マイケルジャクソンは子供の頃は黒人で、今はあきらかに白人ですよね。 どう考えてもなんらかの手術をしてるようにしか思えません。
でもどのような手術で黒人の肌から白人の肌にすることができるのでしょうか??
今すごく気になってるのでおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 他の回答を読みましたが、質問に答える為に重要だと思われるマイケルジャクソンの「病気」について解説している回答が無いのでその「病気」に重点を置いて回答したいと思います。


 マイケルジャクソンは尋常性白斑という病気で、肌の色素がだんだんなくなって、白くなってしまう病気だと言っています。
 No2の回答者の方は、「白くなる病気」であることを信じていないようですので、マイケルが白くなる病気である事を証明する根拠を書きます。
 マイケルジャクソンが1993年に少年に対する性的虐待容疑で訴えられましたが、
その時の少年は、風呂場でマイケルの性器を見させられたと証言しました。
 また、その時マイケルの性器に尋常性白斑による色素の欠損で、地図状に模様が出来ていて、その模様も覚えていると証言し、その証言を元に検察が性器のスケッチを作成しました。
 そして、検察はマイケルの性器の写真を撮影して、そのスケッチと比較し一致すれば証拠として採用する予定でしたが、結局一致しませんでした。
 この話は、「マイケル絶体絶命!性器写真!」みたいな見出しで、当時日本のTV、新聞等でも取り上げられました。(一致しなかった話は殆ど取り上げられませんでしたが。)
 アメリカの検察は性器を撮影する根拠としてマイケルが尋常性白斑で有る事を挙げているので、マイケルが尋常性白斑で有る事は、アメリカの検察が認めている事になります。これは「白くなる病気」であることを事実として認める根拠になると思います。
 ここからが回答ですが、尋常性白斑の治療法の一つとして、いっそのこと全部白くしてしまうという治療法が有り、マイケルはこの治療を受けたのではないかと言われています。
 具体的な治療法については、塗り薬、レーザーの二つの意見が多いですが、専門家でも良くわからないそうです。
 尋常性白斑について書いてあるHPを参考として張っておきます。「尋常性白斑」で検索すれば他にも色々あると思うので、興味が有ったら見てみると良いと思います。

PS 皮膚の色素が抜けた人は紫外線に当たると皮膚がんになるリスクが高くなるため、つねにUVカットの化粧をしているので、写真等に写る白さがイコール皮膚の白さではないです。マイケルがいつも日傘を差しているのもその為。

参考URL:http://www3.plala.or.jp/vitiligo/index.html
    • good
    • 3

マイケル・ジャクソンは極度に白人に対してコンプレックスがあり、その結果が度重なる整形と皮膚の漂白です。


皮膚の漂白ですが、お金があればどんな黒人でもやれます。
マイケルは皮膚病と言っていましたが、実際にそういう病気もあります。
しかし全身真っ白になるわけでなく、まだら模様になります。
    • good
    • 0

こんばんは



彼の肌の色は、染み取りの要領と一緒で、少し効果の高い薬を塗って肌を白くしたそうです。

彼は「肌の色が抜けてしまう病気」と言ってましたが・・・。コンプレックスだったのでしょうね。

染み抜きの軟膏は皮膚科の治療にも用いられる割とメジャーなお薬です。

ご参考までに。
    • good
    • 2

白人、黒人という分け方であれば、マイケルジャクソンは黒人です。

ただ肌を白くしただけです。

どうやって肌を白くしたのかというと、なんでも薬品で漂白したそうですよ。ちゃんと医者が行ってる漂白ですが...。

そんな事に金使わないで、募金すりゃいいのにね。
偽善者のやる事はワケわからん。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報