「こころ」で先生とKさんが昔下宿していたお嬢さんの家の間取りについて考えたことがある方はいらっしゃいますか?本文中にいくつか手がかりはあるんですが、よく分からないので助言をおねがいします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ある教科書にこころの間取りが描かれています。

その図面をごらんになりたければ、つぎのあどれすをご覧ください。

参考URL:http://www.sowa-net.com/meisaku.pdf
    • good
    • 0

こんにちは。

現役高校生です。丁度2年生なので今年「こころ」について学習をしたばかりです。

え~。間取り・・・・私の手元に「浜島書店 常用国語便覧」たる物があります。
この本の夏目漱石のページにそっくリそのまま推定図が載ってます。

持ってないといけないので、訳がわからなくなるかも知れませんが、説明させていただきます。これを読みつつ、図に表していくと解かりやすくなるかも・・・。
 

玄関から向かって、左側に4畳のKの部屋、Kの部屋の左隣が8畳の先生の部屋。
玄関から向かって、右側に下女の部屋。(右隣がトイレ)
玄関から向かって、前の廊下の奥が茶の間。廊下は下女の部屋の前まであります。        (茶の間の右が台所)
茶の間の奥が6畳のお嬢さんの部屋
                            になります。
また、参考に奥さんは茶の間またはお嬢さんの部屋にいた事になっています。
そして文章中にもあるようにKの部屋、先生の部屋、茶の間、お嬢さんの部屋は庭向きの縁側廊下でひとつながりになっています。
あと、押入れですが、先生・K・お嬢さんの部屋にあります。 

先生の部屋はこのうちの中で一番いい部屋と言うことになっています。

ちなみに、galaxy-classさんがおっしゃっているKの自殺のときに襖が少しあいていた事についてですが、真っ先に自分の死体を見て欲しいにではなく、実はKの思いやりなんですって。
「自分(K)は先生を恨んで死んでいくのではなく、先生にこころを開いて死んでいく。だから先生が後悔することはないんだよ。」
と言う意味らしいです。でも、先生には通じなかったみたいですね。
      
    • good
    • 0

詳しい間取り解説は他の方に譲るとして、私は、問題は、先生とKの部屋がふすま一枚で、しかも、Kが自殺したときに、その戸がわずかに開いていた部分が文学的興味をそそられました。


おそらくKは、先生にまさっさきに自分の死体を見て欲しかったんでしょうね。Kのアッパーカットです。Kは、先生の卑怯な(?)行動に無言のダメ出しをしたのだと思います。試験で「自殺をしたと時のKの心理状態をどう分析するか」みたいな質問があったら、これを参考に考えるとよいと思いますが、、、。
    • good
    • 1

あまりお役に立つ情報ではないのですが、文学(特に漱石)と住まいの関連書を


紹介しておきます。

名作文学に見る「家」―謎とロマン編
小幡 陽次郎 (著), 横島 誠司 (著) 文庫 (1997/08/01) 朝日新聞社

名作文学に見る「家」―愛と家族編
小幡 陽次郎 (著), 横島 誠司 (著) 文庫 (1997/08/01) 朝日新聞社
(「三四郎」の舞台はこちらに想像間取りが載ってるらしいです)

建築の絵本シリーズ 「夏目漱石博物館」…その生涯と作品の舞台
  石崎等・中山繁信 (彰国社)1985年刊

「こころ」が載ってるかどうかは各出版社に問い合わせればわかるかも
知れませんね。
    • good
    • 0

教員時代に、大修館のパンフレットで見ました。

「新国語要覧 増補第3版」です。教材なので、一般的には手に入らないかもしれませんので、出来る範囲で説明してみますね。

まず、入り口を入ると玄関として三畳あります。その左手にkの部屋が四畳。さらに奥に先生の部屋が八畳。両方の部屋に押入があって、先生の部屋にはさらに床の間と棚があります。

玄関から真っ直ぐ進むと、茶の間が六畳。その奥にお嬢さんの部屋が六畳。両方に押し入れ、お嬢さんの部屋には戸棚があります。

それぞれの部屋は縁側に面しており、ちょうどLを逆にした型になっています。部屋は壁ではなく、ふすまで区切られいます。

さらに、小説内では表示されてはいない推定部分として、玄関・茶の間の右側に台所・湯殿・便所・下女の部屋、お嬢さんの部屋の右側に奥さんの部屋が加えられています。

建築史の資料をもとに、新たに推定したものと書かれています。ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

玄関入って3畳くらいの部屋の左にKの部屋があって、その隣に私の部屋。


それで、玄関からまっすぐ行くと、茶の間があって、その奥にお嬢さんの部屋
じゃないかな・・?たぶん、そーゆう、間取りだったよーん。
    • good
    • 0

直接の回答ではないのですが・・・


以前、夏目漱石の研究本でお嬢さんの家の間取りを想像して
図にしているものがありました。
かなりしっかり描かれていました。
コピーして保存していたものを探したのですが
捨ててしまったらしく見つかりませんでした・・・
スミマセン。
そういう本も存在するので、もし時間があれば
探してみると良いかと思います。
役に立たない回答でごめんなさい。
    • good
    • 0

これは私の想像の範囲です。

(「こころ」は何回も読みましたが、間取りまではあまり気にしませんでした)

たぶん、和室の4.5畳あるいは3畳くらいでしょう。
レイアウトとしては、座机があるくらいで、押入れの上段には布団があり、下段には衣類と書籍類があると思われます。

また、隣の「K」との部屋とは襖1枚で仕切られており、自由に開け閉めができるのではないでしょうか。

あの頃のことですから、ラジオなど雑音はなく、お互いが勉学に励んでいた頃ですから、襖1枚でプライバシーを守ることが出来たのでしょう。

でも、そのたった襖1が「私」と「K」を永遠に引き離していたとは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山本文緒さんのような作風

かなり前から山本文緒さんの作品が大好きなので、現在それと似たような作風の作品を探しています。どなたかおすすめの作家、もしくは作品がありましたら教えて下さい。男性作家、女性作家は問いません。ちなみに唯川恵さんの作品はよく山本文緒さんと比較されますが、たくさんあるのでどれから手をつけてよいのかわかりません。オススメがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

山本文緒さんと同じ新潮社のR-18文学賞選考委員をしておられる角田光代さんはいかがでしょうか?
日常からすこーしだけずれているような主人公、日常と隣り合わせのちょっと不思議なある意味ちょっとだけ意地悪いというか斜めから見た感じのものの見方とか、けれども周りとそんなにかわらない女の人とか、普通のひとにひそむ狂気(?)というか、普通の人の普通さとそうでなさをうまく書いている作家さんとしてお薦めします。「なにげないけれどつきつめるとちょっと怖いような恋愛」みたいなのを書くのが本当に上手い!と思います。

角田光代さんは本名でのデビュー前に彩河杏名義でコバルトからデビューされた方で、そのコバルト時代の小説といえばなぜ復刊しないの?というくらい面白かったです。

そういうわけで類似点もあり、非常にお薦めです。
「あしたはうんと遠くへいこう」あたりがとても似ている感じではないかと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/483871324X/qid=1095524728/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-2122821-7562614
あと直木賞候補になった「空中庭園」や「トリップ」などがお薦めです。
私は角田さんも山本さんの作品も大好きなので
よろしかったら読んでみてください。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/r18/shokai.html

山本文緒さんと同じ新潮社のR-18文学賞選考委員をしておられる角田光代さんはいかがでしょうか?
日常からすこーしだけずれているような主人公、日常と隣り合わせのちょっと不思議なある意味ちょっとだけ意地悪いというか斜めから見た感じのものの見方とか、けれども周りとそんなにかわらない女の人とか、普通のひとにひそむ狂気(?)というか、普通の人の普通さとそうでなさをうまく書いている作家さんとしてお薦めします。「なにげないけれどつきつめるとちょっと怖いような恋愛」みたいなのを書くのが本当...続きを読む

Q夏目漱石のこころ

夏目漱石の「こころ」の中で、Kが自殺した具体的な理由は何でしょうか?
読んでみたものの、どうも失恋だけで自殺したようには思えません…

Aベストアンサー

漱石は先生に次のように語らせてます。

Kは正しく失恋のために死んだものとすぐ極めてしまったのです。しかし段々落ち付いた気分で、同じ現象に向ってみると、そう容易くは解決が着かないように思われて来ました。現実と理想の衝突、――それでもまだ不充分でした。私はしまいにKが私のようにたった一人で淋しくって仕方がなくなった結果、急に所決したのではなかろうかと疑い出しました。

現実と理想の衝突:
Kは自分の思いえがく高い理想と現実の間で葛藤しています。
このことがKの自殺に深く関わっていることは間違いないと思いますが自殺にまでは至りません。

一人で淋しくって仕方がなくなった:
こちらが自殺への引き金になったと考えるべきでしょうね。
実家と養家から見放されたばかりでなく、お嬢さんを巡る恋で、最も信頼していた幼友達の先生から裏切られます。
真面目で純粋、プライドも高いKは先生を責めたりはしません。
しかし、そのことがKを孤独に追いやってしまいます。
全ての問題を自分のこころの中に閉まったまま誰にも打ち明けられない孤独、そんな気がします。
行き詰ったKは、自殺という道を選んだのではないでしょうか。

漱石は先生に次のように語らせてます。

Kは正しく失恋のために死んだものとすぐ極めてしまったのです。しかし段々落ち付いた気分で、同じ現象に向ってみると、そう容易くは解決が着かないように思われて来ました。現実と理想の衝突、――それでもまだ不充分でした。私はしまいにKが私のようにたった一人で淋しくって仕方がなくなった結果、急に所決したのではなかろうかと疑い出しました。

現実と理想の衝突:
Kは自分の思いえがく高い理想と現実の間で葛藤しています。
このことがKの自殺に深く関わっているこ...続きを読む

Qこころ

今、夏目漱石に興味があって「こころ」を読もうとしています。漱石の作品は内容が難しいので、読むポイントみたいなものを何度か読んだことのある人、教えてください。

Aベストアンサー

私は漱石の大ファンです。

漱石の作品は他にすでにお読みになっているのですか?
読むポイントっていうか、
一度読み始めれば、はまってしまって
どんどん読んでいけますよ。
少なくとも私はそうでした。

私は、小六の時、「坊ちゃん」を読み、
声を出してゲラゲラ笑いました。
まだ子供でしたから、童話とか児童書しか読んでいなかったので、
「こんな難しい漢字ばっかりの本で、声を出して笑えるなんて!夏目漱石っておもしろい人!」
これが最初の感想です。
もっと他の作品も読もう!
中1の時、推薦図書になっていた
「こころ」を読みました。
ガツーン!頭を殴られたような強い強い衝撃を受けました。
「坊ちゃん」とはまるで違う、すごいすごい衝撃でした。
それから、漱石の作品は,中学、高校時代に全部読みました。
小説が発表された順に読むようしました。

その中でも、やはり「こころ」は一番のものですね。
とにかく読んでみてください。

もし、難しそうっていう抵抗があるなら、
「坊ちゃん」から入ってみるといいと思います。
すでに読んでいたらごめんなさい。

文学的価値がどうとか
この小説は何がいいたいのかとか、
一般的に言われてることがどうであれ、
自分が読んで、自分なりに感動し、感じ、考え、得るものがあればそれでいいと思います。

私は漱石の大ファンです。

漱石の作品は他にすでにお読みになっているのですか?
読むポイントっていうか、
一度読み始めれば、はまってしまって
どんどん読んでいけますよ。
少なくとも私はそうでした。

私は、小六の時、「坊ちゃん」を読み、
声を出してゲラゲラ笑いました。
まだ子供でしたから、童話とか児童書しか読んでいなかったので、
「こんな難しい漢字ばっかりの本で、声を出して笑えるなんて!夏目漱石っておもしろい人!」
これが最初の感想です。
もっと他の作品も読もう!
中1の...続きを読む

Q夏目漱石の「こころ」

「こころ」という作品が載っている
サイトを教えてください。
又は、「こころ」の作品の詳しい内容を
教えて下さい。

Aベストアンサー

著作権の消滅した作品を集めている青空文庫
(参考URL)にあります。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html

Q夏目漱石のこころについて

Kが自殺をする直接の原因となったこと
Kは何のために自殺をしたか

以上に点について教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんの補足欄、
>そう言う単純なことを聞いているのではないのですが………。
に賛成です。

青空文庫という便利なものがあるので、それで「K」をマーキングして行動を追ってみましょう。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html

まず、Kは浄土真宗の僧侶の息子であること、それが医者になるために養子にもらわれた子であること、さらに母親には早くに死に別れ、継母との間もうまくいっていないらしいことが記されます。
Kも先生同様、大変に孤独な存在でした。

大学が進むに連れて、Kは次第に心身の調子を崩していきます。
「彼の焦慮り方はまた普通に比べると遥かに甚しかったのです」(22)
Kは何を焦っていたのか。

「Kは中学にいた頃から、宗教とか哲学とかいうむずかしい問題で、私を困らせました」(19)
あるいはまた、郷里にも帰らず、寺に一人籠もって、聖書なども読みふけっていた。

「Kはただ学問が自分の目的ではないと主張するのです。意志の力を養って強い人になるのが自分の考えだというのです。それにはなるべく窮屈な境遇にいなくてはならないと結論するのです」(22)
Kは学問の道に進むつもりはなかった。
ならば自分はどう生きていくのか。
信仰の道に入っていくのか。
それが明確にならないゆえの焦りだったのではないでしょうか。

そうしたKにたいして、先生は
「私は仕方がないから、彼に向って至極同感であるような様子を見せました。自分もそういう点に向って、人生を進むつもりだったとついには明言しました」(22)という態度を取ったのです。

房総半島に旅行に行った時も、お嬢さんのことで頭が一杯の先生に対し、
「Kはしきりに日蓮の事を聞いていたようです。日蓮は草日蓮といわれるくらいで、草書が大変上手であったと坊さんがいった時、字の拙いKは、何だ下らないという顔をしたのを私はまだ覚えています。Kはそんな事よりも、もっと深い意味の日蓮が知りたかったのでしょう」(30)
と、下宿に暮らすようになっても、むしろ信仰の問題が重要で、誕生寺に行ったのも答えを求めての行動だったことがわかります。

次第にKとお嬢さんは親しくなっていきます。
お嬢さんの行動は、先生を半ば無意識のうちに煽っているようにも読めます。
ところがKも先生もまったくお嬢さんのかけひきには気がつかない。
先生はお嬢さんの思惑通りKに対して嫉妬をつのらせますが、Kの側は単純にお嬢さんに傾斜していき、ある日、自分の思いを先生に打ち明けます。

打ち明けられた先生の思いを綴った37は、よく読むと不思議な章です。
出てくる言葉も「逆襲」、「手抜かり」、「打ち勝つ」、「不意打ち」……。
ここには先生のお嬢さんに対する思慕の情はまったく描かれておらず、先生の意識の中で問題は、K対先生になっているのです。
「同時にこれからさき彼を相手にするのが変に気味が悪かったのです」
恋愛の対象であるお嬢さんよりも、先生にとってはKの方がはるかに大きな問題だった。

「Kは昔から精進という言葉が好きでした。私はその言葉の中に、禁欲という意味も籠っているのだろうと解釈していました。しかし後で実際を聞いて見ると、それよりもまだ厳重な意味が含まれているので、私は驚きました。道のためにはすべてを犠牲にすべきものだというのが彼の第一信条なのですから、摂欲や禁欲は無論、たとい欲を離れた恋そのものでも道の妨害になるのです」(41)
こうした思想を持つKにとって、恋愛はことのほか苦しいものだった。

敵であるKの弱点を、先生は正確に突きます。
「すると彼は卒然「覚悟?」と聞きました。そうして私がまだ何とも答えない先に「覚悟、――覚悟ならない事もない」と付け加えました。彼の調子は独言のようでした。また夢の中の言葉のようでした」(42)

ここでKの内に、すでに自殺に対する意志が芽生えていたのが見て取ることができます。
ただ先生にはKの真意をまったく誤解してしまい、出し抜こうとして、奥さんに対してお嬢さんを嫁にほしい、と申し入れます。
そうして一週間ほどたったのち、Kは自殺します。


>Kは何のために自殺をしたか

まずこの点に関して、これはよくわからない。
少なくとも、先生にお嬢さんを取られたからではないことは確かです。
相当早い段階から、Kの中には死への傾斜があったことが見て取れるからです(房総半島の旅行の中にもそれを思わせるシーンがあります)。
むしろ、そうした死への衝動に抗しつつ、自分を生に繋ぎとめてくれるものを信仰の中に見出そうとしていたのではないか。
そうして、同様な境遇にあり、同じような気持ちだ、と言ってくれる先生をこの世で唯一の理解者として、命綱のように思っていた側面もあったのではなかったでしょうか。

Kにとってお嬢さんはどのような存在だったのでしょう。
驚くべきことに、『こころ』の中にはそれにふれた記述が一切ないのです。
先生の遺書の中で、先生の口を借りて、Kの側に恋愛感情があり、それゆえに苦しんでいたことはわかるのだけれど、Kは具体的にお嬢さんのことをどう言ったのか、どう思っていたのか、明らかにはなっていないのです。
これはきわめて重要な点であり、同時にさまざまな解釈が可能な点だと思います。
質問者さんはKにとってお嬢さんはどのような存在だったと思われますか?

>Kが自殺をする直接の原因となったこと

これだけ長い回答を書いておいてこう書くのも心苦しいのですが、やはりこれも断定はできません。
まず何を持って「直接の原因」とするかという問題があるにしても、とにかく「覚悟」という言葉をKが使っている時点を考えなければいけないと思います。

あくまでもひとつの解釈ですが、厳しく「精進」しようとする自分が、信仰にみずからを委ねてしまうこともできず、一方で恋愛感情(肉欲)に引き裂かれる、
「自分は薄志弱行で到底行先の望みがないから、自殺するというだけなのです」
という遺書にあった文言は、まさにKの嘘偽りのない気持ちだったのではないか、と私には思えてなりません。

遺書の末尾
「もっと早く死ぬべきだのになぜ今まで生きていたのだろう」
という部分は、覚悟を決めたのにずるずると日延べをしていたがために、見る必要のないことを見、知る必要のないことを知ってしまった、つまり、先生の行動から、先生が自分の理解者でもなければ、自分と志を同じくする存在でもないことを決定的に知ってしまったことに対する後悔であったように読むこともできるのです。

解釈というのは、決して一通りしかないものではないし、どれが正解ということもありません。
読む人ひとりひとりの解釈があるものだと思います。
ひとつの読み方として、参考になれば、と思います。

質問者さんの補足欄、
>そう言う単純なことを聞いているのではないのですが………。
に賛成です。

青空文庫という便利なものがあるので、それで「K」をマーキングして行動を追ってみましょう。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html

まず、Kは浄土真宗の僧侶の息子であること、それが医者になるために養子にもらわれた子であること、さらに母親には早くに死に別れ、継母との間もうまくいっていないらしいことが記されます。
Kも先生同様、大変に孤独な存在でした。

大学が進むに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報