どこまでも続いているような勢いの線路ですが
基本的に敷石が線路にそってありますよね。

あんなに大量の敷石なのに大きさも色も形もそれなりに揃っているのはなぜですか?

もともとあのような形状の石が大量にある所が日本のどこかにあるのでしょうか。

それとも巨大な石(岩?)を砕いて作成しているのでしょうか。


突然気になってしまいました。
お暇なときにご回答いただけたらと思います。

A 回答 (3件)

敷石というと、路面電車の線路や踏み切りに用いる平に加工した石となりますが、ご質問はレールの下に敷かれた砂利の事ですね。



大昔は川砂利を用いましたので、川原にある丸い石だったようですが、現在では川砂利の採取は原則的に禁じられていますので、山の岩石を砕いて作ります。砂利を使うのは、線路だけでなくコンクリートや建物の基礎などいろいろあり、全国に採石場があります。人工的に砕いて作りますので、大きさは揃うわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

大きな岩を砕くのですか!
すごい大変だし大きな音がずっと聞こえてきそうですね。

平らに加工するパターンもあるのですか???
一個づつならこれも気が遠くなりますね。
石を見ていると身近に存在する無限の世界のような気がしてきました・・・。

日本から大きな岩が無くなってしまう日が来るのではないかとも思えるくらいの石の量ですね。
小さく砕けすぎた石は別の用途に使われるのでしょうか。


謎が少し解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 20:55

線路の下の石はバラストといいます。

電車の重さは、全てレールにかかります。そのまま地面におくとレールだけが沈んでしまいますので、砂利を敷いて力を分散させるのです。
枕木も同じような役割をしています。
砂利はある程度の隙間があるので、コンクリートでびっしり固めるよりは軽くなります。あまり隙間があると使っている内に変形してレールがでこぼこになってしまうので、詰めすぎず、ゆるすぎずという加減が必要です。
また、砂利の隙間は、雨が降ったときに水はけが良くなるという効果もあります。
たまにレールを持ち上げて、削岩機のようなものを入れて掘り返して、隙間を復活させていることもあります。
昔は川砂利が使われていたこともあるようですが、川砂利は基本的に角が丸く、隙間が埋まりやすいので、砂利同士がひっかりやすい角張った砕石が使われるようになりました。
もちろん、川砂利が採取できなくなったことも一因です。
砕石は、No.1の方がお答えになっているように、山を砕いて作ります。砕いた石はいろいろな大きさがありますが、大きなふるいにかけて大きさを揃えます。
これらの砕石は粒度というだいたいの直径で分類されます。粒度の小さい砂はセメントなどに使われたりしますし、ダムなどではものすごく大きな砕石を使ったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

隙間が大切というのは聞いたことがあります。
そのために時間がたって角が取れたり割れたりした石は交換するとかしないとか・・・。
川砂利が採取出来なくなったって事は石も尽きてしまう資源ということですよね。

「大きなふるい」とか「ものすごく大きな砕石」とか
すごい見てみたいです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 21:31

JR吾妻線の小野上駅の構内には敷石(バラスト)の集積場があって、ホキ800型・バラスト積みホッパー貨車が何両か止まっているのを見ることが出来ます。


吾妻線は、吾妻川の谷筋に沿って敷かれている線路ですが、集積場は山側です。
採石している現場を見たわけではありませんが、No.1でお答えがあったように、山を削って砕石しているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ホキ800型 検索してみました。
あれで石を運搬するのですか。「ホキ」もはじめて聞きました。バッタっぽい形状だからホッパー貨車なんでしょうね。

群馬県で石が採れるのも初めて知りました。
知らないことは尽きませんね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 21:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q線路にはどうして石が敷いてあるのでしょうか?

線路にはどうして石が敷いてあるのでしょうか?
石は固定されていないので、レールが不安定になるのではないでしょうか。
また颱風のときなど心配です。
颱風のあとは整備しているのでしょうか。

日本ではどこへいっても線路には敷石がみられます。
これが海外でも同じですか?
一見原始的に見える敷石方式は、実は21世紀においても最も合理的な鉄道技術なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石の役割はクッションです。振動などを吸収して乗り心地をよくしたり、沿線への振動を減らしたりしています。

砂は小さな粉ですから、その上に立つと不安定でぐらぐらしたり沈んでいきそうにも思えます。しかし、砂浜で立っているときに不安定さを感じることはありません。これは、たくさんの砂粒がそれぞれ摩擦力でしっかり耐えているからです。鉄道の石も同じように、不安定にならない量の石を敷いてありますから安定しています。ただし、列車が通るたびに少しずつずれることはありますので、保線作業で直していきます。すぐに脱線するような大きなずれは起こりません。

台風の時は、よほどのことがない限り雨風の心配はありません。ただし、冠水した場合、特に冠水部分に強い流れが生じたような場合は、運転開始前に保線の方などがキチンと安全確認をしていますので大丈夫です。

海外の例はよくわかりませんが、「合理的」には「経済的」の要素が大きく関わります。技術的に敷石に代わる方法があったとしても、その値段が高いとなれば、おいそれとは採用できません。材料費のほか、建設費、工事費、保守にかかる費用などを考え合わせたところ、現在は敷石の方法が最も費用対効果の面で有効なようです。
例えば高架線などでは、敷石を利用すると高架橋の強度計算に敷石の重量も加える必要があったり、トンネルなどでは敷石の厚さの分だけ断面先を大きくする必要があったりといったように、ケースによっては敷石ではないスラブ軌道などが費用対効果の面で優れている場合もあります。

石の役割はクッションです。振動などを吸収して乗り心地をよくしたり、沿線への振動を減らしたりしています。

砂は小さな粉ですから、その上に立つと不安定でぐらぐらしたり沈んでいきそうにも思えます。しかし、砂浜で立っているときに不安定さを感じることはありません。これは、たくさんの砂粒がそれぞれ摩擦力でしっかり耐えているからです。鉄道の石も同じように、不安定にならない量の石を敷いてありますから安定しています。ただし、列車が通るたびに少しずつずれることはありますので、保線作業で直し...続きを読む

Q線路の敷石はどうして変色しているのですか?

線路の敷石をなにげなくみていて気づきました。
線路中や線路に近い石は茶色なのに、線路からは離れた石は白っぽい色をしていることに気がつきました。
ということはもともとが白い石であったのが、茶色に変色したということになります。
では変色の原因はなにでしょうか?
クーラーの水が滴り落ちるのは見たことがありますが、それが原因とも思えません。
とすると鉄分の錆びたものが付着したのかとも思いますが、あんなに大量の錆が飛び散るとも思えません。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤い色はレールと車輪の摩擦で飛び散った鉄の粉がさびたものです。このほか、ブレーキをかける区間ではブレーキシューと車輪またはブレーキディスクの摩擦で飛び散った鉄の粉がさびたものも混ざっています。

線路の敷石を何気なく見ているときに、線路の車輪が当たる部分だけピカピカに光っていることにも気づかれたと思います。これは、レールの上を車輪が通るたびに磨かれているからです。このときに小さな鉄の粉が飛び散ります。目の細かい紙ヤスリで磨いたような感じですね。磨いた周りにはたくさんの削りかすが出ますが、磨いたところから離れるほどかすの密度は荒くなっていきます。このため、線路から離れるほど鉄の粉が届く量が少なくなり、敷石も本来の色である白っぽさを増していきます。
なお、レールと車輪の摩擦ですが、目の細かいヤスリあるいはクレンザーなどで磨いているのと同じで、減っていくのがすぐにわかるほどには減りません。従って、摩擦が原因でひんぱんにレールや車輪の交換が必要になると言うことはありません。

Qバラストについて

バラストとはどういうものかという疑問があり検索したところ以前の質問の回答にこのようなものがありました。

「線路の敷石は、通常バラストや道床とも言われます。
なぜ、敷き詰められているかというと・・・
列車が、線路を通過する際には、かなりの衝撃が地面に伝わります。
その衝撃を地面に直接伝えると・・・地面が液状化現象を起こして、地盤がゆるくなってしまいます。(砂地で地震が発生すると、水が上に上がる現象と同じです。(液状化現象といいます。))
その衝撃を減少するためと、地面の排水強化と起動の固定化などの目的で線路には、石(砕石)が敷き詰められているのです。ただ、現在は列車の高速化が余りにも激しいので、石の代わりにコンクリートで舗装した軌道なんかを用いているところもあります。(新幹線等)
参考になれば、幸いです。」

とありました。コンクリートによるバラストと石によるバラストの使い分けというか、違いみたいなものがありましたらどうぞお教え下さい。
JR神戸線の三宮付近は高架なので重量の問題かなーとか思ったりしていますが、住吉から六甲道もコンクリートで、そこは高架出なかったような気がします。

バラストとはどういうものかという疑問があり検索したところ以前の質問の回答にこのようなものがありました。

「線路の敷石は、通常バラストや道床とも言われます。
なぜ、敷き詰められているかというと・・・
列車が、線路を通過する際には、かなりの衝撃が地面に伝わります。
その衝撃を地面に直接伝えると・・・地面が液状化現象を起こして、地盤がゆるくなってしまいます。(砂地で地震が発生すると、水が上に上がる現象と同じです。(液状化現象といいます。))
その衝撃を減少するためと、地面の排...続きを読む

Aベストアンサー

バラスト(採石)道床とコンクリ道床の違いは、

列車の騒音 一般的にバラストの方が少ない。
道床の重量 ほとんど変わらない。
線路の狂い バラストだと狂いやすいが、直すのも容易。
建設の費用 バラストの方が安い
道床の寿命 バラストの寿命は短いが、簡単に交換できる。

コンクリ道床は建設の時はコストが高いですがその後の保守の手間が省けるので、長期間の線路の保守の経費を計算すると、コンクリ道床の方が安上がりです。
ポイントのようにレールの位置が複雑な部分には、コンクリ道床は不向きです。

高架線のようにコンクリの路盤の上にはコンクリ道床は最適ですが、自然の土の上の線路には不向きです。
自然に道床が沈んだ場合、バラスト道床ならばバラストを追加して線路を持ち上げるのは容易ですが、コンクリ道床が沈んだら、コンクリ道床を全部持ち上げて、その下に土砂を詰め直すという大変な手間になります。

Q駐車場に敷く石について

家の外構工事で、車を止める敷地に石を敷きます。
(コンクリートにする予算がありません:涙)
それでも業者に頼むと結構な料金になるので、
自分でやろうと思っています。
ホームセンターなどで購入出来るような石で
良いのがあったらアドバイス願います。
(比較的安いのでお願いします。)

Aベストアンサー

小石は「砕石=さいせき」と呼ばれる岩を砕いたものが良くしまります。
しかし、土の中にもぐって行くことは必至ですので、また撒き直す必要が出てきます。(早ければ3ヶ月くらい)

なお、材料購入はホームセンターよりも、町の土建屋さんに言った方が遥かに安くつきます。
(間違っても袋詰めなんかを買わないように。土も砂も運搬賃ですから少量ですと割高になりますが)
小型ダンプでお願いして(あるいは軽のダンプである程度撒きながら空けて貰うのが)手間が省けます。
大体スコップと掻き均し用の熊手見たいなものを用意して20M2当たり半日くらいみておけば、たやすく出来ます。

申し遅れましたが、土地の状況により(粘土の性質)目的の成果を上げられないこともありますので、
事情の分かる方に先に相談した方がよろしいのではないでしょうか。

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Q樹木へのオルトラン粒剤の散布量

今年1月に中庭に植えた株立ちのヤマモミジ(樹高2.5mほどです。)にアブラムシが発生しました。ガーデニング初心者のため、『虫が付く』という危機感が薄く、気がつけばかなりの量のアブラムシが…。
園芸店の方にオルトラン粒剤を勧められ購入したのですが、注意書きに大きめの樹木に対する散布量と散布間隔の記載がありません。根元に撒く量はどの程度なのでしょうか…。また『総使用回数○回まで』の記載がありますが、樹木の場合は無視して良いのでしょうか? 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オルトランと言うのは有機リン系の殺虫剤で リン酸肥料と同じような効果が有り やりすぎると木の生長が止まってしまいます 残留性も強く 周辺にハーブや野菜などを作っているのでしたらお薦めできません

アブラムシは 新芽が柔らかな時期に発生しますが 枝が硬くなるといなくなります  家では成り行きまかせですm(._.)m

彼らは雨が大変苦手で・・・・
周辺が空き地なら 水を勢いよく掛けて 枝先から落とすだけでも 彼らには致命的ダメージを与えられます
毎日やると かなり減りますよ

Q古いバラスト石はどう処分される?

回答がなかなかつかないので再質問です。

線路の下に敷いてあるバラストの石がどのように処分されるのかを教えてください。

バラストは定期的に新しいものと交換しているとのことです。
古いバラスト石はその後どうなるのでしょう?
二次利用しようにもポイントの下にあった石などは油まみれで使いようが無さそうに思えます。
ご存じの方はぜひ教えてください。

Aベストアンサー

そのまま突き固めて使い続けるかも?

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Qコンクリート柄入り埋め戻しの土をいれられて

現在、住宅を新築中です。
工事に当たり、土の埋め戻しが必要でした。見ているとコンクリート柄や碍子の破片などが入った土や粘土質の土が使って埋め戻しがされているのを発見しました。
こんな物が入った土は産廃と思うのですが断れないでしょうか?
やり直ししてほしいのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

ANo7です。

>その中の一台がガラ入りだったというのが工務店の言い分です
No7にも書きましたが、産廃処理すべきものを質問者様の敷地に不法投棄しているとしか思えません。
もしも、その「言い分」が本当だとするなら、あおまりにもずさんな管理状況が伺えるため、その他のもろもろの部分に関してもいったい大丈夫なのだろうかという、いらぬ心配までしてしまいます。

以下に、川崎市の説明書へのリンクを例に載せますが、定義の部分(ページ番号1)をご覧になれば、おわかりになることと思います。
http://www.city.kawasaki.jp/300/cmsfiles/contents/0000013/13615/sannpai_tebiki.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報