Oeとはどんな単位ですか?
また他の単位に置き換えるとどのようになりますか?

A 回答 (1件)

磁界の強さ A/m アンペア毎メートル


Oe エルステッド 1Oe≒79.577A/m

詳しくは、URLを。

参考URL:http://www.magnix.com/tanikansan.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcel:週単位の一覧の作り方

Excelについて教えてください。
以下のような表を作りたいと思っております。
======================================
A1:開始日 (任意の日付YYYY/MM/DDを入力)
2行目:A1の日付から始まる1週間単位の日付(金曜日の日付)

例:
  A B C D E F
1 2008/1/1
2 2008/1/4 2008/1/11 2008/1/18 2008/1/25 2008/2/1 2008/2/8


上記のような一覧を作りたい場合、A2、B2等2行目にどのような関数を入れれば良いのか分かりません。
A2の日付さえ自分で手入力すれば、Excelのメニュー:編集>フィル>連続データの作成で、連続したデータを作れることはわかっているのですが、できれば、A1の開始日付を入れれば、すべて自動で週単位の日付が入るようにしたいです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

一例です。
A2セルに=IF(A1<>"",IF(WEEKDAY(A1,2)>5,7+(5-WEEKDAY(A1,2))+A1,5-WEEKDAY(A1,2)+A1),"")
B2セルに=IF($A2<>"",$A2+(COLUMN()-1)*7,"")として必要分右にコピーして下さい。
因みに大きい数値が表示された場合、セルの書式設定で表示形式を日付に設定して下さい。

Q(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積

(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積あたりの状態密度を求めよ。ただし、粒子の濃度をnとする。導出にあたっては各次元における自由電子の波動方程式を立て、解を導きだすこと。

(2)各次元についてフェルミエネルギーEfとエネルギーの平均値を求めよ。

という問題で、(1)はできたのですが、(2)の導出の仕方が分かりません。
様々なサイトを調べたのですがあまり理解が出来ませんでした。ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

すいません再計算したら3/5Efでした。(今度こそ合ってると思います。)
それから書き忘れてましたが、εDを0~Efで積分した後、電子の濃度nで割ってください。そうしないと電子1つあたりのエネルギーになりません。

Q発注単位について

発注単位の一覧を作りたいと思っています。
例えば、個、g、kg、ケース・・・
これらの一覧が掲載されているようなHPなどあれば、
教えていただけないでしょうか?
ちなみに業種は結婚式場、宴会場などの企業向けの一覧を作りたいと思っています。

Aベストアンサー

単位の一覧ならあるのですが。
http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/onyak/tani-iti.htm
http://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Unit/UnitIndex.aspx

思いつく範囲で自分で作ったら駄目なのでしょうか?

Q雨垂れ石を穿つという現象は現実にあるか? また起こるならどんな仕組みによってか?

「雨垂れ石を穿つ」
「点滴石をも穿つ」
「水滴石を穿つ」

いくつか類似の言い回しがあります。これらはすべて「同じ所に落ちる雨垂れが長い時間をかけて石に穴をあける」という意味合いでしょう。努力し続ければ変化は起こる、どんな苦労も無駄にはならないというような風に使われていることもあります。

ふだん何気なく比喩として使っていましたが、今日ふと「水が落ちてぶつかる程度で硬い石が削れるものか?」と疑問に思いました。

私のイメージするところでは物体とは原子という「微小な磁石」の集合で、互いを電磁で引き合うことによってカタチを保っています。そのため、これを削るためには引っ張られている以上の力を表面分子に加えて切り離す必要があります。

切削でも研磨でもこのイメージで説明できると思います。しかし落下する水滴のような弱い力を「くっついた二つの磁石」に断続的に加え続けても、起きた微小な変化は復元してしまい、無限に時間が経ってもけっきょく変化量はゼロなのではないか。そんな風にイメージしました。

そこで質問です。「雨垂れ石を穿つ」という物理現象は実在するのでしょうか? 実例があるならば教えてください。また可能ならば、どのようなプロセスでこの物理現象が起きているのかご説明くださると幸いです。専門外の方の思いつきや素朴なご意見なども、ぜひお聞かせください。

私はハードもソフトも作るコンピュータ関係が専門の大学院生で、学部時代には精密加工法などの授業も受けました。大学生レベルなら専門的になっても理解できると思います。専門書や論文を含め、参考文献をご紹介いただければ、出来る限り読みます。全くの興味本位の質問ですがどうか宜しくお願いします。



参考までに他の破壊現象に関する私のイメージを書いておきます。

刃を石でこすって研ぐのは、でっぱった表面分子に応力が集中して剥離していくイメージ。

ウォータージェットで切るのは、ものすごい運動エネルギーをもった水分子が対象表面の分子にぶつかってはじき飛ばすイメージ。

波が岩を削るのは、風化して脆くなった部分が水の圧力で落剥していくイメージ。

川が大地を削るのは、一緒に流れている石がぶつかって削る、あるいは圧力で掘り起こして流し去るイメージ。

雨が岩を崩すのは、寒暖差などによって生じた岩の亀裂に水が入り込み化学反応を起こす、あるいは凍結時の体積増加で楔のように割るイメージ。

このようなイメージや理論で結構ですから、どうぞご教授ください。



さらにおまけ。
ネットで検索していて、以下の記述を見つけました。

P.78
「水は石の表面にある僅かな疵にも進入することができ、石の表面にくりかえし水滴が落下すると、その衝撃力が疵の中に水のくさびを打ち込み、超液体を形成し過剰仕事をすることになる。それにより微小部分を破壊する。これを長時間くりかえす間に穴が穿たれることになる」

ミクロ世界の物理学: 生命・常温核融合・原子転換
著者: 高橋良二, Ryo-ji Takahashi
出版社: 株式会社 朱鳥社, 2002

http://books.google.co.jp/books?id=Iu0g4_QnDNgC&pg=PA78&lpg=PA78&dq=%E6%B0%B4%E6%BB%B4%E7%9F%B3%E3%82%92%E7%A9%BF%E3%81%A4+%E7%89%A9%E7%90%86%E7%8F%BE%E8%B1%A1&source=web&ots=4H1qpA8DbA&sig=DZKkA6AQRQOe2ToFfFs4fxP7INk&hl=ja&sa=X&oi=book_result&resnum=1&ct=result#PPA78,M1

Google ブック検索のため全文は読めず、「超液体」「過剰仕事」などの単語の意味が分からないため納得するまでには至りません。しかしいくらかの示唆を与えてくれる気もします。

「雨垂れ石を穿つ」という現象は現実に起こりうるのか。起こるなら、それはどのようなメカニズムによってか?

ヒントや提案のレベルでも十分です。ご回答いただけると幸いです。

「雨垂れ石を穿つ」
「点滴石をも穿つ」
「水滴石を穿つ」

いくつか類似の言い回しがあります。これらはすべて「同じ所に落ちる雨垂れが長い時間をかけて石に穴をあける」という意味合いでしょう。努力し続ければ変化は起こる、どんな苦労も無駄にはならないというような風に使われていることもあります。

ふだん何気なく比喩として使っていましたが、今日ふと「水が落ちてぶつかる程度で硬い石が削れるものか?」と疑問に思いました。

私のイメージするところでは物体とは原子という「微小な磁石」の...続きを読む

Aベストアンサー

A No.1です。

外見がつるつるに見えるときでも、ミクロなレベルで見ると石の表面には
細かい隙間がいっぱい開いています。この隙間に水が入り込み、冷えて
凍ったり蒸発する時の膨張で隙間を広げていきます。水に溶ける成分が
抜けたりして、周りの部分が抜けたりすると、残された微粉末が風に
飛ばされたりなどして徐々に減っていきます。これが風化の原理です。

墓石なども、設置した当初はつるつるしていても年月と共に表面の
光沢がなくなり、手触りも徐々にざらざらに変わっていきます。

ただ、周辺に比べて圧倒的に水との接触が多い(その一点、一筋だけ)
というくらいの差がないと、穴・筋といった形にはならず、全体が
均等に風化していきます。

Q中途退学者募集一覧

中途退学者募集(平成24年版)高校一覧
神奈川なのですが、
今年、高校一年のときの単位を使って
再入学をしたいので
参考までに前年度の高校一覧を教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教員です。
まず、用語について確認されたほうがいいかと思います。

1.入学
  中学卒業後に初めて高校に入る場合
  または、高校に一度入学したけれども1単位も取れずに退学して受験し直す場合

2.転入学
  一度高校に入学して、在籍をしたまま他の学校に転校する場合

3.編入学
  一度高校に入学して、単位を取得してから退学して、もう一度途中から他の高校に入学する場合

4.再入学
  一度高校に入学して、単位を取得してから退学して、同じ高校で途中からやり直す場合


質問者さんは中退していて他の高校を希望しているので『編入学』に該当します。
ネットで質問するよりは、教育委員会に質問したほうが「確実」ですし、具体的な指導をしていただけます。

Qガウス単位系とSI単位系の変換

電磁気の公式をガウス単位系とSI単位系の変換で相互に変換するいい方法はないものでしょうか?
cは何とかなりそうな気がしますが、4πがどこに出てくるか予測できません。

物理学辞典ではγ^2=εμc で関係付けられるγという量を導入して説明していました。
γ=c,ε=1,μ=1 とすればガウス単位系になり、
γ=1,ε=(1/4πc^2)×107,μ=4π×10-7 とすればSI単位系になるというように。
このように、初めからγを入れた公式を組み立ててあれば後は上記の値を代入するだけというようにうまくいくでしょうか?

Aベストアンサー

No1の回答者です。
すみません、訂正をさせて頂きます。
γ=εμc^2
は誤りで、正しくは、
γ^2=εμc^2
です。
また、有理、非有理も考慮しなければなりませんので、
うまい方法はなかなか、ないものです。
下記のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://dir.itc.u-tokyo.ac.jp/~okabe/temp/elemag/node62.html#4501

Qファイルサイズ一覧の表示方法

フォルダ内のファイルのサイズを一覧表示したいのですがフォルダによってリストビューのヘッダの項目が違っていて表示方法で詳細表示にしても"サイズ"がヘッダに存在しないものがあります。
表示方法でコンテンツを選べばサイズの一覧が見れますが更新日時が同時に見れないので不便です。
単位はKBでもよいですが、バイト単位にする方法も教えてください。

Aベストアンサー

ヘッダ部に「名前、更新日時、種類、サイズ」などが表示されている
行がありますよね。
その行にカーソルをあてて、右クリックします。
そうすると表示したい情報が設定できます。

QSI単位とMK単位の違いは何ですか?

SI単位とMK単位の違いは、一言でいうと何ですか?

Aベストアンサー

■MKSA基本単位(4つ)
m・kg・s・A

■SI基本単位(7つ)
m・kg・s・A・K・mol・cd

参考URL:http://mwkp.fresheye.com/mb/m.php/MKS%E5%8D%98%E4%BD%8D%E7%B3%BB

Q株取引の時の単位が分かるデータについて

株取引をする時の単位が分かるデータを入手(ダウンロード等)する方法があれば教えてください。(一覧が表示されている等でも結構です。)

Aベストアンサー

♯1です。

DrPINO 様、すみませんでした。

とりあえず・・・
http://www.kabu.com/Meigara/Kabusiki/Tanihenkou/Kta1.asp

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/Companyfile/stock_unit_change_200701.html

いずれにしても、もっと便利なサイト等があるかもしれませんが
見つかりませんでした。
あとの方からの回答に期待します。

Q半導体に印加する電圧(単位V)と電場の強さ(単位V/cm )

こんにちは、
下記につきましてご教示頂きましたら幸甚です。
質問1.
下記参考HPは、半導体のバンドギャップについて説明したものです。

ヒ化ガリウムの場合、電子1個を励起させるエネルギー(バンドギャップエネルギー)は
Eg=1.4eV
です。その際に必要な印加電圧は、電子の1個の電荷はeですので、
V1=1.4eV/1e=1.4(V)
になります。電子がn個ある場合も同様に
V1=(1.4eV×n個)/(1e×n個)=1.4(V)
となります。更に印加する材料の厚さをxcmとしますと
E=1.4/x(V/cm)
となります。
上記で正しいでしょうか?
参考HP
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AE%E...

質問2.
もしこのヒ化ガリウムを、3個直列に並べた場合、(3個並べて電圧が印加できるか否かは不明ですが、印加できるものとします。)必要な印加電圧は、
V2=1. 4×3=4.2V)
であり、印加する材料の厚さを3xcmとしますと
E=1.4/x(V/cm)
となります。
上記で正しいでしょうか?

こんにちは、
下記につきましてご教示頂きましたら幸甚です。
質問1.
下記参考HPは、半導体のバンドギャップについて説明したものです。

ヒ化ガリウムの場合、電子1個を励起させるエネルギー(バンドギャップエネルギー)は
Eg=1.4eV
です。その際に必要な印加電圧は、電子の1個の電荷はeですので、
V1=1.4eV/1e=1.4(V)
になります。電子がn個ある場合も同様に
V1=(1.4eV×n個)/(1e×n個)=1.4(V)
となります。更に印加する材料の厚さをxcmとしますと
E=1.4/x(V/cm)
となります。
上...続きを読む

Aベストアンサー

正しいと思います。
(あくまで概念的な議論として。実際に回路を設計する場合はもっと複雑になります。)

(1) まず、電子を何個励起しようとも、一つ一つの電子に必要なエネルギーは1.4(eV)なので、必要な電位差は1.4(V)です。
(有効数字二桁の議論として正しい。正確に言えば、励起状態の最低エネルギー準位には2個の電子しか入らないので、その次の電子には、バンドギャップより若干大きめのエネルギーを与える必要があります。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要はありません。)

(2) 電子は励起されるだけで電極に流れ込む訳ではないので、電流は生じません。従って、内部抵抗による電圧降下を考える必要もありません。
(今のような概念的な議論においては、絶縁薄膜を介しての電圧印加が前提です。それでも、正確に言えば、励起された電子は正電極側へ、ホールはその反対側へ動くので、それに対応した変位電流が生じます。さらに言えば、絶縁薄膜内部にも電界が生じるで、そこで少し電位差が生じます。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要はありません。)

(3) GaAsをm個並べたとして、電界の定義から、E = 1.4m/mx = 1.4/x (V/cm)です。
(正確に言えば、(2)で述べたように電荷の偏りが生じるので、GaAsの中が完全に一様な電場であるとは言えないでしょう。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要はありません。)

正しいと思います。
(あくまで概念的な議論として。実際に回路を設計する場合はもっと複雑になります。)

(1) まず、電子を何個励起しようとも、一つ一つの電子に必要なエネルギーは1.4(eV)なので、必要な電位差は1.4(V)です。
(有効数字二桁の議論として正しい。正確に言えば、励起状態の最低エネルギー準位には2個の電子しか入らないので、その次の電子には、バンドギャップより若干大きめのエネルギーを与える必要があります。しかし、今のような概念的な議論においては、そのようなことを考慮する必要...続きを読む


人気Q&Aランキング