すぐ下の方と同様の質問でスミマセン。

据え置き型8mmデッキを持っています。当時はテープがコンパクト
などさんざんメリットを述べたり、東芝も作ったりと期待の星だった
のですが、今では受注生産みたいになってますね。

実はこの8mmデッキよく壊れるので買い換えようと思ったときに
量販店にないということに気づき、また修理した上VHSにダビング
して捨てようと考えています。

どうして据え置き型がここまで凋落してしまった&なんとか安く買う
方法があったら教えていただきたいと思います。

A 回答 (2件)

 こんにちわ。


 8mmって8mmビデオの事ですよね。(まだうちには8mmの映写機が転がっている。)

 ソニーでダブルビデオとしていまだ作り続けていますよ。
 ベータがVHSに負けてしまったものの、8mmで棲み分けを狙った感じでした。サイズも小さく、またビデオカメラ向けでも延びた感はあります。
 しかし、ビデオカメラ自体DV他記録メディアが増えてきました。サイズのメリットも、画質面でもだんだんと古くなってきた感は否めません。
 
 用途をビデオカメラ中心に展開したため、据え置き型は少なくなっていったのではないでしょうか。

 ダブルビデオの価格をチェックしていたらどうでしょうか。

参考URL:http://www.kakaku.com/sku/price/203060.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダブルビデオこの間安売りをしていましたが手元に現金がなく
見送りです。修理してVHSに再度ダビングしたのに廃棄すること
にします。ありがとうございました

お礼日時:2001/11/07 10:46

主に8mmの機材として使われている8mm(またはHi8)カメラで再生も出来てしまう為だと思います。


レンタルビデオのことを考えたらVHSは外せませんし、自分で撮影した8mmテープを見る為にはカメラで充分だと考えたユーザーが多かった為ではないでしょうか。
そうなると編集して出来上がったテープもまたVHSであった方が手軽に再生できるため、ますます据え置き型の8mmデッキはいらないという悪循環になってしまった為だと思います。
尚、安く買うには店舗の在庫処分をあたるか、中古オーディオ店で探すか、と言ったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/07 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報