最新閲覧日:

麻雀のルールに、アルシャル(アールシャル?)とかいうのがある思います。

聞いたことがあるだけで、自分ではそういうルールではやったことがないんですが、
・ これは漢字ではどのように書かれるんでしょうか?
・ 地名とかに由来するんでしょうか?
・ 普通のリャンゾロ・ルールのように、4翻で満貫、6翻でハネ満、8翻で倍満 ・・・
というようなのとは、どのように違うんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ぜんぜん不確かと思いますが、アルシャル麻雀って正式名称でなくて用語かと思います。

ブー麻雀のことを関東でそう呼んでたような、、、。本当に不確かです。
    • good
    • 0

私の記憶では、戦前(戦後もしばらくは)のマージャンのルールのことかと思います。



BENIGENさんの言われるように、アルシーアルは、中国語で、アルは2、シーは10で、つまり22のことです。その頃は、今のようなインフレ麻雀でなくて、役が無くても上がれ、あがってもボーナスに2翻付くことなく、もちろんドラもありませんでした。したがって。最低の上がりが22点で、そのルールを、アルシーアルと呼ぶと思います。

その頃のルールはおおむね次のようです。
1・持ち点は3000点。今の10分の1で、点棒も同様です。
2・点数は2点の端数まで計算します。10点への切り上げはありません。
3・1人があがったときに、振り込んだ人は、上がった人に支払いますが、上がらなかった人にも、表にさらした、ポン,カンの点数を支払います。
4・上がり役は不要。つまり22点でもあがれます。
5・役は今と同じ。アメリカでできた緑一色が一番新しい役と聞きました。
6・満貫はいくらか忘れましたが、800,1200だったかも知れません。

このようなことで、子供も子供なりに遊べるルールでした。

私の勘違い、間違いがありましたならば、ご覧の諸兄姉の訂正をいただきたく、宜しく御願いいたします。

この回答への補足

詳しくご説明いただいて、ありがとうございます。

折角ですので、一点だけ確認できればと思うんですが、
『2点の端数まで計算して、10点への切り上げがない』という場合に、
普通の4種類の点棒だと、
1000点、500点、100点、10点で、1種類分が足りなくなるようにも思うんですが、
その辺の扱いについてはお分かりでしょうか?

補足日時:2001/08/27 19:43
    • good
    • 0

下記の様なルールで役無しでもあがれる「絵合わせ麻雀」だそうです。



「アルシーアル」とは中国語で「22」という数字の事です。

参考URL:http://www.hakata21.com/suzume/3jiri/zaa.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答いただいて、ありがとうございます。

呼び方については、地名からとかじゃなくて、
イー、アル、サン、スー ・・・ のアル、などから来ているんですね。

お礼日時:2001/08/27 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報