私は、トム・クランシーの原作を映画化したものの中で、ジャック・ライアンのシリーズのファンです。

「レッド・オクトーバー・・」「パトリオット・ゲーム」など映画は観ているのですが、原作名と違っていたりするので、ちょっと頭を整理したいので教えていただきたいことがあります。

まず、ジャック・ライアンシリーズでの原作名と映画タイトルの比較。

次に、ジャック・ライアンシリーズ以外での原作名と映画タイトルの比較。

最後に映画化されていない作品でこれは面白いよ、というお薦めの原作。(ジャック・ライアン以外も可)

以上3点について、よろしくお願いします。

ただ、原作名は横文字ではなく日本語の書籍として出版された時のタイトル(カタカナ)で、また映画は邦題でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんなのがありました。



ジャック・ライアン(トム・クランシー)百科事典

参考URL:http://www.jttk.zaq.ne.jp/shig/ryan/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしいサイトをご紹介いただき、ありがとうございました。
うまく整理されていて良く理解できました。

お礼日時:2005/04/05 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q「スタンド・バイ・ミー」映画と原作の違い

「スタンド・バイ・ミー」は大好きな映画です。しかし私はキングの原作を読んだことがありません。
それは、原作を読んだ友人が「映画と全然違う、原作はホラーだ。怖かった。」と言っていたからです。
もう10年以上前に聞いた話なので、私の勘違いかもしれませんが、うろ覚えだと、ゴーディ以外は全員死んでしまった、とその友人は言っていたような気がします。。。今まで気になっているのですが、自分で確かめてみる勇気が私にはありません。私はホラーは大嫌いで、そうとは知らずに読んでしまったら落ち込んでしまうのが自分で分かるからです(><)(「ノルウェーの森」でさえ、読み終わった後、しばらく立ち直れませんでした)。
他力本願で恐縮ですが、「スタンド・バイ・ミー」の映画と原作両方をご覧になった方、映画と原作の大きな違いを簡単でいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

主人公ゴーディが森で少年の死体を見たシーンがありましたよね?原作ではここで彼は、生と死について、そして自分と死んだ弟について深い洞察を得ます。そのため死体の様子が細部まで描かれていますし、死ぬとはどういうことか長々と説明があります。不気味といえば不気味かも。お友達はその部分を「ホラーだ」と表現されたのでは?


私も「スタンド・バイ・ミー」大好きです。映画も良かったですが原作も大変面白く読みました。初めて読んでからもう10年以上たちましたが、何度か読み返してもいます。やはり、少年期に特有の友情と、成長による別離を描いた小説だろうと思います。キングのほかの小説とは違って、恐怖感をあおったり怪物が出てきたりするシーンはまったくありません。私はホラーとはぜんぜん感じませんでした。(キングのホラー作品も好きですけどネ)

ゴーディ以外全員死ぬかというと、結論はイエスです。ただし12歳で死ぬわけではなく、高校で、またはその後に、一人ずつそれぞれ別の事故や事件に巻き込まれて死ぬことになります。このあたりの描写はホラーっぽくはありません。淡々と描かれています。ですがそのためずいぶん悲しいです。

映画でゴーディの親友だったクリス、彼の死に方は原作も映画と同じです。ただ、クリスとゴーディはその後中学高校と非常に努力して上を目指そうとします。生まれた街、ロウワークラスの生活から抜け出すために一緒に必死に勉強するというくだりがあります。そのためクリスの死は映画よりもっともっと辛く感じました。

うまくまとめられませんが、映画になくて原作にあったものは、12歳以降の二人の友情と、貧しさとの格闘という面ではないでしょうか。

主人公ゴーディが森で少年の死体を見たシーンがありましたよね?原作ではここで彼は、生と死について、そして自分と死んだ弟について深い洞察を得ます。そのため死体の様子が細部まで描かれていますし、死ぬとはどういうことか長々と説明があります。不気味といえば不気味かも。お友達はその部分を「ホラーだ」と表現されたのでは?


私も「スタンド・バイ・ミー」大好きです。映画も良かったですが原作も大変面白く読みました。初めて読んでからもう10年以上たちましたが、何度か読み返してもいます。やはり...続きを読む

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q小野不由美さん原作の悪霊シリーズについて

私はゴーストハントシリーズのファンで、復刊したハードカバーも、マンガも読みましたし、原作の悪霊シリーズも図書館で借りて読みました。


そこで、一つ疑問がわいたので質問させていただきます。


よく、ファンの方のブログなどで、ナルは強いサイコメトリーの力によって菜食主義になった。
と聞くのです。(肉に嫌悪感を抱くようになったと)

ですが、マンガにはそのようなことは書かれていませんし、小説にも書いてあった記憶がないのです。

些細なことですが、とても気になります。

ナルが菜食主義のなのは、マンガにも出てきましたし、知っていますが、その理由がサイコメトリーによるものだというのはどこに書かれていたのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

おそらくですが小野不由美さんが昔、同人誌で出されていた
「中庭同盟」での短編からの情報ではないでしょうか。
その同人誌内の、ナルが主役の短編「彼の現実」で
このような事が書かれています。

・ナルは12歳の頃にサイコメトリー能力が一番強く出てしまい
 暴走して大変だった。(寝込んだり、家の中に石を降らせまくったり)
・それを心配した両親がリンとナルを引き合わせ、ナルは
 リンに気功法を習う。
・リンはナルに吐納※を教えた。
※吐納ってのは気功における呼吸法の一種らしいです。
気を制御するのには、こういった呼吸法と共に食事制限が有効と
される(粗食・少食あるいは菜食)のでおそらくナルやリンは
菜食という方法をとってるのでしょう。

微妙に違うかもしれませんが、確かこんな感じだったと思います。

つまりナルが菜食をはじめたきっかけは「強すぎるサイコメトリー能力を抑えるため」です。
でもって、ずっとそれを続けてるのは能力を制御するためだと思われますので、
サイコメトリーの力によって菜食主義になったと言われているのだと思います。

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Qロード・オブ・ザ・リングの原作の英語版

 ロード・オブ・ザ・リングの原作の英語版を読みたいのですが、英語の朗読のCDとセットになって売っているものってありますか?なければ別々でもいいのでご存知の方がいましたら教えて下さい。あと、その英語版に対応した日本語版もあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

朗読と本がセットになったものはありませんので、別々に購入することになります。
ラジオドラマも面白いですが、ちゃんと原作を全編朗読したものもありますよ。Rob Inglisという人が朗読しており、全編を朗読しているのはこの人のものしかないです。
CD46枚、時間にして52時間というすごいものですが(汗)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1402516274/ref=ase_middleearth-22/250-1350817-6661037

三部作ごとに別れているものもあります。
「旅の仲間」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0788789813/qid=1126256659/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-1350817-6661037

「二つの塔」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0788789546/qid=1126256659/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/250-1350817-6661037

「王の帰還」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0788789554/qid=1126256659/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-1350817-6661037

また、ほんの一部分ですが、原作者のトールキンが朗読しているものが収録されているCDもあります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0694525707/ref=ase_camelabo-22/250-1350817-6661037

英語の原書は、1冊のもの、3冊に分かれたものなど色々出ていますが、本文の内容は同じなので、お好きなものを購入されれば良いと思います。

「英語版に対応した日本語版」というのは特になく、評論社から出ている瀬田貞二訳のもののみになります。
まったくの直訳ではなく、多少の意訳や翻意も含めた、それ自体文学として楽しめる訳になっていると思います。
特にサムやゴクリ(ゴラム)などの登場人物の言葉遣いには独特のものがありますが・・・
旧訳、新訳とあって好みの違いはあるようですが、現在普通に流通しているものは新訳になります。
後は文庫版、ハードカバー、豪華挿絵付き1冊本など色々ありますのでお好みで。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1402516274/ref=ase_middleearth-22/250-1350817-6661037

朗読と本がセットになったものはありませんので、別々に購入することになります。
ラジオドラマも面白いですが、ちゃんと原作を全編朗読したものもありますよ。Rob Inglisという人が朗読しており、全編を朗読しているのはこの人のものしかないです。
CD46枚、時間にして52時間というすごいものですが(汗)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1402516274/ref=ase_middleearth-22/250-1350817-6661037

三部作ごとに別れているものもあります。
「旅の仲間」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/A...続きを読む

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Q著者名・タイトルを教えて下さい!

いったいいつ読んだのか、何処で読んだのかも覚えていないのですが…

どこかの国の日本大使館を、東大卒(だったか、とにかくエリート)の4人組が占拠しようとする。
結局失敗する。

というようなあらすじの小説をご存じないでしょうか?
タイトルがどうしても思い出せないのです。
教えて下さい!

Aベストアンサー

【日本大使館占拠さる】(絶版)田中秀穂‥は違ってますよね

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b68268676

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

Q国語の教科書に載っていた論説文のタイトル・著者名を教えて下さい

1998年度の小学校6年生の国語の教科書に載っていたある論説文をもう一度読みたくて探しています。しかし、タイトルも著者名も思い出せないのです。

●教科書の出版社は光村書店。1998年の小6の国語の教科書です。教科書は上巻下巻に分かれていたのですが、収録は恐らく下巻です。

●著者名は思い出せないのですが、男性だったと思います。

●主な内容は以下の通りです。
「現在、日本のアニメやゲームはアジア、アメリカ、ヨーロッパの国々でも人気がある(例として、『ドラえもん』が挙がっていた)。日本の子どもはアニメやゲームの話題を通じて、世界中の子ども達と仲良くなれるチャンスに恵まれている。このように、アニメやゲームは友達を増やす良いきっかけにもなる。しかし、一方で自分の部屋にこもってアニメを見たり、一人でゲームをする子どもも少なくはない。このような子どもにとって、アニメやゲームは人との関わりを拒絶して自分の殻に閉じこもるための道具になってしまっている」

この論説文とは違う論説文に載っていたことかもしれませんが、旧約聖書の「バベルの塔」のあらすじも引用されていたと思います。どういう文脈で引用されていたのか、今となっては思い出せないのですが…。

1998年度の小学校6年生の国語の教科書に載っていたある論説文をもう一度読みたくて探しています。しかし、タイトルも著者名も思い出せないのです。

●教科書の出版社は光村書店。1998年の小6の国語の教科書です。教科書は上巻下巻に分かれていたのですが、収録は恐らく下巻です。

●著者名は思い出せないのですが、男性だったと思います。

●主な内容は以下の通りです。
「現在、日本のアニメやゲームはアジア、アメリカ、ヨーロッパの国々でも人気がある(例として、『ドラえもん』が挙がっていた)。日本...続きを読む

Aベストアンサー

光村図書のサイトに過去の教科書の目次を載せたページがあります。
そこで98年の6年生の内容を見てみました。
お探しの論説文に合致しそうなのは清水克雄さんの「国境をこえる文化」です。
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/bookland/travel/travel_s/

このタイトルで検索すると、指導要領などであらすじを知ることができます。
お探しの文章と一致するかご確認を。
http://www.iwate-ed.jp/db/db2/sid_data/es/kokugo/e960005/
http://www006.upp.so-net.ne.jp/badtake/6KOKU5.HTM


人気Q&Aランキング

おすすめ情報