最新閲覧日:

【coyoteの質問 #107】
 音楽と匂いには、思い出がつきものですよね。
 人間、沢山の思い出の曲があると思います。
 初めてのデート、別れた彼女、高校時代の試験勉強、旅行に行った事
 ……など。

 みなさんには、どんな曲にどんな思い出が染み込んでいるんでしょうか?

 ぼくです。

 [EW&Fの“September”]
  東京の大学に合格したぼくは、東京に住むことになりました。
  で、学費を稼ぐために、銀座のパブでバイトを始めたんですね。
  1週間ほどして、同じバイト仲間の女の子が、
  そこを辞めて、ニューヨークに行く、というので、送別会と、
  ついでに、ぼくの歓迎会をしてくれたんですね。

  で、送別会が終わって、みんなで六本木のディスコに行って、
  かかっていた曲がこれです(*^_^*)。
  ニューヨークに行ったこの彼女は、田舎暮らしのぼくには、
  新鮮で、美人だった事もあり、ぼくは好きになっていたんですねえ。
  告白しましたが、「よく知らないし、あたしはアメリカに行っちゃうから」
  とあっさりフラれてしまいました。
  
  ですから、この曲を聴くと、今でもこの彼女の事や、当時のバイト先、
  その辺りの風景、時間を思い出します。

 おお、今回はノスタルジックではないですか(*^_^*)。
 ま、たまには(*^_^*)。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (51件中41~50件)

再びまぁこです!こんばんわ!



少し質問の主旨とずれていますが、ごめんなさい!一つ、思い出の歌についてどうしても聞いていただきたい事があるんですが・・・。

{この木何の木}某CMソングです!私、物心ついた時からずっと、これを聞くとものすご~く懐かしい気分になるのです・・・が、しかし私はこの木何の木に行った事もなければ、私がおなかにいた頃、親に聞かされ続けた・・・などという経験も多分ありません。ただ、何というか・・・う~ん・・ものすごくせつなくなるというか・・・神秘的な気分に(??)なるのです。何かを思い出しそうになってしまう。これは「デジャブ」とでもいうのでしょうかねぇ・・・。思い出のない、思い出の曲です。そういうの、ありますか?(何だかそのうち、この子どんな子?!と思われてしまいそうですが・・・(笑))

思い出を引き合わせたり、こんな妄想?を感じたり、何だか私にとって音楽って、不思議なものなんですよね・・。これからもたくさんいい音楽聞いていきたい!何しろ私、カラオケクィーンですし(笑)。

P.S 私、全然モテナイ子です。coyoteさんへの回答で結構彼氏の事書いてしまいますが、登場人物は同じ人間だとお考え下さい(笑)!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

marcoさん、再度の登場ありがとうございます。

“日立の樹”
これは、結構知名度の高いCMソングですよねー。
あ。曲のタイトルは、ここに書いたように、“日立の樹”です。

あの木の下でピクニックでもしたいですよねー。
あれは、ハワイかどこかの樹だと聞いた事がありますが、
ネムの木の一種なんですよね。

思い出のない思い出の曲ですか……。
うーん、“素晴らしい愛をもう一度”という曲がそうですねえ。
全然思い出はありませんが……(*^_^*)。

カラオケクイーンだったんですか(*^_^*)。
頼もしいー!ぼくは、カラオケ駄目です。

いやいや、男性遍歴という事ではなく、
marcoさんの綴るエピソードなんかを読んでいますと、
(この人は、モテるんだろうなあ)と思ってしまうんですよ。

お礼日時:2001/09/08 23:56

coyoteさん、こんにちは。



★MADREDEUSの『o espirito paz』というアルバム

このCDを聞くと、1997年ごろのことをよく思い出します。
この曲は、こころのなかが凛として、ひろがりや陽光を
ありありと感じさせてくれる曲です。
このころ、木漏れ日を写真におさめるのが好きで
いろんなところにいっては、そんな写真ばかりをとっていました。
今でも時々、そのときの写真をみてみますが
そのときの写真は樹の写真や空の写真ばかりです。

☆ベートーベン交響曲 第9番 ニ短調 作品125

2000年、なにか記念になることをしたいとおもって
演奏会に参加しました。といっても楽器がひけないので
合唱で参加したのです。
広いホールで、演奏者の後ろから聞いた生の音は、
すばらしく気持ちの良いものでした。
自分が自分であるということを、ふつうとは違うやりかたで
あらためて知るという体験になりました。
ほんとうは、楽器が弾けたらもっとすてきかなとおもいますが。。

◎遠藤賢二のカレーライス

リアルタイムでは、聞いていないのですが、いい曲で
思い出深いです。
この曲は、1994年ころから95年にかけてよく聞いていました。
そのとき、あまり前向きじゃなかった自分の内面を
よりふかく探るためにエンドレスにして、聞いていた覚えがあります。
ほかにも、原田真ニさんの『キャンディ』や『てぃーんずぶるー』も
よくきいていました。
切ない曲ってすごくすきです。

■JAZZ

JAZZは、演奏によって曲の雰囲気がかわるので
思い出にぴたっとくるのがあまりないですが
自分の思い入れのある曲が、きこえてくると
自分の名前を呼ばれたかのように、はっとしますね。
『A列車でいこう』『テイクファイブ』『モーニン』などです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tipsさん、ありがとうございます。

“o espirito paz”
このアルバムは聴いた事はないのですが、
ヴォーカルのテレーザ・サルゲイロ(でしたか?)の声音が
何とも悲しいですよねー。
ポルトガル語だから、という事もあるんでしょうか?

“ベートーベン交響曲 第9番 ニ短調 作品125 ”
よく耳にする「歓喜頌歌」は、全体の1/3くらいなんでしょうが、
交響曲なんですよねえ、この曲。
ぼくは、昔、放映した『クリスマスショー』のせいか、
忌野清志郎を思い出すんですよ(*^_^*)。

“遠藤賢二のカレーライス ”
(*^_^*)猫も好きなんですねー、カレーライスが。
懐かしいです。

“テイクファイブ”
いいですね。デイブ・ブルーベック・カルテットですよね。
ぼくは、ジャズピアノを習っている時、こればっかり練習してました。
タイトル通り、5/8拍子なんですね。

しかし、音楽全般にわたって、思い出があるんですねえ。
感心してしまいました(☆o☆) 。

お礼日時:2001/09/08 23:40

まぁこです、こんばんわ!



{ガラスの十代}小学校の時、熱狂的光ゲンジFANでした。光ゲンジの歌なら何を聴いてもその当時の事を鮮明に思い出しますが・・。ベストテンでこの曲を歌う彼らを見て、幼い心にすごいカルチャーショックが走りました!!!クラスの男子にはない魅力・そして歌詞のせつなさ・・・それまで「お店屋さんごっこ」とかにしか興味のなかった私には、とっても別世界の人達に思えました。それからです。諸星君はしばらく私の神となりました(笑)。今でもこれを聴くと、当時のせつない気持ちが完全によみがえります。思春期前の多感な時期でしたから・・(ホワ~・・・)。

{抱きしめたい}ミスチルの曲です。元彼が「俺の気持ち」と言ってカラオケで歌ってくれた曲です。これを聴くと、自然に元彼の家の近くの景色までもを思い出します。この間、今彼とこの曲を聴いた時、何と彼が「この曲、僕の気持ち」と言ってくれたのです!「あ~、シアワセ~・・・」と思いながらも、心とは関係なく頭に浮かぶのは元彼の姿でした(笑)。思い出が染み込んでるって、こういう事ですよね?!coyoteさん!!

{LOVELOVELOVE}ドリカムの曲です。上の話の続きになるのでしょうか。例の元彼と別れた夜に聞いていた、これこそ忘れられない曲です(笑)。夏休みのまっさかり。次の日は運悪く全校出校日でした。朝もウォークマンでこれを聴きながら、泣きながら学校に行きました・・・。

{アトミックハート全曲}ミスチルのアルバムです。なぜか学生時代の私は、暗記ものの教科の試験勉強をする時、決まって歌を歌いながら勉強していたんです(真夜中に。しかも大声で)。その時流していたアルバムです。このアルバム聴くともちろん、試験勉強中の私を思い出すのですが、残念な事に勉強内容はまったく思い出せない・・・思い出、染み込んでな~い(笑)。
 
まだまだ、たくさんあります。その時聴いていた音楽と、思い出がセットになる経験ってすっごくあります。何だか甘酸っぱい話ですね・・・・(^.^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

marcoさん、いつもありがとうございます。
marcoさんに来ていただかないと、やっぱり寂しいですよ(*^_^*)。

“ガラスの十代”
marcoさんの人生に激変を与えた画期的な曲なんですね。
彼らと比べたら、同級生などは形無しです(*^_^*)。
ちみなに「お店屋さんごっこ」とは?
商売の真似事のようなものですか(*^_^*)?

“抱きしめたい”
はは。ビートルズかと思いました。
しかし、別の男性から同じ曲を「俺(僕)の気持ち」ですか。
定番の歌なんでしょうか(*^_^*)?
でも、こういうのは早い者勝ちですよね。
もう元彼との思い出が出来上がっちゃってるんですねー。
忘れられない曲ですね。羨ましいー!
marcoさんは、でもモテますよね~♪

“LOVELOVELOVE”
別れの曲ですか。でも、別れた辛い思い出も、今聴くと楽しい思い出に
変わる事が多いですね。あー、切ない曲だー。

“アトミックハート全曲”
ミスチルに思い出が詰まっているようですね。
ミスチルが青春のすべて(*^_^*)?
勉強は思い出じゃないからいいではないですか。

感性豊なmarcoさんだから、沢山思い出の曲がありそうですね。

お礼日時:2001/09/02 08:17

やっぱりいいですね、歌。

僕はUターンが決まった時友人が一番好きだった中島みゆきの「ニ雙の舟」をよく聴いてました、離れ離れに生きていく友人の絆の歌と解釈してます(EAST ASIA収録)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rfrさん、ありがとうございます。

“ニ雙の舟”
この曲は知りませんが、丁度rfrさんの当時の環境とダブっていたんですね。
恐らく、思い出深い曲で、聴くたびにその時の事が蘇るんでしょうね。
こういう曲があるのは、人生も潤沢になるような気がします。

お礼日時:2001/09/02 08:07

【クリスマス・イブ】山下達郎の「雨は~」のワンフレーズを聞いただけで友人Kを思い出す。

彼は大好きな彼女にクリスマスだというのに振られてしまった。別れを切り出されたときかかっていたのがコレ。その年のプレゼントは指輪でプロポーズ付だったのでショック倍増。もう何年も経つのに、いまだにこの曲を聴くと腹をたてる。でも定番曲だからきっと今年もかかるだろう。

【世情】中島みゆき。金八先生2で加藤達が警察に引っ張られていくシーンで、加藤がこの曲をバックに諦めた表情でスローモーションで引っ張られる、必死の形相で加藤の名を呼ぶ金八先生と桜中学の先生たち。嗚呼、思い出すたび目頭が熱くなる。(今これ書いてても胸の奥から込み上げてくる)思わずテレビに「かとお~ぅっ!!」と叫んだ。「俺は腐ったミカンじゃない!」は名台詞。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

usa-rxさん、いつもありがとうございます。

“クリスマス・イブ”
何とショッキングな出来事でしょう。
でも、悲しみをこの曲が緩和しているような気もしますが。
あ。増幅したかなあ。
友人が振られたというのに、usa-rxさんの腹が立つ、というのも、
usa-rxさんの優しさを表していますよねー。

“世情”
おお、みかんの方程式!ぼくは、このドラマは好きではなかったんですが、
この回にはやられました。泣きましたねー。
加藤(直江喜一)がまたよかったです。
しかし、この曲だったとは知りませんでした。
何か胸のつかえが取れました。ふぅ。

お礼日時:2001/09/02 08:01

coyoteさん、こんにちは~。

回答席ではお久しぶりで御座います。

皆様、素敵な思い出の曲で、私も良い想い出の曲がないかと思っていたのですが、なかなか思い出せないものです。(^^;)

私が真っ先に思い出したのは、大黒摩季の「別れましょう私から消えましょうあなたから」です。
恥ずかしながら、私は今の旦那に2桁に上るほど振られております。(^^;)
もう、これ以上はだめなのかな~(;;)と思ったとき、カラオケでヤケクソ気味で何度も歌ったものでした。
何度歌ったか、数え切れません。
・・・が、今は歌うこともなく、平穏無事な毎日を過ごしております。(^^)

サザンオールスターズの「C調言葉にご用心」「いなせなロコモーション」は旦那と知り合った当時、旦那がカラオケでよく歌っていて、好きになりました。
ところが、旦那はけっこう音痴で、旦那の歌った感じで覚えたら、カラオケ採点マシーンに、「音程が違う」と指摘され、何が違うんだ?と、CDまで買って覚えました。
CDを聴くと本当に音程が違うじゃないですか?!頼むよ~ちゃんと歌って~!とか、思ったけど、なんだか、微笑ましくなってしまったのを覚えています。

またまた、サザンの「希望の轍」。
これは、昔の彼氏さんが好きだった曲です。
その彼氏さんだった人は、むちゃくちゃ歌が上手かったのですが、滅多に歌ってくれなかったのです。
(完璧主義者だったので、中途半端に披露したくなかったんだそうです。)
で、やっとこ歌わせた曲だったのですが、あまりの見事な歌いっぷりに感動して、この曲が好きになりました。
(ちなみにセガのカラオケ採点マシーンで900点台をたたき出しました。)

vitamin-powerさんが合唱曲の嫌な思い出・・・と書いてあって、私も思い出したのですが「野生の馬」という合唱曲。
出だしが「♪野生の馬は~ 野生の馬は~ どこまでも~ かけて~ ゆく~♪」なんです。
で、私の下の名前が「やすえ」というのですが、友達がこれにかけて
「♪やすえの馬は~ やすえの馬は~」と、しつこく歌われてしまったのを思い出しました。
音楽の時間、毎回自分の名前を連呼され、意気消沈したものです。(^^;)

それから、ワム!の「Freedom」。
私、高校生の頃、ボーリングにすごくはまったのですが、この頃ボーリング場に行くと、毎回、レーザージュークでこの曲がかかっていました。
だから、この曲を聴くと未だにボーリングがしたくなります。(笑)

もう1つ。「だんご3兄弟」。
一時期だいぶはやりましたよね。
で、この曲が流行った頃、毎日のようにビリヤード場に行っていたのですが、そのビリヤード場では、有線のベスト20を流しっぱなしにしていたんです。
だから、3時間おきに「♪だんご3兄弟~」と聴いていまして・・・。
その曲がかかる時間が0時、3時、6時・・・21時とこんな感じだったので、だんご3兄弟がかかるたびに皆で「あ!時報だ!」と言っていました。(^^;)
(毎日3時間以上、ビリヤード場にいたんですね・・・。(^^;))
だから、今聴いても「時報の曲」って、聞こえちゃいます。(笑)

思い出したのはこのくらいです。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yayupuu3さん、ありがとうございます。
どうですか?怪我の方は?早く治って下さいねー。

“別れましょう私から消えましょうあなたから”
ぼくは、この曲は知らないのですが、
「私は今の旦那に2桁に上るほど振られております」
という部分。興味をそそられますねぇ。
どういう経緯なのか(*^_^*)。今度、聞きだす質問をしてみようかなー?

“C調言葉にご用心”“いなせなロコモーション”
(≧▽≦)。原形を違って覚えていたんですか。
いやあ、では、この2曲の替え歌のような物(*^_^*)?
失礼致しました<(_ _)>。

“希望の轍”
うーん、この曲も知らないです。
しかし、こういう曲が一番心に残っているんじゃないでしょうか?
900点!というのも、機械が判断するにせよ、快挙ですね。
ぼくには有り得ない話です。羨ましい~。

“野生の馬”
あ、本当だ。お名前と似てますね(*^_^*)。
こりゃー、トラウマも出来ます。

“Freedom”
パブロフの犬状態ですね(≧▽≦)。
ぼくもこういった曲があったんですが、忘れてしまいました。

“だんご3兄弟”
これも、“Freedom”と同じような状態でしょうか(*^_^*)。
ビリヤードとボーリング。
今では、そうでもないですが、不良の匂いのする娯楽ですね。
遊び人でしたか(*^_^*)?

お礼日時:2001/09/02 07:44

いっぱいありますが(笑)そのときの心情と一番ぴったりだったのはCOMPLEXの「1990」でしょうか。


タイトル通り、1990年に出た曲ですが、当時、東京へ転勤になりどうしようかと迷っていた時に、その頃付き合っていた彼女に「転勤するなら着いて行く」って言われました。その日にクルマの中で聴いていた曲です。
歌詞の内容も、当時の自分の気持ちとピッタリくるものがありましたね。
その彼女とは結局別れちゃいましたが、今でもこの曲を聴くと思い出す青春のひとコマです(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CHOROLYNさん、どうもありがとうございます。

“1990”
懐かしいですねー(*^_^*)。吉川晃司と布袋寅泰ですね。

「転勤するなら着いて行く」。
何と羨ましい!!!結果はそうならなかったにしても、
付き合っていた女性に、こう言ってもらえるとは!

正に、思い出の曲ですね。
こういう曲があるだけでも、幸せですよねー(*^_^*)。

お礼日時:2001/08/30 00:48

またおじゃまします。



前にも書きましたが、中学の音楽の歌唱テストでの課題曲、「トロイカ」はイヤ~な思い出です。いまでも素直に聞けません。
中学時代と言えば、古井戸というフォークデュオの「早苗ちゃん」という曲がちょっと流行ったのですが、当時私が好きだった人がまさに早苗ちゃん。聞くとレモンの味がします。リボンシトロンの味、とも言います。
また、当時は吉田拓郎がブレイクしはじめた頃でして、歌謡曲ばっかり聞いてる同級生を小馬鹿にしたようにフォークを聞きあさってました。「マーク2」などを聞いて人生を達観した気分にひたってました。青春や恋愛って言葉に憧れてた青臭い時代が蘇ります。

高校では、ディープパープルやレッドツェッペリン、ピンクフロイドなどの海外ロックバンドブームの中、友人が持ってきたアグネスチャンの「愛の迷い子」というEPレコードを20回くらい連続で聞かされた事が忘れられません。たまに耳にすると、「おーい信治、元気かー?」という気分です。
関係ありませんが、当時の曲で他には「木曽は山の中」という演歌と鹿児島弁の「茶碗蒸しの歌」というのが妙に記憶に残ってます。これらの歌は高校時代の友人の顔と直結します。

チャゲ&飛鳥の「万里の河」。スナックでイヤイヤ無理矢理に歌わされたのですがママに誉められて、以後カラオケにはまるキッカケになりました。私的にはチャゲアスは水割りの香りです。クールファイブ&前川清、郷ひろみ、BOROも酒の薫りです。女性への下心のニオイがプンプンです。女性受けするのを計算して歌ってたのが今思うとあざといです。

最後に、「ぼうがつる讃歌」というのかな、芹洋子が歌ってた山男の歌。これはいつ聞いても感動してしまいます。泣きそうになります。私は山登りなどはやらないグータラ人間なので、特に歌にまつわる思い出も何もないのですが、なぜなんでしょうか。
無骨で純真な山男を理解する女性、というのに憧れているのか、処世などと無縁な山男というものに憧れているのか、自分でも良く解りませんが、とにかく私にとってはベストソングであります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

vitamin-powerさん、毎度ありがとうございます。
いつも楽しみにしているんですよ(*^_^*)。
さてさて、今回は……。

“トロイカ”
ぼくの場合は、曲名は忘れましたが、
「あなたの歌い方は、歌謡曲の歌い方です」と先生に叱られてしまいました。

“早苗ちゃん”
おお。ぼくも好きでしたが、この曲を聴くと、そのまま大学ノートしか
思い浮かびません。情けないなー。

“マーク 2”
いい曲ですね。拓郎の彼女を他の男がマーク 2で迎えに来た
というエピソードは、かなり後になって知りました。
彼女はその男にとられたそうですが(*^_^*)。

“愛の迷い子”
うーん、知りませんねえ(*^_^*)。
ぼくがピンク・フロイドの“狂気”を聴いて、ぼーっとしている時に、
よくかかっていたんでしょうか(*^_^*)?

“木曽は山の中”&“茶碗蒸しの歌”
どちらも知らない曲ですが、こういう曲ってありますよね。
ぼくの場合、渡辺真知子の“かもめが翔んだ日”なんです。何故か(*^_^*)。

“万里の河”
へー、そうだったんですか。
では、vitamin-powerさんのカラオケ史では、
“万里の河”以前・以後という区分けですね(*^_^*)。
ぼくは、カラオケは苦手なので、女性を受けされられません。悲しいー。

“ぼうがつる讃歌”
この曲のメロディーは、広島高等師範学校山岳部の歌なんですねえ。
しかし、九州男児打ってつけの歌ですね。

お礼日時:2001/08/30 00:40

おこんばんは。



思い出の歌はたくさんあるけれど、
今でも、思い出したり聴いたりしたら、
胸がきゅーんってするのは、尾崎豊の歌です。

中学生の頃、尾崎豊を好きな男の子がいて
よく、レコードを貸してくれたなって。
「尾崎最高!」って、大人ぶって色々語ったりしてたなって。

その子がお父さんの転勤で引っ越すとき
くれたレコードが【シェリー】と、【I LOVE YOU】

このふたつの曲が、流れているのを聞いたら、
何に対してだったのかは、もう忘れてしまったけれど、
あのころの高揚感や焦燥感を、ふと思い出して
胸がきゅーんってしてしまうの。

私にも、かわいらしい時期があったんだわ。うふふ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tenten7さん、いつもありがとうございます。

“シェリー”
いい曲ですねえ。
この時の想いを胸に、tenten7さんも真実へと歩いているんでしょうか(*^_^*)?

“I love you”
転勤での引っ越しという事で、このレコードをくれたんですね。
悲しい歌は聴きたくなかったはずなのにねー(*^_^*)。

尾崎豊が思い出に残るとは、切ないですねえ。

お礼日時:2001/08/30 00:11

こんにちは。


食い気一辺倒のgomuahiruも、たまにはこのようなロマンちっくな質問に答えようかとやってまいりました。

「リタ・クーリッジ」の”we are all alone”
昔、大好きだった人とのファーストキスの背後にかかってました・・・
場所は青山のパブでした。
(主人にアタマきた時など、この曲思わずかけちゃいます・・・笑)

「イーグルス」の”ホテルカリフォル二ア”
「竹内まりや」の初期の一連の曲”september”など・・・

前述の彼が好きでよく貸してくれましたので。

ではではその他には
「寺尾 聡」の”ルビーの指輪”
大学の卒論が進まずにあせっていたときにがんがんかかってました。のでこれを聞くと、ぐるぐる回る判読不能な洋書の文字や、教授のコワイ顔、国会図書館のカビ臭い匂いなどがよみがえります。

「松田聖子」の”赤いスウィートピー”とヒカルゲンジの”パラダイス銀河”
髪振り乱して幼い子をバッテン印に負ぶって買い物に行っていた時にかかってましたので、スーパーの食品の雑多な匂い、慢性的な手足の疲れなどなどがよみがえります。

時代はとんで、「宇多田 ヒカル」の”automatic”
子供がまさに入試の時でしたので、独特の重たい、何ともいえない家庭内の閉塞感がまだ記憶に新しいですね。

「chemistry」の”pieces of a dream”
ごく最近ですが、私のエアロビクスの先生で、10年来の大切な友人でもある人との悲しいお別れ(相手の転勤によるものですが)がありました。
彼女が大好きで最後の何回かのレッスンにかけて流していたのがこの曲です。
しばらくはこれを聞くと彼女のことを思い出すことでしょう。

あっ?主人にカンケイした曲がない!
とっさに思い出せない薄情?なgomuahiruでした!(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gomuahiruさん、早くご回答をいただいたのに、お礼が遅くなってしまいました。
ありがとうございます。

“we are all alone”
何とロマンチックな(*^_^*)。場所もいいですねえ。
こういう曲が何時の間にか思い出の曲になっているというのは、羨ましいです。

“ホテルカルフォルニア”
ぼくなどは、テツマン(麻雀ですよ(*^_^*))の思い出くらいです。はは。

“ルビーの指輪”
よほど印象に残っているんですねえ。
今でもよく聴かれるんでしょうか(*^_^*)?

“赤いスウィートピー”&“パラダイス銀河”
“パラダイス銀河”の方などは、gomuahiruさんの必死の育児に、
ぴったりという気がしますね。
gomuahiruさんだけではなく、なりふりかまわずの育児、という感じです(*^_^*)。

“automatic”
比較的新しいですね。何か「閉塞感」と曲調が合致しているような感じですねえ。

“pieces of a dream”
この曲は知らないんですが、これからの思い出の曲になっていくんですねえ。

お礼日時:2001/08/29 23:56

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ