色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

命とは?

gooドクター

A 回答 (6件)

存在原理。

    • good
    • 0

動き、変化しながら 「生」 と 「死」 のリズムを奏でている。


 私たちの生命も、大宇宙という大海から生まれた 「波頭」
のようなものです。
波が起これば 「生」、また大海と一つになれば 「死」 です。
永遠に、これを繰り返していくのが人間の生命です
    • good
    • 0

自然が織り成す循環の最小単位

    • good
    • 0

偶然の産物

    • good
    • 0

生命が誕生してから死を迎えるまでの生きている状態です。

    • good
    • 0

命とは



① 人間や生物が生まれてから死ぬまでの、生存の持続。
(イ) 継続されるべき、ただし限りのある生の力。生命。また、寿命。
※古事記(712)中・歌謡「伊能知(イノチ)の、全けむ人は」
(ロ) 生まれてから死ぬまでの期間。生涯。一生。
※読本・雨月物語(1776)貧福論「天蒼氏(てんそうし)の賜(たまもの)すくなくうまれ出たるなれば〈略〉いのちのうちに富貴を得る事なし」
② さまざまの角度からとらえた生存の意義。
(イ) 天から与えられた定め。運命。天命。〔観智院本名義抄(1241)〕
(ロ) 生存をつづけるための、物的または心的なよりどころ。唯一のたのみ。生き甲斐。→命にて。
※後撰(951‐953頃)夏・一九三「常もなき夏の草葉に置く露をいのちとたのむ蝉のはかなさ〈よみ人しらず〉」
(ハ) 物事をそのものたらしめる本質的な価値。そのもの独特のよさ。真髄。また、一番大切なところ。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「能をせん程の者の、和才あらば申楽を作らん事易かるべし。これ此道のいのち也」
(ニ) 人の世の中に生きつづける、物事、作品などの価値。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉六「詩の命(イノチ)は事実より確かです」
③ (生きるよりどころの意味から特殊化して) 一生をそれに捧げてもよい誠意を示す証拠立ての文字、また、転じてその語。多く遊里に行なわれた習慣で、相愛の男女が互いに二の腕へ「命」の一字、または「誰々命」と入れ墨して、二世も三世もと誓った。
※評判記・色道大鏡(1678)六「命(イノチ)の字を名の下にしるす事、古代よりありて」

まあ私から言わせると

「命を自由に奪い取れる死神でも、奪えぬものがある。俺の心意気だ」
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング