「教えて!ピックアップ」リリース!

死んでも霊は漂い、子孫の守護霊となって見守るそうです。死んだ後もその人も霊は存在し続けて数百年後にはまた生まれ変わって現世に出てくるのですか?

A 回答 (15件中1~10件)

肉体が無くなるだけで、あとは変わりませんな。




本物の神・宗教・哲学・教え・生き方

人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。

簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ち、善行・悪行を行ってきた普通の人々?は霊界の中間である中間層に帰るという事ですね。

天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行い・言動・心の思いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。

付け加えて、この世での経験や思いや行い・言動など以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。

また、覚醒して、地球人類・日本国民の味方として良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、この世で地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力によって飴と鞭による支配構図の鞭である暗殺・冤罪投獄・首・左遷・デマ流し・民事訴訟などによる預金・財産の差し押さえ等で潰されて地獄のような経験をしようが、肉体の死後には霊界の上層である天国に向かい入れられるのも当然なのです。

これとは真逆で、地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力やこの手先や、これらに加担する闇の勢力の家畜・奴隷に成り下がっている人々が、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。

たとえ、洗脳されて、悪政・悪行・犯罪などに加担させられている事に気づかなかったとしてもです。

地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力に加担させられている事にも気づかずに、地球人類・日本国民の味方を陥れたり被害を与えても、地球人類・日本国民の味方を潰す蛮行に加担した人々は特にですがね。

わかりやすく例えれば、イエス・キリストの迫害・磔に加担した人々ですね。



また、覚醒し日々改心し良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、肉体の死後に霊界の上層である天国に向かい入れられるのは当然ですし、

真逆で悪魔崇拝者や悪魔崇拝者の手先でもあるカルト信者や無神論者・拝金主義者・唯物主義者・利己主義者(自分さえ良ければ他人がどうなろうが社会がどうだろうがどうでも良いと考えている人々)や金・物・欲望の奴隷である社畜・国畜・イエスマンらが、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。



また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで後悔し苦しみ漂い続けます。

それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性・才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。

これらを世のため人のため・人々の幸福のためなどに善用した人々が、霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。

霊界の下層の地獄で長い間反省し続けた元悪人の人々が、中間層に戻り、中間層で過ごしていた人々も含め、この世に生まれる必要があると思えば(カルマを償う事も含めて)現世に生まれてくるという輪廻転生を繰り返すのです。

下層の地獄で反省しない悪人ほど、下層の地獄に居続けるという事ですね。

生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。

そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。

そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖・先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重な説明感謝します。宗教関係の方のようですね。説得力があり、万人が納得する内容だと思いました。

お礼日時:2022/11/23 10:17

漂う霊も居るけど、ちゃんと上がる霊も居ます。


そして必ずしも子孫を守るとは限りません。
自殺した霊と寿命迄生きた霊とでは対応が違います。

漂っている霊は生まれ変われません。
天界で生まれ変わりの準備をして、許可を得ないと下りては来れません。
そう簡単ではないのです。
    • good
    • 1

それは生きてる人には誰であろうとわかりません、


もし分かってる様な事を言う人が居るならばそれは嘘ですね、判る筈がないからです。
死んだ人にも聞けれませんね、残念ですが…

なのでこの質問は永遠に正解は出来ないです
    • good
    • 0

>現世に出てくるのですか?


現世に出てくるメカニズムは
精子と卵子がくっついちゃうから。です。
凸と凹のはまり合い。からスタートするんです。

霊は、精子、卵子のどちらに居るのでしょう?
どちらも生きていますから。
精子と卵子、どちらにも霊がいるのならば、霊同士が喧嘩しちゃいますね。
オナったら、霊はテッシュで捨てられちゃいますね。かわいそう。
最近、霊は、ゴムの中で捨てられることが多いらしいです。
    • good
    • 0

ぶっちゃけ、心の豊かさや想像力の問題。


死なんて泣こうが笑おうが避けられるものではないので、「精一杯生きたらご褒美があるよ」程度に思っておくのがいいです。
だから一つの答えを求めるなんてのは無粋です。
    • good
    • 0

霊を乱発するのはエセ宗教です


文献的証拠、論理的裏付け、科学的根拠、等々を完全に無視する
道理や整合性のない霊などいる訳がありません。
死んだ人が生きてる人を守る等と言う
エセ教祖のペテンに騙されないようにしましょう
しかし
死んだら無になると言うのも非科学的です
あの世は証明できないのと同じに
あの世が無いと証明できませんよ、ね
しかし
科学の原因と結果の法則、物質不滅の法則
質量不滅の法則、エネルギー不滅の法則
からすると、
死んでも無にはならない、チャラにならない
と想像できますよね

極小物質から大宇宙に至るまで、すべては
成住壊空(じょうじゅうえくう)を繰り返しているのです
生命だけ例外、と言う訳ありません
仏教の因果応報、自業自得は科学です、道理です、法則です

道理を説く、優れた、深い正しい宗教に学びましょう
    • good
    • 1

死後に霊になり子孫を見守るってのは割とあるけど、守護霊になるわけではありません。



人の魂は、永遠の命を与えられています。
なので、死後、しばらく天国で生活して、再び肉体を得て現世に生まれてきます。
なお、ずーと地獄にいるとか、死んでも成仏しないで、霊のままで現世をさまよい続けると、「妖怪ウオッチ」のジバニャンみたいに、生まれ変わることはありません。(あの作品は、わりと霊界事情を正しく反映して作られています)

ちなみに、最近の人は「死後は無になる」と信じこんでいる方が多い。
だから、死んで霊になっても「あれ、死んだと思ったけど、意識はあるし、周囲は見えるし、音も聞こえるぜ!やっぱり死んでいないんだ!ちょっと医者になんかの薬で眠らされて、長い夢をみているんだな。」なんて思ったりして、いつまでも「あの世」に行かない霊が増えているとか。
ある意味、現世に霊存在でいても、これって地獄にいるのと同じかもしれませんね。
    • good
    • 1

何を信じるかは自由ですが、輪廻転生を言いながら先祖が帰ってくるからとお盆をやったり、守護霊を信じながら成仏を願ったり、


整合性がないの何とかしてよって思います。

細部まできっちり設定とシナリオを作ってほしい。
ツメが甘いと、興が乗らないよね。
    • good
    • 0

「霊」という存在が有るとしたら、それは人間だけ?動物にも有るの?動物に有るとしたら、爬虫類や両生類、昆虫にも有るの?

    • good
    • 0

>子孫の守護霊となって見守るそうです


実際にはどうだかわかりません。子孫以外という場合もあるそうです。スピリチュアリズムの研究者の中には「魂のつながりのあるダライら足か知りえないことを質問してれは必ずしも子孫とは限らないんだそうです。ただこれも確認は稀にいる前世や魂の世界の記憶思った人の証言と交霊術くらいなものなので絶対的信頼とは言い切れません。(一応本人しか知らない過去世の事実を確認はしているらしいです)
私の子供の守護霊は数代前の先祖であろうことは確認を取りました。(詳細は省きますが、別の質問などでも書いているので探してみてください)

>数百年後にはまた生まれ変わって現世に出てくるのですか?
例えばダライラマは何代にもわたり、直後や数年くらいで転生するみたいですね。坊さんたちが探し回り、生きていた時代の記憶やダライラマしか知りえないことを質問して確認するらしいです。ということで転生の期間は定まっていないと理解する方がいいかもしれません。

ちなみに日本のスピリアリズムはほぼインチキです。もともとの西欧では日本の心霊ネタではなく、神秘主義でもなく、特定の宗教に偏るでもなく、例の世界を明らかにして体系づけていくことを目標に研究されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうです。日本でも科学的に霊を研究すればいいのに。英国や米国などで欧米ではあらゆる角度から心霊の研究をしていますね。冝保愛子さんがYouTubeでもいろいろ述べていますが、いずれ科学的に解明されると思います。地動説から天動説に変わったように。

お礼日時:2022/11/23 10:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング