RHL7をファイルサーバとして使っているのですが、クライアントでWindowsのパソコンからネットワークコンピュータ内のサーバを開いているために、
Windowsのファイルと全く同じに見えるので、Winのファイルと同様の感覚を持ってしまい、つい、どうもあるファイルを削除してしまったようなのです。
Linuxにはwindowsと同じようなゴミ箱はないのでしょうか?
それとも、一度、windowsから削除してしまったLinux内のファイルは復旧不可能で、バックアップを取っておく事は必須でもし間違った場合にはそこから復旧する以外に策はないんでしょうか。
つい、うっかり他の人もやりそうな事なので、何か良い対策などがあればお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、UNIX系のOSにはゴミ箱という概念はありません。


「消せ」と命令したら、間違いなく消え去ります。

で、こういう背景のもと、私の知り合いが実際にやっていたんですが、
rm(「消せ」というコマンド)に対し、
引数で与えられたファイルを $HOME/trash/ というディレクトリに mv するようなエイリアスをはっていました。
つまり、rm したファイルは、実際には一旦 $HOME/trash/ 以下に移動されます。
で、本当に消したくなったら、
\rm -f ~/trash/* とかして消していたようです。

この回答への補足

ご回答頂いたのに、お礼が大変遅くなり申し訳御座いませんでした。
実は、コマンドに対してaliasで細かな設定ができる、という事を、知りませんで、よく理解ができませんでした。
小生の別の質問でken2さんの回答でこのaliasの意味が分かりました。
素晴らしい設定だと感心してしまいました。
aliasを見てみたら、rmコマンドに対して、
alias rm='rm -i'
の設定がなされていましたが、次の行に、
alias rm='mv /*/trash/'
(trashディレクトリを作成後)を書き込めば問題ないでしょうか?
rmに対する設定が2つあることになってしまいますが…。
度々恐れ入りますが宜しくお願い致します。

補足日時:2001/11/04 14:28
    • good
    • 0

 私はLinuxはあまり詳しくないんですが…。

LinuxでWindowsファイルサーバーということは,おそらくSambaをお使いなんですよね?

 Samba-jpメイリングリストのアーカイブの,参考URLから辿れる一連のスレッドに,Sambaで「ゴミ箱」機能を実現するパッチの話が出ています。ご希望に添うものかどうかは分かりませんが,スレッドを辿ると日本語ファイル名も扱えるということが書いてありますし,試してみる価値はあるのではないかと思います。

参考URL:http://www.tac.tsukuba.ac.jp/~yamato/samba/9500/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きましたのに、お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。
参考URLまでお教え頂きありがとうございました。
また、何かと宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/11/04 14:23

Linuxに限らずUNIX系のOSにはゴミ箱という概念はありません。


(メールリーダーにはゴミ箱がある場合もありますが、これはあくまでメールを対象にしたもので
一般のファイルを対象にしたものではありません。)
従って一旦削除したらまず回復は不可能と思って下さい。
対策としてはおっしゃる通りバックアップを取っておくしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答頂き、ありがとうございました。
お礼が遅くなり、申し訳御座いません。
シドロモドロでやっているような者なので、またお茶を濁してしまうかも知れませんが、また宜しくお願いします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/04 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本最初の木造復元天守は掛川城か白河小峰城か

最初の木造復元(=史実に基づく、よって伊賀上野城は除く)天守は平成6年の掛川城ということになってますが、平成3年の白河小峰城が先ではないですか。呼称は三階櫓ですが、江戸時代、幕府が天守という呼称を認めなかっただけで天守に相当する建物です。白河小峰城の三階櫓が天守でないとしたら、弘前城や伊予松山城も江戸時代は天守でなく三階櫓と称していたそうですが。地元自治体が「最初」とアピールしなかったから?

Aベストアンサー

白河小峰城の三階櫓が「天守」と呼称されなかったのは幕府が認めなかったからというよりは一国一城令の後に築城されたために「天守」を作れなかったため、のようです。
白河小峰城が実質的に「天守」であっても「三階櫓」としか呼称されていない以上歴史学的には「三階櫓」であって「天守」ではないと言えます。
これに対して弘前城や伊予松山城は構造的には三階櫓であっても「天守」と呼称されていた歴史的事実があるため「天守」と呼称されるのでしょう。
掛川市が「日本初」をアピールしたいための理由付けとも思えますが、歴史的事実に則して「史実に基づく最初の木造復原天守閣は掛川城」となったことも事実でしょう。
正直なところどうでもいいような気がしないではないですけどね
「日本のヘソ(中心)」が複数あるようなものではないかと思います(^^)

QWindowsサーバからLinuxサーバへの移行

現在Windows2003サーバからLinuxサーバへの移行作業を行っています。
その中で、データ移行をする必要があるのですがどのような手順が一番いいでしょうか。

移行対象のデータは、30GB程度あります。
WindowsサーバからLinuxサーバへFTPで移行しようと当初は考えていたのですが、
ファイル数とファイルサイズが大きいことと、移行が正常に完了したこと、
移行したデータに問題ないことの検証方法が見つからないとの指摘を受けたため断念しました。

WinodwsサーバからLinuxサーバへのデータ移行で、
データ移行からデータの検証まで実施する方法についてご教示いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

※なお、市販のツール等の導入は考えておりません。

Aベストアンサー

ファイル群をそのままコピーするとしたら
Windowsサーバのデータ領域をSMBでネットワークから参照できるようにする。
Linux側から、ネットワークドライブとしてマウントし、ファイルを再帰コピーする。(cp -rupv コピー元 コピー先)。
コピーした後に コピー元とコピー先で再帰的にファイルの同一性をチェックする。(diff -R コピー元 コピー先)。
という方法もありかと思います。

Q復元された高田城三重櫓を見たのですが、いやに小さくちゃちく思えました。

塗装等の外観はともかく、本物もあの程度の大きさだったのでしょうか?
高田城の実質的な天守閣だと思うのですが、高さは10メートルに満たなかったような……

史実に忠実に復元したというのですが、元々あんなに小さかったんですか?

http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=8425

Aベストアンサー

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。>
そうです。
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

思ったより高いのですが、これは1層目がかなり高い為と思われます。

当時は天守閣の無い城郭も多かったわけです。その場合は3層の
やぐらを城を象徴する建物と見て居ました。

城の一番高い石垣に3層の楼を設けた復元例は、東北なら白河に有り
ます。木造です。とても、こじんまりしていい城です。
高田城のように周囲に高い木々が無いので、より大きく見えるかも
しれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%B0%8F%E5%B3%B0%E5%9F%8E

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。...続きを読む

Qどうも、windowsXPからPuppy Linux431に変えようと

どうも、windowsXPからPuppy Linux431に変えようと思っているものです。
isoファイルはダウンロードし、CDーRに焼き付ける準備もしました。
しかし、ディスクのフォーマットをしていませんでした。
さらに、父に聞いたところ、「windowsでフォーマットしたディスクでlinuxが起動出来るかな?」と言っていました。
この場合、どうフォーマットすればいいんですか?出来ればそれに必要なフリーソフトも教えてください!!!

Aベストアンサー

フォーマットする必要ありませんよ。
isoファイルをそのまんまCD-Rに焼いたんですよね?
それならPCを起動した際にCDから起動できるようBootオプションで設定すると可能かな?

Q熊本城の石垣の復元について

地震で熊本城の石垣が崩れてしまいましたがニュース等で復旧には崩れた石に番号を付けて写真などを頼りに一つづつパズルのように場所を特定し組み直すという方法が紹介されています。
この作業ってかなり大変だと思うのですが無理に同じ石を使って戻さなくても新しく組み直してはダメなのでしょうか?
多くのお城はすでに立て直しや老朽化による改修等ででレプリカになっているわけだし石垣だって完璧にもとに戻さなくても新築してしまった方が簡単な気もするのですがどうなんでしょう?

Aベストアンサー

熊本城の優れているところのひとつは、加藤清正が造った石垣にあります。
城本体はレプリカでも、清正がこだわって造った部分が崩れてしまった石垣にあるのですから、
どうしてもそれを再現という話が出ても当然だと思います。
実際にこれからどういう方向で修復に向かうのかは判りませんが、私は非常に興味があります。

QLinuxとWindowsの違い~LinuxはWindowsより高速?~

新米ユーザーのような質問となってしまいますが、LinuxはWindowsと比べてどこが違うのでしょうか?
そして、ある条件のもとでLinuxとWindowsのスループットを比較したところLinuxのほうが高速でしたが、LinuxはWindowsよりも高速な通信が可能なのでしょうか??

Aベストアンサー

たしかに商用かオープンソースかは大きな違いです。
ですが、それはOSの性能と関係ありません。

OSの性能に影響を与えるものは、カーネルの仕組みの違いやドライバモデルの違いではないでしょうか。
また、測定条件によっても大きく左右されるものなので、どちらが高速・高性能かは安易に決められません。
(Winodwsだってembedded版ならGUI抜きの構成だって取れますよね?)

一番の違いは?と聞かれたら私なら「モノリシックカーネルとマイクロカーネル」と答えます。
# 参考URLの解説を読むと、両者の違いは無くなりつつあるようですが ^^;

性能比較をまじめに考えると結構大変な作業になるのですが、IBMのサイトに参考になりそうな記事があります。ちょっと古いんですけど。

http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/020208/j_l-rt6.html
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/021108/j_l-rt10.html

参考URL:http://e-words.jp/w/E3839EE382A4E382AFE383ADE382ABE383BCE3838DE383AB.html

たしかに商用かオープンソースかは大きな違いです。
ですが、それはOSの性能と関係ありません。

OSの性能に影響を与えるものは、カーネルの仕組みの違いやドライバモデルの違いではないでしょうか。
また、測定条件によっても大きく左右されるものなので、どちらが高速・高性能かは安易に決められません。
(Winodwsだってembedded版ならGUI抜きの構成だって取れますよね?)

一番の違いは?と聞かれたら私なら「モノリシックカーネルとマイクロカーネル」と答えます。
# 参考URLの解説を読むと、両者の違...続きを読む

Q首里城

沖縄の観光地で有名なものに「首里城」ってありますよね?
しばしば「がっかり観光地」と言われているのを聞くのですが、なぜですか?
今の首里城は最近復元された建物ということは知っているのですが、それが原因だと思えません……。

Aベストアンサー

本土にある城は、基本的に戦争に備えてのものでしょう?
ところが首里城は、それらとはまったく違った発想で造られたものです。
なぜかというと、首里城は軍事目的としてよりも政治の中心地としての
役割を中心にして設計されているからです。
こんな発想で造られ、しかも世界遺産です。
それを「がっかり観光地」といわれたら沖縄の人間はたまりません。

一度「首里城の歴史」を検索してみてください。どんなに素晴らしい
ものであるか判る筈です。

そして、まわりの人たちに首里城のことを伝えてください。

早急に「がっかり観光地」などという汚名は返上されると思います。

QLinuxからWindowsサーバへのrsh

はじめてですが、Unix/LinuxからWindows2000サーバおよび2003サーバへのrshを起動するために必要な環境について質問をさせていただきます。

逆向き(WindowsからUnix)については実績があります。
リモートホストのWindows側のhostsファイルにUnixのアドレスと名前を登録、ローカルホストのUnix側のhostsや.rhostsファイルにWindowsのアドレス、名前、ユーザ情報を登録するとWindows側でUnixコマンドが遠隔起動できます。

今、実現したいのは、Unix/Linuxをリモートホスト、Windows2000サーバおよび2003サーバをローカルホストとしてUnix/Linux側からWindows側の処理を遠隔起動することです。
hostsや.rhostsファイルは、設定する側が逆になるだけで、考え方は同じと思われます。

Windows側でrshのデーモンプロセスが起動している必要があると思われます。
巷では、WindowsにSFUやSUA(Unixエミュレータ)を導入すればできるという情報が多い様です。
SFUやSUAを導入せず、rshのデーモンプロセスを単独でかつフリーで入手することは可能でしょうか?
Windowsのバージョンにより、デーモンプロセスが標準で装備されていたり、別途導入する必要があったりするのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

はじめてですが、Unix/LinuxからWindows2000サーバおよび2003サーバへのrshを起動するために必要な環境について質問をさせていただきます。

逆向き(WindowsからUnix)については実績があります。
リモートホストのWindows側のhostsファイルにUnixのアドレスと名前を登録、ローカルホストのUnix側のhostsや.rhostsファイルにWindowsのアドレス、名前、ユーザ情報を登録するとWindows側でUnixコマンドが遠隔起動できます。

今、実現したいのは、Unix/Linuxをリモートホスト、Windows2000サーバおよび2003サーバを...続きを読む

Aベストアンサー

SFUのバージョン3.5は無償で導入できます。
WindowsServer2003R2からは標準機能としてインストール可能になっています。(ダウンロードするバージョンでは動かない)
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=896C9688-601B-44F1-81A4-02878FF11778&displaylang=ja

「Windowsリモートシェル」だけを狙って入れれば良いのではないかと思います。

rshそのものが、sshの標準装備が加速したことにより廃れ気味なのであまり情報は得られないかと思います。

Q熊本城の現在

今月下旬に「熊本城」に行く予定なのですが、現在、本丸御殿などの復元工事中とのこと。天守閣の眺め
はどのような感じでしょうか。天守閣付近が眺めが悪くなっているような写真をみたのですが。あまり眺めが悪いようだと行っても・・・。と思うので今の熊本城の状態をお教え頂きたく存じます。

Aベストアンサー

こんにちは。私も去年の12月に熊本城に行ってきました。

 #1さんの言うとおり、工事は天守閣の真下でやっているので、天守閣からの眺望に問題はありませんでした。
 重要文化財の宇土櫓からの眺めにも問題ありません。

 また、外から天守閣を見るにしても、
 一番の写真スポットの頬当門からは、工事現場は見えないので大丈夫♪
 長塀小路、ホテルキャッスルとかあるあたりからだと、
「あの白いのなんだろうな?」って程度に工事シートが見えました。(でも、そんなに違和感なかったですよ。)

 総合的に見て、問題ないと思います。
 めったにないものと割り切って、行って見ては?
 
 では、旅行楽しんできてください♪

QLinuxサーバへwindowsXPからの書き込みにつきまして

いつも大変お世話になります。
このたびホームサーバにLinuxのDebianを使用することになりました。
このサーバにsambaをインストールしWinXpProからファイルを共有したいと
思いましたが、Linuxサーバへの書き込み、または削除などができず、ここに投稿致しました。
LinuxもWinXpも自分で所有しているものです。
Linuxサーバにてrootのほかにhoge1というアカウントを作り、そのディレクトリに
WinXpから、パスワードを入力してアクセスできるようにしました。
しかし、中身のファイルの書き込みや削除などができません。たとえばファイルをドラックドロップでもって
いくと以下のようなエラーメッセージが表示されます。

エラーメッセージの内容は「ディスクがいっぱいでないか、
書き込み禁止になっていないか、またはファイルが使用中でないか確認してください。」
というエラーメッセージが出てきます。」です。

そこでLinux側で共有したいディレクトリーの所有者をhoge1とし、
パーミッションをわざと777にして、WinXpを再起動して再度試みましたが、同じエラーが表示されました。

また、上記の設定のまま、WinXpからはAdministratorで操作してみましたが
同じエラーメッセエージが表示されます。
hoge.htmlをWinXpのブラウザで閲覧することはできます。
書き込みしたいファイルとは、hoge.htmlファイルです。サイズファイルは2KBあります。
ちなにみLinuxのファイルやディレクトリをWinXp端末にコピーすることはできます。
sambaのバージョンはSamba 2.2.11を使用しています。

今思いつきで書ける内容は以上です。
パソコン暦は3年くらいですが、Linuxは最近はじめたばかりの初心者です。
この質問に関しては、ネットでもいろいろと紹介されていましたが、
当てはまるものが見つかりませんでした。
質問した内容に、誤った言葉を使用しているかもしれませんが
よろしくお願いいたします。

いつも大変お世話になります。
このたびホームサーバにLinuxのDebianを使用することになりました。
このサーバにsambaをインストールしWinXpProからファイルを共有したいと
思いましたが、Linuxサーバへの書き込み、または削除などができず、ここに投稿致しました。
LinuxもWinXpも自分で所有しているものです。
Linuxサーバにてrootのほかにhoge1というアカウントを作り、そのディレクトリに
WinXpから、パスワードを入力してアクセスできるようにしました。
しかし、中身のファイルの書き込みや削除など...続きを読む

Aベストアンサー

ファイルシステムのパーミッションが777であれば、あとはsmb.confの
設定ですね。
可能であれば、smb.confを公開すればコメントがつきやすくなると思います。

homesセクションはデフォルトでコメントになっていると思いますが、
コメントを外し、sambaを再起動すれば書き込みができるはずです。

[homes]
comment = Home Directories
browseable = no
writable = yes

要は、 writable = yes  があれば書き込みできると思いますが。


人気Q&Aランキング