Solaris初心者なのですが、もしわかる方がいらっしゃったらご教示いただけますでしょうか。

下記のような設定で、Diskのマウントを考えてますが、うまくいきません。

<Disk情報>
c0t0d0:Solaris8インストール済みディスク
c0t1d0:空ディスク(スライス0をマウントしたい)
    フォーマット済み
    newfs済み
    パーティション作成済み(format -> 1 -> partition -> modify)

<パーティション情報>
Part Tag Flag Cylinders Size Blocks
0 root wm 0 - 6533 9.00GB (6534/0/0) 18876726
1 swap wu 6534 - 7985 2.00GB (1452/0/0) 4194828
2 backup wm 0 - 24619 33.92GB (24620/0/0) 71127180
3 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
4 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
5 unassigned wm 7986 - 15971 11.00GB (7986/0/0) 23071554
6 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
7 unassigned wm 15972 - 24619 11.91GB (8648/0/0) 24984072

<マウントコマンド>
#mount /dev/dsk/c0t1d0s0 /mnt
mount: /dev/dsk/c0t1d0s0 is not this fstype.という応答があります。

以上、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そもそもfsckで



>BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG

が出力されるという事は、「ファイルシステムの管理領域の管理情報があるスーパーブロックが破損している」という事なんです。

なので、代替スーパブロック(-o b=nのnで指定しているブロック)を使用してファイルシステムの修復を行おうとしたのですが、全てファイルシステムの修復に失敗しているようですね。
fsckで修復できないのでは、どうしようもないです。

ちなみに「Solarisのシステム管理(第2巻) 43. ファイルシステムで発生する問題の解決 fsck エラーメッセージ」にこのメッセージが載っていますが、解決方法は「ご購入先に問い合わせる」と「代替スーパーブロックを使用して fsck を再実行してみる」になっています。
Solarisのシステム管理(第1巻)には「fsck で修復できない UFS ファイルシステムを修正する方法」という項目がありますが、使用するコマンドついて詳しくなく、一歩間違えるとファイルシステムを破壊する可能性があるので済みませんがアドバイスする事は出来ません。

でも、何故スーパーブロックが破損しているのか不思議ですね。

参考URL:http://docs.sun.com/app/docs/doc/806-2718/6jbtrj …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご対応いただきありがとうございます。
このディスクではダメなようなので、他のディスクで試してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 17:32

#newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 で出力された数値に対し根気良く順番に指定してfsckを実行していくしかないないです。



出力された数値全てに対してfsckを実行してエラーメッセージが出力されるようならば最後はnewfsを実行してのファイルシステムの再作成になるとは思います。

ところで、システムクラッシュとかファイルシステムがダメージを受けるような事がありましたか?

この回答への補足

#newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 で出力されたすべての数値に対してfsckを行いましたが、同様のメッセージのみしか表示されませんでした。

以前まで利用していたディスクなので、システムクラッシュやファイルシステムがダメージを受けたということは無いと思います。

何度も申し訳ありませんが、何か解決方法がありましたら宜しくお願いいたします。

補足日時:2005/04/13 19:47
    • good
    • 0

訂正です。


コマンド名間違ってました。

># newsfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0

ではなくて

# newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0

です。

この回答への補足

newfsで表示された番号を入力し、fsckしてみましたが、同じメッセージとなってしまいます。

#newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0
mkfs -F ufs -o N /dev/rdsk/c0t1d0s0 18876726 107 27 8192 1024 256 1 167 8192 t 0
-1 8 128
/dev/rdsk/c0t1d0s0: 18876726 sectors in 6534 cylinders of 27 tracks, 107 sec
tors
9217.2MB in 205 cyl groups (32 c/g, 45.14MB/g, 5632 i/g)
super-block backups (for fsck -F ufs -o b=#) at:
32, 92592, 185152, 277712, 370272, 462832, 555392, 647952, 740512, 833072,
925632, 1018192, 1110752, 1203312, 1295872, 1388432, 1480992, 1573552,
1666112, 1758672, 1851232, 1943792, 2036352, 2128912, 2221472, 2314032,
2406592, 2499152, 2591712, 2684272, 2776832, 2869392, 2958368, 3050928,
3143488, 3236048, 3328608, 3421168, 3513728, 3606288, 3698848, 3791408,
3883968, 3976528, 4069088, 4161648, 4254208, 4346768, 4439328, 4531888,
4624448, 4717008, 4809568, 4902128, 4994688, 5087248, 5179808, 5272368,
5364928, 5457488, 5550048, 5642608, 5735168, 5827728, 5916704, 6009264,
6101824, 6194384, 6286944, 6379504, 6472064, 6564624, 6657184, 6749744,
6842304, 6934864, 7027424, 7119984, 7212544, 7305104, 7397664, 7490224,
7582784, 7675344, 7767904, 7860464, 7953024, 8045584, 8138144, 8230704,
8323264, 8415824, 8508384, 8600944, 8693504, 8786064, 8875040, 8967600,
9060160, 9152720, 9245280, 9337840, 9430400, 9522960, 9615520, 9708080,
9800640, 9893200, 9985760, 10078320, 10170880, 10263440, 10356000, 10448560,
10541120, 10633680, 10726240, 10818800, 10911360, 11003920, 11096480,
11189040, 11281600, 11374160, 11466720, 11559280, 11651840, 11744400,
11833376, 11925936, 12018496, 12111056, 12203616, 12296176, 12388736,
12481296, 12573856, 12666416, 12758976, 12851536, 12944096, 13036656,
13129216, 13221776, 13314336, 13406896, 13499456, 13592016, 13684576,
13777136, 13869696, 13962256, 14054816, 14147376, 14239936, 14332496,
14425056, 14517616, 14610176, 14702736, 14791712, 14884272, 14976832,
15069392, 15161952, 15254512, 15347072, 15439632, 15532192, 15624752,
15717312, 15809872, 15902432, 15994992, 16087552, 16180112, 16272672,
16365232, 16457792, 16550352, 16642912, 16735472, 16828032, 16920592,
17013152, 17105712, 17198272, 17290832, 17383392, 17475952, 17568512,
17661072, 17750048, 17842608, 17935168, 18027728, 18120288, 18212848,
18305408, 18397968, 18490528, 18583088, 18675648, 18768208, 18860768,


#fsck -F ufs -o b=32 /dev/rdsk/c0t1d0s0
Alternate super block location: 32.
** /dev/rdsk/c0t1d0s0
BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG
USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION;
eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...]
where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M).


#fsck -F ufs -o b=92592 /dev/rdsk/c0t1d0s0
Alternate super block location: 92592.
** /dev/rdsk/c0t1d0s0
BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG
USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION;
eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...]
where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M).


恐れ入りますが、再度アドバイスをいただけますでしょうか。

補足日時:2005/04/13 17:33
    • good
    • 0

ちなみにこのファイルシステムですが、再度newfsを実行してファイルシステムの再作成を行っても可能な所でしょうか?


newfsを行うという事は現在そのファイルシステム上に存在するファイルは無くなる事になります。
可能な所でしたら再度newfsを実行してみてからマウントを試みてください。

ファイルを無くしたくない等でnewfsでのファイルシステムの再作成が不可能な場合、No.1の回答への補足でお書きになったman fsck_ufsの抜粋

>b=n Use block n as the super block for the
>file system. Block 32 is always one
>of the alternate super blocks. Deter-
>mine the location of other super
>blocks by running newfs(1M) with the
>-Nv options specified.

にあるように

# newsfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0

を実行して出力される数値に対し同じようにfsckを実行してください。
    • good
    • 0

ちなみに



# fsck -F ufs -n /dev/rdsk/c0t1d0s0

を実行したら、何かエラーメッセージらしきものは出力されますか、それとも出力されないですか?

※上記コマンドを実行してファイルシステムが壊れるとかいう事はありません。

この回答への補足

ご指示の通り、コマンドを試してみました。

# fsck -F ufs -n /dev/rdsk/c0t1d0s0
** /dev/rdsk/c0t1d0s0 (NO WRITE)
BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG
USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION;
eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...]
where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M).

となりましたので、man fsck_ufsでb=#の値を調べたところ、
#man fsck_ufs
--中略--
b=n Use block n as the super block for the
file system. Block 32 is always one
of the alternate super blocks. Deter-
mine the location of other super
blocks by running newfs(1M) with the
-Nv options specified.


Block 32 is always one of the alternate super blocksとなっておりました。
そこで、b=32を指定し、以下のコマンドを試してみましたが、
同様のメッセージが表示されました。

#fsck -F ufs -o b=32 /dev/rdsk/c0t1d0s0
Alternate super block location: 32.
** /dev/rdsk/c0t1d0s0
BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG
USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION;
eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...]
where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M).

お手数ですが、アドバイスをいただけますでしょうか。

補足日時:2005/04/12 10:55
    • good
    • 0

起動時引数-Fでファイルシステム・タイプを明示的に指定して、mountしてみては。


詳しくは、mountのマニュアルをご覧下さい。

この回答への補足

-Fオプションでufsを指定してみましたが、同様のメッセージが表示されてしまいました。

#mount -F ufs /dev/dsk/c0t1d0s0 /ufsrestore
mount: /dev/dsk/c0t1d0s0 is not this fstype.

補足日時:2005/04/12 10:58
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエラー発生アプリケーション mmc.exe

管理ツールのイベントログを見たり、保存したりすると、管理ツールが落ちてしまいます。
何とか、落ちながら保存された、イベントログには
「エラー発生アプリケーション mmc.exe、バージョン 5.1.2600.0、エラー発生モジュール mmcndmgr.dll、バージョン 5.1.2600.0、エラー発生アドレス 0x00054e27」
とあります。
何が壊れているんでしょうか。

Aベストアンサー

mmc.exeは管理ツール。mmcndmgr.dllはそのアイコン・ファイルのようですが。回答になっていませんね。
http://www.zdnet.co.jp/magazine/pcjapan/0009/sp4/08.html

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/magazine/pcjapan/0009/sp4/08.html

QFedora18で/dev/ram0の作り方

 Fedora 18で意図せず、RAMディスクを作るためのデバイスファイル/dev/ram0を壊してしまいました。他の方法でRAMディスクを作ることはできましたが、この/dev/ram0を作り直す方法はあるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

super user権限で、

MAKEDEV ram0

MAKEDEVが、コマンドでなければ、/devのところに、MAKEDEV.sh がないか、確認する。

Q"mmc.exe"ってどんな働きをするのでしょうか?エラーメッセージが表示されるのですが...

本日2度ほど"mmc.exe"のアプリケーションエラーが発生しました。
表示メッセージは次のようなものでした。
"0x77a5db1"の命令が"0x72392d74"のメモリを参照しましたが、メモリが"read"になることはできませんでした。
発生したのはACCESS2000でテキストファイル(6MB位の大きいもの)にリンクを貼ろうとした際、ACCESSの反応がなくなっため、強制終了してからです。
何らかの修復をしなければならない重要なメッセージなのかどうかわからず質問させていただきました。
mmc.exeで検索したところ、2件ほどヒットしましたが、今回の私の事象とは異なったため、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

mmcはMicrosoft Management Consoleです。
MSの検索でMMCで検索すれば何個か文献が出るでしょう。
ヘルプ見ても出てくるはずです。
コントロールパネルの管理ツール内のアプレットはたいていMMCのコンソール
だったはず。

解決策はやはりとりあえずSP2当てて様子を見るというのは(Windows2000ならば)。

参考URLはSP2のダウンロードページです。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/windows2000/downloads/servicepacks/sp2/default.asp

Q/dev/ttyS0をuucpに設定する

CentOS6.5(final) 32bitにおいて/dev/ttyS0の設定を変更し、再起動がしても設定が有効となるようにトライしています。

uucpの設定をするという情報があったので、以下のようにしました。
1. chmod 666 /dev/ttyS0 (これが本来やりたい設定です)
2. chgrp uucp /dev/ttyS0
3. /etc/groupのuucpに自分のユーザを設定

上記3までやった段階で
$>ls -l /dev/ttyS0
と実行すると
crw-rw-rw-. 1 root uucp 4, 64 Feb 11 00:03 /dev/ttyS0
となっています。

ただ、この後にCentOSをshutdownしてから再起動すると
crw-rw----. 1 root dialout 4, 64 Feb 11 00:05 /dev/ttyS0
と設定が戻ってしまうようです。


設定においてどこか間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

"udev ttyS0"で検索してみましょう。

最近のLinuxの/dev以下のデバイスノードはudevによって自動生成されています。chmodやchgrpしたかったらudevの設定を変えないとダメです。

それにしても、自分のユーザーをdialoutグループに追加するというのだとダメなんでしょうか。

Qこのホ-ムペ-ジでの質問一覧画面がエラーで出ない

このホ-ムペ-ジですが
マイページ → 関心カテゴリーの質問一覧
を押してもエラ画面ーになり表示出てきません
自分の質問解答履歴は出ます
なぜエラーに ???
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

エラーが続出していますね。
更新ボタンを押すと表示されることが多いです。

Q/dev/stdin

/dev/stdin/ の利用価値を教えてください。
いまいちありがたみがわからないのです。

cat /dev/stdin と入れてみて、「a」と入力すると同じ文字が次の行で表示されました。

#cat /dev/stdin
a ←自分で入力
a ←自動で表示された。


★実行プログラムが標準入力や標準出力に対応していなくでもファイル名を指定するときに
これらのファイルを指定することで、標準入出力に対応できます。
パイプやヒアドキュメントをつかって便利に使えるようになりますよ。

というblog記事も見つかったのですが
いまいち、ピンと来ないのです。

/dev/stdin を使うとどんなメリットがあるのでしょうか
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

Unixの系列のプログラムの場合、パイプを使って小さなプログラムを組み合わせて動かす、という事をよくやります。例えば、「ホームフォルダから辿れる場所にある全てのファイルのうち、文字列"Hello"が最も多く出現するファイルTop 10を表示したい」という場合には、ファイルの一覧を出力するfind、標準入力を引数に変換するxargs、テキストの中から特定の文字を含む行を抽出するgrep、行単位で文字列の編集を行うsed、行単位での重複を削除しつつその出現回数を数えるuniq、並び替えを行うsort、最初の数個だけを表示するheadを用いると
$ find ~ | xargs grep 'Hello' | sed 's/:.*$//' | uniq -c | sort -r | head
等と書くことができ、
「一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け。協調して動くプログラムを書け。標準入出力を扱うプログラムを書け。」(quoted from wikipedia)というUnixの哲学に則ったプログラムは組み合わせやすく、再利用しやすいという特性が生きていることが分かります。

ところが、中には標準入出力からの入力に対応していないプログラムもあります。そういったプログラムは通常、実行時引数でファイル名を指定して動くのですが、「指定されたファイルがあたかも存在して、そこから文字列を読み取ると標準入力から文字列を読み取ったことになる」という素敵な作用を持つ(ある意味架空の)ファイルが、その/dev/stdinになります。

e.g.)
$ cat /dev/stdin << end. # ここから
> hello.
> ok.
> end. # ここまでヒアドキュメント。catは/dev/stdinを読みに行っている。
hello. # これと次の行は出力された文字列。
ok.

Unixの系列のプログラムの場合、パイプを使って小さなプログラムを組み合わせて動かす、という事をよくやります。例えば、「ホームフォルダから辿れる場所にある全てのファイルのうち、文字列"Hello"が最も多く出現するファイルTop 10を表示したい」という場合には、ファイルの一覧を出力するfind、標準入力を引数に変換するxargs、テキストの中から特定の文字を含む行を抽出するgrep、行単位で文字列の編集を行うsed、行単位での重複を削除しつつその出現回数を数えるuniq、並び替えを行うsort、最初の数個だけを...続きを読む

Qホームページビルダー11で通信エラー(エラーコード:553)がサイト転送時に出ます。

 こんにちは。ホームページビルダー11でサイト転送すると通信エラ
ー(エラーコード:553)が出て、フレーム表示のページも表示され
ていない状態になってしまいます。どうしたらよいですか?

Aベストアンサー

こちらがご参考になるかと

V11 で転送時に「転送エラー」ダイアログが表示されます
http://www-06.ibm.com/jp/domino01/swhc/esupport.nsf/key/49256A6A0001F136492572350006E350?opendocument

FTPのエラーメッセージの553ですと、「ファイル名の文法エラー、ファイル名が間違っているため実行できない」という意味ですので
この場合、大抵はファイル名に半角英数以外を使用しているのが原因トモ考えられますので、ご確認を。
ファイル名に使用できるのは半角英数と_-のみです。

ただ、どうもV11の不具合でもあるようですので、ファイル名に問題がない時は、サイト転送ではなくページ転送(FTP)や、フリーソフトのFFFTPなどを使って転送してみた後、ネット上で表示されるかどうか確認するのをおすすめします。

また、後日V11の修正ファイルがIBMで配布されると思いますので、たまに下記サイトをアクセスし、修正ファイルが公開されたらインストールされておかれてください。
http://www-06.ibm.com/jp/software/internet/hpb/

参考URL:http://www-06.ibm.com/jp/domino01/swhc/esupport.nsf/key/49256A6A0001F136492572350006E350?opendocument

こちらがご参考になるかと

V11 で転送時に「転送エラー」ダイアログが表示されます
http://www-06.ibm.com/jp/domino01/swhc/esupport.nsf/key/49256A6A0001F136492572350006E350?opendocument

FTPのエラーメッセージの553ですと、「ファイル名の文法エラー、ファイル名が間違っているため実行できない」という意味ですので
この場合、大抵はファイル名に半角英数以外を使用しているのが原因トモ考えられますので、ご確認を。
ファイル名に使用できるのは半角英数と_-のみです。

ただ、どうもV11の不...続きを読む

Q/dev/ptyファイルはどうやって作るの

FreeBSD初心者です(2ヶ月:FreeBSD 10.0-RELEASE)。
開発環境を構築しようと思い、dddをインストールしたのですがうまくいきません。

1.dddを起動すると:

$> ddd
gdb: cannot open master pty: そのようなファイルまたはディレクトリはありません
gdb: communication setup failed

メッセージが表示され、dddウインドウは表示されますが(gdb)プロンプトがいつまで経っても表示されません。

2.dddとgdbの通信を確立できないようで、ログファイルを参照しても:

Running GDB (pid xxxx, tty /dev/ptyXX)...

などのgdb起動完了のメッセージがありません。

3.デバッグ
$> gdb ddd

によりgdb上でdddを起動し、原因を調査すると:

/dev/ptyXX

ファイルをオープンしようとしているが失敗する、という現象のようです。

実際に/devディレクトリには"pty*"ファイルは存在しません。

4.webや「FreeBSDハンドブック」を参照すると、『MAKEDEVを使ってデバイスファイルを作成する』...『MAKEDEVスクリプトは削除された、代わりにmknodを使え』...『devfs......』.....等と書いてありますが、mknodあたりからどうしたらよいのか判らなくなりました。


デバイスファイル(/dev/pty)の作成方法をご教授ください。

FreeBSD初心者です(2ヶ月:FreeBSD 10.0-RELEASE)。
開発環境を構築しようと思い、dddをインストールしたのですがうまくいきません。

1.dddを起動すると:

$> ddd
gdb: cannot open master pty: そのようなファイルまたはディレクトリはありません
gdb: communication setup failed

メッセージが表示され、dddウインドウは表示されますが(gdb)プロンプトがいつまで経っても表示されません。

2.dddとgdbの通信を確立できないようで、ログファイルを参照しても:

Running GDB (pid xxxx, tty /dev/ptyXX)...

など...続きを読む

Aベストアンサー

MAKEDEV や mknod は記述が古いです。昔は、「デバイスファイル」を手動で生成する必要があったため、登録されたデバイスに合わせて MAKEDEV や mknod を使う必要がありました。
今では、 /dev は devfs が管理しており、「カーネルが把握しているデバイスは自動的に /dev に現れる」ようになっています。そのため、デバイスファイルの作成作業は必要ありません。
デバイスファイルは自動で作られるものですから、「デバイスファイルがない」という問題が起きた場合、「デバイスファイルを作る方法を模索する」のではなく、「カーネルに必要なデバイスを認識させる方法を模索する」必要があるということになります。

で、解決方法なのですが、root権限で
# kldload pty
を実行してください(カーネルに pty モジュールを読み込ませる)。これでdddが使えるようになると思います。
(これは、OS起動時に毎回実行する必要があります。日常的にdddを使うのでしたら、
/boot/loader.confに
pty_load="YES"
という記述を追加してください。それで、毎回起動時に自動的にptyモジュールが読み込まれるようになります)


なお、以下、そのものずばりの質問とその回答が議論されています。
https://forums.freebsd.org/threads/ddd-1-debugger-connection-problems.48307/

MAKEDEV や mknod は記述が古いです。昔は、「デバイスファイル」を手動で生成する必要があったため、登録されたデバイスに合わせて MAKEDEV や mknod を使う必要がありました。
今では、 /dev は devfs が管理しており、「カーネルが把握しているデバイスは自動的に /dev に現れる」ようになっています。そのため、デバイスファイルの作成作業は必要ありません。
デバイスファイルは自動で作られるものですから、「デバイスファイルがない」という問題が起きた場合、「デバイスファイルを作る方法を模索する」の...続きを読む

QWindows1032bitアップデート中にエラーが出ました。second-boot フェーズでエラ

Windows1032bitアップデート中にエラーが出ました。second-boot フェーズでエラーが出ました!全く意味がわかりません?

Aベストアンサー

windows10、windows10anniversary Updateに失敗をする場合は、
タスクトレイを開いてタブのスタートアップを開いて、すべてのアプリを無効にします。
次にもサービスを開いて、Microsoftの製品をすべて無効にします。

windows10 Creators Updateに失敗をする原因
http://freesoft.tvbok.com/win10/problems/trouble_shoot_list_creators_update.html

私のプロフィールにwindowsに関するURLを載せているので、必要な時にURLを開いて操作方法を確認してください。

Q/dev/hda1にMBRはある?

liloの-bオプションでブートデバイスを指定できます。
ここで/dev/hdaとした場合はMBRが指定されたことになります。
ここで/dev/hda1とした場合はMBRにはあたらないのでしょうか?

Aベストアンサー

>/dev/hda1にMBRはある?

MBRはディスクごとにあります。/dev/hda1はディスクじゃなくてパーティションなのでMBRはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報