストアンサー

絶対音感の持ち主です。

はい。生音でもOKです。

Qトランペット独奏のおすすめ教えてください

トランペットの音が好きですが、曲とか分からないので詳しい方いましたら何か教えてください

Aベストアンサー

JAZZ方面ではメイナード・ファーガソンがお薦め。

アメリカ横断ウルトラクイズのテーマ曲で日本では有名。
番組後半(福沢アナ時代)のは、知らない人のカバーなので高音が出てないし、リズムやアレンジが残念。
オリジナルのアルバム「征服者」に収録されている「スタートレックのテーマ」が格好よいです。
お薦めのアルバムは「カーニバル」
脳天をつんざくハイノートトランペットが朗々と歌い上げるところは、これまでも、そしてこれからも超える人は居ないでしょう・・・。
HMVサイトなどで試聴多数可能ですよ。

マイルスとかウィントン・マルサリスとか色々巨人は居ますが、ビギナーとして聴くには、どうでしょうか・・・。聴きやすい曲もありますが、初めはFUSIONライクな聴きやすい(メロディアスな)ところから聴いていって、巨人と言われるところに自然と達していくと思います。

JAZZ系で音がきれいなところで言うとビリー・バターフィールドは凄いです。

クラシックならセルゲイ・ナカリャコフですね・・・。
CDいっぱい出てます。

Q喜怒哀楽・腹式呼吸の効果的な練習方法

喜怒哀楽・腹式呼吸の効果的な練習方法

演劇という個人的な趣味を上達させたいという願望と共に、日常会話で哀しみや喜びを鮮やかに表現したいという意思で「喜怒哀楽」の練習を独自で行ってるのですが、上達の見込みが全く無いので何かアドバイスは頂けないかと思い相談させて頂く事にしました。 質問内容をご覧くださりありがとうございます。

基本として以下の文章一行ずつに分割し、各行で気分を変えて発言。 これを毎回一つずつずらして最終的には各行を「喜怒哀楽」の全てで読む...といった方法に取り組んでいます。 しかし何度やっても「怒」が上手く表現できなければ、「喜」と「楽」の違いも微妙で突破口が見つかりません。 いわゆる「演技下手」そのものなのか「怒」や「哀」は自分を録画したモノを見てもワザとらしい印象を受けます。 これは歌唱の時も悩まされる問題なのですが、私は音階の調整が下手で、メリハリが無いとよく言われます。 これがやはり演技力の愚かさに直結しているかと。 あえて言えば腹式呼吸も無意識には出来ません。 よく「仰向けになれば自然に腹式」とか「大きく息を吸って吐くを繰り返せ」などとアドバイスを頂くのですが、これもなかなか...。

本文から少々離れましたが

・喜怒哀楽の効率的な練習方法
・腹式呼吸を無意識に出来るようになるための特訓法

これらについて何かアドバイスを頂ければ幸いです。 私のレベルも明かさずにこのようなお願いを非常識だと受け止めてます。 しかし、大学生である今、とても忙しくてプライベートで養成学校などに通う余裕は無い現状ですし、自己流に限界を感じてますので思い切って相談させていただきました。 どうかよろしくお願いします。

喜怒哀楽・腹式呼吸の効果的な練習方法

演劇という個人的な趣味を上達させたいという願望と共に、日常会話で哀しみや喜びを鮮やかに表現したいという意思で「喜怒哀楽」の練習を独自で行ってるのですが、上達の見込みが全く無いので何かアドバイスは頂けないかと思い相談させて頂く事にしました。 質問内容をご覧くださりありがとうございます。

基本として以下の文章一行ずつに分割し、各行で気分を変えて発言。 これを毎回一つずつずらして最終的には各行を「喜怒哀楽」の全てで読む...といった方法に取...続きを読む

Aベストアンサー

喜怒哀楽それぞれを1日の中で探し、友人に感情込めて話す。

怒を話す時、しょうもない事で怒るなぁこいつ、と思われても困るので、ニュースなんかで見つけるとイイと思います。


腹式呼吸はまず犬式呼吸をやって横隔膜を意識できる様になれればイイと思います。


人気Q&Aランキング